Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

酒井貞道

ホロヴィッツ『その裁きは死』、ミュッソ『作家の秘められた人生』…「ミステリーズ!104号」(2020年12月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2

チューダー『アニーはどこにいった』…「ミステリーズ!104号」(2020年12月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1

ルースルンド&ヘルストレム『三分間の空隙〈上下〉』、ベル『死んだレモン』…「ミステリーズ!103号」(2020年10月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2

ペアーズ『指差す標識の事例〈上下〉』…「ミステリーズ!103号」(2020年10月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1

マルポ『念入りに殺された男』、ボックス『発火点』…「ミステリーズ!102号」(2020年8月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2

ベンツ『おれの眼を撃った男は死んだ』、ジェイコブス『博士を殺した数式』…「ミステリーズ!102号」(2020年8月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1

オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』、バーカー『嗤う猿』…「ミステリーズ!101号」(2020年6月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2

ウォルターズ『カメレオンの影』、プレスコット『あの本は読まれているか』…「ミステリーズ!101号」(2020年6月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1

マコーマック『雲』、ミュッソ『パリのアパルトマン』…「ミステリーズ!99号」(2020年2月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2

ラーゲルクランツ『ミレニアム6 死すべき女』、アダム『ヴァイオリン職人と消えた北欧楽器』…「ミステリーズ!99号」(2020年2月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり