Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

宇田川拓也

伊吹亜門『幻月と探偵』 、白井智之『死体の汁を啜れ』…紙魚の手帖 vol.01(2021年10月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

潮谷験『時空犯』 、大島清昭『影踏亭の怪談』…紙魚の手帖 vol.01(2021年10月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

倉知淳『月下美人を待つ庭で』、青崎有吾、斜線堂有紀、武田綾乃、辻堂ゆめ、額賀澪『放課後探偵団2』…「ミステリーズ!105号」(2021年2月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

方丈貴恵『孤島の来訪者』、西澤保彦『偶然にして最悪の邂逅』…「ミステリーズ!105号」(2021年2月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

蒼井碧『建築史探偵の事件簿 新説・世界七不思議』、市川憂人『揺籠のアディポクル』…「ミステリーズ!104号」(2020年12月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

大山誠一郎『ワトソン力』、千田理緒『五色の殺人者』…「ミステリーズ!104号」(2020年12月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』、青柳碧人『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』…「ミステリーズ!103号」(2020年10月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

櫻田智也『蟬かえる』、結城真一郎『プロジェクト・インソムニア』…「ミステリーズ!103号」(2020年10月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

小林泰三『ティンカー・ベル殺し』、林泰広『オレだけが名探偵を知っている』…「ミステリーズ!102号」(2020年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2

辻真先『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』、芦辺拓『鶴屋南北の殺人』…「ミステリーズ!102号」(2020年8月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり