Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

大川正人

『死の花の咲く家』、『沈黙の家』、『甲賀三郎探偵小説選Ⅳ』、『皆川博子長篇推理コレクション 1』…「ミステリーズ!101号」書評 大川正人[新訳・復刊]その2

『ハーリー・クィンの事件簿』、『死の濃霧 延原謙翻訳セレクション』、『薫大将と匂の宮』、『悪意銀行』…「ミステリーズ!101号」書評 大川正人[新訳・復刊]その1

『中島河太郎著作集 上巻』、飛鳥高『細い赤い糸』、『飛鳥高探偵小説選Ⅴ』、『平林初之輔 佐左木俊郎』…「ミステリーズ!100号」(2020年4月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その2

ミラー『鉄の門』、セイヤーズ『大忙しの蜜月旅行』…「ミステリーズ!100号」(2020年4月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その1

ポー『ポー傑作集』、生島治郎『黄土の奔流』、『延原謙探偵小説選Ⅱ』、紀田順一郎・荒俣宏監修『幻想と怪奇 傑作選』…「ミステリーズ!98号」書評 大川正人[新訳・復刊]その2

モーム、フォークナー他『短編ミステリの二百年 1』、ウォー『生まれながらの犠牲者』、パトリック『八人の招待客』…「ミステリーズ!98号」書評 大川正人[新訳・復刊]その1

フレッチャー『楽園事件 森下雨村翻訳セレクション』、新章文子『名も知らぬ夫』、泡坂妻夫『毒薬の輪舞』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その2

バンクス『蜂工場』、ミルン『赤い館の秘密』、ヴェリー『絶版殺人事件』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その1

クロフツ『クロイドン発12時30分』、野村胡堂『櫛の文字 銭形平次ミステリ傑作選』、小泉喜美子『殺人は女の仕事』…「ミステリーズ!94号」書評 大川正人[新訳・復刊]その2

ポー、オルツィ、ローマー『世界名作探偵小説選』、フリーマン『キャッツ・アイ』、クリスティ『ミス・マープルと13の謎』…「ミステリーズ!94号」書評 大川正人[新訳・復刊]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり