Special

2014.05.16

【特別先行読切】芦沢央『願わない少女』 2014年7月に刊行される『今だけのあの子』の発売に先駆け、収録作の1編を特別先行読み切り!

ねえ、悠子。私どうすれば、悠子を傷つけられる?
bibulio_01.jpg 本文を読む ●「本文を読む」をクリックすると縦書きビューワーが別ウィンドウで開きます。

2014年7月下旬、芦沢央の『今だけのあの子』が発売されます。
OL、ママ友、中学生女子、さまざまな年代の女の友情に隠された想いを、繊細な筆致で切り取った連作ミステリ短編集です。
女性は、進学、就職、結婚、出産とライフステージが変わることでつき合う相手も変わる。
あなたにとっても「今だけ」のあの子がいるのでは――
〈Webミステリーズ!〉では、発売に先がけて収録作の1編「願わない少女」を特別公開いたします。


【本編内容紹介】

中学の入学式を欠席し“出遅れた”奈央は、同じく一人でいた悠子に声をかける。
漫画家を目指していると誇らしげに語る悠子と友達になりたいがために、奈央は嘘をつく。
「私も漫画家を目指しているの」と。
同じ夢で繋がれた二人の蜜月は、いつまでも続くと互いに信じていたが……。

少女が大人になる軌跡を、繊細な筆致で今最も注目の作家が描く――。



芦沢央(あしざわ・よう)
1984年東京都生まれ。千葉大学卒。2012年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞してデビュー。他の著書に『悪いものが、来ませんように』がある。2014年7月、本作を収めた初の連作短編集『今だけのあの子』を刊行予定。

(2014年5月16日)


ミステリ小説・SF小説|東京創元社
バックナンバー