Special

2014.06.17

東京創元社創立60周年記念イベント第1弾 有栖川有栖×似鳥鶏「わたしの東京創元社ベスト5」(司会:瀧井朝世)


4月25日、東京創元社創立60周年記念イベント第1弾として、有栖川有栖先生と似鳥鶏先生のトークイベントが、八重洲ブックセンター本店にて開催されました。
東京創元社からデビューされ、代表作となる青春ミステリのシリーズを刊行されているお二人と、司会には瀧井朝世さんをお迎えして、東京創元社との出会いやお気に入りの本について、お話しいただきました。
本記事では、弊社刊行の隔月誌『ミステリーズ!』vol.65に掲載された対談記事の増補版を公開いたします。誌上では読めなかったエピソードや雰囲気を、どうぞお楽しみください。

bibulio_01.jpg 本文を読む ●「本文を読む」をクリックすると縦書きビューワーが別ウィンドウで開きます。

東京創元社創立60周年記念イベントは、これだけではありません。
先月は第2弾として、大森望先生、酉島伝法先生、宮内悠介先生をお呼びして、「わたしの東京創元社SFベスト5」というテーマでトークイベントを開催いたしました。こちらは、8月発売予定の『ミステリーズ!』vol.66に掲載予定となっております。

また、今月は60周年記念イベント第3弾「翻訳小説が面白い!―ドイツ・フランス・北欧文学を語る」と題して、翻訳家の方々に翻訳小説の魅力を語っていただくイベントがあります。ゲストには、訳書『犯罪』(フェルディナント・フォン・シーラッハ著)、『HHhH』(ローラン・ビネ著)がそれぞれ2012年、2014年本屋大賞翻訳小説部門第1位に選ばれた酒寄進一先生と高橋啓先生、アーナルデュル・インドリダソンやヘニング・マンケルなど北欧ミステリの翻訳で知られる柳沢由実子先生をお招きする予定です。
詳細につきましては、下記のリンクよりご覧いただけます。どうぞ奮ってご参加ください。

http://www.tsogen.co.jp/news/2014/05/14052312.html


(2014年6月17日)


ミステリ小説・SF小説|東京創元社
バックナンバー