Science Fiction

2007.01.05

鶴田謙二〈キャプテン・フューチャー全集〉完結にあたって[2007年1月]

全集版・全11巻の装画と挿絵を描きつづけたイラストレーター

鶴田謙二 kenji TSURUTA

 

 〈キャプテン・フューチャー全集〉も、やっと最終巻までたどり着きました。

 最後の最後までお待たせして、申し訳ありませんでした。待ちに待った復刊、当初12ヶ月で完結の予定で始めたものの、途中いろいろとあって(というか自分の原稿が上がらなかっただけですが)、結局2年半もかかってしまいました。

 ただし、最終巻のあとにも、別巻として野田昌宏大元帥作の番外編『風前の灯! 冥王星ドーム都市』が出版(春ごろ?)されますし、今回のカバー絵の画集『フューチャー』(仮題/秋ごろ?)なんてのもありますので、まだまだ終わりではありませんが()……。ああ、こうなると某社前画集の『コメット』 は、早まった題名だったかなあ……。

 ※ 詳細はこちらをご覧ください。(編註)

 私が〈キャプテン・フューチャー〉シリーズの新刊を心待ちに本屋に通いはじめたのは、中学生になってすぐのころでした。子供のころから親しんでいたテレビや漫画と、本格的なSFの世界との橋渡しのような存在だったように思います。私たちの世代は、みな同じ漫画を読み、同じテレビを見て育ってきていますから、この橋渡しがどちらの方向を向いていたかで、それぞれの未来が決まったわけです。

 幸か不幸か、私の渡しは〈キャプテン・フューチャー〉とエドモンド・ハミルトンと野田昌宏であり、渡った先には今の仕事が待っていました。

 ですから、今回の全集が、まだ〈キャプテン・フューチャー〉を読んだことのない若い人に向けて、こちらの世界からの手招きの役を果たせたなら、これ以上の幸せはありません。

(2007年1月)

鶴田謙二(つるた・けんじ)
1961年、静岡県生まれ。1986年、講談社“コミックオープン”に入賞しデビュー。主なマンガに『Spirit of Wonder』『Forget-me-not』、画集に『水素-hydrogen』『コメット』などがある。2000年、2001年に星雲賞アート部門を受賞。創元SF文庫版〈キャプテン・フューチャー全集〉では、新しいキャプテン・フューチャー像を創造。また、梶尾真治〈エマノン〉シリーズのイラスト・コミック化でも知られる。

バックナンバー