Science Fictionラウンジ

2017.08.24

くらりぶらり旅 ヘルシンキのワールドコンにいってきたニャ!【プレゼント有】

このなつやすみ、いろいろな国を訪れたくらりですが、実はフィンランドで開催されたSF&ファンタジーファンのお祭りである、ワールドコン(世界SF大会)にも参加していたのでした。
「しんしゅつきぼつニャ!」
helsinki1708-01.jpg

毎年世界のどこかで開かれているワールドコンですが、75回目の今年はフィンランドの首都ヘルシンキでの開催。非英語圏としては2007年の横浜につづいて4回目の開催という、めずらしい機会です。今回は世界50ヶ国から7000人の参加者が集まりました。広い会場もなかなか混んでいます。

「ニャニャ! ヒューゴー賞授賞式の待機列、前がみえないニャ~。大人気だニャ」
helsinki1708-04.jpg

今回のヒューゴー賞では、シリーズ部門をロイス・マクマスター・ビジョルド《ヴォルコシガン》シリーズが受賞。注目の長編部門は、N・K・ジェミシンの三部作第二部 The Obelisk Gate が受賞。前作 The Fifth Season につづいて、なんと2年連続の受賞です。

「すごいニャ~。ちなみに The Fifth Season は東京創元社から刊行予定らしいニャ。くらりが宣伝するニャ!」


「いろんなひとがパネルに出演して、SFやファンタジーの話をしているのニャ。英語圏じゃニャいせいか、翻訳についての企画がたくさんあるニャ~。みんな英語はじょうずじゃニャいけど、いっしょうけんめい話してるのニャ!」
「作家さんたちがふつうに会場のあちこちを歩いていて、夢みたいニャー。あっ、あそこにジョー・ウォルトンさんがいるニャ! サインちょうだいニャ!」
helsinki1708-03.jpg
「ありがとニャ! 写真もいっしょにとってくれて、いいひとニャ~。日本版の『わたしの本当の子どもたち』『図書室の魔法』ファージング三部作のカバーも、すごくいいってほめてくれたのニャ。あっ、新刊の『わたしの本当の子どもたち』は8月31日発売ニャ! みんな読んでニャー」


「つぎはどの企画にいこうかニャ……あっ、案内板があるニャ。えーと、アソエク、バラヤー、パーン……って、ぜんぶSFやファンタジー作品に出てくる地名だニャ! 現実世界はとおいニャ~」
(※どれがどの作品か当ててみてね)
helsinki1708-06.jpg

「あれ、あんなところにどこかで見た人たちがいるニャ。話しかけてみるニャ!
はろー あいあむくらりー、ぷりーずおふぁーみーじょぶいんえぴそーどないんー……
ニャ? なにするニャ!? くらりはあやしいものじゃニャいニャ! はなしてニャ~~~……」
helsinki1708-07.jpg


……というわけで、くらりがもらってきてくれたジョー・ウォルトン先生のサイン入り特製ポストカードと、8月31日発売の『わたしの本当の子どもたち』(創元SF文庫)をセットにして、抽選で3名様にプレゼントいたします。詳しくは応募ページより、ふるってご応募くださいませ。

※募集は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございます。



おまけ:
「こないだ冬にきたときとちがって、港の氷もとけてたのニャー」
helsinki1708-08.jpg




SF・ファンタジー・ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー