全記事一覧

2017.09.06

「モリーに宇宙服が出はじめたのは春だった。」――肌が宇宙服に変わって飛んでいってしまう人々、恋人に贈られた手編みセーターの中で迷子になる男、誰もが常に金魚鉢を抱えていなければいけない星でのバカンス、...

2017.08.28

渡邊利道 toshimichi WATANABE 『わたしの本当の子どもたち』書影  二〇一五年。介護施設で暮らす八九歳のパトリシアは、混乱した複数の人生の記憶をかかえ懊悩していた。それは二十三歳の時...

2017.08.24

このなつやすみ、いろいろな国を訪れたくらりですが、実はフィンランドで開催されたSF&ファンタジーファンのお祭りである、ワールドコン(世界SF大会)にも参加していたのでした。 「しんしゅつきぼつニャ!」...

2017.08.24

ジョー・ウォルトン『わたしの本当の子どもたち』 (茂木健訳、創元SF文庫)刊行記念 特製サイン入りポストカード+書籍を3名様にプレゼント! 『わたしの本当の子どもたち』 もしあのとき、別の選択をして...

2017.08.16

心の栄養、心のビタミン 山本弘 hiroshi YAMAMOTO  前にも書きましたが、このシリーズでは僕自身の青春時代の思い出と、現代の若者たちの青春をミックスして描いています。現代の若者の参考に...

2017.08.08

 ――パルタージュ partage とはフランス語で「分割」「共有」「分有」の意。  小林秀雄は〈美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない〉と書いたが、想像力というようなものはなく、あ...

2017.07.31

『墓標都市』の世界観はまったくもってすばらしい。 パテルは壮大にして刺激的な作品世界を描ききった。    ――ピーター・トライアス(『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』著者) 細美遙子 yoko...

2017.07.27

SFのひとつの理想形 中村融 toru NAKAMURA  英米SFの紹介を仕事にしていると、ある作品の評価がアチラとコチラで大きくちがっていることに面くらうことも多い。本書『宇宙船ビーグル号の冒険...

2017.07.20

創元SF短編賞は、アンソロジー《年刊日本SF傑作選》の企画として、2009年に東京創元社が創設したSF新人賞です(詳細は「創元SF短編賞」のページをごらんください)。 正賞受賞作品は毎年度の《年刊日本...

2017.07.06

 ――パルタージュ partage とはフランス語で「分割」「共有」「分有」の意。  小林秀雄は〈美しい「花」がある、「花」の美しさという様なものはない〉と書いたが、想像力というようなものはなく、あ...
Back Number
さらに昔の記事を見る