4月某日

 他人を苦しめ
 他人に苦しめられ
 自分を苦しめること
 サディズムとマゾヒズムと自虐
――「アリラン」

 珍しく午前中に起きて、日本テレビの『先輩ROCK YOU』という番組にゲスト出演した。
 で、一度家に帰って、夜。K子女史の部屋で家飲み会があったので、炭水化物係になって、大阪寿司の箱を買って出かけた。
 例の対談以来、『アリラン』を観続けていて、変な感じなので、待ち合わせたK子女史も恐れてこっちをやたら見てくる。

わたし 「どうしてそんなにジロジロ見るんですか」
K子女史「どうって、興味本位です」
わたし 「……(ムッ?)」
K子女史「なんか、よくわかんないんで、とりあえずジロジロ見てます」
わたし 「……(ムー)」

 と、睨みあってるあいだにぞくぞくとお客さんが到着した。
 たぶん、わたしがへんな電波を出し続けているせいだと思うんだけど、一人がいさんで持ってきたおしゃれなチーズフォンデュ鍋が、

女性 「結婚式の引き出物でいただいたんだけど、今日初めて使うんだ~(うきうき)。この鍋にチーズを入れて、下のここに火をつけるとですねぇ……(パーン! とラップ音のような音が響く)……ギャーッ、鍋が割れたーっ!!」
全員 「えっ?」

 となったり、主催者のK子女史がソファに倒れて寝てしまったり、酒豪のはずの人が潰れたり、不審な出来事がたくさんあった。

女性 「結局、『アリラン』を何回観たの?」
わたし「14回(サラッと)」
全員 「………(割れた鍋を黙って凝視)」

 わたしのせいでせっかくの鍋が割れちゃった、みたいな空気になる。そ、そうなの……?
 夜中。帰宅して、また『アリラン』を観た。



本格ミステリの専門出版社|東京創元社