メディア

2010.09.07

ドラマ「インディゴの夜」プレミアムイベント開催 編集部S嬢の大興奮レポート

indigobanner.jpg

インディゴの夜 プレミアムイベント 出演者のみなさん
今年は例年にない猛暑……しかし暑さを吹き飛ばす素敵なイベントがありました! 去る8月22日、ドラマ「インディゴの夜」DVD発売記念、プレミアムイベントにお邪魔してきました。当日、加藤実秋先生の名代(?)でいらした三木笙子先生とご一緒させていただきました。

 今回のイベントは、8月18日発売の「インディゴの夜 DVD-BOX2」購入者が、抽選で参加できるというもの。なんと二日間という短い期間に、600通もの応募があったそうです。地下鉄の日比谷駅A5出口に直結した〈クラブ・ディアナ〉が今回の会場。巨大なミラーボールも設置されているダンスフロアには、抽選の結果選ばれた300名ものファンが集まっていました。
 ダンスフロアは前方にステージがあり、左側の壁には実際のドラマ映像が映し出されていました。諸注意のアナウンスのあと、「イベントの最後にはゲストの皆さんとの握手会があります」とのお知らせに、フロアからは早くも熱い歓声が挙がっていました。

 そしていよいよイベント開始! まずは「INDIGO4」によるスペシャルライブが始まります。犬マン役の天野浩成さん、樹役の真山明大さん、モイチ役の高木万平さん、モサク役の高木心平さんの登場に、会場は大盛り上がり。おなじみ『ココロ-Dear my friends-』を歌っていただきました。ファンの手拍子に合わせて歌う姿は、やっぱり格好いいです!
 ライブのあとには、ステージ上に真っ赤なソファーが出現。どうやらトークが始まるのかな? と思っていたら、いきなり大きな歓声が挙がりました。ステージ後方の階段から晶役の森口瑶子さんが、憂夜役の加藤和樹さんのエスコートで登場! おふたりともドラマで着ていた衣裳での登場で、まぶしいです! 出演者全員が揃い、ドラマの裏話や撮影秘話が明かされるトークへと移ります。
「撮影中に苦労した点はありましたか?」との質問に、一卵性の双子である高木兄弟が「最初のころスタッフさんに毎日間違われていたので大変だった」と答えると、会場からは笑いが。真山さんが「とにかく撮影が楽しくて、苦労したことはあまり覚えていない」と答えていらしたのが印象的でした。トークを観ていても、皆さんの楽しそうな様子が伝わってきて、仲の良さを実感しました。

 和気藹々としたトークが進むなか、いきなり司会者の方から「誰かまだゲストがいるかもしれませんよ?」との謎めいた一言が……。え? 誰かまだいるの? と思った瞬間、なんとサプライズゲストが登場! 「呼ばれてもいないのに来ちゃいました!」という台詞とともに現れたのは、ジョン太役の和田正人さん、DJ本気役の加治将樹さん、そしてなぎさママ役の升毅さん! しかも皆さん私服でのご登場です。マッシュルームカット、アフロなど、ドラマでは特徴的な服装の方々が私服だと、とても新鮮! なぎさママに至っては、ご自分でもネタにされていましたが、正直「誰?」という感じでした(笑)。

インディゴの夜 プレミアムイベント 握手会
 思いがけないゲストの登場に、さらに盛り上がる会場……次はスペシャル抽選会が始まります。Tシャツ、舞台「インディゴの夜」で実際に使われていたスタッフPassに加え、「インディゴの夜」特製スパークリングワイン、そしてなんと犬マン用の眼鏡&眼鏡ケース! 全てサイン入りのレアなものばかりでした。さらには森口さんがなにやら白い模型を持ってステージに登場しました。両手で抱えられるぐらいの大きさで、これは何だろう? と思っていたところ、ドラマの〈Club Indigo〉の店内模型だとの説明がありました。まっ白な模型は、実際にドラマの中で使われていたそうです。思い出してください、ドラマのオープニングを……! そう、ドラマの主題歌が流れていた映像で使われていたのです。そしてその場の全員のサインが入り、模型もプレゼントになりました。当選した皆さん、おめでとうございました。いいなぁ……(ぼそっ)。

 最後に出演者との握手会があり、イベントは大成功で幕を閉じました。ドラマが大人気で、こうしてDVD発売のイベントが行われて、大変嬉しいです。本当に、ファンの方々に愛されているドラマだと思います。これからDVDは最終巻の発売が予定されていますので、原作と併せてお楽しみください。また、今月19日には名古屋にて「エルドラドの夜」というイベントも予定していますので、そちらのレポートもご期待ください。

(2010年9月7日)

「『インディゴの夜』ドラマ化・舞台化」の目次ページへ戻る



ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!
バックナンバー