ラウンジ

2007.07.05

対談 桜庭一樹・道尾秀介「祝・日本推理作家協会賞・本格ミステリ大賞受賞」(1/4)

 第60回日本推理作家協会賞・第7回本格ミステリ大賞受賞記念対談
「道尾さんの作品は、似たもののない、まったく新しい小説」(桜庭)
「桜庭さんは、すごく度胸のある方だな、と思います」(道尾)
(〈ミステリーズ!vol.23〉より)

桜庭一樹・道尾秀介
左・桜庭一樹、右・道尾秀介。
2007年5月16日、東京創元社にて。
 

〈ミステリーズ!〉vol.23 をお買い上げのうえご応募いただいた方に、この対談を行った際に桜庭・道尾両先生につくっていただいたサイン色紙抽選でプレゼントしています。詳細は〈ミステリーズ!vol.23〉 をご覧ください。

 

 ――5月11日に道尾さんが『シャドウ』で本格ミステリ大賞を、14日に桜庭さんが『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を、相次いで受賞されました。今回が初めてのお顔合わせです。
 まずは、受賞おめでとうございます。

道尾・桜庭 ありがとうございます。

 ――受賞の報を聞いたときはどう思われましたか?

道尾 本格ミステリ大賞って、受賞作の傾向がわりとわかりやすいじゃないですか。投票者ごとになんとなく想像がつくというか。僕は今回は石持浅海さんの『顔のない敵』だと思っていたんですが、蓋を開けたら『シャドウ』が1位だったのは意外でした。
 僕は投票を控えましたが、そもそも「読みたいものを自分で書く」という自給自足的な気持ちで小説を書いているので、自分ならもちろん『シャドウ』に投票したと思います(笑)。ただ、賞の傾向とはずれているだろうなという感覚はありました。

 ――ほかの候補作のほうが、もっとご自身の考える“本格ミステリ”に近かったということでしょうか。

道尾 今回はロジカルな作風のものが多かったので、そうした面で『シャドウ』は弱いのではないかと思ったんです。自作が候補になるとしたら『骸(むくろ)の爪』だろうと周囲から言われていたので、その点でも意外でしたし。でも『骸の爪』では次点だった『邪魅(じゃみ)の雫(しずく)』に及ばなかったと思います。投票者ごとのコメントはまだ読んでいませんが、『シャドウ』のストーリー性なども買っていただけたのかなと思っています。

 ――桜庭さんはいかがでしょう? 『赤朽葉家の伝説』は編集者から「初期の代表作を」と求められて書かれた作品だったわけですが。

桜庭 ほかの候補作では、森谷明子さんの『七姫幻想』を読んでいて、すごく好みの作品だったので、一緒に名前が並んでいるのは嬉しいような、微妙な感じでした。『七姫幻想』が受賞していても素直に喜んでいたと思います。

 ――受賞が決まったとき、率直にどんなご気分でしたか?

桜庭 「小説として面白いものを書こう」と心がけていて、自分なりに手ごたえもあったんですが、ミステリとして読まれたときに、どう評価されるのかが全然わからなかったので、推理小説の賞をいただけたのはとてもうれしかったです。
 あと、候補作になったとき担当さんが「今回は絶対取れないから気楽にいきましょう。無理むり」とか言ってたのを本気にしてたら、受賞したあと「僕は絶対取れると思ってました」って(笑)。

バックナンバー