ラウンジ

2017.05.12

5月12日(金)より全国公開! ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』の試写会に行ってきました。

みなさまこんにちは。海外のミステリや文学の編集を担当している翻訳班Sです。先日ご招待いただいて、ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』マスコミ試写会に行ってきました!

The Sleeping Beauty © ROH.jpg
(C)ROH Johan Persson

昨年から、東宝東和株式会社配給の元、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像が『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』として公開されています。海外のバレエやオペラを日本で観るのはなかなかたいへんですが(お値段的な意味でも……)、この企画のおかげで映画館で気軽に観られるのはほんとうにありがたいですね!! しかも今回はそのシーズン8作目、古典バレエの大傑作『眠れる森の美女』なのです!

わたしはバレエを観るのが趣味で、英国ロイヤル・バレエは「不思議の国のアリス」の日本公演を観に行きました。あのときの興奮がふたたび味わえる~! と思って今回の試写会もわくわくしていたのですが、期待以上というか、映像で観るとまた違った良さがあってすごく楽しかったです。

まずはなんといっても映像でアップになることのありがたさ! ダンサーたちの表情や、細かいマイム、衣装までくっきり見える! オペラグラスを抱えながら必死でダンサーを追わなくてもよいのです。まずその点だけで大感動ですね。ときにはオーケストラピットの中まで映してくれていて、劇場では見られない部分を垣間見れてうれしかったり。こういう映像ならではの魅力があります。

The Sleeping Beauty. Marianela Nuñez as Princess Aurora. © ROH - Johan Persson.jpg
(C)ROH Johan Persson

さらに今回予想外に楽しかったのが、幕が開ける前の、あらすじや見どころを教えてくれる解説と、ダンサーや監督へのインタビューです! これ、なんと開演前や休憩中の舞台裏でやってるんですよ。っていうかステージ袖かも? なので、インタビュー中にダンサーやスタッフがふつうに背後を通っていくのが見れて、すっごく面白いんです。休憩中に衣装をつけたダンサーがあわてて走り去っていったり。インタビュー自体も聞きごたえがあるんですが、そういうところにもニヤリとしてしまいました。 

はっ! そういえばバレエ『眠れる森の美女』がいかにすばらしいかという話をぜんぜんしていなかったわ! でもいまさらわたしごときが語れるものでもないというか、この演目にはバレエのすばらしさがすべて詰まっているので、問答無用で「いい!」としか言えないんですよね。まさに魔法とお姫様と妖精の世界。日常のすべてを忘れられる夢の舞台ですよ。

The Sleeping Beauty. Artists of The Royal Ballet. © ROH - Johan Persson (1).jpg
(C)ROH Johan Persson

ちなみに、一緒に試写会に行った後輩のSF班K嬢の感想も同じでした。

踊りも衣装も音楽も舞台装置もすべてが豪華で、夢の世界にトリップしたような気持ちでした。オーロラ姫役のマリアネラ・ヌニェスが、めちゃくちゃ超絶技巧で踊りながらも夢見るような笑顔をずっとたたえていたのが忘れられません。
上映が終わって座席を立つとき、「現実に戻りたくない……」とつぶやいてしまうほど、至福の時間でした」。

The Sleeping Beauty. Marianela Nuñez as Princess Aurora. © ROH - Johan Persson (1).jpg
(C)ROH Johan Persson

全面的に同感です!! そして、オーロラ姫役の超絶技巧といえば、有名な「ローズ・アダージョ」がやっぱりすばらしかったですね。これ、オーロラ姫が4人の王子から求婚されるシーンで、全員から求婚のバラを受け取るんですが、クラシック・バレエの中でも、もっとも高度な技術を必要とするであろう踊りなのです。片足、しかもつま先で立って長い間バランスを保ち、男性ダンサーが替わるたびに手を離すので、おそろしく大変です。でもずっと笑顔! おまけに優雅! とにかくときめきました。バレリーナの究極の美というものに触れられるたいへん貴重なシーンですので、どうぞお見逃しなく!

今回の『眠れる森の美女』 は、第二次世界大戦後、ロイヤル・オペラ・ハウスが再開された1946年に上演された名作の初演から70年となる記念碑的な上演だったのです。インタビュー映像では、このあたりの歴史的なお話もしっかり語られていて、とても勉強になりました。英国ロイヤル・バレエを代表する演目の一つであり、観客に愛され続ける作品です。この機会にぜひ観てみてください!

5月12日(金)より全国公開!!

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』公式サイト
http://tohotowa.co.jp/roh/
<ロイヤル・バレエ『眠れる森の美女』作品情報>
【振付】マリウス・プティパ
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】クン・ケセルス
【出演】マリアネラ・ヌニェス(オーロラ姫)、ワディム・ムンタギロフ(王子)、クレア・カルヴァート(リラの精)、クリステン・マクナリー(カラボス)

(2017年5月12日)



ミステリ小説の月刊ウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社 >
バックナンバー