ラウンジ

2009.08.05

『クイズマジックアカデミー』インタビューにいたるまで&DSソフト『クイズマジックアカデミーDS』プレゼント!

このキャンペーンは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


 面白いミステリは小説だけでなく、ゲームの世界にもあるはず! 「ミステリーズ!」では、ミステリ・ゲームの世界も紹介してきます。
 今回は昨年末にミステリやサスペンスドラマを扱った「ミステリー&サスペンス検定」というクイズ形式の検定試験を実施した、アーケードで人気の『クイズマジックアカデミー』について、濱野統括プロデューサーにお話をうかがいに、KONAMI本社にお邪魔してきました。

 2009年8月11日発売の『ミステリーズ!vol.36』では、うかがってきたお話を掲載していますが、実はこのインタビュー、北山猛邦先生も同行されていました。
 別にそこには深い話も、長い話もございません。今回の「Webミステリーズ!」では、そのちょっとしたわけをお届けします。

* * * *

 2008年の年の瀬もせまった12月の頭。北山先生との打ち合わせ中に、ふとゲームの話になりました。
 なぜか携帯ゲーム機はゲームボーイから始まり、カラー、アドバンス、SP、DS、PSP、すべて持っていますが、家で腰を据えてやるようなゲームはクリアしたためしがなく、もっぱら「その場で遊んで終わり」ですむようなゲームばかりをやってきた私には、ついていけそうもない話題です。しかも反射神経がさして良いわけでない私は、格闘ゲームは大の苦手で、ゲームセンターなど、プリクラを撮りに入ったことがあるだけ。大丈夫だろうか……、と思いつつ話をうかがうと、どうやら今ゲームセンターに、ミステリファン対象のクイズゲームがあるらしい。

北山「結構難しいですよ。ミステリの老舗としては、受けて立たなきゃならないんじゃないですか?(笑)」

 これが『クイズマジックアカデミー』(以下QMA)との出会いでした。
 売られた喧嘩はすべて買う!――わけでは決してないですが、とりあえずやっておかないとまずいんじゃ、というよくわからない理由で、数日後、編集部からK島と私、そして見届け人の北山先生で、都内某所のゲームセンターにやってきました。

K島「で、これどうやって遊ぶの?」

 そんなわけで、まずは北山先生に見本を見せていただきました。
 今回チャレンジしたのは、QMA5の「ミステリー&サスペンス検定」というものです。問題の配信終了が迫っていたためか、参加者は全部で3万数千人ほど。予想以上の人がこのゲームを遊んでいるようです。ミステリ作家や作品に関する問題がガンガン出てきます。しかも横に小さく表示される正答率を見ていると、0%の問題もたくさんあります。○×問題、スロット問題、記述問題……。様々な出題形式があるようです。制限時間は1問20秒。
 こういうものなんだ、と思いながら席につき、早速挑戦します。私たちもミステリ編集のはしくれ。ミステリ関連の問題はサクサク答えます。

K島「未訳の作家の問題も出るんだね」
私「ついこの間出たばかりの本についても出題されてます!」

 が、しかし……。「サスペンス」に関する問題がなかなか解けません。

Q「江戸川乱歩の美女シリーズで、文代を演じた女優を一人答えよ」
私「ええええええ!? 見てませんよ、その番組!」
Q「片平なぎさの演じたカードGメンの名前を答えよ」
K島「全然わからない!!」
Q「TBSの浅見光彦を演じたのは誰?」
私「水谷豊じゃなかったですっけ?」
K島「それは日テレだよ!」
Q「炎の中の美女は誰?」
K島・私「は?」

 火サスの奥深さを知った一同でした。
 果ては『ワトソンの登場しないホームズ作品をすべて答えろ』や、『「名探偵コナン」の劇場版映画を、発表順に並び変えろ』だとか、『「神宮寺三郎シリーズ」のゲームを、発表順に並び変えろ』という、素敵な問題が多数。どんどん100円玉をつぎこみ、全国157位までは食い込むものの、結局その日は全問正解には届きませんでした。
 悔しさいっぱいの私たちは、夕飯を食べながら翌々日の配信終了一日前に、再度リベンジをかけることを誓いました。

私「炎の中の美女は早乙女愛、エマニエルの美女は夏樹陽子、化粧台の美女は萩尾みどり……」
K島「カードGメンは小早川茜、万引きGメンは二階堂雪……」
北山「……すごい意気込みですね」

 前回相当数問題を見たはずなので、今度は大丈夫だろう……。でもいい点数が取れなかったら……。そんなわけで、二日後の昼下がり、不安と期待を胸に私たちは再度ゲームセンターへ向かいました。
 あんなに苦労したはずの全問正解も、2回目の挑戦であっさりクリア。

一同「おお!」

 立て続けに全問正解を連発します。ただこのクイズ、全問正解しても高得点が取れるわけではないんです。配点が高い問題を、少ない時間でどれだけ答えられるかが得点にかかわってきます。
 ここまでくるともはや意地。時間の許す限り挑戦し、その日の結果は全国62位。納得のいく順位に笑みを浮かべながら編集部に戻ると、「ミステリーズ!」編集人K原に「そんなことやってたなら、記事にすればよかったのに……」と言われてしまいました。確かにそうだと思い、そのときの思いが、この「ミステリ・ゲーム」紹介企画へと結びついたわけです。

 この企画のきっかけにもなったQMAについて話をうかがいに行くなら、北山先生にも声をかけなければ……。
 そういうわけで北山先生と私は、六本木はミッドタウンまで一緒に出かけました。

私「……北山さん、六本木ってよくいらっしゃいます?」
北山「……いえ、一度も来たことがないです」
私「……ヒルズやF1カフェには何度も行ったことがあるんですが、私、ミッドタウンは初めてなんですよね」
北山「……とりあえず、行ってみましょう」

 こっちじゃない、あっちかな、とぐるぐると遠回りした結果、なんとか入口に辿り着いた2人。あまりのビルの巨大さに圧倒されて、しばし茫然としてしまいました。おのぼりさんかよ、という突っ込みは受けつけません。

受付のお姉さま「承っております。エスカレーターをあがって、入口にこちらをかざしてお入りください」

 案内されて向かった応接エリアの入口。

北山「すごいですよ! 入口が二次元バーコードの読み取りです!」
私「しかも、待合スペースがうちの会社全体より広いんですけど!」

 ……繰り返しますが、おのぼりさ(以下略)。
 こちらでインタビューさせていただいた模様は、『ミステリーズ!vol.36』に掲載されております。ご興味がおありの方は、ぜひそちらもご確認ください。

* * * *

ニンテンドーDSソフト『クイズマジックアカデミーDS』を抽選で1名様にプレゼントします!

プレゼント応募要項

 ご希望のかたは、下の応募フォームよりお申し込みください。プレゼント選択ラジオボタン「ニンテンドーDSソフト『クイズマジックアカデミーDS』プレゼント」をチェックしてください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

 

お申し込み締切 2009年9月30日(水)


ニンテンドーDSソフト『クイズマジックアカデミーDS』
『クイズマジックアカデミーDS』
対応ハード:NINTENDO DS
ジャンル:コミュニケーションクイズゲーム
希望小売価格:通常版 5,250円(税込)
CEROレーティング:B(12歳以上対象)
発売元:株式会社コナミデジタルエンタテインメント
(c)2008 Konami Digital Entertainment
■『クイズマジックアカデミー』ポータルサイトはこちら
http://www.konami.jp/qma/

(2009年8月5日)

バックナンバー