ラウンジ

2017.05.24

映画「怪物はささやく」特製スケッチブックを10名様にプレゼント!

怪物はささやく
書籍の詳細を見る

カーネギー賞、ケイト・グリーナウェイ賞ダブル受賞『怪物はささやく』が映画化されます。
これを記念して映画「怪物はささやく」特製スケッチブックを10名様にプレゼントいたします。
ご希望の方は、下の応募フォームよりお申し込みください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

申し込みフォームはこちら

■お申込み締切:2017年6月23日(金)

怪物はささやく
6月9日(金)TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー
監督:J.A.バヨナ「永遠のこどもたち」「インポッシブル」
原作・脚本:パトリック・ネス
出演:ルイス・マクドゥーガル フェリシティ・ジョーンズ
シガニー・ウィーバー リーアム・ニーソン(as怪物)
映画公式サイト http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

201705231428.jpg
怪物はささやく
 怪物は真夜中過ぎにやってきた。真夜中の十二時七分。墓地の真ん中にそびえるイチイの大木。その木の怪物がコナーの部屋の窓からのぞきこんでいた。
「おまえを連れにきたぞ、コナー・オマリー」
 怪物は言う。「わたしはおまえに三つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら——今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。おまえは真実を語るのだ」
 以前から闘病中だった母の病気が再発、気が合わない祖母が家に来ることになり苛立つコナー。学校では母の病気のせいでいじめにあい、孤立し、そしてコナーがもっとも恐れているあの悪夢に震えて目を醒ます……。コナーが恐れる悪夢の正体は? 怪物は彼に何をもたらすのか?

 夭折した天才作家シヴォーン・ダウドの遺したアイデアを、〈混沌の叫び〉3部作でカーネギー賞、ガーディアン賞、ウィットブレット賞を総なめした驚異の作家パトリック・ネスが完成させた、心締めつけられるような真実の物語。
 本書は英国文学の最高峰カーネギー賞を受賞しただけでなく、ジム・ケイの装画でケイト・グリーナウェイ賞を受賞するという快挙を成し遂げた。


(2017年5月24日)




ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー