ラウンジ

2013.02.05

「異人館ミステリーツアー〈ワインレッドの研究〉Season1」体験記[2013年2月]

 神戸市の北野町・山本通には明治時代に外国人建築家によって設計された数多くの洋館があります。異国情緒溢れるかの土地で、2012年10月からミステリーツアーが開催されているとのことで、取材に行ってまいりました。

 アーサー・コナン・ドイルが創造した世界一の名探偵、シャーロック・ホームズとその助手ジョン・ワトスン。ミステリーツアーは、神戸を訪れた彼らが遭遇した事件のストーリーをもとに、九つの異人館を巡って謎を解いていくというもの。なお、ストーリーの作成者は《新訳シャーロック・ホームズ全集》を翻訳されている日暮雅通先生です。

 まずは〈旧パナマ領事館〉でホームズの衣装(鳥撃ち帽&インヴァネスコート)にお着替え。これで気分は完璧に名探偵! そして「ジョン・ワトスン医師のブログより」という資料や、異人館九館特選パスポートなどを受け取り、いざ出発!

 ワトスン医師のブログを読むと、問題の事件は〈北野外国人倶楽部〉で発生したもよう。まずは現場検証をせねば! ということで、坂道を登りながら向かいます。名探偵の格好をしているものですがら、観光客のみなさんからかなりの注目を浴びています。「わぁ、ホームズがいるよ!」なんていう声が聞こえたり。なかなか気分がいいものですが、この坂、けっこうきつい……。豊かな自然や美しい風景を堪能しつつ、到着するころにはかなり息があがっておりました。ふう、名探偵も楽じゃないぜ……。

 神戸港開港当時からの居留者社交場・会員制倶楽部を再現している美しい洋館〈北野外国人倶楽部〉の一室に入ると、そこには豪華なディナーのテーブルが鎮座していました! そしてかの高級ワイン「ロマネコンティ1956年」と、こぼれたワインのシミを発見。

 ふむ、さてはワインに毒が混入されていたのか……? テーブルの席順は? などと現場検証をしつつ、ワトスン医師のブログを読み進めます。どうやら、事件の“犯人”をつきとめるためには各異人館を巡って英単語のキーワードを見つけ、パズルを解かなくてはならないようです。ううむ、ちょっと難しいかしら? と思っても大丈夫。手がかりは随所にあり、子供から大人まで楽しんでキーワードを考えることができます。また、異人館はそれぞれ貴重な美術品や工芸品を展示しており、ただ見てまわるだけでも楽しめます! 例えば、ロダンやルノアールの稀少なブロンズ作品などを展示した〈山手八番館〉。アールヌーヴォーの作家ガレ、ドーム兄弟のガラス工芸品が飾られた〈洋館長屋〉。世界中の動物の剥製のコレクションが見事な〈ベンの家〉などなど。見所はたくさんあるのです。

 そして、神戸のシンボルとして名高い〈うろこの家〉に到着。魚のうろこに似た外壁がとっても綺麗。ここには美術館も併設されていて見応えがあります……って、肝心の謎解きもしなきゃ! 

 この館に隠されたキーワードを無事発見したところで、今度は付属のティーショップで「ミステリードリンク」を飲むことにしました。このドリンクはツアーで提供してもらえるのですが、なんと飲む前に“ドリンクを飲むのは自分の意志によるものである”という旨の誓約書を書かねばなりません。「このドリンクの身体への影響は、主催者側は一切の責任を持たない」とのことです。誓約書にサインをした後、いざ挑戦。お味のほうはというと……それは、ぜひ実際に飲んでみてください!

 そんなこんなでキーワードがそろい、最後の〈英国館〉へ向かいます。ここは2007年に英国館百年記念として、二階に名探偵ホームズの住まい、ロンドンのベーカー街221Bの部屋が再現されています。

パイプ、ヴァイオリン、パイプなどホームズの持ち物もたくさん! ファンにはたまらない場所です。ここでキーワードを集めて考えたパズルと、ホームズとワトスンが遭遇した事件の“犯人”を考え、答えを提出します。いやー、犯人が誰なのか、けっこう悩んでしまいました。

 と、いうわけで異人館や芸術鑑賞をしつつ謎解きもできる、なんともすてきなツアーでした。2013年3月31日まで開催されているそうですので、ご興味のあるかたは〈異人館うろこの家グループ〉までお問い合わせください!


「異人館ミステリーツアー〈ワインレッドの研究〉Season1」
お問い合わせ:http://kobe-ijinkan.net/index.php
*開催期間:2013年3月31日まで
*申込み方法:メールでのご応募になります。上記ホームページの詳細をご参照のうえ、参加希望日時、人数、代表者氏名をメールにてお知らせください。
*メール宛先:england4848@yahoo.co.jp

(2013年2月5日)




【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

ミステリ・SF・ホラー・ファンタジーの専門出版社|東京創元社
バックナンバー