ラウンジ

2017.08.07

「創元 夏のホンまつり@東神楽坂」レポート~編集部員の視点から~

先日、7月27日(木)28日(金)に小社にて開催されました「創元 夏のホンまつり@東神楽坂」。小社屋内駐車場をリアル書店として、自社単行本・文庫の流通品目全点、オリジナルグッズなどの販売を行うという初の試みでしたが、多くの方にお越しいただきました。誠にありがとうございました!

営業部日誌「出版社の本社を書店にしてみよう!」の巻では、開催までの裏話を掲載していますが、本記事では当日のレポートを、編集部Iがお届けしたいと思います。

【7月27日(木)】

1.jpg この日は曇り。涼しい風も吹いていて、外出にはちょうど良い気候でした。
12時の開店と同時に、続々とお客様が来店します。ご近所にお住まいの方やお勤めの方、夏休み中のお子さんを連れたご家族も多くいらっしゃいました。

社員のオススメ本、オリジナルグッズもずらり。

4.jpg 6.jpg 大勢のお客様でにぎわい、青柳碧人先生もいらっしゃった中、本日の一日店長・似鳥鶏先生が登場!

著作をお買い求めいただいた方へのサイン会もスタート。終始、和やかに談笑されていました。青い法被が似合っております。

8.jpg また、似鳥店長が選ぶ「東京創元社のオススメ10冊」はこちら!

1:『アリス殺し』小林泰三
『不思議の国のアリス』の世界で起こる殺人事件。
まともな人が1人もいないのに、ちゃんと成立する傑作ミステリー。
2:『銃を読み解く23講』小林宏明
弾切れのオートマチックを撃とうとしても「カチン」なんて音はしません!
真のガンマニアが贈る、よくある銃の誤解を正すマニア垂涎の解説本。
3:『メグル』乾ルカ
学生部のお姉さんが紹介してくる奇妙なバイトが学生たちの運命を変えていく。
ちょっと不思議な連作短編集。
4:『空飛ぶ馬』北村薫
しっとりした文体で紡がれる「日常の謎」の金字塔。
5:『日曜の夜は出たくない』倉知淳
神出鬼没の「猫丸先輩」が大活躍するコミカルな日常の謎7編。
6:『少女には向かない職業』桜庭一樹
切実な文体で「殺人者」になりたい少女たちの闘いを描くガールズ・サスペンス。
7:『大誘拐』天藤真
誘拐されたおばあちゃんは誘拐犯より度胸があって……? コミカルで優しい犯罪小説。
8:『TOKYO BLACKOUT』福田和代
東京都を襲う「電力テロ」と戦う電力マンたちの物語。
東日本大震災以前に「輪番停電」という状況を予見した傑作。
9:『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信
「小市民」になりたい名探偵小鳩くんと「復讐が趣味」の小佐内さんによる、可愛らしくて毒のある連作短編。
10:『盤上の夜』宮内悠介
話題の宮内悠介先生のデビュー作。ボードゲームから宇宙へ、そして人間の根源へ飛ぶ常識突破の奇想6編。

9.jpg そして最後に、「くらりぬり絵コンテスト」の選考があり、似鳥賞が決定!「くらりの横にいる黒い物体のインパクト大!」とのことでした。受賞、おめでとうございます!

10.jpg 【7月28日(金)】

この日は快晴。夏らしい暑さのため、3台の扇風機をフル稼働して開店!レジ横のくらりは、今日はホームズコスプレでお出迎え。

12.jpg 店内には、色々な展示や配布物がありました。こちらは社員渾身の「神楽坂飲食店マップ」(※PDFでダウンロードできます。約900KB)。オススメポイントを書いた文章に力が入っています。ちなみに私のイチオシは「和食や」です。

13.jpg 本日も大勢のお客様でにぎわう中、色々な先生方が遊びにいらっしゃいました。北原尚彦さん、川出正樹さんに続き、米澤穂信先生、深緑野分先生、辻堂ゆめ先生がご来店。それぞれ法被姿をぱちり。

14.jpg 15.jpg 16.jpg そうする内に、本日の一日店長・青崎有吾先生が登場。法被とくらりのお面を装着した後、サイン会がにぎやかにスタートしました。

18 (2).jpg また、青崎店長が選ぶ「東京創元社のオススメ10冊」はこちら!

1:『貴婦人として死す』カーター・ディクスン
カーの中で一番好きです。復刊に感謝。
2:『エラリー・クイーンの冒険』エラリー・クイーン
説明不要の傑作パズラー短編集。
3:『もう年はとれない』ダニエル・フリードマン
世界最強の87歳バック・シャッツじいちゃんの活躍を見逃すな。
4:『青鉛筆の女』ゴードン・マカルパイン
読み進むにつれて背筋がゾクゾクしてきます。
5:『午前零時のサンドリヨン』相沢沙呼
相沢先生早く新作書いてください。
6:『コミカル・ミステリー・ツアー』いしいひさいち
実のところ、これより面白いミステリ入門は存在しません。
7:『競作 五十円玉二十枚の謎』若竹七海ほか
小銭とミステリは相性がよい。どちらにも細かさの美学があるからでしょうか。
8:『街角の書店』中村融編
超高級短編フルコース~奇妙な味を添えて~。
9:『八十日間世界一周』ジュール・ヴェルヌ
「好きすぎて登場人物を自作に出しました」
10:『堆塵館』エドワード・ケアリー
こんなファンタジイがずっと読みたかった。

19 (2).jpg サイン会の傍ら、屋外にて、本日はお客様としていらっしゃった似鳥鶏先生と、小社碁楽選書担当の公開対局が始まりました。結果は、似鳥先生の完敗…。

20 (2).jpg 21.jpg 岡崎琢磨先生もいらっしゃり、サイン会を終えた青崎店長と談笑。そして最後に、「くらりぬり絵コンテスト」の選考があり、青崎賞&くらり賞が決定!青崎賞は「牛が宇宙船に攫われているのが面白いです」とのことでした。受賞、おめでとうございます!

23 (1).jpg 24.jpg そうして、二日間に渡る「創元 夏のホンまつり@東神楽坂」が終了いたしました。ご来店いただいた皆様、先生方、誠にありがとうございました!

25.jpg
(2017年8月4日)




ミステリ・SFのウェブマガジン|Webミステリーズ! 東京創元社
バックナンバー