ラウンジ

2009.07.06

『逆転検事』制作チームインタビュー[全文]&DSソフト『逆転検事』プレゼント!

このキャンペーンは終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


カプコン東京支社入口
カプコン東京支社入口
 面白いミステリは小説だけでなく、ゲームの世界にもあるはず! 「ミステリーズ!」では今号から数回にわたって、ミステリ・ゲームの世界を紹介してきます。
 今回はシリーズ320万本を売り上げたゲーム「逆転裁判」と、2009年5月28日に発売になったばかりの最新作『逆転検事』について、制作スタッフの江城プロデューサーと山崎ディレクターにお話をうかがいに、カプコン東京支店にお邪魔してきました。

――お二人はどんなお仕事をされているのでしょうか。
江城プロデューサー(以下江):スケジュールやコスト管理など、ゲームの内容以外全てにタッチしています。ユーザー目線での提案など大きな意味でのクオリティーコントロールも重要な仕事です。スタッフのよろず悩み相談所的な役割も負っています。
山﨑ディレクター(以下山):僕は逆にゲーム全部についてが仕事です。チームの立ち上げからコンセプトの設定、骨組みをきちんと立てたり……。テキストは複数人で書いているんですが、最終的なチェックを含め、シナリオ全般についても大きな責任を負っています。

■「逆転裁判」シリーズについて
――まずは「逆転裁判」シリーズ(*注)について、教えていただけますか。
江:プレイヤーが熱血弁護士となって、絶対絶命の被告人の無罪を勝ち取るアドベンチャーゲームです。法廷バトルがメインなんですが、探偵パートで情報と証拠を集めて、法廷パートで出てくる証人の証言のムジュンを、それをもとに指摘していく形で進行します。駆け引きのテンポが非常によく、ゲームとしてのミステリの面白さを体験させる、画期的な作品だと思います。
山:シンプルでとても簡単な操作で、本格的な推理の面白さを味わえます。証言のムジュンをついたことで新たな事実が浮かび上がったり、検事から意外な反証があったりとサプライズも用意されていますよ。
江:「尋問」のイメージは、アメリカの裁判から取っています。
山:法廷もののイメージとしては、ペリー・メイスンでしょうか。

――なぜ携帯ゲーム機で展開しているのでしょうか。
山:小さな画面で遊んでもらうことで、より作品に集中してもらえるんじゃないかと。文庫本を持ち歩く気持ちで遊んでください。

――ゲームならではの個性的なキャラクターがたくさん登場しますね。「これは泡坂妻夫さんがモチーフ?」と思われる紋章上絵師のおじいさん(『逆転裁判3(以下3)』登場)が出てきた時は衝撃でした。
山:他にも、シリーズを通して重要となる事件の名前が「DL6号事件」で、泡坂妻夫さんのデビュー作「DL2号機事件」からとっていたり、「倉院の壺」という壺が出てきたりと、ミステリをモチーフにした遊びもいくつか入っていますね。

■『逆転検事』について
――5月28日に発売になった『逆転検事』はどんなゲームなのでしょうか。
江:「逆転裁判」シリーズでライバル検事だった御剣怜侍(みつるぎ・れいじ)が主人公で、事件現場を実際にキャラクターを動かしながら捜査して、証拠を集め、推理をまとめて事件の真相を追究するアドベンチャーゲームです。

江城元秀
江城元秀プロデューサー
――現場で捜査がメインになるかと思うのですが、それ以外で今までの「逆転裁判」シリーズとの違いはありますか。
山:今回は、事件現場が舞台ですので、証言のムジュンではなく、たとえば証拠の偽装など、現場のムジュンを暴いていくというスタイルになります。「逆転裁判」の「尋問」の要素は、現場で怪しい人物と直接「対決」するという形で継承しています。さらに、ライバル検事ではなく、ライバル捜査官が登場し、彼らとどちらの推理が正しいかをめぐって対決することもあります。また、「ロジック」という新しいシステムでは、集めた情報の中からつながりのあるものを二つ選んでまとめていくことで論理的な推理を体験していただけるようになっていますよ。
江:「逆転裁判」より推理している感はより強いと思います。ほかにも複数人が画面にカットインして登場したり、ロングショットが追加されたりしていますね。捜査→対決→捜査→というジェットコースター的テンポの良さを体験してください。
山:実際やることは推理です。
江:「逆転」シリーズのキャラクターの説明等もきちんとありますので、はじめてシリーズをプレイされる方でも問題なく楽しんでいただけると思います。
山:逆にいままでのシリーズを楽しまれた方には、主人公の御剣と推理の過程をシンクロさせて、なりきってプレイするといった楽しみ方をしていただければ思います。

山﨑剛ディレクター
山﨑剛ディレクター
――時系列的にはどのあたりのストーリーでしょうか。
江:『逆転裁判3』のちょっとあとくらいです。御剣は『逆転裁判 蘇る逆転』の頃だと、有罪判決のためならなんでもやる! というキャラクターで、それだとゲームが成り立ちません(笑)ちょっとずつスタイルが変化して、真実の追究を! というスタンスに変わったあとのお話です。

――『逆転検事』制作の契機について教えていただけますか? なぜ「逆転裁判」の新作ではなく、『逆転検事』になったのでしょうか。
江:ニンテンドーDS用『逆転裁判3 Best Price!』の制作が終盤にさしかかったころ、「逆転」シリーズの世界観を使って、新しい遊びを提案できないか、と思い立ったんです。だったら主人公は御剣検事だろう、と。制作スタッフを一新しつつ、『蘇る逆転』『逆転裁判4』の制作にかかわっている山崎をディレクターとしました。
山:法廷以外で検事、となるとやっぱり現場捜査。じゃあどんな話にしようかと考え始め、2007年9月ごろにチームを立ち上げました。
江:最初はファン向けに軽めのものを、と考えていたんですが、去年の「特別法廷2008 逆転裁判オーケストラコンサート」(「逆転裁判」のゲーム音楽のオーケストラコンサート)の場で『逆転検事』について制作発表をしたら、予想以上の反響でした。これはもっと厚みのあるものを作らなければ! と頑張りましたね。そのため、当初の予定からずいぶんボリュームが増えました。

――特に苦労した点はありますか。
江:やっぱりシナリオですね。チームでミーティングをした結果をまとめて、こういう話にしようと決めたものを、山﨑がトリックなどゲーム的な遊びを盛り込みつつ、シナリオにしていく。それをゲームに落としこんでいくのですが、シナリオで読んで面白くても、実際にゲーム機でプレイするとイマイチだったりするので、何度もリテイクがありました。
山:読んで面白いトリックと、ゲームで解いて面白いトリックは違いますし、「ミステリを読んでいる人間からすれば常識ですよ!」というものも、「いやいやわからないから!」とダメ出しをされることもありました。ほんとに最後の最後まで手を入れていましたね。
江:テキストの量も膨大です。
山:気になるところをタッチしてみて、「ハズレでした」では申し訳ない。アクションを起こしたら、笑いでもヒントでも、何か得する情報を……と一つ一つに仕込んでいったので、かなりの量ですね。

――ちなみにお二人はどんなミステリがお好きですか。
江:『チームバチスタの栄光』が面白かったです。テンポの持って行き方も非常にゲーム的ですよね。僕はあまり読まないんで、ミステリについては山﨑に任せています。
山:僕は綾辻行人さんの『十角館の殺人』からミステリを読み始めました。新本格の書き手が好きですね。叙述ものが特に。騙されたいという気持ちがあるので。具体的には、法月綸太郎さんの論理性や、京極夏彦さんの大きな「絵」を論理立てて描いてくれるところなどがとても魅力的です。
江:二人のこの差が、制作にあたって、いいバランスになっていたと思います。ミステリのお約束がわからないからこそ、ユーザー目線に立てた部分もありました。マニア同士だと難しくなりすぎたり、マニアックになりすぎたと思います。

――どんなミステリ好きにオススメのゲームですか。
江:テキストだらけだと単調になりがちですけど、「調べる」というアクションと「ロジック」という推理をまとめる過程を入れることで、一粒で三度おいしい、飽きの来にくいものになっていると思います。推理小説を作者との対決と考える人には特にオススメですね。
山:ゲームというメディアに消極的な方もいるかもしれませんが、ストーリーに介入していくのを疑似体験するのは、小説にはできないことだと思います。
江:プレイもとても簡単なので、チャレンジと思ってやってみていただければ嬉しいです。
山:これは「逆転裁判」生みの親の巧舟が言っていたことなんですが、小説だと残りページがまだ半分あれば、「こいつが犯人ではないな」というのがわかってしまう。でもゲームだと終わりはわかりません。そういったハラハラも是非体験してみてください。

――ありがとうございました。


*注 「逆転裁判」シリーズ
 2001年にGBAで発売された『逆転裁判』からはじまるこれぞミステリ・ゲーム! というミステリ作家にもファンが多いシリーズ。『逆転裁判』がニンテンドーDSに移植された際にエピソードが一つ追加された『逆転裁判 蘇る逆転』『逆転裁判2』『逆転裁判3』『逆転裁判4』それぞれが、New Best Price! 2000シリーズとして現在発売されている。
 ゲームならではのミステリ的設定やトリックの面白さに加え、DSのマイク機能を使って、自分で「異議あり!」「待った!」と叫んだり、指紋検出やルミノール試薬を使った証拠品調べも楽しい。個性的なキャラクターばかりで、ゲームだけでなく、キャラクターも魅力的。



*この記事は2009年6月11日発売の『ミステリーズ!vol.35』に掲載されたものです。

■PROFILE
江城元秀
1990年株式会社カプコン入社。『逆転検事』プロデューサー。
山﨑 剛
2004年株式会社カプコン入社。『逆転検事』ディレクター。

* * * *

ニンテンドーDSソフト『逆転検事』を抽選で3名様にプレゼントします!

プレゼント応募要項

 ご希望のかたは、下の応募フォームよりお申し込みください。プレゼント選択ラジオボタン「ニンテンドーDSソフト『逆転検事』プレゼント」をチェックしてください。ご応募多数の場合は抽選となります。当選発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

 

お申し込み締切 2009年7月31日(金)


『逆転検事』
対応ハード:NINTENDO DS
ジャンル:推理アドベンチャー
発売日:2009年5月28日
希望小売価格:通常版 5,040円(税込)
LIMITED EDITION(限定版) 9,490円(税込)*「LIMITED EDITION」はカプコンオフィシャルショップ「e-CAPCOM」専売です。
CEROレーティング:B(12歳以上対象)
■『逆転検事』公式サイトはこちら
http://www.capcom.co.jp/gyakutenkenji/

(2009年7月5日)

バックナンバー