Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

一般文芸

ナチス占領下のパリで、人々にかけがえのない本を届け続けた図書館員たちの勇気と絆を描く感動作! 『あの図書館の彼女たち』

これは、読書人と出版人に捧げる小説です――ポール・フルネル/高橋啓訳『編集者とタブレット』(海外文学セレクション)

彩瀬まる『新しい星』、一穂ミチ『パラソルでパラシュート』、奥田亜希子『求めよ、さらば』…紙魚の手帖vol.03(2022年2月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その2

小田雅久仁『残月記』、河﨑秋子『絞め殺しの樹』…紙魚の手帖vol.03(2022年2月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その1

失踪した読書家の婦人の残した本のリストから読書セラピストが真相を探り出す! ファビオ・スタッシ/橋本勝雄訳『読書セラピスト』

東京創元社の新たな文庫レーベル 〈創元文芸文庫〉創刊!

深緑野分『カミサマはそういない』、柚木麻子『らんたん』…紙魚の手帖vol.02(2021年12月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その2

山本文緒『ばにらさま』、君嶋彼方『君の顔では泣けない』、新名智『虚魚』…紙魚の手帖vol.02(2021年12月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その1

吉川トリコ『余命一年、男をかう』、渡辺優『アヤとあや』、波木銅『万事快調』…紙魚の手帖 vol.01(2021年10月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その2

川越宗一『海神の子』 、岩井圭也『水よ踊れ』…紙魚の手帖 vol.01(2021年10月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その1

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり