Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

海外ミステリ

『レヴィンソン&リンク劇場 突然の奈落』、ディーヴァー『ファイナル・ツイスト』…紙魚の手帖vol.06(2022年8月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その2

ハレット『ポピーのためにできること』…紙魚の手帖vol.06(2022年8月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1

短篇の名手が紡ぐ、異様な罪と罰のかたち――フェルディナント・フォン・シーラッハ著 酒寄進一訳 『刑罰』文庫版刊行

第32回鮎川哲也賞&第19回ミステリーズ!新人賞選評掲載号! 『紙魚の手帖vol.07 OCTOBER 2022』

とにかく楽しい、読むと元気が出る型破りミステリ! ジャナ・デリオン/島村浩子訳〈ワニ町〉シリーズ(創元推理文庫)まとめ

穂井田直美/ジャナ・デリオン『どこまでも食いついて』解説[全文]

ニューマン『フォーリング-墜落-』、『レオ・ブルース短編全集』…紙魚の手帖vol.05(2022年6月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その2

ラーム『英国屋敷の二通の遺書』…紙魚の手帖vol.05(2022年6月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1

売れない作家が殺し屋と勘違いされてしまい!? 圧倒的一気読み巻きこまれミステリ! エル・コシマノ『サスペンス作家が人をうまく殺すには』

東京創元社2022年復刊フェア・全作品紹介[2022年10月上旬開催]

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり