三木笙子さんの人気シリーズ〈帝都探偵絵図〉のスピンオフ、
『怪盗ロータス綺譚 グランドホテルの黄金消失』がついに発売になります!


■〈帝都探偵絵図〉シリーズとは?
雑誌記者の里見高広と天才絵師の有村礼が、
周囲で起きる事件を解き明かす人気シリーズ。
『人魚は空に還る』にはじまり、『世界記憶コンクール』
『人形遣いの影盗み』『怪盗の伴走者』があります。
本作は、その中に登場する怪盗ロータスこと蓮と、彼の幼馴染みの安西省吾を
主人公にしたオリジナルの連作集です。

怪盗ロータス綺譚

■あらすじ
「怪盗になる」そう宣言した幼馴染の蓮に仲間として引き入れられ、
安西省吾は東京地方裁判所検事局を辞めてともに欧州に渡った。
異国で成功した手妻師とそのマネージャーという体裁で帰国した二人は、
しばらく日本で休養するはずだったが……

蓮は揉め事を起こさないという約束をはぐらかし、
次々と不可解な出来事に首を突っ込んでいく。
帝国ホテルから一晩で消えた金塊、名家に伝わる嫁入道具をめぐる騒動、
すべて一等が出る駄菓子屋の籤の謎――怪盗ロータスの華麗なる推理綺譚。

■収録作品
「グランドホテルの黄金消失」
帝国ホテルに持ち込まれた金塊が一晩で消えた。

「特等席」
名家に伝わる嫁入道具・貝合わせの行方を追う。

「埋める者 暴く者」
湯治のはずが、何故か埋蔵金探しに巻きこまれ……。

「すべて当たり籤」
駄菓子屋の籤引きが思わぬ騒動を引き起こす。

「光と影のおむすびころりん」
貧しかった寺男の遺品を盗んだ犯人の目的とは。


「僕は何もしていないよ、揉め事が勝手に起きただけだ」
と言いながら事件に首をつっこんでいく蓮と、
彼に翻弄される省吾。
二人の活躍をぜひお楽しみください!

怪盗ロータス綺譚
三木 笙子
東京創元社
2022-11-09