19608

10月11日に発売されたジャナ・デリオン/島村浩子訳『どこまでも食いついて』。サングラスに黒服の男たちと対峙する色とりどりの女性三人が描かれた表紙が目印のこちらは、〈ワニ町〉シリーズの最新刊、シリーズ第5作となる作品です。ずっと楽しみにされていた愛読者――ワニ町応援団の皆さま、お待たせしました。そしてワニ町? 何それ? というあなたは、ぜひこの紹介記事を読んでみてください。

《〈ワニ町〉シリーズとは?》
アメリカの作家ジャナ・デリオンJana DeLeonの書いたミステリ小説のシリーズ〈ミス・フォーチュン・ミステリ〉Miss Fortune Mysteryの日本での愛称。由来は第1作の邦題『ワニの町へ来たスパイ』から。CIAの腕きき女性スパイ・レディング(通称フォーチュン)が、任務でそのすこぶるつきの戦闘能力を発揮しすぎて命をねらわれたことから、ほとぼりを冷ますために身分を偽り隠れ住むことになったアメリカ南部の小さな町シンフルで、町を牛耳る名物老婦人コンビ、アイダ・ベルとガーティとの三人で巻きこまれる騒動や事件を描くシリーズです。

ワニ町Twitter

「読んだ人みんなが元気になる、とにかく楽しいミステリ」なのがシリーズの特長。これまで創元推理文庫から『ワニの町へ来たスパイ』『ミスコン女王が殺された』『生きるか死ぬかの町長選挙』『ハートに火をつけないで』『どこまでも食いついて』の5作が出ています(すべて島村浩子訳)。各巻のあらすじを下にまとめましたのでご覧ください。2~5巻につけられた解説[全文]へのリンクもありますので、どんな話かもっと詳しく知りたいかたはそちらもご参考に。

さらに1枚、画像をぺたり。第4作までの主要キャラクターはこんな感じの人たち・動物たち。カバーイラストを一貫して手がける松島由林さん渾身のイメージ相関図です。

ワニ町人物イメージ表
(画像クリックで拡大します)

また、発売中の〈紙魚の手帖〉vol.06(2022年8月号)には、同じく松島由林さんによる応援イラストとしてシンフルの町のイメージマップが掲載されていますので、ディープなワニ町ファンはこちらもお見逃しなく。

紙魚の手帖Vol.06
ほか
東京創元社
2022-08-12


そして、すでにお知らせしていますが改めて告知を。『どこまでも食いついて』の次の巻となるシリーズ第6作Soldiers of Fortuneも創元推理文庫から2023年に刊行します。

引きつづき、フォーチュンとアイダ・ベル、ガーティたちの活躍にご期待ください!

《シリーズ紹介》
1:『ワニの町へ来たスパイ』Louisiana Longshot(2012)


●あらすじ
潜入任務で暴れすぎたために、敵から狙われる身となった超凄腕CIA秘密工作員のわたし。ルイジアナの小さな町で、自分と正反対の女性になりすまし潜伏するつもりが、到着するなり保安官助手に目をつけられ、住む家の裏の川で人骨を発見してしまう。そのうえ町を牛耳る老婦人たちに焚きつけられ、しかたなく人骨事件の真相を追うことに……。型破りなミステリ・シリーズ第一弾。


2:『ミスコン女王が殺された』Lethal Bayou Beauty(2013)

ミスコン女王が殺された 〈ワニの町へ来たスパイ〉シリーズ (創元推理文庫)

●あらすじ
今度こそ計画どおり静かに暮らそうとしたCIA秘密工作員フォーチュンの決意は、あっさりくじかれる。ハリウッドに行った元ミスコン女王パンジーが町に帰還したのだ。札つきのお騒がせ女と対面するなり、フォーチュンは大衝突をしてしまう。その後、パンジーが殺され、疑われたフォーチュンは地元婦人会の老婦人コンビと真犯人捜しに乗り出すが、そのせいで町には再び大混乱が!

●大矢博子さんによる解説はこちら!



3:『生きるか死ぬかの町長選挙』Swamp Sniper(2013)


●あらすじ
長年シンフルを陰で仕切ってきたアイダ・ベルが、ついに町長選挙に出馬する。二週間前から身分を偽り町で暮らすCIA秘密工作員のフォーチュンは、これまでの縁から選挙戦を手伝うことに。ところが、公開討論会が終わった直後、対立候補が殺されてしまう。犯人扱いされた友の無実を証明するため、立ち上がるフォーチュンたち。が、その結果小さな町はまたも大騒ぎになるのだった!

●上條ひろみさんによる解説はこちら!



4:『ハートに火をつけないで』Swamp Team 3(2014)


●あらすじ
保安官助手カーターとのデートを前に、居心地の悪い時間を過ごすCIA工作員のフォーチュン。そこに友人のカフェ店員アリーの家が火事だと連絡が入る。原因は放火だった。誰からも恨まれそうにない彼女がなぜ? 大事な友人を守るため、フォーチュンはカーターの警告を無視して、町を知りつくしたアイダ・ベルとガーティとともに犯人を追う。大好評の〈ワニ町〉シリーズ第四弾!

●♪akiraさんによる解説はこちら!



5:『どこまでも食いついて』Gator Bait(2014)

●あらすじ
保安官助手カーターとの初デートを成功させたフォーチュンのもとに、アイダ・ベルとガーティの宿敵シーリアが町長に立候補したとの報が入る。三人が当選阻止に動こうとした矢先、なんとカーターが何者かに狙撃されてしまう。命は助かったものの、彼は病院行きに……。お目付役のいないフォーチュンたちが、犯人をさがして町を史上最大の混乱に陥れる〈ワニ町〉シリーズ第五弾!

●穂井田直美さんによる解説はこちら!



6:Soldiers of Fortune(2015)
 2023年、創元推理文庫より刊行!

 
(2022年10月12日)