2022年6月に川野芽生さん『無垢なる花たちのためのユートピア』
宮澤伊織さん『神々の歩法』が刊行されました。

発売から約1ヶ月経ち、もっと多くの方に届けたい!!!!!
ということで試し読み大増量企画を思い立ちました。

『無垢なる花たちのためのユートピア』より表題作全文、
『神々の歩法』より、第1話全文と第2話冒頭を
2022年8月31日までの期間限定で公開します。

東京創元社SF班が激オシする2作品、お楽しみいただけますように!


幻想小説が好き、短歌にも興味がある、美しい世界に浸りたい方へ!
『無垢なる花たちのためのユートピア』表題作全文はこちら

2208川野

【内容紹介】
地上からはるか遠く離れたところにあるという楽園を目指し、天空を旅する一隻の船。
そこでは花の名前をつけられた少年たちが、導師と呼ばれる大人たちのもとで寮生活を送っていた。最も大切なのは心の純潔さであると教えられた少年たちの暮らしは慎ましく清らかで、船の中はこの世界のどこよりも楽園に近い場所と思われた。
ある日、白菫という少年が舷から墜落する。皆が不慮の事故としてその死を悼んだが、親友の矢車菊は白菫が落ちる直前の様子を知り、彼がみずから身を投げたのではないかと疑問を持つ。だが、希望に満ち溢れたこの美しい船に、いったいどんな不幸があるというのか――親友の死のほんとうの理由を探して、矢車菊は船内の暗い場所へと足を踏み入れる。幻想文学の新鋭による初の小説集。

【目次】
「無垢なる花たちのためのユートピア」
「白昼夢通信」
「人形街」
「最果ての実り」
「いつか明ける夜を」
「卒業の終わり」

 解説=石井千湖

【著者紹介】川野芽生(かわの・めぐみ)
1991年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科在学中。2017年、「海神虜囚抄」(〈間際眠子〉名義)で第3回創元ファンタジイ新人賞の最終候補に選出される。18年、「Lilith」30首で第29回歌壇賞を受賞し、20年に第一歌集『Lilith』を上梓。同書は21年、第65回現代歌人協会賞を受賞した。


エンタメ・SFが好き、特撮が好き、特殊部隊と少女の活躍が読みたい方へ! 
『神々の歩法』第1話「神々の歩法」全文と第2話「草原のサンタ・ムエルテ」冒頭はこちら。

2208宮澤伊織

【内容紹介】
一面の砂漠と化した北京。廃墟となった紫禁城に、米軍の最新鋭戦争サイボーグ部隊が降り立った。標的は単独で首都を壊滅させた神のごとき“超人”。その圧倒的な戦闘能力になす術もなく倒れゆく隊員たちの眼前に、突如青い炎を曳いて一人の少女が現れた――第6回創元SF短編賞受賞作にはじまる本格アクションSF連作長編。

【目次】
「神々の歩法」……北京を廃墟にした“憑依体”に苦戦する戦争サイボーグ部隊の眼前に、一人の少女が現れた。第6回創元SF短編賞受賞作。
「草原のサンタ・ムエルテ」……部隊に合流した少女が、突如姿を消した。第二の憑依体が出現したのだ。――それも日本の岩手県に。
「エレファントな宇宙」……アフリカのコンゴ共和国に異状が察知された。部隊は高次元生命体を迎え撃つべく、世界第二の大河を下る。
「レッド・ムーン・ライジング」……CIAのマッケイのもとにサイボーグ部隊から「UFOを見た」と連絡が入る。新たな憑依体の出現か、それとも……。
「あとがき」

【著者紹介】宮澤伊織(みやざわ・いおり)
秋田県出身、東京都在住。2011年、『僕の魔剣が、うるさい件について』でデビュー。冒険企画局に所属し、テーブルトークRPGやアニメの企画協力なども手掛ける。2015年、本書の第一話となる作品で第6回創元SF短編賞を受賞。コミック化、アニメ化もされた〈裏世界ピクニック〉シリーズで人気を博す。他の著作に『ウは宇宙ヤバイのウ!』『そいねドリーマー』など多数。