1982年11月、遙か未来の歴史群像劇の幕が上がった。
著者は田中芳樹、書名は『銀河英雄伝説』


《銀河英雄伝説》刊行40周年記念
田中芳樹『愛蔵版 銀河英雄伝説』全7集
2022年5月より隔月刊行開始


正伝5集・外伝2集の全7集とし、四六判上製・各巻函入りの豪華版で刊行します。

gineiden01

IMG_2135

IMG_2136

IMG_2139

豪華予約特典 全国書店店頭・一部ネット書店で予約受付中
全7集予約でもらえる!
特典付き申込締切 2022年7月31日

【特典1】 申込者全員 2023年1月発送予定
星野之宣先生描き下ろしイラストポスター(非売品)
予約者全員に、『愛蔵版 銀河英雄伝説』刊行記念として描き下ろしていただいた星野之宣先生のイラストポスターをプレゼントいたします。

【特典2】申込後に抽選 2023年5月発送予定
為書き入り(申込者のお名前入り)田中芳樹先生サイン色紙(30名様)
予約特典の描きおろしポスターの発送時に、抽選専用の申込用紙を同送いたします。専用用紙でお申込みいただいた方の中から抽選で30名様に、田中芳樹先生の為書き入りサイン色紙をプレゼントいたします。

※お近くの書店店頭にお申し込みください。弊社への直接のお申し込みは承わることができません。
※書店注文用のチラシは以下のURLからダウンロードいただけます。プリントアウトしてお使いください(PDF形式、約650KB)
http://www.tsogen.co.jp/PDF/gineindenCE.pdf

※ネット書店では、下記の店舗でのみご予約いただけます。
※キャンセルはお受けできません。
※2022年8月1日以降も定期予約はお申し込みいただけますが、特典はつきませんのであらかじめご了承ください。

*     *     *

『銀河英雄伝説』は日本SF史に名を刻む壮大な宇宙叙事詩として、刊行から40年の月日を経てなお色褪せることなく、世代を超えて読み継がれている名作です。全巻累計部数1500万部を超え、2017年からは再びアニメ化も始まり、新しい『銀英伝』の世界が生み出されています。
この『銀河英雄伝説』刊行40周年を記念して、2022年5月より、四六判上製・函入りの『愛蔵版』を全7集で隔月刊行いたします。正伝を2作ごとにまとめ全5集に、また外伝全編を時系列順に再編して全2集に収めます。

【詳細】
『愛蔵版 銀河英雄伝説』
全7集 隔月刊行予定
各巻 本体4,000円+税(予価)

●2022年5月刊
[第1集]銀河英雄伝説Ⅰ 黎明篇/野望篇
●2022年7月刊
[第2集]銀河英雄伝説Ⅱ 雌伏篇/策謀篇
●2022年9月刊
[第3集]銀河英雄伝説Ⅲ 風雲篇/飛翔篇
●2022年11月刊
[第4集]銀河英雄伝説Ⅳ 怒濤篇/乱離篇
●2023年1月刊
[第5集]銀河英雄伝説Ⅴ 回天篇/落日篇
●2023年3月刊
[第6集]銀河英雄伝説外伝Ⅰ
ダゴン星域会戦記/螺旋迷宮(スパイラル・ラビリンス)/白銀の谷/黄金の翼/朝の夢、夜の歌/千億の星、千億の光
●2023年5月刊
[第7集]銀河英雄伝説外伝Ⅱ
星を砕く者/汚名/ユリアンのイゼルローン日記

【特色1】四六判上製・函入りで刊行
愛読者の皆様の書架に末永く納めていただけるよう、貼函入の堅牢な書籍として造本します。日本のSFブックデザインの第一人者・岩郷重力+ワンダーワークスの美麗な造本でお届けします。

【特色2】『外伝』収録の長編4作・短編5作を、時系列順に再編集
この愛蔵版全集で、初めて外伝作品を年表に沿って編纂しました。
『外伝Ⅰ』に「ダゴン星域会戦記」『螺旋迷宮(スパイラル・ラビリンス)』「白銀の谷」「黄金の翼」「朝の夢、夜の歌」『千億の星、千億の光』の順で、『外伝Ⅱ』に『星を砕く者』「汚名」『ユリアンのイゼルローン日記』の順で収めます。

【特色3】星野之宣先生の文庫版カバーイラストを巻頭に再録
創元SF文庫版『銀河英雄伝説』を飾っていただいた星野之宣先生のカラーイラストを、各集の口絵として2葉ずつ再録します(『外伝Ⅰ』のみ3葉)。星野之宣先生は日本SFマンガの第一人者として50年近くにわたり第一線で活躍されています。

【特色4】刊行から40年、今も愛されつづける名作
最初のトクマ・ノベルズ版刊行ののち、徳間書店で2度の文庫版(徳間文庫、徳間デュアル文庫)と愛蔵版が刊行され、創元SF文庫版となって以降も15年にわたって読み継がれています。この間、2度のアニメーション化、2度のコミカライズ(道原かつみ先生、藤崎竜先生)、ほか各種ゲーム化されるなど、日本のメディア産業を横断して親しまれています。

◆著者紹介
田中芳樹(たなか・よしき)
1952年、熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。1978年「緑の草原に……」(李家豊〔りのいえゆたか〕名義)で第3回幻影城新人賞を受賞しデビュー。1982年より刊行を開始した『銀河英雄伝説』全10巻で1988年に第19回星雲賞日本長編部門を、『ラインの虜囚』で2006年に第22回うつのみやこども賞を受賞。他に『マヴァール年代記』『タイタニア』『アルスラーン戦記』『創竜伝』《薬師寺涼子の怪奇事件簿》シリーズ、《ヴィクトリア朝怪奇冒険譚》3部作など多数。

◆イラストレーター紹介
星野之宣(ほしの・ゆきのぶ)
1954年、北海道生まれ。1975年「鋼鉄のクイーン」を〈週刊少年ジャンプ〉に発表しデビュー。同年「はるかなる朝」が同誌主催の第9回手塚賞に入選。『ヤマタイカ』で1992年、またJ・P・ホーガン『星を継ぐもの』のコミカライズで2013年、それぞれ第23回、第44回星雲賞コミック部門を、『宗像教授異考録』で2008年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。他に『ブルーシティー』『2001夜物語』など多数。