こんにちは、営業部のFです。日に日に感染者が減っている今日この頃、そろそろ外回り営業を再開しても良いのではないかと機を伺っている毎日です。私は元々外回りが業務の中心でしたので、ここ1年半ほどの通常業務は結構変化がありました。資料作成の機会が増えましたね~。まあ、これはコロナ前から頑張るべきことでしたが。あとは、これまで製作の方にお願いしていた拡材作成を自分でやるようになったりとか。普段と違う新しいことにチャレンジしていく期間でもありました。

本日ご紹介するのもまた新たな試みです! ゲラデータを読者に提供するサービスに参加しました!
みなさんは刊行前の出版物のゲラを無料で読めるサービスをご存じでしょうか。「ネットギャリー」というサービスがございまして、東京創元社も今年の夏から参加しております。詳しくはこちら↓。
https://netgalley.mediado.jp/about/

ネットギャリーとは出版社が提供する作品をデジタルデータで読めるサービスです。弊社は参加したばかりではございますが、他にも色々な出版社がこのサービスを利用してデジタルデータを公開しております。ネットギャリーのサイトを見てみたら70社くらいありました。大手出版社も多数参加しています。刊行前の作品が基本ではございますが、書店店頭で話題となっているビッグタイトルも公開されていて、私もユーザーとして使いたいくらいです。
東京創元社は基本的に書店員の方向けにゲラデータを提供しているため、一般レビュアーの方が読める作品はそれほど多くはございませんが、常時1点くらいは全体公開をしている作品がございますので、ぜひチェックしてみてください。一般のレビュアー向けに公開している作品は色々な感想が欲しいと思っている銘柄です。感想はPOPや帯に使用させていただく場合がございますので、東京創元社と一緒にベストセラーを自分が作るんだ!という気概をお持ちの方、ぜひネットギャリーのユーザー登録をお願いいたします! そしてぜひご感想を投稿ください! 多くの方からご感想をいただけるようになれば色々な作品をご提供できるようになると思います。

ところで、ネットギャリーは出版社によって担当部署が異なるそうです。編集主導だったり広報主導だったり。東京創元社は営業部が窓口です。書店員さんを中心に公開しているので、連絡が取りやすい営業部で管理したほうがスムーズですね。そのため営業部の私がネットギャリーの管理をしています。コロナ禍で通常業務の変化によって得たスキルで役に立ったことが1つあります。掲載する作品の書影登録欄があるのですが、刊行前の作品を投稿することがほとんどですので、カバーイラストがまだ出来上がっていない場合が結構ございます。illustratorのスキルを手に入れた私はこんな感じで仮の書影をぱぱっと作れるようになりました。……以上です。

202111①

うーん、運用について特に苦労しているところがないので、これはというエピソードが思いつかなくて悔しいです。もう少し使い慣れてきたらまたエピソードを引っ提げてご紹介したいと思います!

あとは、現在公開中の作品はTwitterの東京創元社営業部アカウントでご紹介しております。

202111②

ご興味お持ちの方はぜひフォローしてみてください! フォロワー1万人をこっそり目指しております。
実はネットギャリー以外でもTwitterを使用してゲラやプルーフの先読み募集を行っております。営業部アカウントのため基本的には書店員さん向けの案内がほとんどですが、有益な情報や感想コメントなどツイートしておりますのでぜひチェックを。それではまた次回!

トリカゴ
辻堂 ゆめ
東京創元社
2021-09-30