みなさんこんにちは! 営業部のMです。ここ最近の営業部日誌でFさんがポップコーンにはまったという話をしていたので、自分も何かあったかなと振り返ってみました。
自粛期間中に自炊の機会が増えた事もあり、なるべく簡単で美味しく作れたらいいなあと思い、試してみたのがフライパンだけで作るパスタでした。これがなかなか良い感じに仕上がるので、結構な頻度で作っています。

以下は基本の手順です(1人前 パスタだいたい100g)。
①まずパスタを半分に折り、水に浸しておく(10分位浸しておけばOKです。時間がない時は、具材の仕込み前に浸す位で良いかと)

パスタを水に浸す

②好きな具材を用意(食べやすいサイズにカットなど)
③200ccの水を用意(パスタの好みの固さに合わせて調節してみてください)
③熱したフライパンに油、にんにく(チューブでOK)を入れて、お好みの具材を炒める
④一通り火が入ったところで水を入れて、パスタとコンソメキューブ1個を投入

パスタと具を煮込む

⑤そのまま弱火で放置(たまにかき混ぜるとパスタが塊になりません)
⑥ある程度水分がなくなり、麺が好みの硬さになったら、強火で水気を飛ばして出来上がり

豚肉とキャベツとしめじのパスタ

こんな感じで出来上がったのが、豚肉とキャベツとしめじのパスタです。
味はコンソメキューブ1個を基本にして、塩、コショウで整えました。

その他にも、

トマトとアスパラと鶏肉のパスタ

トマトとアスパラと鶏肉のパスタ
トマト缶半分+水150ccで良い感じに仕上がりました! 仕上げにとろけるチーズを入れるとより味が濃くなります!

鮭とアスパラのクリームパスタ

鮭とアスパラのクリームパスタ
牛乳150cc+水50ccを使用。牛乳だけだと煮詰まるかなと思ったので水を足しました。

と色々な味にもチャレンジ。簡単にできて、後片付けもフライパンとお皿だけと少なくて済みます。余った野菜などを使い切るのにもおすすめです!

ここ最近は、なかなか外食が厳しい状況が続いていますが、こんな時こそお家の読書でおいしい料理を楽しむのもいかがでしょうか。
近藤史恵先生の『タルト・タタンの夢』から始まる〈ビストロ・パ・マル〉シリーズは、読むとお腹が空いてくる美味しそうな料理が満載! 気軽に行けるビストロは近藤先生が行きたいお店をイメージして描かれているそうです。
そんな〈ビストロ・パ・マル〉が現実に!? なんとテレビ東京系にて5月31日よりドラマが放送開始! 主演は同じくテレビ東京でドラマ化が話題となった「きのう何食べた?」の西島秀俊さん。その他にも豪華キャストが出演されます。すでに第1話が放送されましたが、出てくる料理がどれも本当においしそうです! ぜひ、この機会に原作と合わせてお楽しみください!