生島治郎『浪漫疾風録』『星になれるか』(中公文庫 各880円+税)は生島の自伝的私小説の復刊です。



 自らを投影した主人公の越路玄一郎は、生島が再婚の経緯をえがいた私小説『片翼だけの天使』で用いたキャラクターの再登場です。『浪漫疾風録』は生島が早川書房に入社し《エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン》編集長を経て作家デビューするまで、『星になれるか』はその後の作家人生が語られています。いずれも無闇に面白い。越路以外の登場人物は殆どが実名でえがかれていて、昭和30年代の名だたる作家・編集者が活写されています。冒頭の早川書房での田村隆一や都筑道夫との邂逅(かいこう)から、疾風怒濤(しっぷうどとう)の熱気に目を離すことができないでしょう。

 小泉喜美子『ミステリー作家は二度死ぬ』(光文社文庫 900円+税)は半分ほどが初収録の短篇が嬉しい編集で、このタイトルは巻頭の繰り言からの連想でしょうか。収録作では何といっても巻頭の「木美子の冒険」が目を引いて、自虐趣味がたいへん可笑(おか)しい。ただ先述した生島の自伝には妻・小泉喜美子との出会いと別れがえがかれていて、併せて読んでしまうとどこか苦しい気持ちにもなってしまいます。


 連城三紀彦『運命の八分休符』(創元推理文庫 780円+税)は、連城作品では唯一のシリーズ探偵ものの連作短篇集。質朴な冴えない青年・田沢軍平の、五人の美女との出会いと別れをえがきます。


 収録作はアリバイ・誘拐・衆人環視の射殺などトリックが面白いものばかりで、得意とする構図の逆転が何かしら仕込まれています。中でもやはり「観客はただ一人」を挙げないわけにはいかないですね、随所にダブルミーニングの趣向を秘めた傑作です。一昨年(おととし)の松浦正人編の傑作集では「紙の鳥は青ざめて」が採られていて、こちらも軍平の一言で世界が急転する解決編が印象的です。

 花咲一男『雑魚(ざこ)のととまじり』(幻戯書房 4000円+税)はミステリからは離れますが、注目したい一冊です。花咲は近世文化風俗研究家として、江戸時代の庶民文化の研究書を多く著していて、本書は私家版の豆本で刊行された回顧録の復刊です。


 江戸川乱歩がそのエッセイに記している、戦地に『黒死館殺人事件』を携えて行った若い探偵小説愛好家がいた、という印象的なエピソードが花咲のことだとされます。花咲は乱歩の従甥である作家・翻訳者の松村喜雄と職場の同僚だった関係で、乱歩と戦前から交流がありました。乱歩を知る当事者の貴重な証言としてたいへん面白い内容で、ぜひ松村の評論『乱歩おじさん』と併せて読んでいただきたい。ただ念のため、回顧録の大半は花咲がいうところの〈軟派文献〉の研究者との話題が占めています。こちらの分野、例えば高橋鐵(たかはしてつ)や岡田甫(おかだはじめ)といった名前に興味がある方には尚のことおすすめします。