釜田芳人の病状が悪化し、入院したまま連絡が取れなくなった。本を仕上げることに不安を感じる傑は本の担当編集者であり、釜田の旧友である佐藤を訪ねる。加えて、和泉日向へ取材申し込み、物語はいよいよクライマックスへ。好評長編連載第七回。

IT起業家の過去を巡る、本城雅人渾身の長編連載。 

2009月の濁り本城雅人バナー

02_01

02_02

02_03

4

02_05

第6話を読む

02_07


●上記バナーをクリックすると縦書きビューワーが別ウィンドウで開きます。


本城雅人 (ホンジョウマサト )
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。17年に新聞記者たちの地道な取材をテーマとした『ミッドナイト・ジャーナル』が第38回吉川英治文学新人賞を受賞。18年に『傍流の記者』が第159回直木三十五賞の候補となる。近著に『オールドタイムズ』『あかりの牧場』がある。


友を待つ
本城 雅人
東京創元社
2018-07-20