お久しぶりです。営業部新入社員Yです。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始はいかがお過ごしでしたか?
私の年末は『Fate』特番内の「クー・フーリンが死んだ!」「この人でなし!」で締めくくりました。安定の不憫さが好きです。

そんなクー・フーリンの原典である創元ライブラリ『トーイン クアルンゲの牛捕り』は2020年12月より絶賛発売中です!
『Fate/Grand Order』(以下『FGO』)キャラクター帯付きなので既にご存じの方は多いかもしれませんが、まだ入手されていない方は是非この機会にお手に取っていただければと思います。帯のクー・フーリンとメイヴが目印です!
クー・フーリンは劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]でも大活躍でしたし嬉しいですね。

↓『FGO』帯書籍の詳細はこちら↓


ちなみに、同タイミングで創元推理文庫『回想のシャーロック・ホームズ 』にも『FGO』キャラクター帯が付きました。なんと、前回コラボのホームズに続き、ついにジェームズ・モリアーティが帯になりました……!新茶、改めてちゃんと見るとやっぱりかっこいいですよね。(ギャグにされがち)
実装当時はキャラクターの真名が隠されていて、ストーリーを追いながらプレイヤーも考察出来て、とてもワクワクしたのを覚えています。ミステリを読んでいるときと同じワクワクを感じました。

さて、このままでは『FGO』以外になにもしていないような印象になるので違う作品の話もします。集英社『呪術廻戦』にどっぷりハマりました。ダークファンタジーながらもギャグがツボで最高だなというのが第一印象でした。
今は本編の展開が重いので小説版のほのぼの世界に逃避しています。気を抜くと呪術のことを考えています。助けてください。
時を戻そう。駄目ですか……。

それでは、また!

トーイン (クアルンゲの牛捕り) (創元ライブラリ)
キアラン・カーソン
東京創元社
2020-12-21




回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)
アーサー・コナン・ドイル
東京創元社
2010-07-27