国内では〈小林信彦コレクション〉より『大統領の密使/大統領の晩餐(ばんさん)』(フリースタイル 1800円+税)が出ています。ジュヴナイルからはじまった小林のオヨヨ大統領シリーズの大人向け第一・第二長篇の合本で、小林の実弟・小林泰彦による初刊本の挿画が復刻されています。


 人気DJの今似見手郎(いまにみてろう)は深夜放送の仕事のあと、仮眠をとったホテルの備品を失敬するのを常としていました。あるとき聖書を失敬してから、各国の組織から狙われるようになって――『大統領の密使』

 作中引き合いに出される『マルタの鷹』『丹下左膳 こけ猿の巻』よろしく、対立組織の目まぐるしい宝物争奪戦がえがかれます。基本的にはミステリのパロディとして書かれたコメディですが、そこに秘められた企みはミステリ読みにもおすすめしたいものです。

〈昭和ミステリールネサンス〉からは河野典生『八月は残酷な月』(山前譲編 光文社文庫 920円+税)が出ています。作者の言葉を借りればピカレスク小説ですが、若者の犯罪をえがいた初期短篇がおさめられています。この叢書の愛読者には間違いなくおすすめです。高城高らと並び国産のハードボイルド小説を先駆けて手がけた河野の作品は、推理作家協会賞受賞の代表作『殺意という名の家畜』しか新刊で入手できない状態が長らく続いていましたから復刊は嬉しいですね。


 すでに電子書籍での復刊が進んでもいますから、収録作が気に入ったかたは初刊の短篇集へ、長篇であれば『他人の城』へ進んでいただければと思います。筆者がおすすめしたいのは本書の硬派な路線に程よくユーモアを混じり合せた連作『三匹の野良犬』で、こちらも復刊の機会があるとよいのですけれど。

 南條範夫『血染めの旅籠(はたご) 月影兵庫(つきかげひょうご)ミステリ傑作選』(末國善己編 創元推理文庫 1300円+税)はすっかりお馴染(なじみ)になった時代ミステリ復刊企画からの一冊。「素浪人 月影兵庫」の題のTVドラマでその名を耳にしたことがある方はいらっしゃるでしょうか。明朗快活な剣士月影兵庫が旅先で遭遇する奇想に満ちた事件はいずれも面白いものです。この収録作がお好みならば、『隠密くずれ』シリーズや『江戸御用帳』あたりが次に手に取る作品としてはおすすめです。



 南條のミステリは現代ものの代表作『からみ合い』が今年復刊されてもいますので、あわせておすすめします。多数の登場人物の思惑が文字どおりからみ合う面白い長篇で、こちらの路線も『情事の連環』『見えない鎖』など、おすすめ作品をあげようと思えば枚挙にいとまがありません。

 評論書を復刊する新たな叢書《論創ミステリ・ライブラリ》の刊行がはじまっています。鮎川哲也『幻の探偵作家を求めて 完全版 上』(日下三蔵編 論創社 3800円+税)は、幻影城《EQ》などで鮎川哲也が消息の気になる探偵小説作家の本人や遺族を自ら訪ね歩いた尋訪記の復刊です。完全版というとおり、連載のうち未単行本化だった回をおさめるだけにとどまらず、連載以外の外伝的な記事までがおさめられています。さらにボーナス・トラックとして、鮎川が手がけたアンソロジー群の鮎川による解説や作者紹介文をおさめる充実ぶりで、大著の二巻本になるのも納得です。続刊は既に山村正夫『推理文壇戦後史』が予告されていますが、今後どのような評論書が復刊されるのか、とても楽しみですね。