こんにちは、営業部のFです。
前々からこのコーナーで申し上げている通り、創元推理文庫はなんと今年で創刊60周年を迎えました。というわけで60周年を盛り上げる企画としてスタンプラリーを行っています。まだまだご存じない方が多いと思いますので、本日の営業部日誌では改めてスタンプラリーについてご紹介させていただきますね。

201909①

事の発端は、文庫創刊60周年フェアの会議中。フェアを盛り上げる施策をみんなで考えていた時のことでした。2人の編集者が提案します。「スタンプラリーは?」お、なんかいいぞ。それなら気軽に出来そうだ。60周年フェアのプロジェクト責任者であるFは請け負います。「いいですね、やりましょう」。
うん、もうちょっと吟味すれば良かったです。形になるまで、結構めんどくさかったです。……まあ、吟味してもやるでしょうけど。そういうの、好きだし。

そんな軽い気持ちで始めたスタンプラリー。初めてやることですから、最初は何から手を付けたらよいかわかりませんでした。まあまずは企画書を作って承認を得ることだよなと考えましたが、具体的な案は何もありません。

ところで、Fはスタンプラリーってこんな感じというイメージを持っていました。
スタンプラリーは同日に複数の場所を巡って完成させるものであると。しかし気づきました。それは無理だろうと。我が社にはそんな規模はない。そこでFは考えました。どうすればスタンプラリーを開催できるか。そして閃きました。「場所」ではなく「時間」でスタンプラリーをやればいいのだと。年間を通していくつかイベントをやっているのだから、そのイベントごとにスタンプを押せる場所を設ければ良いのだと。一年間東京創元社のイベントに足繁く参加してくれる方にスタンプラリーに参加してもらえば良いのだと。
というわけでスタンプラリーの概要は下記の通りです。
  • 東京創元社が係わるイベントで開催します。
  • 期間は2019年6月の「初夏のホンまつり」から2020年3月までを予定しています。多分6回くらい。
  • スタンプラリーを行うイベントについては、公式HP「お知らせ欄」で事前に「スタンプラリー対象イベント」と掲載します。
  • スタンプは全部で3種類あります。1つのイベントで、押印できるスタンプは1種だけ。
  • お持ちの手帳などにスタンプを押印しても構いませんが、プレゼントをお渡しできるのは台紙に押印された場合に限ります。
  • スタンプラリー達成の景品は、特製缶バッジです。
  • 3種のスタンプを集めた方にはその場で特製缶バッジをお渡しします。
※スタンプラリーの詳細はこちらでもご確認いただけます。


うん、それなりにまとまりました。これをちょっと堅苦しく書いて、運営に必要なものの予算を提出すればオーケーです。企画は無事に通りました。よかったよかった。

それではここで今回のスタンプラリー運営にあたり、製作したものをご紹介しましょう。

まずは「くらりのスタンプ」

201909②

スタンプ自体はそこまで大きくないので、シンプルなデザインで作りました。
スタンプは全部で3種類。いまのところ「ホームズくらり」と「宇宙飛行士くらり」のスタンプが出てきました。最後はどのくらりが出てくるのか。どうぞお楽しみに!

次に「スタンプラリー用の台紙」

201909③

スタンプを押す紙が必要です。スタンプラリーということで、なんとなく外出するような鞄っぽいイメージで表紙を作っています。開くとスタンプラリーのルールとスタンプを押すページがあります。

そして「スタンプラリー用の看板」

201909④

ここがスタンプを押せる場所だよとアピールするように用意しました。スタンプをチェーンで繋げることができる優れものです。ここにも簡単にスタンプラリーの概要が書いてあります。

以上。
書きだしてみると不思議なことに、そんなに大したことはしていない気がします。あれ、面倒だなと思っていたはずなのに。振り返ってみるとそんなものかもしれません。「驕るなFよ」と自分を叱責したい気持ちです。
まあそんなこんなでスタートしましたスタンプラリー企画。すでに「初夏のホンまつり」「『屍人荘の殺人』文庫化記念イベント」でスタンプラリーを実施しました。次は神保町ブックフェスティバルでやると思います。年間通して3回分のスタンプを押せば達成ですから、これから始めても余裕でクリアできますよー。イベント参加ついでにスタンプラリーも体験してみてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

ところで、始まりますね、秋ドラマ。ドラマ好きかつ創元社員のFとしては「シャーロック」は外せません。主演のディーン・フジオカさんは最近海外原作のキャラクターをよく演じられていますね。「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル」もどちらも観ました。今回も楽しみです!
創元推理文庫のシャーロック・ホームズシリーズも一部ドラマのスチール帯を巻いて出荷いたしますよー。今月9月末頃には全国の書店さんで展開されているはずです。ぜひお手に取ってみてくださいね。それではまた次回!