『ミステリーズ!vol.91』(2018年10月号)からスタートした、懸賞付き犯人当て小説企画。スタート時から、たいへん反響をいただいております。ありがとうございます。

第1弾「赤鉛筆は要らない」の市川憂人さん、第2弾「伯林あげぱんの謎」の米澤穂信さんに続く第3弾は、『館島』『仕掛島』でお馴染みの東川篤哉さんです!

ユーモアミステリの名手が贈る犯人当ては、ある田舎町で起きた不思議な強盗事件。“アリバイのある容疑者たち”しかいないのにも関わらず、強盗を行えたのは誰だったのか? どうやって犯行をやり遂げたのか?

今回はご好評の声にお応えし、「Webミステリーズ!」でも【問題編】を特別無料公開いたします!

ご応募は、ハガキや封書の他、応募フォームでもお受け付けしています。〆切は3月31日(日)まで。
皆様も、不可能犯罪の謎に、名探偵(?)手代木礼次郎(てしろぎ・れいじろう)と共にぜひチャレンジしてみてください!

東川篤哉「アリバイのある容疑者たち【問題編】」