新年明けましておめでとうございます。2019年一発目の営業部日誌を担当する営業部Qです。
休みの日は家でダラダラすることが多い私ですが、たまにお誘いいただきボードゲームを楽しむ会に参加することがあります。今日は先日行われた通称ボドゲ会で嗜んだゲームについてご紹介いたします。
まずこちらが、「ブロックス」というゲームです。

19011601

正方形が合わさった形の4色のピースを盤上に順番に置いていき、より多くのピースを置いたプレイヤーが勝利となるゲームです。しかし、注意点があり自分のピース同士は面と面が接してはいけないというルールがあります。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」でも取り上げられておりました。

次が「11ニムト」というゲームです。

19011602

プレイヤーは数字と牛の絵柄が書かれたカードを持ち、場に置かれたカードの上に重ねていきます。その際、場のカードよりプラス10までの数字を出すことができ、出せない際は場のカードを引き取ります。引き取るカードが3枚以上のときはブルカードを1枚獲得でき、ブルカードを持っているとプラス10までのカードをまとめて出すことが出来ます。
と、ざっくりしたルールを説明しましたが、実際にやってみる方が分かりやすいですね……。

最後が「サンクトペテルブルク」というゲームです。

19011603

ボード上にあるカードを購入し、カードを有効活用させながら多くの点数を獲得したプレイヤーが勝者となります。と、こちらもざっくり説明したものの、このゲームは知り合いが海外のサイトから購入したもので日本語の説明書がなく、ルールの説明に30分、ゲームを終わらせるのに2時間かかりました。サンクトペテルブルクはルールが少々複雑な分、駆け引きや中長期的な戦略性が求められます。

ボードゲームは比較的シンプルなルールで奥が深いものが多く、種類もとても多いです。初めてお会いする人ともゲームを通して仲良くなれるので、私も極めていきたいです!