現在発売中の『ミステリーズ!vol.91』からスタートした、懸賞付き犯人当て小説企画。

かつて、『ミステリーズ!』創刊号~vol.7まで開催していた、人気企画の記念すべき第1弾は、『グラスバードは還らない』が好評刊行中の市川憂人さんです。

〈マリア&漣〉シリーズより、初短編として「赤鉛筆は要らない【問題編】」をお贈りしています。高校生の漣が遭遇した、雪の日に起きた殺人の謎とは?

今回はスタート記念として特別に、「Webミステリーズ!」でも第1弾の【問題編】を無料公開いたします!

ご応募は、ハガキや封書の他、応募フォームでもお受け付けしています。〆切は11月30日(金)まで。
正統派のフーダニットに、ぜひチャレンジしてみてください!

市川憂人「赤鉛筆は要らない【問題編】」