ここだけのあとがき

2010.05.07

加藤実秋『Dカラーバケーション インディゴの夜』[2010年5月]

謎づくしの「あの人」の素顔が明らかに!?
ますます冴えと、キレを見せる〈インディゴの夜シリーズ〉第四弾。
(10年4月刊『Dカラーバケーション インディゴの夜』)

加藤実秋 miaki KATO

 

「インディゴの夜」シリーズ、高校野球風に言うなら「2年ぶり四度(作)目」の新作です。
 連作スタイルを続けていると、書きながら「次はこの人にスポットを当てよう」「こんなモチーフの話も書きたい」と次作への宿題のようなものが生まれます。今作も同様で、『ホワイトクロウ』執筆中にアイデアが浮かび、担当編集者にも相談し、「いま〈ミステリーズ!〉で連載している『こちら万来軒(×)探偵事務所』が終わったら、続けて取りかかりましょう」と話していた矢先に『インディゴの夜』のテレビドラマ・舞台化が決定し、急遽! 大突貫! で書き下ろしをすることになりました。……いや~、キツかったっす。各社の担当編集者に頭を下げて昨年下半期に着手予定だった仕事を延期、『こちら万来軒(×)~』も休載し、必死で、大晦日も元旦も休みなしで書き続けました。結果、白髪が増え、いや~な感じに痩せ、おまけに人間ドックに入ったら「肺に結核の治癒痕がある」とか言われる始末。
 しみったれた話はこれぐらいにして、以下、各エピソードについての解説です。

「7days活劇」
 三十年来の筋金入りオカルトマニアにつき、インディゴで怪談・都市伝説絡みの話を書くのは念願でした。風営法が改正され、店の営業形態をどうするかも思案どころでしたが、ニューフェイスを登場させることで上手く移行できたか? という感じです。
 執筆時、舞台となる公園を取材しましたが、近隣一帯の様変わりぶりにびっくり。「TRANS CONTINENTS」はどこ? 「CHIPIE」のブティックってなくなっちゃったの? としばし呆然。

「サクラサンライズ」
「インディゴで『○○○の○○』をやりたい!」もこれまた数年来の念願でした。作中に登場する1970~80年代の歌謡曲は、昭和40年代生まれの同輩諸氏には「おお!」と思っていただけるかと。
 クライマックスシーンの舞台となる麻布近辺は、ドラマ版・インディゴのプロデューサーに会食でお連れいただき、初めて足を踏み入れました。街並みもお店のつくりもオサレワールド全開、感化されてすぐ書いちゃうのが田舎者の哀しい性(さが)です。

「一剋」
 冒頭にも書きましたが、インディゴシリーズでは「各レギュラーキャラクターに一度はスポットを当てる」をマイルールにしています。そこで満を持して登場したのが豆柴こと柴田克一刑事。読者には全然人気ない、というより印象の薄いキャラですが、作者的には結構お気に入りです。生みの親である脚本家・高山直也さんのご了承を得て、ドラマオリジナルキャラの某人物も登場させています。

「Dカラーバケーション」
 豆柴刑事とは反対に、読者人気ダントツナンバーワンなのがclub indigoマネージャー・憂夜。自分で考えておいてなんですが、シリーズが進めば進むほど「ミステリアス」の迷宮にはまっていくキャラです。生い立ちから、indigoに辿り着くまでのディープでデンジャラスでオリエンタルな(一部誇張)経歴は私の中ではがっちりできあがっていて、いずれ大公開! そして驚愕の結末!!(多分)を迎えますが、とりあえずさわりだけでも、と書きました。
 ドラマファンで、憂夜=加藤和樹さんのイメージで読まれた方は戸惑われる部分もあるかと思いますが、著者の憂夜のイメージモデルはまったく別の某アジア系スターだったりします。そのあたり想像を膨らませると、小説は小説で楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 前述のマイルールに従い、この作品を書いたことで、また次作に向けての宿題ができました。レギュラーキャラの中で唯一ピックアップされてない、オールインワンマニアのあの人とか、「劇団おとしあな」の公演告知ポスターにちらっと出てきたイベントとか、板前顔の彼とか。加えて、「インディゴで長編を読みたい」というご意見もいただいていて、創作意欲を刺激されます。できるだけ早く、より面白いものをお届けできるよう、精一杯がんばりますので今後もclub indigoの面々にお付き合いいただければ幸いです。

(2010年5月)

加藤実秋(かとう・みあき)
1966年東京都生まれ。2003年、「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。スタイリッシュな描写と、エンターテインメント性を打ち出した作風で注目される。著作は『インディゴの夜』『インディゴの夜 チョコレートビースト』『モップガール』『インディゴの夜 ホワイトクロウ』『ヨコハマB-side』『チャンネルファンタズモ』がある。〈インディゴの夜〉シリーズはドラマ化されて好評を博した。本書は〈インディゴの夜〉シリーズ待望の第4弾である。


本格ミステリの専門出版社|東京創元社
バックナンバー