Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

滝田務雄『田舎の刑事の趣味とお仕事』[2007年9月]


第3回ミステリーズ!新人賞受賞作が
シリーズ化されて単行本に
主人公の黒川の受難も話が進むうちに、
死なない程度に激しくなってきました。

07年8月刊『田舎の刑事の趣味とお仕事』

滝田務雄 michio TAKITA

 さあ『田舎の刑事の趣味とお仕事』という話を書いてしまった滝田務雄です。大変なことになってしまいました。ついに田舎の警察署の面々の本が出てしまいました。

 最初は単純に人が死なない推理小説を書こうと思って書きはじめたこの話なのですが、書き進めているうちに加速度的に何でもありの世界になってまいりました。

 主人公の黒川の受難も話が進むうちに、死なない程度に激しくなってきました。自分で書いておいてなんですが、一応作中では名探偵で主役のはずなのに、扱いがあんまりです。体と心は大丈夫なのか、黒川鈴木!?

 登場人物が一人歩きしている、と言えば聞こえは良いのですが、はっきり言って暴走しています。『田舎の刑事』の登場人物は、どいつもこいつも西部の原野の暴れ馬です。とんだクレイジーホースたちです。

 作者はこの暴れ馬を華麗に乗りこなしていると言いたいのですが、実際は馬が走り出した早々に落馬しています。それでも手綱に必死にしがみつき、書きながら地面にガリガリと引きずられている状態です。もちろん勇ましく「ハイヤー」とか「どうどう」とか言う余裕なんてありません。口から出る言葉は「たすけてえ」です。すでに乗り手ではなく刑罰を受けている馬泥棒状態です。もう全身アザと傷だらけです。

 ところがそうやって無我夢中で手綱にしがみついていると、いつの間にか目的地についているんですな。なんとも不思議なことに、作者は引きずるのに大した事故も起こさない。

 ここで油断して「なるほど、暴れ馬だけど賢い馬なのかなあ」などと思っていると、まだ私が乗っていないのに、次の町に向かって馬が暴走しているわけです。しかも気がつくと馬が増えています。馬が増えたから引きずられる勢いも強いわけでして。わたしゃ満身創痍です。西か東か南か北か、どこへ行くのか暴れ馬。でも、不肖滝田務雄、とりあえず手綱だけは離すわけにはまいりません。

 そこの物好きな紳士淑女の皆様、この暴れ馬を本屋で見かけたら手でも振って人参の一本でもくれてあげてください。作者が喜びます。

(2007年9月)

滝田務雄(たきた・みちお)
1973年福島県生まれ。日本大学芸術学部卒。2006年、短編「田舎の刑事の趣味とお仕事」で第3回ミステリーズ!新人賞を受賞してデビューする。ユーモラスな作風を武器とし、現在《田舎の刑事》シリーズ第2短編集を着々と執筆中。


ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの月刊Webマガジン|Webミステリーズ!

堀 晃『遺跡の声』創元SF文庫版あとがき[2007年9月]


このシリーズは最終話「遺跡の声」が先に書かれ、つぎに最初の話「太陽風交点」が書かれた。
銀河系辺境部に散在する宇宙遺跡の謎。
星々を巡る下級調査員の私と、助手である結晶生命トリニティの旅路。

【初文庫化】07年9月刊『遺跡の声』創元SF文庫版あとがき[全文]

堀 晃 akira HORI

 わが出生地は醤油と素麺の生産で知られる地方都市です。市歌ともいえるのが「赤とんぼ」ですから、いかにも影が薄い印象です。若い頃は青白く痩せていましたから、醤油屋の息子ですといったら、たいていの人が本気にしましたが……それはともかく、小学生の頃、生家の近くに醤油会社の廃工場がありました。工場というよりも醸造蔵の跡で、近代的なラインが完成したために放置されていたのでしょう。土壁の崩れたところから入り込めたので、ここが秘密の遊び場でした。

 薄暗い内部には、身丈の何十倍もありそうな木製の樽が並び、その隙間に入ると迷路のようでした。後年、巨大な化学コンビナートや石油の備蓄基地などを見学した時、妙な既視感を覚えたほどです。さらに、最新の巨大工場や高層ビル、ダムや飛行場などを見ても、まずそれらが機能を停止したあとの風景を想像するのが癖になってしまいました。

 SFの舞台として、異星や宇宙空間に色々な文明の残骸がある風景を想像したのも、たぶん少年期の記憶からでしょう。

 本書に収録されたシリーズは、断続的にずいぶん長期にわたって書いてきました。

 しかも最終話に当たる「遺跡の声」を最初に書いています。特にシリーズ化という意識はなく、独立した短編として発表したものです。

 その翌年、松田卓也・中沢清『進化する星と銀河』(講談社ブルーバックス/1977年)の、半ページにも満たない記述に触発されるところがありました。

 「……生命の発生およびそれにつぐ進化、文明の発生には、ある程度の重元素の存在が絶対に必要であるといえる……銀河中心部は重元素も多い……恒星間の間隔が短いので、文明の伝播が比較的容易である……」(松田卓也氏)

 本書の中に、背景として何度か出てくる“銀河文明~重元素分布説”はこれがベースになっています。

 銀河中心部から離れた星域に孤立した文明を設定できるのではないか。それは銀河文明探査の“本流”ではないから、下級の調査員に担当させればいいのではないか。そんな着想からシリーズ化したものです。

 松田卓也先生にはその後何度かお目にかかる機会があり、名著『相対論的宇宙論』(佐藤文隆との共著、講談社ブルーバックス/1974年)をはじめ、時間論、進化論、スペースコロニー、マッドサイエンティスト論から“明るい寝たきり生活”まで、さまざまな刺激的論考をお聞きし、原論文も何度か送っていただきました。本シリーズもスタート時点で松田先生からヒントをいただいておりながら、お礼申し上げる機会がないまま30年も経過してしまいました。ここに改めて謝意を表する次第です。

(2007年9月)

堀晃(ほり・あきら)
1944年兵庫県生まれ。大阪大学基礎工学部卒。1970年、短編「イカロスの翼」が〈SFマガジン〉に掲載されデビュー。1981年、『太陽風交点』で第1回日本SF大賞を受賞。『バビロニア・ウェーブ』で1989年、第20回星雲賞を受賞。

秋梨惟喬『もろこし銀侠伝』あとがき[2007年8月]


この世界でなければ使えない
トリック・プロットを用意する
第3回ミステリーズ!新人賞受賞作
「殺三狼」を含む連作短編集
07年8月刊
『もろこし銀侠伝』
秋梨惟喬


 まずはいきなりのお断り、というかお詫びというか。「殺三狼(しゃさんろう)」を含む連作集ということで、蒲公英と雲游の活躍を期待された向きには、いささか意表を衝いた構成となりました。でもこれはこれで、ちょっと変で、らしいと思うのですが。

 受賞の言葉でも書いたのですが、「殺三狼」はほとんど趣味で書いていた中国推理シリーズの一本です。このシリーズ、もともとは『水滸伝』の梁山泊百八人のメンバーのうち、目立たない、つまり単独エピソードを持たない者たちを主人公にしたオリジナルストーリーを創ろう、というところが始まりです。何しろそういう連中のほうが凝った恰好いい渾名を持っているんですよね。ヒントになったのは横山光輝の漫画版『水滸伝』の項充(こうじゅう)編・樊瑞(はんずい)編で、一作目も山東を舞台とした樊瑞と項充の物語です(ストーリーは全く違いますが)。
 このシリーズには一つ趣向があって、それはこの世界でなければ使えないトリック・プロットを用意するということです。でなければ意味がないし、何より書く楽しみがありません。とはいえ、たいていは現代物では馬鹿馬鹿しすぎて使えないようなものがこちらに廻ることになります。ここで肝心なのは、大真面目に使うこと。変な照れは禁物、あくまでも大真面目に。今川泰宏のアニメから学んだ精神です。

 ではいささかマニアックな作品解説。オタクなのでこのあたりはご勘弁ください。
 「殺三狼」のオリジナルはその水滸伝シリーズ二本目で、実に十年以上前の作品です。梁山泊の名医である“神医”安道全のエピソードとして誕生しました。梁山泊入りのずっと前、毒殺の疑いを掛けられた安道全が、数日の猶予をもらって自分の無実を証明するという筋で、安道全が二人に分かれて蒲半仙と雲游になりました。別の探偵役が登場するバージョンが未完のものを含めていくつかあり、その最新形態がこれです。
 なお、銀牌というアイテムは、退屈で面倒臭くなりがちな聞き込みシーンを救うために安易に考えだしたものだったはずなのですが、どうも作者も知らない、とんでもない裏があったようです。
 「悪銭滅身」のオリジナルは、『水滸伝』ラスト近く杭州で病死したとされているメンバーが実は生きていて、という話です。時遷(じせん)、楊雄(ようゆう)、朱富(しゅふ)、林冲(りんちゅう)に出家した武松(ぶしょう)を加えた五人が悪人を闇に葬り去るという筋で、つまりは必殺仕置人をやりたかったのですね。
 二年前に書いたバージョンで、メインキャラを同じ『水滸伝』の登場人物の燕青と許関忠(きょかんちゅう)に変え、舞台も大名(だいめい)になりました。ここでかなりストーリーが変わり、必殺ではない現在の形がほぼ完成、さらに許関忠が抱壺になり、慧晶和尚が加わって今回の最終形態です。
 実はオリジナルの設定が微妙に残っています。燕青がこそ泥の韓六郎に兄貴と慕われているのは、燕青の役をやっていたのが泥棒で軽功の達人である時遷だったからであり、また河北なのに運河が重要なポイントになっているのは、もとの舞台が臨安(杭州)だったからです。
 「北斗南斗」は書き下ろし。水滸・中国物はまだ何本もストックされているのですが、この程度の長さで本格物、という条件に合うものがなかったからです。バランスを考え、今回の四本の中で唯一叙述トリックを使ってみましたがいかがでしょう。
 作者はどういうわけか、いかした爺さん婆さんを書くのが大好きで、今回の四編いずれにも変な、そして恐ろしく強い老人たちが登場しますが、この作品は老人率がとりわけ高くなっています。本来の武侠小説でも、悟りを開いたような枯れた老人はまず登場しません。歳をとるほど武術もアクも強くなるのです。
 「雷公撃」はトリックは十年前からあったものの、使えるシチュエーションが限られるためなかなかうまく生かすことができず、試行錯誤していたものです。結果、現代物・戦時中物・近未来物などのバージョンがあります。本作はトリック以外は全くの新作ですが、完成できたのは青霞というキャラクターがうまく転がってくれたおかげです。ちなみに“青霞”の名は八〇~九〇年代の香港美人アクション女優、ブリジット・リン(林青霞)から。当たり役はもちろん東方不敗(『スウォーズマン 女神伝説の章』)、あのジェット・リーと華麗な空中戦を展開するぞ。

 ちなみに今回一つショックなことがありました。それは、どうも世間は武侠をあまり知らないらしい、ということです。担当の方には「“武侠”というのは一般的じゃありませんね」、受賞コメントを載せてもらった投稿雑誌の編集の方には「こういうタイプのものは初めて読みました」。『グリーン・ディスティニー』『HERO』がヒットし、金庸や古龍の小説が翻訳さらに文庫化され、それを原作にした香港テレビドラマのDVDボックスが次々リリース、『機動武闘伝Gガンダム』は“東方不敗”が登場する昨今、もうすっかりポピュラーになっていると思いきや――オタク特有の思い込みであったと反省しきりです。もっとも見方を変えれば、“武侠を日本に流行らせた”一人になれるチャンスなわけで、これは結構おいしいかもしれないという計算も働くのですが。
 武侠とは何かというと、“武”はフィジカルアクション、“侠”はメンタルドラマ(浦川留『武侠映画の快楽』)。簡単に言えば中国流チャンバラ小説です。時代小説とか歴史小説ではなくてチャンバラ小説、このニュアンスです。そう、難しく考える必要はないのです。
 ミステリーファンにお薦めしたいのは、金庸『侠客行』。このラストは武侠物でなければ不可能なトリック全開でぶっとびますよ。

 さて、この銀牌をめぐるお話は、まだ始まったばかりです。
 この先、銀牌はどんな時代のどんな場所に現れるのでしょうか。ずっと下って太平天国、それとも辛亥革命でしょうか。或いは遡って三国時代、ひょっとしたら慎到が生きた戦国時代なのでしょうか。
 また、蒲公英が雲游からこれを受け継ぐ経緯は描かれるのでしょうか。
 そして『水滸伝』との関わりは。梁山泊崩壊後の燕青はどのような一生をたどるのでしょうか。抱壺や慧晶和尚と再び出会うのでしょうか。
 そう、この物語はまだまだ続くのです――みなさんの応援があれば。

(2007年8月)

秋梨惟喬(あきなし・これたか)
1962年8月17日岐阜県生まれ。広島大学文学部史学科(東洋史学)卒業。1993年「落研の殺人」が鮎川哲也編『本格推理2』に、1995年「憧れの少年探偵団」が北村薫・宮部みゆき選『推理短編六佳撰』に収録される(ともに那伽井聖名義)。2006年、秋梨名義による「殺三狼」で第3回ミステリーズ!新人賞を受賞。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり