Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

読書室|蒼井上鷹「ラストコール」[2006年12月]


ミステリを愛する人々のための小品
『ハンプティ・ダンプティは塀の中』番外編!
ラストコール
蒼井上鷹

PDFファイルで配布しています。無料でお読みいただけます。
下の画像をクリックしてください。
蒼井上鷹「ラストコール」
PDFファイルを表示するには Adobe Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader をお持ちでない方は、右のバナーをクリックしてアドビシステムズから入手してください。無償で配布されています。
(2006年12月)

蒼井上鷹(あおい・うえたか)
1968年、千葉県生まれ。2004年に「キリング・タイム」で第26回小説推理新人賞を受賞してデビュー。同年発表の受賞第一短編「大松鮨の奇妙な客」で早くも日本推理作家協会賞にノミネートされる。05年、前記2作品を収録した作品集『九杯目には早すぎる』を刊行し、06年には初長編『出られない五人』を発表。最新刊は『ハンプティ・ダンプティは塀の中』(東京創元社)。

北國浩二『夏の魔法』[2006年12月]


『夏の魔法』は恋愛小説です。
そして、〈罪〉の物語です。

自由なスタンスと抜群のリーダビリティ。
(06年10月刊『夏の魔法』)

北國浩二 kouji KITAKUNI

 

 

 『夏の魔法』を上梓することができたのは、編集を担当していただいたK島さんのおかげです。ぼくのデビュー作『ルドルフ・カイヨワの憂鬱』をお読みになり、わざわざ連絡をいただいて、今回の作品が実現しました。
 デビュー作は残念ながら一般の読者からも出版業界からもほとんど注目されず、二作目を出版する目処などまるで立っていませんでした。
 だから、連絡をいただいたときはうれしさで舞い上がり、藁にもすがる思いで東京創元社さんへ出向いたのです。
 無名の新人の無名の作品を高く評価していただき、その場で出版の確約をいただきました。ふつうなら、できあがった作品なりプロットなりを見てもらい、出版できるかどうか検討していただく、という流れなのでしょうが、そうではなく、はじめからぼくの本を出すつもりで声をかけてくれたのです。
 もしK島さんが『ルドルフ・カイヨワの憂鬱』を読んでいなかったら、きっといまでも第二作の出版の目処が立たず、暗中模索していたことでしょう。
 とても幸運な出逢いでした。ぼくにとってはまさしく救世主。K島さんにはこの場を借りて深く御礼申し上げます。


 新作を書くにあたっては、なんの制約もありませんでした。「本が売れるか売れないか、そんなことはいっさい気にしなくていいです。書きたいものを書きたいように書いてください」そんな言葉をいただきました。
 そして、そのとき頭にあったプロットやアイデアをいくつかお話したのですが、「どれがいちばん書きたいですか?」と問われ、悩んでしまいました。
 どれも書きたいのだけれど、特別これが書きたいというものがない。けっこう優柔不断なのです。それで相談して、〈夏、恋、南の島〉というイメージは読者に受け入れられやすい、ということで、非常に安易な考えで――部数を気にするなと言われても、やっぱり売れたいので――今回の作品を書くことにしました。
 しかし、一般ウケを狙ったはずなのに――性格なんでしょうか――とても重くて痛い作品になってしまいました。それでも、あちこちで良い評価をいただき、ほっと胸を撫で下ろしております。
 女性を主人公にした小説を書くのはこれが初めてで、書きはじめるにあたっては不安や戸惑いがありました。心理描写が肝となる作品なので、女性の心理を適切に表現できるかどうか。女性読者から批判されないように書けるかどうか。これはぼくにとって大きなチャレンジでした。その面でも概ね好意的に評価していただけているようで、ひとつの自信となりました。
 執筆中もK島さんにはお世話になりました。随所で適切なアドバイスをいただき、より良い作品に仕上げることができました。作家としても、少しは成長できたかなと思っております。
 良い編集者とめぐり逢い、良い作品を完成させることができた。ぼくにとって『夏の魔法』は、ほんとにしあわせな作業の結実と言えます。
 『夏の魔法』は恋愛小説です。そして、〈罪〉の物語です。
 もっとミステリーらしい小説を書けるようになれたらいいな。
 ぼくを拾ってくださったK島さんや東京創元社の皆さまに、少しでも恩返しができるように、はい、がんばって精進しますともさ!

(2006年12月)

北國浩二(きたくに・こうじ)
1964年大阪市生まれ。フリーライターとしての活動を経て2003年、『ルドルフ・カイヨワの憂鬱』で第5回日本SF新人賞に佳作入選。同長編は改稿ののち05年に刊行され、近未来を舞台とした謀略探偵小説として高く評価される。第2長編である『夏の魔法』はまったく作風を変えた野心作。ジャンルの垣根を軽やかに飛び越える自由なスタンスと抜群のリーダビリティとで、今後の活躍が期待される新鋭である。

酔読三昧 【第9回】萩原香[2006年11月]


わたしの得意技は
ルー・テーズ式のバックドロップである。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 どんなに酔っ払っても自宅にはちゃ~んと帰り着く。どうだすごいだろと自慢したいところだが残念でした脳みそには「帰巣回路」みたいなものが作られていて、酔いとは無関係に活動してくれるおかげだそうだ。な~んだじゃあ誰だって帰れるわけか。しかしということはつまりいくら呑んでもいいということだなよしよし。

 かつて知り合いの編集者が酔っ払ってガイジンとストリートファイトをし、バックドロップを見舞ってやったと自慢げに話していたことがあった。ちっちっちっちっどうせ相手の股に手をかけて抱えあげ一緒に倒れこむタイプのやつだろ。たいして効かんのよなあ。

 ちなみにわたしの得意技はルー・テーズ式のバックドロップである。相手のウエストに両腕を絡みつけエビぞりざま真うしろに叩きつけるタイプ。昔は岩石落としと言った。12チャンネルの『プロレス名勝負物語』(だったかな忘れた)を喰い入るように観ていたのは中坊のころだったか。黄金期のアメリカン・プロレス。

 後方回転エビ固めのパット・オコーナー、瞬殺コブラツイストの創始者サイクロン・アナヤ、シュミット式バックブリーカー元祖ハンス・シュミット、膝蹴りキチンシンクのジン・キニスキー、耳殺ぎニードロップのキラー・コワルスキーって猛者ぞろいのなかでもルー・テーズは偉大な鉄人であったな。神様はカール・ゴッチだ。

 高校の体育の時間のとき級友にこのバックドロップをかけて失神させたこともあった。ごめんなさいごめんなさいよ。卒業以来ご無沙汰いたしておりますがその後お変わりございませんか脳腫瘍なんぞできてはおりますまいな。できててもあの日のことは思い出さないように。

 こちらだって小学生のころ級友に文鎮(いわば鉄の棒だな)で思いきり頭を殴られたことがある。もちろん気絶。通りがかった先生に首をつかまれ2、3回ぶんぶん揺すられ「あーだいじょうぶだいじょうぶ」と言われた。なにがだいじょうぶなもんか。おかげでアタマがいかれて今日に至ったしだいではないか。

 それはともかく親父が大のプロレス好きだった。またまたう~んと小さいころ、家にテレビなんて贅沢なものもないから近所の蕎麦屋によく連れていかれて中継を観ていた記憶がある。力道山だとかシャープ兄弟だとか。『チャンピオン太』なんて漫画もあったな。

 中学時代はたしか国際プロレス華やかなりしころ。なにしろビル・ロビンソンが人気で決め技の人間風車なんてあなたカッコ良くてねえ。逆フルネルソン(?)でこれまたエビぞりながらのスープレックス。昼休みのたんびに学校の砂場で級友をほん投げておったもんです頭が砂まみれでじゃりじゃり。

 そのころ4つ上の兄貴は高校生で柔道部。帰ってくると六畳間で稽古の相手をさせられ投げまくられた。しまいにプロレスごっこになってこうなると最後はわたしが寝技で勝つ。そんなこんなで毎日どったんばったんやってるうち根太(注:ねだ→家の床板を支えるふと~い横木)がぼっきり折れてしまった。やだねえ木造家屋のウサギ小屋は。

 親父の怒るまいことか。「ばかやろお修理に13万円(昭和40年代当時)もかかったんだぞお!!!!」そうですかそうですかひたむきな青少年の育成のためなら安いもんじゃないですか。親父とっくに死んでるが成仏してるだろうな。出るなよ。

 どうもプロレスというのは昔から世評がよくない。いかがわしいからだろう。だがそのいかがわしさこそが魅力なんだが。だいいちいかがわしくない職業なんてあるのかね(あるのか)。と言いつつこの流れからすれば当然プロレスがらみの小説を紹介せねばならないのだが、これがなかなか。

 あった。伯方雪日の『誰もわたしを倒せない』だ。

 プロレス業界で起こる殺人事件。これに挑むは格闘技マニアの新米刑事。そして彼の推理の指南役が天才新人レスラーとくる。奇を衒っただけの素材としてプロレス/格闘技が選ばれているわけではない。行間から作者の愛着とこだわりが伝わってくる。わたしにはわかる。

 で、えーっプロレスなんてと引いてしまうあなた。騙されたと思って読んでごらん。騙されるから。前にも触れた桐野夏生の『ファイアボール・ブルース』が凛としたハードボイルドの秀作なら、こちらは由緒正しい骨格の本格ミステリだ。とにかくトリッキィ。

 第1話「覆面(マスク)」――ここで使われる××トリックには「おっ」と声が出た。しかし待てよ。第2話「偽りの最強」――ふうん。あれ待てよ。第3話「ロープ」――「あっ!」と仰天。3話目だからこそ成立する××トリックだ。とはいえ待てよ。第4話「誰もわたしを倒せない」――なるほど大仕掛けだなあ。でも待てよ。

 ちょっと待てよ。ここまで読み進んでわたしの首は右45°に傾いていた。どこか変だなあ。だいいちあれとこれとそれはどうなった?

 ちゃんとカタがついて…「エピローグ」を読んで首がしゃきっとなった。小説のあちこちで釈然としない部分、積み残しがあったのだがここで一挙に収斂し解明される。

 そうか連作の枠組みをうまく使いよったなこの作者。いくつかの鮮やかなトリックは見せ技で最後にとっておきの決め技か。冒頭から結末まで周到に企まれた構成にスリーカウントをとられてしまった。騙される快感は本格ミステリならではのもの。

 それに主役(と言えるな)の天才新人レスラーの造型がいい。この人物のカリスマ的存在感は捨てがたいな。カリスマといえば『ファイアボール・ブルース』の火渡抄子がカッコ良かった。モデルは神取忍とか。そしてこの神取を軸に取材したのがいまは亡き井田真木子の傑作ノンフィクション『プロレス少女伝説』。プロレスなんてーってまだ言ってるあなた、これも読んでごらん。著者の凛とした佇まいが伝わってくる。

 そういえば先日キム・イル大木金太郎が死んだ。享年77歳。力道山がいちばん可愛がっていたとも言われ原爆頭突きでボボ・ブラジルと頭突き合戦を繰り広げた。うちの叔母さんはボボ・ブラジルに顔がそっくりだったな。その叔母さんも死んじまった。出ないでね。

(2006年11月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、特記すべきことなし。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり