Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

加藤実秋『インディゴの夜 ホワイトクロウ』[2008年12月]


やっとシリーズ第3弾を刊行することができました。
プライベートでも事件に巻きこまれるホストたち
〈インディゴの夜〉シリーズ第3弾
(08年11月刊『インディゴの夜 ホワイトクロウ』)

加藤実秋 miaki KATOH

 

 前回このコーナーであとがきを書いてから2年強、やっと〈インディゴの夜〉シリーズ第3弾を刊行することができました。前作『チョコレートビースト』を上梓したあと、東京創元社の編集者から「ホストの私生活を描いたものを読んでみたい」とお話をいただき、1話から3話をジョン太、アレックス、犬マンのプライベートでの出来事、残り1話をいつも通り晶の一人称で語られるclub indigoを巡る物語という構成に挑戦しました。

 

「神山グラフィティ」
 舞台は渋谷・神山商店街。取材のために何度か足を運びましたが、しゃれたレストランやカフェと、精米器の音が流れる木造の米屋さん、店頭でガラスの3色ねじり棒が回転する床屋さんが軒を並べる不思議な趣のある街です。そこに惹かれ、現在〈ミステリーズ!〉で連載中の『こちら万来軒(×)探偵事務所』も神山商店街が舞台になっています。〈インディゴの夜〉シリーズとのストーリー展開上のリンクも考えているので、こちらもチェックしていただけると嬉しいです。
「ホストの恋」もこの物語のテーマだったのですが、恋愛には全方位的にほとんど興味がないので、しんどいやらこっ恥ずかしいやら赤面脂汗たらたらで書くハメに……。

 

「ラスカル3」
 舞台は赤坂。単純寡黙で脳みそより筋肉でものを考える男が主人公……話、進まね~!というわけで疑惑とドラマのタイ人キックボクサー・ポンサックを登場させました。ポンサックくんは作者の予想以上にがんばってくれて、この作品は日本推理作家協会編 最新ベスト・ミステリー『事件の痕跡』(光文社)にも収録されました。

 

「シン・アイス」
 舞台は学芸大学。執筆直前に私自身がちょろっとトラブルに巻き込まれ、新宿警察署で事情聴取なんかされちゃったりしたこともあり、フツ~にボ~っと日々の生活を送れることのありがたさを噛みしめながら書きました。余談ですが、本職の刑事さんもミステリ読むそうです。「この仕事って、みんなが思ってる以上に書類書くことが多くてさ~。推理小説読むと『ああ、こういう状況の時はこんな風に表現すればいいんだ』ってすっごく参考になるんだよねえ」だそうです。

 

「ホワイトクロウ」
 私は作家デビュー前に20余年フリーのライターをしていたのですが、バブル期にはこの作品に出てくるような微妙な「コンセプト」が売りのクラブやバー、レストランを山ほど取材しました。印象に残ってるのは「大仰なこと言ってる店ほどトイレがしょぼい」。

 

 前回このコーナーを書いた時にも触れましたが、このシリーズはできるだけ長く書き続けていきたいと思っています。ヒロイン晶の天敵・豆柴刑事をフィーチャーしてみたい、そろそろclub indigoを巣立つホストがいてもいいかも、謎のマネージャー・憂夜の正体を明かす時期も近いか……等々構想は尽きませんので、今後もおつき合いいただけると幸甚です。

(2008年12月)

加藤実秋(かとう・みあき)
作家。1966年東京都生まれ。2003年、ホストクラブを舞台にしたミステリ「インディゴの夜」が選考委員各氏に絶賛され、第10回創元推理短編賞を受賞。2005年受賞作含む連作短編集『インディゴの夜』を発表。若者の“いま”を描写したスタイリッシュでテンポのよい作風が話題となる。著作は他に『インディゴの夜 チョコレートビースト』『モップガール』がある。本書『インディゴの夜 ホワイトクロウ』はデビューシリーズ第3弾となる。

大森望『虚構機関 日本SF傑作選』(大森望・日下三蔵編)序文[2008年12月]


SFファンのひとりとして、この企画が実現したことを心から喜びたい。
SFは元気です。

年刊日本SF傑作選始動。
2007年日本SF界の収穫、選びぬかれた16編を収録
(08年12月刊『虚構機関 年刊日本SF傑作選』序文)

大森 望 nozomi OHMORI

 

 本書をもって、創元SF文庫版〈年刊日本SF傑作選〉がいよいよ開幕する。
 第1巻となるこの『虚構機関』には、2007年(奥付に準拠。月刊誌では1月号~12月号)に発表された日本のSF(と編者が考える作品)から編者が勝手に選りすぐった16作(連作含む)を収録している。
 2007年は、日本SFのゆりかご〈宇宙塵〉創刊からちょうど50年。日本で初めて世界SF大会が開かれた記念すべき年でもあり、新たな出発点にふさわしい。ちなみに日本SFの総合的な年次傑作選は、筒井康隆編『日本SFベスト集成』以来33年ぶり。編者の手前ミソながら、SFファンのひとりとして、この企画が実現したことを心から喜びたい。SFは元気です。
 1990年代には“冬の時代”と呼ばれるどん底を経験した日本SFだが、今世紀初頭から鮮やかに復活し、いまや見違えるような活況を呈している。小川一水、伊藤計劃、円城塔など、新世紀を担う才能豊かな書き手も続々登場してきた。
 しかし、いま日本SFの最前線で活躍中の作家たちは、星新一、小松左京、筒井康隆、光瀬龍、半村良などの第一世代とくらべると、作品の質はともかく、知名度では遠くおよばない。SF専門誌やSF専門叢書の読者以外にはろくに知られていない名前も多いだろう。本書は、そういう新時代の日本SFの担い手たちを紹介するショーケースでもある。
 もちろんそれだけではない。最近の日本SFはどうなっているのか。いまの日本では、いったいどんなSFが書かれているのか。そもそもSFとは何なのか。そういう疑問に対する答えがこの一冊。目次を見ていただければおわかりのとおり、萩尾望都や堀晃、かんべむさしなどSF界の大ベテランの新作から、新人SF作家の第一短篇、中原昌也や福永信など純文学畑(と見なされている)の作品まで、幅広くとりそろえてあります。
 熱心なSFファンのみならず、「昔は小松左京やクラークを読んでいたけど最近のSFにはご無沙汰で」とか「筒井康隆はかならず読むけど宇宙ものはちょっと……」という人、あるいは「ミルハウザーやエリクソンなら読むけどジャンルSFにはあんまりなじめなくて」という人など、さまざまな読者のニーズに応えられる傑作選をめざしたつもり。ためしに三つ四つ読んでいただければ、かならずや気に入る作品が見つかるはずです。

 さて、第1巻なので、本シリーズ誕生の経緯と編集方針について簡単に説明しておきたい。
 まず、“年刊SF傑作選”というスタイルについて。SF雑誌が多数乱立したアメリカでは、半世紀以上前から、Year's Best(年度別傑作選)形式の年次アンソロジーは何種類も刊行されてきた。草分けは、1949年にスタートしたブライラー&ディクティのThe Best Science Fiction Stories。これにかわって50年代に台頭したのが、創元SF文庫でおなじみのジュディス・メリル編『年刊SF傑作選』だった。ブラッドベリやクラークと並んで、ボルヘスやバーセルミやウイリアム・バロウズを収録する大胆な編集方針が特徴。作品の合間にはアジテーションの効いたメリル節の解説が挿入され、若い読者を魅了した。
 編者のひとりである大森望はこのアンソロジーによって短篇小説のおもしろさに目覚め、ジャンルの枠に縛られないSF観を決定的に植えつけられたくち(川上弘美、柳下毅一郎、山形浩生など、大森と同世代のSF読者は多かれ少なかれメリルに感化されている)。
 その後、ドナルド・A・ウォルハイム&テリー・カー編(のちにはそれぞれが独立し、別々の出版社からそれぞれの傑作選を刊行)や、いまも続くガードナー・ドゾワ編(ものすごく分厚い)、デイヴィッド・ハートウェル編(途中からキャスリン・クレイマーと共編)など、さまざまな年次SF傑作選が出ているが、大森にとってはメリルこそが心の故郷。東京創元社編集部の小浜徹也からこのアンソロジーの企画を持ちかけられたとき、「創元で出すなら、題名は『年刊日本SF傑作選1』だね」とノータイムで答えたくらいである(最終的に、巻数を入れる案は却下され、収録作と別にそれっぽいメインタイトルをつけることを求められたため、今回は、巻末の伊藤計劃「The Indifference Engine」をなんとなく参照しつつ、山田正紀『エイダ』から拝借した“虚構機関”を題名に選びました。ほら、漢字四文字は創元SF文庫の勝負作の基本だし)。
 一方、日本国内では、冒頭で触れたとおり、筒井康隆編の『日本SFベスト集成』全5巻(『'71年版』『'75年版』)が、唯一の総合的な年次SF傑作選(詳細は、本書巻末の日下三蔵解説を参照)。その最終巻となった『日本SFベスト集成'75』は1976年に刊行された。ジュディス・メリル編『年刊SF傑作選』の最終巻も、同じ76年の刊行。したがって本書は、32年ぶりに復活した“日本SFベスト集成”であると同時に、同じく32年ぶりに復活した創元版“年刊SF傑作選”でもある。
 日下三蔵と大森望の共編ということで、お手本としてまず頭に浮かんだのは、ウォルハイム&カー編のワールズ・ベストSF(65年~68年版が『時のはざま』『忘却の惑星』『追憶売ります』『ホークスビル収容所』のタイトルでハヤカワ文庫SFから邦訳されている)。だとすれば日下がウォルハイムでオレがカーだな、と思ったんですが(めんどくさいので説明は略)、こうしてみると、本シリーズが受け継ぐべきは、ジュディス・メリルと筒井康隆だと考え直した。もしこのふたりが年間ベストを編むとしたらどうなるか――というコンセプトを基本に、『年刊SF傑作選』『日本SFベスト集成』のいいとこどりを試みたわけである。役割分担としては、日下三蔵が筒井康隆で(“SF作家”の作品から秀作を見つけ出し、バランスをとる係)、大森がメリル(どこがSFだかよくわからないものをどさどさ入れる)。『年刊SF傑作選6』の序文で、当のメリルいわく、


 この本は、いわゆるSFばかりを集めたものではありません。
 たしかにSFも何編かは含まれている――と思います(どれが本格的なSFであるかを判定することは年々むずかしくなってゆく――実を言えば、もうそのようなことはあまり試みたくないのです)(吉田誠一訳)

 この精神にのっとって、“なんらかの意味でわたし(大森)がSFだと考える作品”からベストを推薦し、日下三蔵と協議の上で収録作を決定した。おたがいにダメを出し合ったり、これだけはどうしても譲れないと我を張ったりはしたものの、選定作業はおおむね紳士的におこなわれ、さいわい、著者および版元の了解もすんなりと得られて、希望したすべての作品を本書におさめることができた。さらにオマケとして、各篇の著者の書き下ろしあとがきコメントと、「2007年の日本SF界概況」もついてます。
 結果的に、ジャンルSFに対する求心力と遠心力が微妙なバランスを保ち、新しさと古さがうまくブレンドされた内容になった――というのが編者の希望的観測だが、あとは読者諸兄の審判を待ちたい。熱心なSFマニアにとっては、読んだことのある作品が多いだろうが、さすがにぜんぶ読んでいる人はひとりもいないはず(まあ、今回は反則技の未発表作品が入ってるんで当然ですが)。逆に、ふだんSFを読まない人でも、小説好きなら、まったく知らない名前ばかりが並んでいるということはないだろう。おなじみの名前を手がかりに、“2007年現在の日本SF”を探険していただきたい。読む労力と対価に見合う一冊であることは、編者を代表して保証します。では、ごゆるりとお楽しみください。

(2008年12月)

■大森望(おおもり・のぞみ)
1961年高知県生まれ。京都大学文学部卒。翻訳家、書評家。主な著書に『現代SF1500冊(乱闘編・回天編)』、『特盛!SF翻訳講座』、共著に『文学賞メッタ斬り!』シリーズ、主な訳書にウィリス『航路』、ベイリー『時間衝突』ほか多数。

山口芳宏『豪華客船エリス号の大冒険』[2008年11月]


どうして探偵のライバルとなり得る『シリーズ犯罪者』は
絶滅危惧種となったのか――

眉目秀麗の探偵と義手の探偵は伝説の犯罪者に招待され、
欧州へ向かう豪華客船での殺人に挑む!
(鮎川哲也賞受賞第1作 08年11月刊『豪華客船エリス号の大冒険』)

山口芳宏 yoshihiro YAMAGUCHI

 

 ご存じのように、現在日本の探偵小説界では、シャーロック・ホームズの子孫はたくさんいます。それは本格ミステリーの隆盛とともに頭脳を駆使する『シリーズ探偵』がたくさん生まれたという意味で、このこと自体はとてもすばらしいことだと思います。
 しかし、それに敵対する犯罪者はどこへ行ったのでしょう。ホームズの系譜はたくさんいるのに、なぜモリアーティ教授やルパンの子孫はこんなに少ないのでしょうか。どうして探偵のライバルとなり得る『シリーズ犯罪者』は絶滅危惧種となったのか――文明社会においてリアリティがないからという理由は本当なのか――そこでぼくは、なんとかこの『シリーズ犯罪者』の復活に挑戦できないかと考えました。
 元々、ぼくの書く物語にはリアリティもクソもないのですが、しかし『シリーズ犯罪者』を登場させるからにはそれなりの説得力が必要です。はたしてラインバッハの滝壺に落ちたモリアーティ教授は、文明社会に再登場することができるのか――そして復活するには何が必要か――それがこの物語のテーマです。

ハイチ

――という堅い話はさておき、「あとがき」らしくこぼれ話を。
 さて、今回『豪華客船』という舞台を選んだわけですが、みなさまの中には、かつて日本にも豪華客船全盛の時代があったということを知らない方も多いのではないでしょうか。ぼくは知りませんでした。じつをいうと、本文にも書いたように明治後期から昭和初期にかけて、日本でも豪華客船が盛んに就航した時期がありました。大きさはタイタニックほどではないにしても、当時世界でも最先端の技術が投入された豪華絢爛な客船が何隻もあったのです。たとえば戦前に冷房完備の客船があったなんて、なかなか信じられないですよね。でもちゃんとあったのです。
 で、これが、調べれば調べるほどおもしろい。移民や戦争との関係まで広げると、ネタの宝庫で、マリタイムミュージアム(横浜にある海洋博物館)に納められている図書がぼくには札束に見えました。それで200冊以上の文献をあたり、各地に現存する古い船や軍艦、博物館を見に行ったのですが(ぼくの作風は考証がいい加減に見えますが、いちおうきちんと調べているのです)、調べるだけではモノ足りず「やっぱり実際に乗ってみないとな」と考えて、カリブ海へクルーズ旅行へ行きました。もちろん自腹ですよ、自腹!

プロムナードデッキ

 しかしひとりで行くと割高なので、実家の父をうまく騙して――じゃなくて「取材だから協力して!」とお願いして、なんといい年をしたオッサンが、老齢の父といっしょに取材旅行へと赴くことになりました。父子で海外を旅するなんて、ぼくたちくらいです。
 で、カリブ海で乗った豪華客船のすごいこと! 乗った船リバティ・オブ・ザ・シーズは16万総トンで、「動く宮殿」と言われたタイタニック(5万トン弱)の3倍以上です。船にはプールやスポーツジムはもちろんのこと、室内アイススケートリンク、ロッククライミング用の設備、カジノ、図書室まであります。「動く宮殿」どころか、まさに「動くリゾートホテル」「動くテーマパーク」です。
 そこで、毎日のように、マジックショウやらミュージカルやらアイススケートショウやらクイズ大会やら美男子コンテストやら数独大会(Sudokuとして欧米で親しまれています)やら料理教室やら、イベントづくしです。これら、全部無料!(正確には、乗船料金に含まれる)

トゥルム遺跡

 それだけじゃありません。朝昼晩、なんでも食べ放題&飲み放題(アルコールのみ有料)、アイスもピザもケーキもそしてルームサービス(!)も、全部無料。朝食にステーキ3枚食っても無料。スタッフのサービスも完璧、料理もかなりうまい(アメリカにしては)。
 これで各寄港地を回って、クルーズ料金7泊8日800ドル弱(日本円で9万円弱)なのですから、すごい話です。ぼくは成田発のツアーを利用して、9泊11日で約20万円でした。はっきりいって、おすすめです(日本の客船ツアーにしなかったのは、日本だと高いからです。50~100万円くらい)。
 ちなみに、掲載してある写真はすべてぼくが撮ったものです。パンフレットの写真じゃありません! 1枚目は、寄港地のハイチで船を撮った写真。2枚目は、船内のメインストリート(プロムナードデッキ)です。3枚目は、寄港地で撮影したマヤ遺跡(トゥルム遺跡)。
 しかし「そんな、時代も航路も違うのに、小説の参考になるの?」という疑問もあるでしょう。確かに直接は関係ありません。でも「豪華客船に乗るということが、どういうことか」「夜にデッキに上がって星空や航跡を見ると、どんな気分になるか」ということがわかって、夢とロマンをたっぷり充填してきました。あ、トリックも1個思いつきました。このことが読者のみなさまに伝わればと思います。

(2008年11月)

■山口芳宏(やまぐち・よしひろ)
1973年三重県生まれ。横浜国立大学工学部卒業。2007年、『雲上都市の大冒険』で第17回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。本書は鮎川哲也賞受賞第一作にして、待望のシリーズ第2作。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり