Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

創元SF文庫入門――歴史編


 創元SF文庫は、創元推理文庫(翻訳ミステリの専門叢書として1959年4月に創刊された)のSF部門として1963年9月にスタートしました。文庫本としては日本初の翻訳SF専門シリーズとなり、1991年10月に現在の「創元SF文庫」という名称に変更されました。現在までに600点以上の作品を刊行しています。
 刊行第1弾は、フレドリック・ブラウン『未来世界から来た男――SFと悪夢の短編集』。初刊時の装幀は松田正久氏でした(カバー写真下。現行版はカバー写真右、ワンダーワークス作成)。

 当時の状況を、編集長だった厚木淳氏(その後、翻訳家。故人)が、巻末の「ノート」(解説)で記しています。

「推理小説は好きだがSFは読まない、という、いわゆる食わず嫌いの読者が日本ではまだ多いが、そういう点でブラウンのSFは長編も短編も、推理小説からSFへの橋渡しの役目を果たしてくれる絶好の手引きとなるだろう」

 この作品は、SFショートショートの傑作短編集として愛読され、現在でも版を重ねています。

 以下に、創刊時の作品を順に掲げます。

 1『未来世界から来た男』フレドリック・ブラウン(1963年9月刊)
 2『73光年の妖怪』フレドリック・ブラウン(1963年10月刊)
 3『吸血鬼ドラキュラ』ブラム・ストーカー(1963年12月刊)
   (その後、帆船マークに移動。現在は創元推理文庫F)
 4『トリフィド時代―食人植物の恐怖―』ジョン・ウィンダム(1963年12月刊)
 5『マラコット深海』アーサー・コナン・ドイル(1963年12月刊)
 6『宇宙船ビーグル号の冒険』A・E・ヴァン・ヴォークト(1964年2月刊)
 7『透明人間』H・G・ウェルズ(1964年2月刊)
 8『不老不死の血』ジェイムズ・E・ガン(1964年8月刊)
 9『太陽系帝国の危機』ロバート・A・ハインライン(1964年8月刊)
   (その後、1994年6月になって新訳版『ダブル・スター』を刊行)
 10『何かが道をやってくる』レイ・ブラッドベリ(1964年9月)
 11『銀河帝国の崩壊』アーサー・C・クラーク(1964月10月)

(2003年1月15日/2004年6月10日)



SF小説の専門出版社|東京創元社

小隅 黎/完全新訳版レンズマン・シリーズ1 E・E・スミス『銀河パトロール隊』訳者あとがき(部分)[2002年1月]


できることならこのさい決定版と言える訳文を
ご披露しなければと。

(『銀河パトロール隊』訳者あとがき)

小隅 黎 ray KOZUMI

 

 最初におことわりしておくが、本書をはじめとするこの《レンズマン》シリーズ全7冊は、30年以上前に小西宏氏の麗訳が出ている正編6冊と20数年前に拙訳で出た傍系の1冊とを併せた改訳版である。東京創元社の小浜徹也氏からこの仕事へのお誘いを受けたのは、いまから2年あまり前、1999年の暮れのことで、以前から熱烈なレンズマン・ファン(ということがかならずしもスペース・オペラ全般のファンであることを意味しないのは申しわけないが)だったわたしに否やがあるわけもなく、ふたつ返事でお引き受けした。ちなみにわたしは右の傍系『渦動破壊者』のほかも、10年近く前にデイヴィッド・カイル氏によるシェアド・ワールド作品を2冊まで積極的に推薦し、訳出している。そんなわけで、年があらたまるとすぐ斎戒沐浴(さいかいもくよく)、精進潔斎(しょうじんけっさい)――はちょっとオーバーだが――して心をひきしめ、あらためて原書の通読にとりかかった。いわば《シャーロック・ホームズ》シリーズに対する「シャーロキアン」の心境、とでも言えば、当たらずといえども遠からずだろう。

 思えば若いときから「生涯一SFファン」をもって自認していながら、ファン活動の資金捻出という名目で翻訳に手をそめ、やがて長編にも手を出し、五十路を過ぎるころには筆一本の道にはいり、いまではもう本業と趣味の別なく気に入った作品とのかかわりを心から楽しんでいるわたしにとって、このシリーズほど翻訳人生の掉尾を飾るのにふさわしいものはなかっただろう。これまでわたしの代表訳とされてきたのは、奇しくも翻訳専業となって最初に訳したラリイ・ニーヴン氏の長編『リングワールド』と、そのご縁でひきつづき手がけた〈既知空域(ノウンスペース)〉シリーズのおよそ3分の2に当たる7冊だった。しかしそこには年季の不足に起因するミスが訂正の機会もないままいくつか残っているし、加えてある事情から、シリーズ中盤の重要な転回点である『プロテクター』が拙訳のリストからは洩れてしまった。その1冊がわたしとしては画竜点睛というか、九仞(きゅうじん)の功(こう)を一簣(いっき)に虧(か)いたように感じられ、いまだに気分が晴れない。さらに、やがて出る予定の『リングワールド』第4部は、2001年夏ニーヴン氏に会ったとき聞いたところまだ半分しかできていないとのことだったので、もうそこまで手を伸ばすほどわたしの気力が保つかどうか……こうしてみるとやはりこの《レンズマン》シリーズが、わたしのいちばんまとまった仕事として残ることになりそうである。

 ……のっけから私事にかまけてしまって申しわけない。ともあれそんなしだいで、できることならこのさい決定版と言える訳文をご披露しなければと張りきったものの、さすがスペース・オペラの集大成と謳われるだけあって、この作者のスタイルにふさわしい――とわたし自身が納得できる――文体を定着させるのはかなりむずかしい仕事だった。前述のデイヴィッド・カイル氏にしても、その著書『ドラゴン・レンズマン』の中で「ドク・スミスの語り口を遵守した」とわざわざことわっている。作家と翻訳家の立場こそ違え、その気持ちはわからないでもない。本編の身上は言うまでもなく壮大きわまりないそのスケールにあるわけだが、翻訳に当たって何より圧倒されるのはまさに超快速としか言いようのないストーリー展開と、それを支える無数の奇想天外なアイデア――いまとなってはいささか大時代的な感もあるが――の速射である。しかし訳する側としてはその魅力に飲みこまれ押し流されてしまうわけにはいかないのだ。そうした設定の妙や、それらにからむ大道具・小道具類の細部についてもしつこいほど書きこむ作者のこだわりがまた、読みこめば読みこむほど楽しい。いわばそういった要素のすべてが、ほかに比類のないこの作品の持ち味なのである。ひしひしと伝わってくるその“ドク・スミスらしさ”をわたしの文章力でどれだけ再現できたか心もとない気もするが、それでも自分なりに誠心誠意、滅私奉公の覚悟で粉骨砕身しているつもりである。……実は翻訳作業のほうは開始から約2年かけて5冊目に突入したところで、いまはただ根気のつづくうちに――そしてなるべくなら今年中にも――7冊ぜんぶを訳了したい……つまり現在のところわたし自身、このシリーズに身も心も入れあげているまっ最中なのである(さきほどから古めかしい四文字熟語が頻出しているようで気がひけるが、あるいはこれもわたしが故・スミス氏の世界に浸りこんでいるせいかもしれないのでご容赦ください)。

(2002年1月10日)

小隅 黎(こずみ・れい)
本名・柴野拓美。1926年金沢生まれ。日本初のSF同人誌〈宇宙塵〉主宰。「小隅黎」は翻訳・創作に使用する筆名である。1950年、東京工業大学卒業。主な訳書に、スミス《レンズマン》シリーズ、ホーガン『造物主の掟』『造物主の選択』『時間泥棒』、ニーヴン『リングワールド』など多数。主な著書に『北極シティの反乱』ほか。


SF小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり