Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

堀 晃『バビロニア・ウェーブ』創元SF文庫版あとがき[2007年2月]


宇宙SFとして、設定の大きさだけなら
ちょっとした記録が狙えそうな気がしました。

日本を代表するハードSFを初文庫化
(07年2月刊[星雲賞受賞作]『バビロニア・ウェーブ』文庫版あとがき[全文])

堀 晃 akira HORI

 

 この作品の着想を得たのは1977年初夏のことです。構想を巡らしているうち、宇宙SFとして、設定の大きさだけならちょっとした記録が狙えそうな気がしてきました。いずれは長編にと思いながら、一方で、基本的なアイデアだけは記録に残しておきたい気持ちも強くなりました。誰かに先行されるのではないか、特に未訳の海外作品が気になりました。

 そこでシリーズものの1篇として書いたのが〈SFマガジン〉1977年10月号掲載の短篇「バビロニア・ウェーブ」です。

 この短篇は作品集に収めることのないまま、構想を改め、〈SFアドベンチャー〉81年11月号から83年5月号まで連載しました。それが長篇版『バビロニア・ウェーブ』です。

 作者としてはそれなりに完結させたつもりでしたが、連載終了後、色々な疑問が発生し、数年間放置するかたちになってしまいました。この過程は、作者として詳述することではありませんが、色々な設定上の無理が解決できぬまま膨らんでいくような気分です。

 福江純さんを訪ねたのは88年5月のことです。少し前に出た福江さんの『降着円盤への招待』(講談社ブルーバックス)に大きな刺激を受け、また福江さんは石原藤夫氏主宰の〈ハードSF研究所〉の有力メンバーでもあったからです。当時、大阪教育大・天王寺学舎にあった福江研究室を何度か訪ね、こちらの疑問に答えていただいた上、きわめて重要なヒントもいくつかいただきました。それらを生かしきれなかったのは作者の力不足です。

 こんな経過のあと、夏から秋にかけて加筆修正を行ない、なんとか完成したのが88年11月発行の本書『バビロニア・ウェーブ』です。

 なお、短篇「バビロニア・ウェーブ」は、その後『地球環』(ハルキ文庫/2000年)に収録されています。

 今回の文庫化にあたっては、表記上の訂正と細部の修正にとどめ、大幅な改稿は行っておりません。それを始めると、再び数々の「未解決問題」が浮上し、収拾がつかなくなるからです。まだ若かったから無理を通せた面も否定できません。

 こうした難題も含めて、今回も福江純さんに「解説」で助けていただき、さらに加藤直之さんにイラストで補強していただくかたちになりました。お礼申し上げます。

(2007年2月)

堀晃(ほり・あきら)
1944年兵庫県生まれ。大阪大学基礎工学部卒。1970年、短編「イカロスの翼」が〈SFマガジン〉に掲載されデビュー。1981年、『太陽風交点』で第1回日本SF大賞を受賞。『バビロニア・ウェーブ』で1989年、第20回星雲賞を受賞。短編「太陽風交点」に始まる〈遺跡調査員〉シリーズをまとめた『遺跡の声』も創元SF文庫に近日収録。

田中芳樹『銀河英雄伝説』創元SF文庫版に寄せて[2007年2月]


日本SF史にその名を刻む壮大な宇宙叙事詩
(07年2月刊『銀河英雄伝説1 黎明篇』)

田中芳樹 yoshiki TANAKA

 

 中学生のころ、さまざまな本を読んだが、じつは最大の「愛読書」は『創元推理文庫解説目録』だった。『10月はたそがれの国』などというタイトルに心をさわがせ、四行に圧縮された内容紹介に胸をおどらせた。あれは無限の訴求力を持つ名文だったと思うが、誰が書いていたのだろう。


 自分の書いた作品が、その目録に加わるというのは、私にとっては夢が実現したことにはならない。夢にすら想わなかったことなのだ。ひたすら信じられない気分を味わったのは、『マヴァール年代記』が最初であったが、その一度にとどまらなかったということで、信じられない気分はさらに深まっている。夢まで含めて、この世のものとも思えないのである。

 だいそれたことになってしまったとは思うが、二十年前に完結した『銀河英雄伝説』という作品は終(つい)の棲処(すみか)を得た。ありがたいかぎりだ。望外にも星野之宣さんの壮麗な装画までいただけたことだし、あらたな生命を得て、末長く目録の末席につらなることがかなえば幸いに思う。

 

 関係者各位に心より御礼を申しあげます。

(2007年2月)

田中芳樹(たなか・よしき)
1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。1978年「緑の草原に…」で幻影城新人賞を受賞。1988年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。《創竜伝》《アルスラーン戦記》《薬師寺涼子の怪奇事件簿》シリーズの他、『マヴァール年代記』『ラインの虜囚』など著作多数。

酔読三昧 【第12回】萩原香[2007年2月]


どうも根っから、常道を外れた
人物に興味が湧いてしようがない。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 ようよう iPod nano を買った。2Gで500曲入るというので 喜んだら170曲しか入らん。なんでだなんでだ高音質でコピーしてるからか。しかしこの軽小短薄なハンディさはいいなあ。赤ん坊に見せたら口に入れそうだなあ。

 赤ん坊も小さいからいいんだよなあ。親と同じ大きさで産まれてきたらどうやって産湯をつかわすのだ3人がかりか。それはそうと赤ん坊がみんな可愛いなんてのは嘘ではないのか。目つきの悪い赤ん坊は可愛くないだろう。いるのかそんな赤ん坊。

 私が寝たきりの赤ん坊(べつに病気ではない)のときのことだ。母乳をくれようとしたところ機嫌を損ねたか呑もうとせず、泣くわ喚くわのけぞるわでお乳を拒みつづけ、ついには泣き声も掠れ果ててぐったり、8時間後ついに降参してお乳を口にふくんだのだと、母親が忌々しげに思い出話をしくれたことがある。

 母親も疲労困憊「なんてぇ子だろ、強情な!」と叫んだというが、原因を作ったのは誰かと私は言いたい。きっとおまいさんが幼くいたいけな私に何かしたにちがいない。そういうことするからろくな大人にならんのだ。ここに猛省を促したい。中年の主張。

 それはともかく、赤ん坊のころは頭がでかかった。やっとお坐りができるようになっても頭が重いからあっちふらふらこっちふらふら、しまいには倒れてしまうので座布団をまわりに積みあげ支えなくてはならないほどだったとか。座布団わらし。

 「きっと、この子は脳味噌がいっぱい詰まってるんだよ~」と母親は喜んでいたようだが、頭蓋骨が厚いだけだったみたい。そういえば幼稚園児くらいのとき、近所の子らと建築現場で遊んでいたら太い木材が倒れてきて後頭部を直撃。が、止めどなく鼻血は噴出したものの後遺症は出なかった(ずっと出ているという説もある)。頭の硬いは七難隠す。おかげで頭突きはいまも得意技のひとつだ。

 iPod nano の話だった。これで毎朝ヘヴィメタを聴いているわけだ。寝起きに一曲。ドコドコドコドコうるさくて眠気すっきり体しゃっきり。ただし電車のなかでは聴かない。読書をしなければいかん。だいいち、あの漏れ出るシャカシャカ音は好きではない。最大ボリュームならなおのこと。電車では静かに本を。満員電車で声に出して読めますか団鬼六。

 その団鬼六の『真剣士 小池重明』は不世出の天才「賭け将棋士」と謳われた男の傑作評伝。どうも根っから、常道を外れた人物に興味が湧いてしようがない。最近だと、あの外務省のラスプーチンこと異相の佐藤優さんだな。ということで、ちょっと失礼して『獄中記』を読んでしまおう。

 読んでいるあいだにまた子供のころの話。うちには本が一冊もなかった。雑誌もだ。そういえば絵本や児童書のたぐいを買ってもらった記憶がない。もっぱら漫画雑誌。いいのか親の教育方針。でもこれで「てにをは」を覚えた。幼稚園児のときはまだ月刊誌『少年』だったかな。小学校にあがるころは『少年サンデー』『少年マガジン』か。中学に入るまで文字ばかりの本には見向きもしなかった。この世に漫画より面白いものなんかないと思っていた。相変わらず頭はでかかった。

 いや違った(頭ではない)。小学校のクラスごとに学級文庫というのが置いてあった。たしかハードカバーの付いた新潮文庫。これでホームズものとルパンものは読んだのだ。で、ホームズにのめりこんだ。子供が覗いてはいけない大人の世界のなにやら薄暗く怪しげで縁日の見世物小屋に入るようなハラハラドキドキがあったな。甘美なスリルとサスペンス。わかってもわからなくても背伸びして読んだ翻訳もの。

 名探偵といえばシャーロック・ホームズ。これに並ぶのがブラウン神父だな。スパイク・リー監督のクールなサスペンス『インサイド・マン』(2006)では、銀行強盗が人質50人全員に自分たちと 同じ格好(作業服)をさせる。このアイデアは秀逸。「賢い人は葉をどこに隠す? 森のなかに隠す」「森がない場合には、自分で森を作る」――G・K・チェスタトン『ブラウン神父の童心』所収の「折れた剣」を思い出した。

 ファンタスティックな風情のなか、逆説に満ちたロジックがトロンプ・ルイユ(騙し絵)のような犯罪を浮かびあがらせる。これがブラウン神父ものの持ち味。目の前に死体があるのに気づかない「翼ある剣」『ブラウン神父の不信』)なんぞは、突発的電光石火の隠蔽工作であるが故に心理的な盲点を作りだす。

 「犬のお告げ」『ブラウン神父の不信』)もそう。犬を飼っていれば誰でもやることがそのまま犯罪の完遂につながる。犬が吠えさえしなければ完璧だったのに。それから「見えない男」「奇妙な足音」(いずれも『ブラウン神父の童心』)も、ポオの「盗まれた手紙」『ポオ小説全集4』)の系譜にある。見えているのに見えない。

 ブラウン神父は小太りでちんちくりんの坊さんだ。アルフレッド・ヒッチコックをドラえもんぐらいに縮小するとぴったりな感じだな。ホームズはピーター・カッシングの背を高くしたイメージか。さっさかドラキュラを退治せんか。キム・ニューマンの『ドラキュラ紀元』になってしまうぞ。ドラキュラが勝利してイギリスを征服してしまうのだぞ。これはプラム・ストーカーへのイギリス世紀末へのオマージュに溢れた秀作であるがいま品切れかな。

 さてと。頭がぐらぐらする。でかいからではない。暮れにもらった日本酒を呑みすぎた。吟醸なのに料理酒と区別がつかん。私なんぞに高い酒は不要でござる。質より量。と、ここで『獄中記』を読み終えた。

 外務官僚としてインテリジェンス(情報)の世界で辣腕をふるい、国際政治の舞台裏を知り尽くしつつ同時に真摯なプロテスタントにして学究の徒。拘置所の独房を書斎がわりに、拘禁生活の不自由さを自由に満喫しながらここぞとばかりに読書&勉強三昧。生臭い政治と無菌なアカデミズムの世界を行きつ戻りつ思索を突きつめてゆく拘留512日の記録が、ここにはある。佐藤優の脳味噌の構造が計り知れない。頭がでかいだけの人間とは大違いだなあ。

 ところで蒼井上鷹(あおいうえたか)『ハンプティ・ダンプティは塀の中』は留置所版「日常の謎」系ミステリだ。こちらは雑居房だから、得体の知れない連中が醸しだす不自由のなかの自由が猥雑で楽しい。あまりに脳天気なので一度は入ってみたくなった。あ、酒は呑ませてくれないだろうなだめだこりゃ。

 真面目に生きよう。頭がくらくらしてきたので座布団一枚。

(2007年2月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、相変わらず特記すべきことなし。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり