Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

大崎梢『サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ』[2007年4月]


さまざまなお店で働く
書店員さんにお会いしましたが、
話題がこれになると
とたんに盛り上がます。
成風堂書店シリーズ第3弾
07年4月刊
『サイン会はいかが?』
大崎 梢


 杏子と多絵を主人公にした〈成風堂書店事件メモ〉のシリーズも、これで三冊目です。けっして筆が速いわけでも、アイディアが泉のようにわき出るのでもないのですが、書店を舞台にした短編としては、どうしてもやってみたいものがあったのです。

 取り寄せ──これについては、どの書店員さんにも、それこそ売るほどたくさんの悲喜こもごもがおありかと。『配達あかずきん』を出して以来、さまざまなお店で働く書店員さんにお会いしましたが、話題がこれになるととたんに盛り上がます。

 社会科見学の小学生──たまにいらっしゃいます。たまですが、インパクトはあります。町の本屋さんを好きになってほしいなと、心から思うこちらの感慨とは裏腹に、嵐のようにやってきて嵐のように去っていきます。

 付録──もしくは販促物。非常にたくさんの種類があるのですが、あれはいったい誰が考え、どういう狙いでつけてくるのでしょうか。知りたいです。あれも、これも。脳裏に次々浮かびます。その謎は作中、残念ながら解き明かされず……すみません。

 サイン会──書店のイベントとして真っ先に浮かびます。今回、迎える側の書店員さん、そして、いらっしゃる側の作家さん、編集者さん、営業さんと、お話を伺いました。皆さん、読者さんをとても大事にされている、それを深く実感いたしました。

 忘れもの──買ったばかりであろうケーキの箱というのも切ないですが、ぬいぐるみ、ミニカー、小さな帽子というのも胸が痛みます。会計した本を持ち忘れる、本を受け取り釣り銭を忘れる、買おうとしたら財布を忘れてきた。大丈夫、よくあることですもの。

 書いてみたい題材が五点。そして五本の短編ができました。

 「取り寄せトラップ」
 「君と語る永遠」
 「バイト金森くんの告白」
 「サイン会はいかが?」
 「ヤギさんの忘れもの」

 どうぞよろしくお願いいたします。

 お楽しみいただければ幸いです。

(2007年4月)

大崎 梢(おおさき・こずえ)
東京都生まれ。神奈川県在住。2006年5月、連作短編集『配達あかずきん』でデビュー。 本書店員ならではの目線と、優しい語り口、爽やかな読後感で注目を浴びる期待の新鋭。シリーズ第2作の長編『晩夏に捧ぐ』につづいて、最新刊『サイン会はいかが?』はふたたび連作短編集でお届けします。

酔読三昧 【第14回】萩原香[2007年4月]


懐かしいなあ。『10月はたそがれの国』かあ。
ブラッドベリは幻想と郷愁に彩られた短編の名手でもある。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 料理が得意である。シチューとカレーが得意である。それだけ。が、料理が得意と言って過言ではあるまい。さらには食器洗いも得意である(水遊びが好きだ)。洗濯もできる(洗濯機のスイッチが押せる)掃除もできる(掃除機のスイッチが)亀のブリーダーだってできる(と思う)。おまけに酒ならなんでもこいだ。自立した男である。

 だいじょうぶだろうか。

 それはそうと、不食のすすめ、というのがあるそうだという話を友人から聞いた。人間は何も食べなくともずっと生きていられるということらしい。実証例もあるとか。そうなのかあ便利な時代になったものだなあ。ではなくて、眉唾ものだなあ自分が死んでいることに気がついていないだけではないのか。

 ちなみに私は1日1食半だ。坐り仕事がほとんどなのと食べるのがめんどくさいのと酒さえあれば満足なのとで別に不自由なく生きている(はず)。思い起こせば平安時代、1日2食だったというではないか。だいたい1日3食なんて贅沢だ飽食だいくら食べたってあとは○○○になって出るだけではないか。失礼。

 食事といえば、うちの亀がいきなり餌を食べはじめた。毎年のことだが、だいたい秋から翌年の春までまったく食べなくなる。はじめのうちは心配で、真冬なぞ水槽の底に沈んでいるのを死んだのではないかとつついたりもしてみた。と、ばたばた暴れる元気ではないか。よかったあ。これなら餌代が浮くと喜んだしだい。

 半年食べまくって半年不食。どういうつもりだ。いいのかそれで生きていられるのか。そういえば熊は冬眠中でも筋力が衰えないそうだ。人間ひと月も寝たきりならまともに歩けなくなる。代謝機能に秘密があるのか。四六時中喰ってばかりいる人間のほうがおかしいのか壊れているのか。生物の不思議、進化の謎。

 進化といえば、映画『サウンド・オブ・サンダー』(2005)ではタイムトラベルで恐竜時代に干渉したため未来(つまり現在)の人類が破滅しそうになる。〈進化の波〉というやつが押し寄せてきて大パニックになるのだ。原作はSF界の叙情詩人レイ・ブラッドベリの「雷のとどろくような声」『ウは宇宙船のウ』)。

 映画の出来はまあそこそこ。原作にとってはちと可哀想かな。なんせ監督がピーター・ハイアムズだもんな。『レリック』(1997)だもんなあ。あ、トンデモ本的『カプリコン・1』(1977)やら西部劇風『アウトランド』(1981)やらミレニアム記念『エンド・オブ・デイズ』(1999)はまだましだったか。

 しかし懐かしいなあ。『10月はたそがれの国』かあ。ブラッドベリは幻想と郷愁に彩られた短編の名手でもある。O・ヘンリー賞を何度か受賞しているそうな。そしてO・ヘンリーとくれば「賢者の贈りもの」「最後の一葉」『O・ヘンリ短編集』)。古き良きアメリカは人間の善意を描いて右に出るものなし。

 フランク・キャプラ監督の『スミス都へ行く』(1939)もそうだったな。(アメリカの)ヒューマニズムと正義と民主主義が信じられた時代。ジミー・スチュアート演じる新米議員がたった1人で腐敗政治を正してしまうなんて映画、もう作れんだろう。

 短編の名手ならサキもいるなあ(『ザ・ベスト・オブ・サキ』)。思いっきり底意地の悪いユーモアとサタイアが身上だ。デイモン・ラニアン『ブロードウェイの天使』もいいなあ。ひなびた市井の人情劇。悪意と冷笑に満ちているのはアンブローズ・ビアス『生のさなかにも』か。奇妙な味ならジョン・コリア『炎のなかの絵』とロアルド・ダール『あなたに似た人』だ。アルフォンス・アレーの『悪戯の愉しみ』はブラックユーモアで蜂のひと刺し。燐光のような幻想を醸し出すジュール・シュペルヴィエル『沖の小娘』も好きだ。マルセル・シュオッブ『黄金仮面の王』では神韻縹渺たる幽明のあわいを漂う。うって変わって奇想天外なナンセンス・コントならカミ『ルーフォック・オルメスの冒険』。それからそれから、

 きりがないのでこのへんにしておくが、最後のやつはホームズもののパスティーシュ。で、コナン・ドイルはホームズもの以外の短編がまた面白い。「大空の恐怖」『北極星号の船長 ドイル傑作集2』)なんて子供のころ何回読み返しただろう。複葉機(昔の飛行機ね)でずっーと昇ってゆくと空に変なものが浮かんでいる、という話。『ウルトラQ』ではないか。

 ミステリ系でいけばF・W・クロフツの短編が意外に拾いものなのだなこれが。『クロイドン発12時30分』という倒叙ミステリの名作長編があるが、『クロフツ短編集1』に収められている作品のあらかたはこの倒叙形式。どれも短いし『刑事コロンボ』『古畑任三郎』の興趣をまとめて手軽に楽しめる。ありゃ在庫切れかい。

 しかたないな。じゃあ本格派ついでにディクスン・カーだ不可能犯罪だ密室だあっと驚くトリックだ。そういえば昔、題名はど忘れしたがカーの短編で犯行現場(もちろん密室)の俯瞰図を描いてくれと頼まれたことがある。それで驚いたのは部屋の内部の描写の精緻なこと。図面起こしが楽でありましたな。

 それはそうとカーの短編では「妖魔の森の家」『カー短編全集2 妖魔の森の家』)が傑作だ。なにしろ死体を××する手口がコワいのなんの。おまけにこれはギャグすれすれ。恐怖と笑いは紙一重。「笑いとは中途半端な恐怖である」、これはベルクソンの『笑い』だったかなよく覚えとらん。

 覚えておらんなりにベルクソンによれば、赤ん坊を高い高いするとキャッキャッ笑うが、これは怖がっていいのかどうかわからないからだそうだ。お愛想笑いというやつかい。ちがうな。うちの亀は高い高いしてもシューッと怒るだけ。まあ亀がうへうへ笑うのは聞いたことがないが。

 あー窓の外の水槽の亀がじたばたうるさい。餌をねだっておるのか。さっきやったばかりではないか。これからの季節、また餌代がかさむよなあ。うちの亀にこそ不食のすすめをすすめたい。もっとも、人間は酒を呑まなくともずっと生きていかれる、という言説のほうがはるかに信じがたいのだがな。

(2007年4月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、相変わらず特記すべきことなし。

倉阪鬼一郎『騙し絵の館』[2007年3月]


かねてより
一度やってみたいと思っていた。
大量の伏線とトロンプルイユで描きあげた、
著者渾身の本格ミステリ。

07年3月刊
『騙し絵の館』
倉阪鬼一郎


 『騙し絵の館』の各章には、内外の詩から採ったエピグラフが配されている。かねてより一度やってみたいと思っていたのだが、ここだけの話、いまから三十年近く前にも似たような試みがある。

 一九八〇年の六月、幻想文学研究季刊誌「金羊毛」が創刊された。のちに季刊「幻想文学」に発展的解消される同人誌だが、小生はここに「青猫の輪唱[カノン]」という中篇メタ幻想小説を発表している。執筆時はまだ十代、あまりにも若書きで恥ずかしいので初期作品集にも収録していないまぼろしの作品だ。

 この作品はAからZまでの変則形式なのだが、随所にエピグラフめいたものが挿入される。これがまた恥ずかしい。原典の作者名を列記すると――

萩原朔太郎、E・A・ポオ、中井英夫、A・P・ド・マンディアルグ、太宰治、ボードレール、大手拓次、久生十蘭、P・メリメ、安部公房、J・L・ボルヘス……。
 まったく汗顔の至りである。まあ要するに、どうもこういう人だったらしい。

 習作「青猫の輪唱」には七色の部屋が登場する。色に関する妙なこだわりはその後も折にふれて変奏され、『騙し絵の館』にもつながっているから、これは三つ子の魂のたぐいと言うべきか。

 ただし、両者のエピグラフでは決定的に違う部分がある。「青猫の輪唱」のそれは、幼い子供が手にした玩具を見せようとしているようなもので、あからさまな稚気が露呈してるにすぎず、いまとなっては顔を背けるしかない。

 『騙し絵の館』のエピグラフも、ある意味では稚気の露呈ではあるけれども、さすがに三十年近く前の習作とは違う。クライム・クラブの前作『無言劇』では参考文献に徒労に近い労力を費やしたものだが(小声で言うと、誰も通らない館の裏に落とし穴を掘るがごとき作業だったが)、今回はエピグラフの取捨選択に時間をかけてみた。

 果たして、その首尾やいかに。

(2007年3月)

倉阪鬼一郎(くらさか・きいちろう)
1960年三重県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。87年に短編集『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。印刷会社勤務等を経て、98年より専業作家となる。ミステリ、ホラー、幻想小説と、その作品分野は多岐にわたり、独特の作風を確立している。著作に『百鬼譚の夜』『赤い額縁』『田舎の事件』『無言劇』などがある。翻訳家、俳人としても活躍。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり