Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

見習い編集者KMの編集部日記「犬の窃盗団?」編


こんにちは見習い編集者のKMです。
みなさま夏は満喫できましたか。私は早々に外出パワーを使い果たしてTwitterとYouTubeを往復していました。実はスマホからも夏を摂取する方法があります。


そう、犬の川遊び動画ですね。耳に涼しい水音。入眠作用のある呼吸音。今日も外で遊んだぞ~と脳をだまして日々を早送りできます。

以前は「犬 川遊び」のようにざっくり検索をかけていましたが、最近は「バーニーズマウンテンドッグ 川遊び」など具体的に犬種を書き込めるようになりました。編集部に入り、犬の名前をたくさん知ったおかげです。

弊社編集部では天気の話と同程度に、ときにはセットで犬の話がされています。「こう暑いとぐでーっとしちゃって」とか「他の犬がいなくて公園で放してもらえるから、昔は雨が好きだったんだけど」とか。なんだかドッグランの世間話みたいですが、たまに東京創元社らしい会話も聞かれます。

幾月か前、犬の「鼻紋」が話題にあがりました。鼻紋とはざっくりいうと指紋の鼻バージョン。これが事前に登録されていれば、迷子犬の身元や健康状態が手軽にわかるようになる――という新聞記事をみんなで囲んでいました。ひとしきり意見が交わされたころ、ベテラン編集者Iさんが言いました。

I「でもこれ、犬の窃盗団は困りますよね」

私はちょっと考えました。たしかに窃盗団が盗んだ犬をお金に替えようとしたとき、鼻紋がきっかけで犯行が露見するかもしれません。窃盗団には困りごと、我々には喜ばしいこと……のはずです。しかし、Iさんは浮かない口ぶりでした。そのとき編集部の犬マイスターKKさんが言いました。

KK「あ、犬の窃盗団って犬を盗む人たちのことですか。私てっきり、犬で構成された窃盗団のことかと」
I「犬で構成された窃盗団のことですよ」

どちらも冗談を言っている調子ではなく、「さすがミステリもファンタジーも世に出す編集者……!」と変な感心をさせられる会話でした。

犬の窃盗団という言葉にも想像力をかきたてられます。犯行の下見に訪れ、窓に鼻をくっつけてしまう犬。そのガラスを分析するリンカーン・ライムのような犬(リンカーン・ラ犬)。あなたの町の犬は何者でしょうか。私が見抜いて差し上げますのでどうぞTwitter、YouTubeにご投稿ください。


ところで。
先日、エリック・マコーマック『雲』(訳:柴田元幸)を読みました。


薦めてくださったのは上述のIさん。「これ、すご~く変な本なんです」という、まさしく雲のように捉えどころのない言葉とともに『雲』を手渡されました。

物語は、語り手が古書店で『黒曜石雲』という本を見つけるところから始まります。そこに綴られていたのはスコットランドの町で起きた不可思議な出来事。語り手はその町に滞在していた過去を思い返し、半生の回想に沈んでいきます。

その回想の語り口がとてもよかったのです。

彼の家族を描いた第1章には、ヘビースモーカーの父親が煙草を捨て、足で踏んづける、というシーンがありました。粗暴な印象を与えかねない行為ですが、語り手は父親のセリフを書きつけるのを忘れません――「つかまえたぞ(ゴッチャ)!」。こんなふうに柔らかく切り取られた思い出を、心穏やかに読み進めました。

でも、しかし、とはいえ、やっぱり、徹頭徹尾、変な本ではあるのです。読み心地がよいのが不思議なほど、語り手は物語の各所でむごい出来事に見舞われます。なのに彼はその出来事を「優しさ」と書いたりする。強がりではなく本当にそういうものとして書くのです。寛容という言葉で片づけるにはあまりに変。変なのに、語りが巧みなせいか丸めこまれてしまう。

変といえば、冒頭の『黒曜石雲』をはじめ、無数の作中作を内包する本書の構造も変です。作中書籍からの引用だったり、伝え聞いた噂だったり、怪奇譚、艶笑譚、事実と虚構が混じりあい、しまいには私の読んでいた『雲』の正体さえ定まらなくしてしまいました。だからなにを読んだのかと問われると「変な本」と答えるしかない。

Iさんに感想をお伝えしたときも、「変です」「面白かったです」としか言えませんでした。いっそこの場を借りて感想を書こうと思ったのですが、読み返すとやっぱり「変」としか書けていません。この日記を「読書感想文」と題して、気分だけは幼少の夏に還ろうと目論んでいたのに。スマホがまだどこにもなく、犬でなく私が川に飛び込んでいたあの夏へ……。

なんにせよ、すごく変で、ものすごく面白い本ということなのです。

雲 (海外文学セレクション)
エリック・マコーマック
東京創元社
2019-12-20


営業部日誌 《激押し!2022年8月》川澄浩平『探偵は教室にいない』


2ヶ月に一度の「激押し!」企画、8月は『探偵は教室にいない』(川澄浩平)です。

探偵は教室にいない_激押し

【内容紹介】
わたし、海砂真史(うみすなまふみ)には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていた頭の切れる彼とは、長いこと会っていなかった。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼――学校に通わない名探偵・鳥飼歩(とりかいあゆむ)は、九年ぶりに再会を果たす。札幌を舞台に、少年少女たちが謎を通して大切なことに気づいていく、第28回鮎川哲也賞受賞作。著者あとがき=川澄浩平

北海道在住の作家が、北海道を舞台に描く青春ミステリ。日常の謎を描くミステリとしても、学生時代のエモさ、葛藤を追体験できる青春小説としても楽しめる作品です。ちなみに、探偵役の鳥飼歩くんが甘いお菓子が大好きなので、甘いお菓子がよく出てきます。お腹が空く作品でもありますので、ケーキやクッキーなど、甘いものを準備してから読むのがオススメです。

今月、続編である『探偵は友人ではない』も文庫化予定。こちらも併せてご一読ください!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488449223


●前回までの「激押し!」記事はこちら











探偵は友人ではない (創元推理文庫)
川澄 浩平
東京創元社
2022-09-20

ラファティ『とうもろこし倉の幽霊』、高山羽根子・酉島伝法・倉田タカシ『旅書簡集 ゆきあってしあさって』…紙魚の手帖vol.04(2022年4月号)書評 渡邊利道[SF]その2


 終わりといえば、「私たちは終わりのあとの世界にいます。でも終わりは起きませんでした。終わりよりも、さらに悪いものがここにあります」と書くのが〈史上最高のSF作家〉R・A・ラファティである。『とうもろこし倉の幽霊』(井上央編訳 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 1900円+税)は、幽霊譚などの「あり得ぬ物語」を、執筆年代順に並べた本邦初訳九編を収録する短編集。

 スコシ・フシギというよりはスゴク・フシギという感じの奇想小説で、秩序の崩壊した世界を建て直す使命を帯びた〝奇妙な魚〟と呼ばれる亜人類の母子の運命を描く中編「さあ、恐れなく炎の中へ歩み入ろう」、テーブルの下の小人たちに誘われて存在しない十三階へ向かう少年が、存在しないものは認めない組織から逸脱(いつだつ)する「王様の靴ひも」、完璧な泉を探す男が、泉の精である美しい女性とその連れ合いの内省的な男性と出会い、人工と自然あるいは混沌(こんとん)と秩序を巡っての思弁を繰り広げる「千と万の泉との情事」など、この世界のありようそのものについて驚くべき美しい真実を語るひたすら楽しい作品たちである。

 もちろんその〈真実〉とはかつてSFの訳語にあった空想という言葉に限りなく近い感触のもので、ゆえにラファティの作品はアメリカ文学の「ほら話」の伝統において語られることが多い。尤(もっと)もとある神学者の言葉によれば、空想が個人に対してあるように宗教は文明に対してあるのだという。ラファティの作品の背景にキリスト教信仰が厳然と存在していることを思い合わせれば、これらの作品たちは人類文明に対するラディカルな批判で(も)あり、それこそがその作品のSF性を支える最も大きな要素であるように思える。

 高山羽根子(たかやま・はねこ)・酉島伝法(とりしま・でんぽう)・倉田(くらた)タカシ『旅書簡集 ゆきあってしあさって』(東京創元社 1600円+税)は、いまや現代日本を代表するスコシ・フシギ派SF作家の三人が、デビュー間もない二〇一二年からウェブ上ではじめ、文学フリマで「実物」も展開した、おのおの別の架空の土地を旅しながら出し合った手紙やスケッチ、写真、お土産などを集成し加筆修正を施した本。


 エキゾチックな熱暑の街で美味(おい)しそうな食べ物にパクついたり(高山)、泥の町でなぜか次々に苛酷な目に遭い続けたり(酉島)、引退した数百機の飛行機が織りなす迷路のような都市を観光したり(倉田)。それぞれいかにもその人にふさわしい奇態な土地でめづらかな体験を綴(つづ)っていく手紙の数々は、同時に三つの連載小説を読んでいる趣(おもむき)があり、個性的なイラストや造形物にも魅了され、とにかく面白い本だ。巻末エッセイを書いている宮内悠介は、同じく東京創元社既刊のこれも極めて小説的な石川宗生の旅エッセイ『四分の一世界旅行記』の巻末でも著者と対談していたが、是非とも旅シリーズの次の著作を書いて欲しいもの。

 忍澤勉(おしざわ・つとむ)『終わりなきタルコフスキー』(寿郎社 2600円+税)は、第七回日本SF評論賞で選考委員特別賞を受賞した著者が、十年越しでついに上梓した、受賞作を一部含む長編評論。

 喩(たとえ)と象徴が交錯する詩的な映像のために、「難解」とされることが多い中編を含む八本の劇映画を、DVDなどの映像に加え多数の文献資料を詳細に検討し、家族関係に焦点を当てた作家の人生を縦糸に、画面に何度も繰り返し現れる特徴的なイメージを横糸に織りなす分析は極めて説得力がある。

「芸術家の意図が隠れていればいるほど、芸術作品にとってよいことになる」というタルコフスキーは、俗世を超越する神秘なものに生涯惹(ひ)かれ続けており、『惑星ソラリス』『ストーカー』といったSF小説の映画化も、その超越的なものに触れる契機であったという。隠されたものを探索する、画面の要素を一つ一つ掘り下げて読解していく本書の方法論は、まさにこの映画作家にふさわしい。また作品に現れる「核」のイメージを通して近代文明批判としての「世界の終わり」を論じる部分には、スペキュレイティヴ・フィクションとの共通性も感じられる。


■渡邊利道(わたなべ・としみち)
作家・評論家。1969年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。2011年「独身者たちの宴 上田早夕里『華竜の宮』論」が第7回日本SF評論賞優秀賞を、12年「エヌ氏」で第3回創元SF短編賞飛浩隆賞を受賞。

紙魚の手帖Vol.04
ほか
東京創元社
2022-04-11


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり