Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

中村融『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』編者あとがき(2/2)[2009年9月]


 

 さて、オールタイム・ベストSF投票の上位にはあがってこないとはいえ、海の向こう側の作家や読者がロマンティックな時間SFを嫌っているわけではない。その証拠がケン・グリムウッドの『リプレイ』 (1986/新潮文庫)やオードリー・ニッフェネガーの『きみがぼくを見つけた日』 (2003/ランダムハウス講談社文庫)といったベストセラーだ。
 つまり、海の向こう側では、オールタイム・ベストに投票するようなコアなSF読者は“歴史の分岐”や“タイム・パラドックス”をテーマにした時間SFを好むのに対し、一般読者は“時を超えた恋”や“人生のやり直し”をテーマにしたSFを好むのだといえる。後者がハードSFよりはファンタシーに近いのも、コアな読者に軽視される原因かもしれない。しかし、世界の運命ではなく、個人の運命に焦点を絞った物語は、ひょっとして自分の身にもこういう事態が起きるかもしれないと思わせるところがあり、訴求力は非常に強いものがある。
 ともあれ、海の向こう側でもロマンティックな時間SFやファンタシーはそれなりの数が書かれている。すでに書名をあげた以外の作品を思いつくままあげてみよう。
 筆頭にあげるべきは、ロバート・ネイサンの名作「ジェニーの肖像」(1940/創元推理文庫同題書所収)だろう。貧乏画家と、数カ月の間をおいて会うたびに年齢をいくつも重ねている不思議な少女の恋物語だが、J・W・ダンの時間理論が背後にあることは指摘しておく。これは予知夢の研究を通して生まれたもので、非常に簡単にいえば、過去・現在・未来の事象は同時に起こるのだが、われわれの知覚が不完全なため、直線的に感じられるにすぎないという考え方だ。この理論は多くの作家に影響をあたえ、さまざまな時間SFの基礎となった。その好例が、バリントン・J・ベイリーの『時間衝突』(1973/創元SF文庫)である。
 つぎにあげるべきは、ジャック・フィニイの『ふりだしに戻る』 (1970/角川文庫)だろうか。現代人が1882年へ時間転移する物語で、図版を駆使して精緻に再現されたニューヨークの描写が読みどころ。主人公とともにべつの時代を歩き、そこで恋に落ちる気分を味わえる。続篇に『フロム・タイム・トゥ・タイム――時の旅人』 (1995/同前)があるが、こちらは1912年のニューヨークを描いている。
 フィニイにならって過去への転移を描いたのが、リチャード・マシスンの『ある日どこかで』(1975/創元推理文庫)。写真を見てひと目惚れした過去の女優に会うため、1971年から1896年に時をさかのぼる物語だ。
 ロバート・シルヴァーバーグの『時間線を遡って』(1969/創元SF文庫)になると、スケールがぐっと大きくなる。というのも、時間旅行のガイドをしている主人公が恋に落ちるのは、ビザンチン帝国に生きる何十代も前の祖母なのだから。当時としては大胆な性描写が話題を呼んだ作品である。
 ジェリー・ユルスマンの『エリアンダー・Mの犯罪』 (1984/文春文庫)は、歴史の改変を真正面からあつかうと同時に、ポルノグラフィックな恋愛物語にもなっているという変わり種。タイム・マシンの生みの親、H・G・ウェルズが登場する点も興味深い。
 ディーン・クーンツの『ライトニング』 (1988/同前)は、時の彼方から愛する少女の成長を見守るタイム・トラヴェラーの物語。といっても、ヒロインが危機また危機にさらされるアクション満載のジェットコースター・ストーリーになるところが作者らしい。
 こういう調子で書いていると切りがないので、これくらいにしておこう。いずれも探して読む価値はある本なので、ご興味の向きはぜひとも現物をお読みいただきたい。あなたの前に新しい世界が広がるはずである。

 最後になったが、ナイトとハーネスの作品を改訳ではなく「同一訳者による新訳」と記した点について補足しておきたい。
 このふたつの作品には、浅倉久志氏の旧訳があった。そこで見直しをお願いしたところ、編者が用意した原文テキストには加筆が見られると判明し、氏が自主的に一から新訳を起こしてくださったのだ。したがって、「同一訳者による新訳」という珍しいケースになったしだい。あらためて浅倉氏に感謝を捧げたい。
(2009年9月13日)

中村 融(なかむら・とおる)
1960年生まれ。中央大学卒業。SF・ファンタジイ翻訳家、研究家、アンソロジスト。主な訳書に、ウェルズ『宇宙戦争』『モロー博士の島』、ハワード《新訂版コナン・シリーズ》。主な編著に『影が行く』『地球の静止する日』、《奇想コレクション》シリーズ(河出書房新社)などがある。

●中村融「ふたつの世界の戦い――『宇宙戦争』をめぐって」(H・G・ウェルズ『宇宙戦争』訳者あとがき[全文])を読む。


SF小説の専門出版社|東京創元社

中村融『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』編者あとがき(1/2)[2009年9月]


“時を超えた愛”という見果てぬ夢が成就する物語。
(『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』編者あとがき)

中村 融 toru NAKAMURA

 

 SFの翻訳を生業にしているせいで、内外のオールタイム・ベストSFの投票結果をちょくちょく目にする。それらをくらべれば、海のこちら側と向こう側のSFファン気質のちがいが見えてくるのだが、とりわけ目を惹く点がある。長篇部門におけるロバート・A・ハインラインの『夏への扉』 (1957/早川書房)、短篇部門におけるロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」 (1961/集英社文庫コバルト・シリーズ同題書所収)に対する評価のちがいだ。この二作はわが国のオールタイム・ベスト投票ではつねに上位を占めるのに、英米では見向きもされないのだ。
 いうまでもないが、両者には共通点がある。どちらもタイム・マシンを利用して純愛を成就させる話なのだ。時間の移動範囲が、せいぜい数十年でしかない点も同じ。時間SFといえば、数百年から数億年の過去や未来へおもむいたり、歴史の改変を企んだり防いだりといった話が多いだけに、かなり特異なタイプの作品だといえる。
 オールタイム・ベストの日本篇に目を転じれば、事態はますますはっきりする。長篇部門における広瀬正の『マイナス・ゼロ』 (1970/集英社文庫)、短篇部門における梶尾真治の「美亜へ贈る真珠」 (1971/ハヤカワ文庫JA同題書所収)という上位作品が、やはり同じタイプの時間SFなのだ。どうやら、わが国のSFファンは、こういう時間SFに弱いらしい。
 端的にいってしまえば、“時を超えた愛”という見果てぬ夢が成就する物語。その実現のためにSF的な仕掛けがあるわけで、これはこれでSFならではの魅力だといえる。
 ならば、そういう作品を集めてアンソロジーを編んだら面白かろう――本書の出発点はそこだった。アンソロジーとしては、ずいぶんテーマを絞ったものだが、だからこそアンソロジストの腕の見せどころ。単調にならないよう頭を絞り甲斐がある。というわけで、できあがったのが本書である。
 セールス・ポイントを書いておこう。
 その1。収録作全9篇中3篇が本邦初訳。
 その2。残る6篇のうち3篇は、30年以上も前に雑誌に訳出されたきり埋もれていた作品。
 その3。残る3篇は、この手のアンソロジーには欠かせない定番だが、20年以上も入手困難だった作品。
 要するに、珍しい作品ばかりがそろっているわけで、編者がいうのもなんだが、相当にお買い得ではないか。さらにいえば、既訳のある作品もすべて本書のために新訳を起こしている。
 ついでに書いておけば、恋愛をあつかった作品が主だが、ヴァラエティを心がけて、それ以外の作品も混ぜてある。しかし、それらもロマンティック時間SFの名に恥じないと信じる。その選択が妥当だったかどうかは、読者のみなさんの判断に委ねたい。



SF小説の専門出版社|東京創元社

現代英国本格の新星登場! ジム・ケリー『水時計』[2009年9月]


氷漬けの死者と大聖堂の白骨の謎
現代英国本格の新星登場!


 現代英国本格ミステリがお好きな皆さま、お待たせしました。コリン・デクスターが大絶賛した驚異の新人、ジム・ケリーの『水時計』が登場です。

 舞台はイギリス東部の町、イーリー。痺れるような寒さの11月、凍りついた川から車が引き揚げられます。トランクには銃で撃たれた上、死後に首を折られた死体が入っていました。犯人はなぜこれほど念入りな殺し方をしたのでしょうか? さらに翌日、今度は町のシンボルである大聖堂で大事件が発生します。大聖堂はちょうど修復工事の最中だったのですが、屋根の雨樋から白骨死体が見つかったのです。人口一万強の小さな都市で、ふたつの事件が前後して起きたのは偶然なのか? そう疑問を抱いた敏腕記者のドライデンは、独自に調査をはじめます。

 本書の最大の魅力は、さりげなく張られた緻密な伏線です。主人公のドライデンは、地方新聞の記者として日常的な業務も平行してこなしています。サーカス団の火事、市の記念式典などの日常の出来事も精力的に取材していきます。そうしたなにげない取材風景の中にも、事件のヒントが隠されています。そして、張り巡らされた伏線が一気に明らかになるラストは圧巻です。また、真相がわかってから読みかえしてみると、新人離れした完成度に驚かされます。

 作者のジム・ケリーは英国生まれの元ジャーナリストで、自身の新聞記者としての経験に基づいて本書を書き上げています。2003年にこの『水時計』でデビューし、2006年には英国推理作家協会(CWA)図書館賞を受賞しています。この賞は図書館員によって選ばれるもので、作家に対して授与されます。本国イギリスでも実力を評価されている人気作家であり、コリン・デクスターをはじめとする著名人が賛辞を贈った、気鋭の新人です。
 黄金期の探偵小説をも彷彿とさせる、本格推理の粋をお楽しみください。
(2009年9月7日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

推理小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり