Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

『堀井雄二ミステリー三部作』インタビュー[部分]



スクウェア・エニックス本社入口
スクウェア・エニックス本社入口
 面白いミステリは小説だけでなく、ゲームの世界にもあるはず! 「ミステリーズ!」では、ミステリ・ゲームの世界も紹介してきます。
 今回はミステリ・ゲームの話をする際必ず登場する、伝説のゲーム『ポートピア連続殺人事件』および『オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』の携帯版アプリについて、藤本広貴プロデューサーにお話をうかがいに、スクウェア・エニックス本社にお邪魔してきました。


■『ポートピア連続殺人事件』『オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』について
――これらはどんなゲームなんでしょうか。
藤本プロデューサー(以下藤):ドラゴンクエストシリーズの生みの親である、堀井雄二氏によるアドベンチャーゲームです。過去にパソコン(PC)ゲーム、ファミコン(FC)ゲームとして発表されていたものを、携帯アプリとして移植しました。
『ポートピア連続殺人事件』は、1983年にエニックス(スクウェアと合併する前)がPCゲームで発表し、85年にFCへ移植しヒットした、この中で一番有名なゲームでしょう。アドベンチャーゲームの先駆けで、内容がとてもセンセーショナルです。プレイヤーが上司となって、部下にいろいろ指示しながら、金融会社の社長が殺された事件を捜査していく話なんですが、コマンド選択というシステムが、当時とても新しかったことでも話題になりました。あと、犯人がとても有名ですね(笑)
『オホーツクに消ゆ』はそれよりも知名度は落ちますが、かなり作り込まれています。こちらはもともとアスキー(現エンターブレイン)のPCゲームで、同じくFCに移植。東京で見つかった死体を調べていくと、北海道にたどり着き、その各地で起こる殺人事件に発展していく、というストーリーです。捜査を進めていく方法は『ポートピア』と一緒です。
『軽井沢誘拐案内』ですが、これだけはFCに移植されず、PC版のみの発売でした。こちらは、買い物に出かけたきり戻らない彼女の妹を捜して、進んでいきます。コマンド選択だけではなく、フィールド上での移動も加わった新しみがあります。前2作に比べてアダルトな要素が強いですね。

藤本プロデューサー
藤本広貴プロデューサー
――どういった経緯で携帯に移植することになったのでしょうか。
藤:2000年前後に携帯でゲームを遊ぶといったことが、徐々に普及してきたのですが、当時の携帯電話の容量や性能はそこまで良くありませんでした。そこで、操作性などなにか親和性の高いゲームはないか、ということで、まずは01年にアドベンチャーゲームの『ポートピア』と『オホーツク』を移植することにしました。再現できない部分もあったのですが、その分グラフィックにはこだわろう、と当時できる最高のものを用意しました。
――携帯のアプリもリメイクされていますよね。
藤:やはり携帯電話の性能がどんどんあがっていきますので、できることが増えますから。05年にリメイクした際には、ムービーや3Dサウンドを追加し、現在でも配信されている形になりました。このときは先行して『ポートピア』と『オホーツク』を配信して、半年ほどあとに、PC版以来初めて『軽井沢』を配信しました。
――特にこだわられた点はありますか。
藤:携帯ゲームが普及し始めた当初、携帯会社のサービスとして、パケット定額制というものがありませんでした。ゲームを進めるたびに接続を要求されるようなものだと、何十万円というとても高額な請求が来てしまい、通称「パケ死」と呼ばれる状態になってしまったんです。だから一度のダウンロードですべてをおさめる「落としきり」ということに、こだわりました。着うたフルなど、一曲300円程度の課金ですが、容量はとても大きいので、定額サービスに入っていないと、パケット代だけで何千円もかかってしまうんですよ。
 いまでこそ携帯の性能も容量もとてもあがって、ユーザーの方もパケット定額制に加入されているので、あまりゲームの容量を気にせずに作れるようになりましたが、シビアな問題でしたね。
 あともう一つ、ファミコン版より難しくならないように気をつけました。今の新作ゲームだと、何かがありそうな場所は、それとわかりやすいように光っていたりしますが、そういったことはせず、「ヒントコマンド」を追加したり、ある場所を探すと地図が手に入るようになっていたりします。

『ポートピア連続殺人事件』タイトル画面
『ポートピア連続殺人事件』タイトル画面
――移植を発表した際に、なにか反響はありましたか。
藤:「あのポートピアが!」といった感想がたくさん寄せられました。ユーザーの年齢層も、他のゲームと比べて少し高めでしたね。だいたい携帯ゲームのメインのユーザー層は20代中ごろから後半なんですが、『ポートピア』は30代の方が中心でした。昔ファミコン版で遊ばれていた方が、もう一度遊んでくれたのではないでしょうか。
――ちなみにどのくらいのダウンロード数があるのでしょうか。
藤:07年にサイトをリニューアルしてからで、すでに10万ダウンロードありますので、かなりのヒット作ですね。05年に配信開始してから最初の2年間は、もっとたくさんの方に遊んでいただけていたと思いますし。


*この記事は2009年10月10日発売の「ミステリーズ!vol.37」掲載の記事の抜粋です。もっとお読みになりたい方は、そちらをご覧ください。

■PROFILE
藤本広貴
1990年株式会社エニックス(現スクウェア・エニックス)入社。モバイルプロデューサー。


モスクエニモバイルQRコード
『堀井雄二ミステリー三部作』遊び方
〈アクセス方法〉 ■iモード:メニューリスト⇒ゲーム⇒ゲームパック⇒スクエニモバイル
■EZweb:au one⇒カテゴリ(メニューリスト)⇒ゲーム⇒総合⇒スクエニモバイル
■Yahoo!ケータイ:メニューリスト⇒ケータイゲーム⇒ゲームパック⇒スクエニモバイル
〈ジャンル〉
推理アドベンチャー
〈料金〉
落としきり各500ポイント(税込525円相当)
〈対応機種〉
FOMA 703i・901iシリーズ以降
au Win BREW〈R〉シリーズ
ソフトバンク3Gシリーズ
(2009年10月5日)

幼い探偵姉妹が大活躍! マイケル・バックリー『グリム姉妹の事件簿2 学校の怪事件』


●最新刊『グリム姉妹の事件簿2 学校の怪事件』

 仮病をつかったり、なんだかんだと理由をつけての引き延ばし作戦もついにネタギレ、フェリーポート・ランデヒングの学校に通う羽目になってしまったサブリナとダフネ。
 白雪姫のホワイト先生が担任のクラスに入ったダフネはすっごく楽しそうだが、いたずら好きの同居人パックのせいで、転校初日からとんでもない髪型にされたサブリナは、いじめっ子の恰好の標的にされ、前途多難なスタート。
 そんなとき、学校でおそろしい事件が発生! サブリナの担任の先生が変わり果てた姿で発見されたのだ。いくら嫌な先生とはいえ、こんな目に遭っていいわけがない。
 犯人は怪物!? 事件の捜査はグリム一族のにまかせろとばかり、姉妹+1はおばあちゃんともども捜査に乗り出した。

 ヘンテコな学校のヘンテコな事件で探偵姉妹が大活躍。シリーズ第2弾。


『グリム姉妹の事件簿1 事件のかげに巨人あり』

 サブリナとダフネのグリム姉妹は、両親が失踪し孤児院で暮らしていた。
 これまでとんでもない里親の家から脱走する名人だったが、今度サブリナとダフネを引きとるのは、なんとふたりの祖母だというのだ。
 でも、おかしい。パパはおばあちゃんは亡くなったって言ってたはず……
 おばあちゃんだという老婦人レルダは大歓迎してくれたけど、町はしょぼくて映画館もショッピングモールも美術館もない。あごがガクガクしそうなオンボロ車に乗ってたどり着いた家は壁から天井までおかしなタイトルの本だらけ。同居人というひょろひょろの老人はなんだか怪しげ。おまけに料理の色もヘン。
 疑惑を深める姉のサブリナをよそに、妹のダフネはレルダにも、レルダの同居犬エルヴィス(巨大なグレートデーン)にもすっかりなついてしまった。
 レルダによると一族はかの有名なグリム兄弟の子孫で、なんとフェリーポート・ランディングの町に住むおとぎ話の登場人物たちの見張りをしつつ、代々探偵業を営んでいるという。
 信じるもんかとがんばるサブリナの目の前で、なんとレルダが車ごと巨人にさらわれてしまった! 

 おかしな町でおこるおかしな事件に幼い探偵姉妹が大奮闘。「ニューヨークタイムズ」ベストセラーに輝く〈グリム姉妹の事件簿〉第1弾。

「思わず引きずり込まれてしまう面白さ。ユーモア、スリル、はちゃめちゃな登場人物。読み始めたら、止まらなくなること間違いなし!」
――〈ダラス・モーニングニュース〉
(2009年10月5日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

幻のフランス本格ミステリ登場! マルセル・F・ラントーム『騙し絵』[2009年10月]


第二次世界大戦末期、捕虜収容所で
こんなミステリを書いたフランス人がいました!


 戦前から、クリスティ、バークリー、クイーン、カーなどの作品を英語で読んでいたミステリ・マニアのフランス人、マルセル・ラントームが、第二次大戦末期、捕虜収容所で書き上げたのが本作『騙し絵』です。
 本格マニアの面目躍如! なんと本作には《読者への挑戦》があるのです!
 ポール・アルテより前に、こんなものを書いていたフランス人がいたのですね。
 戦後、本作を含む三作をラビラント叢書で刊行したのですが、フランスでは受け入れられず、いやけがさした(?)ラントーム氏は、ほかの原稿を燃やしてしまったというのですから、もったいない。大傑作があったかもしれないのに(?!)。

 最近では、ミステリ批評家として活躍するロラン・ラクルブによる密室ミステリのガイドブックでも取りあげられていますし、同じくラクルブの編集によるアンソロジー『閉ざされた謎』Mysteres a huis clos(2007)にも収録されたりしています。再評価が進んでいる様子です。
 ちなみに、探偵ボブ・スローマンのスローマン slowman という名は、slow man フランス語にすれば、lent homme →ラントーム →Lanteaume だそうです。
  
(2009年10月5日)

 

【2009年3月以前の「本の話題」はこちらからご覧ください】

推理小説の専門出版社|東京創元社
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり