Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

酔読三昧 【第23回】萩原香[2008年5月]


大倉崇裕『聖域』は10年あまりも
想を温めていた渾身の作品だとか。
たしかに直球勝負の力作である。


萩原 香

 3回も休載で仏の顔も大魔神。

 さて、素知らぬ顔で再開と(ごめんなさいよお)。

 親父は一介の郵便局員だった。転勤すれば出世させると言われたのに断って、生まれ育った地元を離れたくないばかりにヒラのまま定年を迎えた(大正9年生まれだ西暦だと何年だっけ)。小学校を卒業すると丁稚奉公に出され、子守をやったりして、そのあとメッキ工場に勤めたもののここでは硫酸の飛沫で肌に穴があく。そこでこれはいかんと母親は、郵便局長に直談判したあげく就職させてしまったという。猛母なり。

 この母親、つまりわたしの祖母だが、若いころは地元で評判の鉄火肌の姉御で、呑む打つ買うは極道まがいのペンキ職人の亭主を叩き出し、女手ひとつで親父ら5人の息子を育てあげたらしい。幼い記憶に、痩せぎすの和服の裾も立て膝に長いキセルをくわえていた姿は覚えている。凶暴な鶴のようだったな。

 極道まがいの父親とそれ以上にタフな母親。こんな両親が反面教師か、息子(親父)は真面目一徹な人間に育った。杓子定規、頑固、一刻、四角四面、堅物、理屈屋のわからず屋。それがまた他山の石?となってか、その息子(わたし)はへべれけでだらしのない酒呑みになったというしだい。ほんとか。祖父の隔世遺伝かも。

 郵便局員というのは当時(いまもか)3交代制。早番・日勤・夜勤が布かれていて、土日や盆暮れ正月休みも関係なし。家族で行楽やら旅行なんかの思い出はほとんどない。そうやって親父は定年までの42年間、ただ黙々と勤めあげた。晩年はカラオケが趣味で装置を買いこみ、自宅の2階に上がってひとりで歌っておったな。東海林太郎とか春日八郎とか灰田勝彦とか。

 実はわたしもこの辺の歌謡曲は唄える。小さいころラジオでよく聴いた。なくぅなぁああよぉしぃよぉ~しぃぃ~~♪ でもヘヴィ・メタルは唄えない。デス・メタルの覇王Children Of Bodom『Blooddrunk』やメロ・デスの雄In Flames『A Sense Of Purpose』はどちらも久々の新譜。フックが効いてキャッチー、重層的な楽曲は健在であった。In Flamesの妹分のAll Ends『All Ends』はゴシック・メタル。美人ツイン・ボーカルは声に艶と伸びがあり、女性ながらも(失礼)かなりエッジー。イケメン・ボーカルのCarmen Grayが軟弱な歌詞を披露する『The Portrait Of Carmen Gray』は、ポップな懐古的ロック調でこれが上手いんだな。

 ところで、公務員の不祥事が続いてバッシングの嵐が吹き荒れる昨今、真面目な公務員はさぞかし肩身の狭い思いをしていることだろう。そういえば警察官も公務員である。

 というわけで(ではあるまいに)、ここのところ警察小説をけっこう読んでいる。外部の敵(犯罪)と内部の敵(権力闘争)、組織と個人の軋轢にキャリアと現場の確執、義務と徒労と矜恃と悲哀。『震度0』はどろどろの人間ドラマだったな。中年サラリーマンの読者は共感することしきりか。言わずと知れた横山秀夫。

 こちらを「情」とすれば、今野敏は「仁」だな。いろいろ書きすぎて軽く見られがちだろうが、吉川英治文学新人賞受賞作『隠蔽捜査』『リオ』『朱夏』『ビート』の〈警視庁強行犯係・樋口顕〉シリーズ、『二重標的』に始まる〈安積班〉シリーズがいい。刑事には珍しく?内省的かつ謙虚な主人公を据え、重すぎずほどよい薬味が効いて飽きが来ずポジティブで好感度の高い読後感。

 となると堂場瞬一は「義」か。『雪虫――刑事・鳴沢了』は一本気な刑事の若さゆえの苦闘を一人称で描いてハードボイルド風だ。2作目の『破弾』では、これまた頑なな若い女性刑事を相方に組まされピリピリのしっぱなし。まだ読んでる最中だが、このシリーズは当分楽しめそうだ。

 さて海外ものだと、非英語圏ならやはりヘニング・マンケルか。『目くらましの道』(上・下)でCWAゴールドダガー賞を受賞したスウェーデン警察小説シリーズの金字塔。これはマイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー〈マルティン・ベック〉シリーズの衣鉢を継いでいる。そういえば『笑う警官/マシンガン・パニック』(1973)はウォルター・マッソーが主演だった。ヘラジカのようにもっさりした団子鼻のこの名優、懐かしいなあ。相方のジャック・レモンは元気なのか。

 英語圏なら、エド・マクベインの〈87分署〉シリーズはさておき、なんといってもR・D・ウィングフィールドの〈フロスト警部〉シリーズ――『クリスマスのフロスト』『フロスト日和(びより)』『夜のフロスト』。だらしなくてお下劣で身勝手のいや~な中年なはずなのに、誠実なまでの仕事中毒ぶりに一本芯が通っていて、しまいにじんわり魅力的に見えてくるのは作家の凄腕がなせる業か。

 フロストの前身はジョイス・ポーターのドーヴァー警部だな。こっちは捜査なんて行き当たりばったりのいい加減だし無責任の極みなのにいつも瓢箪から駒の解決。なかでも『切断』は事件そのものがエグくて面白かった。なにしろ切断である。被害者は男ばっかり。うげげ、である。

 第4作『Hard Frost』はようよう今年の夏には翻訳が出るらしい。何年も待った甲斐があるかなりの大作と聞く。ただしこのシリーズも6作まで。ウィングフィールドは去年の7月に癌で亡くなっているのだ。死期が迫るなか脱稿した最終作のタイトルは『A Killing Frost』。どうやら、フロスト警部も最期を迎えるらしい。不世出の名キャラと付き合えるのもあと3作か。なんとも残念至極だが、ライヘンバッハの滝から生還したホームズのようにはいくまいて。

 あ、大倉祟裕『福家警部補の挨拶』の続編はどうなっておりますか。楽しみにしているのだが、新作『聖域』が出たので読んでみた。これはがらりと趣向を変えてなんと山岳ミステリ。10年あまりも想を温めていた渾身の作品だとか。むべなるかな。たしかに直球勝負の力作である。

 配送センターで働きながら日々の無聊をかこつ草庭。とある遭難事故から、もう3年も山に登っていない。そんなおり、かつての大学山岳部時代の盟友であり好敵手でもあった安西が塩尻岳で滑落、死亡したとの報が入った。まさか。あいつの登攀技術は完璧だ、標高6194メートルのマッキンリーを制したほどのクライマーだ。

 いったいなぜ? いや、あそこは安西の恋人が1年前に遭難して落命した場所。ひょっとして後追い自殺か? そんな男ではない。やはり事故か? それならそもそも、なぜ、落ちたのだ? 落ちるはずがないのだ。草庭の身の内に忘れかけていた山男の血が甦る。仲間の死の真相を突き止めるために、彼はふたたび山へ挑むのだが……

 わたしなんぞ、高尾山に登っても冒険冒険また冒険だが(冒険の意味がまったく違うな)、これはボブ・ラングレー『北壁の死闘』や真保裕一『ホワイトアウト』のような山岳冒険小説ではない。本書にはしっかり仕掛けが施されている。最後まで気を緩ませることなく読了されたい。そしてすべてが終わったあとに、あなたをサンクチュアリ(聖域)が待っている。ひたむきな男を描いた感動の一作。

 それはそうと福家警部補は和製コロンボだ。で、ピーター・フォークといえばアル中老人を演じて出色なのが、ヴィム・ヴェンダース製作の『Rain』(2003)。いくつかの人生の、うらぶれてささやかな罪と罰を点描風に切りとってみせた秀作。抜群のカメラ・ワークに色彩に全編をしとどに濡らす雨が心に沁みる。がさつで能天気、詩情が欠落してるアメリカ映画とは大違いだよなあと思ったらこれもアメリカ映画であった。だって雰囲気がヨーロッパなんだよねえ。

 うちの親父の人生は純日本映画、小津安二郎的だったな。わたしのはなんだろ。いいとこTVの2時間ドラマ的であろうか。キッチュだねえ。

(2008年5月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、特記すべきことなし。

柴田よしき『謎の転倒犬 石狩くんと(株)魔泉洞』あとがき[2008年5月]


単行本にあとがきをつけるのは
久しぶりのような気がします。

カリスマ占い師・麻耶優麗の名推理と、
優麗に翻弄される石狩くんの受難を、
ユーモラスに描いた、本格ミステリ連作集
(08年5月刊『謎の転倒犬 石狩くんと(株)魔泉洞』あとがき[全文])

柴田よしき yoshiki SHIBATA

 

 単行本にあとがきをつけるのは久しぶりのような気がします。あとがきを書くのがあまり得意ではなくて、いつも短くなってしまうので、あまりつけなくなりました。

 で、今回どうしてあとがきをつけようと思ったのか、理由は二つあります。ひとつは、本作が雑誌に連載されていた時から数年が経ち、時代の変化があまりにも早くて、すでに「え、なにそれ」と違和感をおぼえられるだろうな、という部分が出て来てしまったからです。そもそもの冒頭から、主人公は大変な就職難と戦っているのですが、あれから数年、多々疑問はあるものの、とりあえず今は「景気は悪くない」状態だそうですね。新卒者の就職も、「難」というほどではない、そうです。その他にも、指紋認証キーが意外と普及しなかったな、とか、パスネットなんて今月で廃止でしょ、とか、なんとまあ、めまぐるしく変化するのでしょうか、現代は!

 しかしこれは小説ですから、そんな変化は「えい」と目をつぶればそれでいいわけですが、とりあえず、読まれて違和感をおぼえられた方がいるかもしれませんので、巻末の「初出一覧」を参考に、いつ頃書かれたものかな、と確かめていただければ、と思います。って、そんなめんどくさいことしませんよね、ふつう(笑)
 この本が文庫になる頃には、パスネット、なんて単語自体、注釈でもつけないとわからない言葉になってしまっているのかも。ああ、時が経つのは早い。あまりにも早い。わたしも歳をとるわけです……

 もうひとつ。これはお詫びです。本作のシリーズが雑誌〈ミステリーズ!〉で完成する前に、『朝顔はまだ咲かない』の連載が始まってしまい、そちらが先に本になってしまいました。石狩くんとその愉快な仲間たちのファンだった皆様は、さぞかしご立腹だったことと思います。もうしわけありません。でも、なんとか今回本にすることができて、わたしも担当者もとても喜んでいます。もしこの本が売れたら、もっと続きも書かせてもらえるかもしれませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

 実は、本作の最終話は書き下ろしなのですが、ほんの十分ほど前に脱稿したばかりです。その原稿をメールにつけて担当者に送信した時、一通のメールが届きました。石狩くんのファンの方からのメールでした。東京創元社のメルマガを購読されていて、それでこの本の発売を知ったらしく、とても嬉しいと書いてくださっていました。何しろ、最終話を脱稿したその瞬間に届いたメールですから、あまりのタイミングのよさに思わず、「あとがきに言及させてください」と返信してしまいました。
 愛読者の存在というのは、本当に、本当にありがたいものだなあと、しみじみ思います。心から嬉しいです。雑誌で掲載していた物語を、何年も本になるまで待っていてくださるなんて。

 こうした愛読者の皆様、そして、こうやって本を買ってくださった皆様(含・買おうかどうしようか、あとがきを立ち読みして思案中の皆様)に支えられて、わたしはこれまで、作家としてなんとかやって来られました。これからも、相変わらず不器用にではありますが、読者に楽しんでいただける作品を書くよう努力してまいります。

 日々、(株)魔泉洞で悪戦苦闘する石狩くんともども、なにとぞ、よろしくお願いいたします。

二〇〇八年三月某日     
(2008年5月)

柴田よしき(しばた・よしき)
1959年東京生まれ。青山学院大学卒。95年『RIKO――女神(ヴイーナス)の永遠』で第15回横溝正史賞を受賞しデビュー。本格ミステリから、ホラー、ファンタジーなど多ジャンルで活躍する。近著は『所轄刑事・麻生龍太郎』『小袖日記』『朝顔はまだ咲かない』『やってられない月曜日』。

大倉崇裕『聖域』あとがき[2008年5月]


『聖域』は、私とともに
変化を続けてきた物語でもある。

未踏峰を夢見た男たちの友情と死
静かな感動を呼ぶ渾身の山岳ミステリ!
(08年4月刊『聖域』あとがき[全文])

大倉崇裕 takahiro OKURA

 

 大学時代、 私は山岳系の同好会に所属していた。勉強などほとんどせず、山にばかり登っていた。 山に行きすぎて、卒業するまでに五年かかった。
 同好会を去るとき、後輩の一人が、私に文庫本を贈ってくれた。新田次郎の『山が見ていた』だった。山岳ミステリを書いてみようと思い始めたのは、そのときからだったかもしれない。
 短編を数本書いた後、いよいよという気持ちで長編『聖域』に取り組み始めた。だが、山とミステリの融合は想像以上に難しく、試行錯誤をくり返すうち、あっという間に十年がたってしまった。
 思い返せば、この十年にはいろいろなことがあった。『聖域』は、私とともに変化を続けてきた物語でもある。
 内緒で書き続けてきた『聖域』だが、完成前に読んでもらった人物が二人だけいる。もしこの二人がいなければ、『聖域』が一冊の本となり、書店に並ぶことはなかっただろう。ありったけの感謝をこめて、その二人のことをここに書いておこうと思う。
 一人目は、東京創元社の編集者である桂島浩輔氏である。初めて会ったのは、もう十年以上前のこと。私が会社員で、彼が大学生だった。
 当時、ミステリを書こうと思い定めていた私は、勉強の意味もあって、あるミステリの愛好会に参加していた。今思い返しても、そこに参加していた人たちは凄かった。ミステリについてはそれなりに勉強しているつもりだったが、会の中では素人同然であった。呆気にとられるほど、参加メンバーの知識は深かった。
 そんな濃いメンバーの中にあってなお、皆が全員一致で認めるほど、博識な人物がいた。圧倒的な読書量、圧倒的な記憶力。亡くなられた翻訳家の浅羽莢子氏が歩くデータベースと言った彼こそが、桂島氏であったのだ。
 その後、私は新人賞をいただき、ミステリを雑誌に発表するようになった。桂島氏がそれらをどう読んでいたのか、本当のところは判らない。優しい彼は、常に好意的な意見を述べてくれたので。
 山岳ミステリの長編を書いているという話題も、そんな語らいの中で出たのだと思う。彼は即座に名作といわれる山岳ミステリのタイトルをいくつか挙げ、有益なアドバイスをくれた。
『聖域』の第一稿が完成したとき、桂島氏に読んでもらおうと思ったのは、彼との会話が記憶に残っていたからだ。私はプリントアウトしたものを送った。
 桂島氏が東京創元社に入社したという驚くべきニュースを聞いたのは、その少し後だった。
 ミステリ好きとして出会った男が、十数年後、一人が作家となり、一人が編集者となった。何とも不思議な巡り合わせではある。
 彼が入社した時点で、私には東京創元社に担当編集者の方がいた。だが、 この『聖域』は、桂島氏に担当してもらうのが筋であるような気がした。作品に関し既にアドバイスをもらっていたからだ。
 私の願いは聞き届けられ、『聖域』は桂島氏が担当となった。彼との仕事は有意義であり、刺激的だった。大変であったのは確かだが、作家として大いに勉強になった。
 優柔不断でいい加減で短気。こんな私に最後までつき合ってくれた桂島氏に心よりの御礼を。本当にありがとう。そして、私の我が儘を聞いて下さった、東京創元社編集部の皆様にも、心より感謝します。
 そしてもう一人、『聖域』執筆の最終局面で、私を救ってくれた人物がいる。神谷浩之氏だ。
 紆余曲折を経て、何とか完成に近づいた『聖域』だが、最後にまた大きな壁にぶつかった。それは、山岳関係の記述についてである。大学時代山に登っていたとはいえ、既に十年以上の月日がたっている。最近はハイキングにすら行っていない。山を取り巻く状況は大きく変わったであろうし、最新の装備などの知識もない。本などを読んで勉強するにも限界がある。
 思案に暮れているとき、知人の一人が神谷氏の存在を教えてくれた。現役の山屋であり、私の本も含め数多くのミステリ、山岳ものの小説を読んでいるという。
 私はさっそく、神谷氏にメールを送り、『聖域』の監修を頼めないかと打診した。ほどなく返事が来て、彼は快諾してくれた。
 数ヶ月後、神谷氏から監修が終わったとの知らせが来た。その時点ではまだ、神谷氏とは顔を合わせたことがなかった。これを機会に、どこかで会いましょうということになったが、お互い約束の店を間違えて、会うまでにかなり時間がかかったことを覚えている。
 神谷氏は私が送りつけた原稿の束をテーブルに置き、チェック点について一つ一つ、語り始めた。それを見て、私は心底驚いた。原稿に入れられた朱は、「監修」 のレベルではなく、立派な 「校正」 だったのだ。誤字脱字、時間経過の齟齬などがすべて洗い出され、表にまとめられていた。山岳描写に関する問題点も徹底的に精査され、きちんとした指摘がなされている。私は誤字脱字の多さに赤面すると同時に、神谷氏の完璧な仕事ぶりに心底、驚愕した。そして、顔を合わせたこともない作家が送りつけてきた原稿に、ここまでの精力を傾けてくれた意気込みに心を打たれた。
 もし、神谷氏の監修、校正を受けずに『聖域』が刊行されていたら。
 そのことを考えると、正直、背中が寒くなる。神谷氏のおかげで、『聖域』の精度は上がり、山岳ミステリとして自信を持って世に送り出せる作品となった。この機会に、心よりのお礼を述べさせていただこうと思う。本当にありがとう。ただし、後で加筆したところもあり、本書に事実誤認などの誤りが含まれていたら、その責任はすべて筆者に属する。
 神谷氏とは、一緒に山へ行く約束をしている。お互いの都合が合わず、なかなか実現できないのだが、いつか必ず。
 山行の代わりというわけではないが、二度ほど一緒にクライミングジムへ行った。一番難易度の低い壁で、私が悪戦苦闘している間、彼はするするとあらゆる壁を登っていった。数年前まで一面識もなかった二人が、そろってジムに出かけたりするのだから、これもまた、『聖域』が運んできた不思議な縁というやつなのだろう。
 縁といえば、大学時代、私が所属していた山岳系同好会が、部員の減少を理由に廃部の危機にあるという。おまえがこんな小説を書くからだ、というOB、OG諸氏の叱責が聞こえてきそうだが、「部員数減少」は体育会系クラブ共通の悩みと聞く。何とか続いてもらいたいという思いと、時代に合わなくなったものを延命させることに価値があるのかという疑問が相半ばしている。
 山岳ミステリを書くのは、私の目標でもあり願いでもあった。ようやく一区切りして、晴れ晴れとした気持ちでいる。

(2008年5月)

大倉崇裕(おおくら・たかひろ)
1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒。97年「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞に佳作入選、翌年には「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。『七度狐』『やさしい死神』『オチケン!』などの落語ミステリをはじめ、アクションを導入した意欲作『無法地帯』、和製〈刑事コロンボ〉シリーズとして注目された『福家警部補の挨拶』など作風は多彩だが、丁寧なプロットの魅力と謎解きの面白さは常に一貫している。本書『聖域』は、大学時代、山岳系同好会に所属していた著者が数年の構想の末に放つ、新たな代表作。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。