Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

明神しじま『あれは子どものための歌』、シュワブ『アディ・ラルーの誰も知らない人生』…紙魚の手帖vol.04(2022年4月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その2


 さて、続く二冊は「悪魔との契約」のヴァリエーション。
 
 まず、明神(みょうじん)しじまの『あれは子どものための歌』(東京創元社 1800円+税)は、第七回ミステリーズ!新人賞佳作の「商人(あきんど)の空誓文(からせいもん)」をはじめ、〈ミステリーズ!〉に掲載された三篇の短編に描き下ろしの二篇を加えた連作短編集だ。

 ことの起こりは、飢餓(きが)に苦しむ北の国・ノドに、ジャガイモの種芋が伝えられたことに始まる。国王がとある商人から献上されたその芋を料理させてみたらたいへん美味で、王は栽培を奨励するのだが、なかなか広まらない。そこで商人は王家の畑に柵と見張りを立てることを進言。人間の天(あま)の邪鬼(じゃく)な欲求を利用した作戦は成功し、種芋は順調に盗まれ、国中でジャガイモ栽培が流行(はや)りはじめる。ところがある日、ひとりの青年が、ジャガイモを盗んだと自首してきたのだ……。

 第一話「商人の空誓文」は二人の青年による会話劇だ。ジャガイモで飢餓を免れたはずのノド国が滅んでから八年の後。ジャガイモを最初に料理した王宮の料理長の息子キドウと、種芋を盗んだと告白したカルマが、異国の酒場で再会する。キドウはジャガイモ事件の真相を、一方のカルマは旅の途中で聞いたという、影を切り離すことのできるナイフを手に入れた男の話をはじめる。

 一見繫がりのない二つのエピソードの交点に現れる、影のない男の姿がなんともスリリング。この仕掛けは繰り返され、どんな賭けにも勝つ力を得た少女、あらゆる傷や病を治す名医など、この世の理(ことわり)に背く力を得た五つの物語は補完しあい、その向こうに大きな陰謀劇が現れる。幾層にも重ねられた騙(かた)りが産み出す物語の奥行きを楽しんでいただきたい。

 V・E・シュワブ『アディ・ラルーの誰も知らない人生』(高里(たかさと)ひろ訳 上下巻 早川書房 各1700円+税)は、老いることなく三百年生き続ける女性の物語だ。発端は十八世紀の初頭。望まぬ結婚を強(し)いられたアディは、人ではない存在と契約、魂と引き換えに自由な時間を手に入れる。しかしこの契約によって、アディは他人の記憶に残らないという呪いを受けてしまう。たとえ一晩を共にしようとも、ひとたび視野から外れると相手の記憶からアディは消えてしまう上に、文字や絵を残すこともできない。

 芸術家へのインスピレーションという形で、自分の爪痕を残そうとしてきた彼女が、現代のニューヨークでついにアディを忘れない青年と出会う。三百年に及ぶ社会の変化にも屈することのなかったアディの心が、たったひとつの出会いによって揺らぎ始める。ロマンチックな結末が心地よく胸に響く。

『彼の名はウォルター』(さくまゆみこ訳 あすなろ書房 1600円+税)は、《リンの谷のローワン》《デルトラ・クエスト》で知られるオーストラリアの児童文学作家エミリー・ロッダの新作。遠足の帰り、嵐を避けるために丘の上の古い屋敷に駆け込んだ子どもたちは、荒廃した屋敷の中で一冊の本を見つける。それはウォルターという名の孤児の一生を描いた絵物語だった。この作中作は、ロマンスにおとぎ話ならではの残酷さや不気味さを盛り込んだファンタジーなのだが、物語が進むにつれ、その内容が現実と一致しはじめる。その符合はいったい何を意味しているのか……。

 物語は外枠で帰結し、最終的にはファンタジーではないところに着地する。なぜその本はファンタジーとして描かれなければならなかったのか。暴力や戦争に対する無力さを実感する今、改めてファンタジーの意義について考えさせられる一冊。


■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。

真園めぐみ『やおよろず神異録 鎌倉奇聞』、スウェンドソン『魔法使いの失われた週末』…紙魚の手帖vol.04(2022年4月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その1


『玉妖綺譚』で第一回創元ファンタジイ新人賞の優秀賞を受賞した真園(まその)めぐみの新作『やおよろず神異録(しんいろく) 鎌倉奇聞(きぶん)』(創元推理文庫(上・下) 各800円+税)の舞台は、大河ドラマでもお馴染み、十三人の合議制に移行した源頼家(みなもとのよりいえ)将軍時代の鎌倉だ。

 薬売りの真人(まひと)や颯(はやて)が育った遠谷(おちだに)は、精霊の祝福を受ける豊かな村で、〝流(なが)れ神(がみ)〟と呼ばれる神がこの世に現れる地でもある。ある日、正体不明の武士の集団が村を襲撃。彼らは神域を穢(けが)して、御神刀(ごしんとう)を奪った上に、颯を連れ去った。真人は、高位の流れ神の力を借り、颯を取り戻すために鎌倉へと向かう……。

 鎌倉の地に幕府が開かれ、新しい体制のもとで人々が、自然や古い慣習から乖離(かいり)しはじめる。日本古来の八百万(やおよろず)の精霊信仰をベースに、死と再生を繰り返す流れ神というアイデアを重ね、その精霊神たちが滅びつつある時代の空気を写しとろうとした意欲作。古い精霊神たちが否定される一方で、人の欲望が闇神(くらがみ)という新たな存在を生み出してしまう。その矛盾もまた自然の映し鏡のようで面白い。

 ジェイムズ・ブランチ・キャベル『土のひとがた』(安野玲(あんのれい)訳 国書刊行会 3400円+税)は、『ジャーゲン』『イヴのことを少し』に続く《マニュエル伝》の最終巻。これまで、豚飼いから救世主になったドム・マニュエルと、その子孫たちが繰り広げる九世紀にわたる神話的英雄譚という大筋と、衒学的(げんがくてき)な奇書であるという情報のみが伝えられきた幻の名著のひとつ。実は、四十年ほど前に国書刊行会の叢書《世界幻想文学大系》で『夢想の秘密』が訳されているので、これで計四巻が訳されたことになるが、原書は実に全十八巻に及ぶ大著だ。

 さて『土のひとがた』は、その一族の始祖であるドム・マニュエルの物語。豚飼いのマニュエルは、ある日、怪しい老人から一振りの剣を渡され、邪悪な魔法使いに拐(かどわ)かされた姫を救って妻にしろと唆(そそのか)される。ところがマニュエルは魔法使いの元にたどりつく前に出会った小間使いに一目惚れ、さらに囚われの姫君の方も魔法使いを調教済みで困ってないし、また夫教育をやり直すのはもうごめんだという。というわけでマニュエルは邪悪な魔法使いも姫君も放置して、乙女と手に手をとって故郷に帰還したと思いきや、突然、死神が現れて彼女を冥府(めいふ)へと連れ去ってしまう。

 英雄神話の類型を茶化したような冒頭から、矢継ぎ早に怪異や魔法が繰り出され、高邁(こうまい)なロマンと地べたな合理主義がノリツッコミを繰り返す。展開の速さが尋常ではないが、ユーモアの方向はけっこう現代の読者とも親和性が高そうだと感じた。各話が独立した物語なのでどこから読んでも構わないが、得体が知れないのでとりあえず一冊という向きには、物語の時系列的に最初の物語である本書をお薦めする。

 シャンナ・スウェンドソン『魔法使いの失われた週末』(今泉敦子(いまいずみあつこ)訳 創元推理文庫 880円+税)は、二〇二〇年に完結した《(株)魔法製作所》シリーズ初の短編集。シリーズファンにとって嬉しいプレゼントであることは間違いないが、特に、ガーゴイルのサム好きの同志は必読。中でも「犯罪の魔法」は、第一作『ニューヨークの魔法使い』の直前をサムの視点から描いた作品で、シリーズを最初から読み返したくなること必至だ。


■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。

上田朔也『ヴェネツィアの陰の末裔』ここだけのあとがき



第5回創元ファンタジイ新人賞佳作作品『ヴェネツィアの陰の末裔』は、十六世紀のヴェネツィアを舞台に、異端と迫害されながらも列強の権謀術数のただ中に身を置く魔術師たちの姿を描いています。神聖ローマ帝国皇帝カール五世、フランス国王フランソワ一世、メディチ家出身の教皇クレメンス七世と、いかにも一筋縄ではいかない君主たちを相手に渡りあう黒衣の魔術師。華やかな歴史の陰を描いた歴史ファンタジイです。
著者自身による、この作品ができるまでをご紹介します。本編とあわせてお楽しみください。

『ヴェネツィアの陰の末裔』ここだけのあとがき

上田朔也  

 本好きの方には、誰にも人生を変えた一冊があると思いますが、わたしのそれは『ドラゴンランス戦記』『ドラゴンランス伝説』というファンタジイ小説のシリーズでした。
 さまざまな種族の冒険者たちが世界の運命に立ち向かい、葛藤の中から道を切り開いていく壮大な物語です。シリーズ全巻を読破するために、少年だったわたしはお小遣いを握りしめ、駅前のデパートに入っていた大きな書店へと胸を躍らせながら次の巻、また次の巻を、と買いに走ったことを今でもよく憶えています。
 大人になってからも、読み返すたびに新たな発見があり、子供のころには気づかなかった魅力に気づかされる、そんな作品です。ですから、わたしもいつかそうしたファンタジイの書き手になることができればと憧れを抱いていました。

 そんなとき、人生を変えるもう一冊の本に出合います。それが、塩野七生先生の『ローマ人の物語』でした。
 当時、わたしは仕事で単身赴任を命ぜられ、それまで家族と過ごしていた時間にぽっかりと大きな穴が空いていました。この空白の時間をどうしようか、と考えたとき、以前から書店で気になっていた『ローマ人の物語』を手に取ったのです。
 読み始めてすぐに夢中になりました。そして、塩野先生の著作を読みあさります。そうしてたどり着いたのが、ヴェネツィア共和国の一千年を描いた『海の都の物語』でした。

 わたしは驚嘆しました。こんなすごい国があったのかと。ヴェネツィアと言えば壮麗な街並みやゴンドラ乗りの歌、カーニヴァルといったイメージしかありませんでしたが、その栄華を支えていたものが、きわめて合理的な政治、社会のシステムであったことを初めて知りました。権力は絶対的に腐敗する、という冷徹な現実感覚から、一人に権力が集中することのない政治体制を徹底してつくり上げ、社会全体にそれを浸透させました。欧州に吹き荒れた魔女狩りの嵐とも無縁でした。
 こうした国ならば、もし魔術師というものが存在したとしても、火炙りにはせず、国益のためにしたたかに利用したのではないか。そう考えたとき、『ヴェネツィアの陰の末裔』の構想が浮かんだのです。

 十六世紀前半という、舞台となる時代はすぐに決まりました。イタリア半島を戦乱の雲が覆い、フランスやスペイン、ドイツといった大国の草刈り場となっていた時代です。東方からはオスマントルコも迫ります。ヴァチカンは策を巡らせてヴェネツィアやミラノ、フィレンツェなどの国々を巻き込んで合従連衡に奔走していました。
 宗教改革が勃発し、新航路の発見によりヴェネツィアがほぼ独占してきた地中海貿易の地位が脅かされ始めている。一方で、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロといったルネサンスの精華が綺羅星のように現れていた、そんな時代です。

『ヴェネツィアの陰の末裔』では、歴史の記録には残らず、表舞台にも出てこないけれども、その陰であったかも知れない魔術師たちの戦いをファンタジイとして描きました。わたしたちが教科書などで知る史実はほぼそのままで、基本的に改変は加えていません。歴史の隙間を縫うように物語を組み立てていくのは、まるで巨大で精密なパズルのようで、一つでもピースの置き場所を間違えると矛盾が生じて全体が崩壊してしまうような試みでしたが、同時に、歴史の裏側に想像力を巡らせる楽しい作業でもありました。
 この本を読み終えてくださった方が「もしかして、史実として現在にまで伝わっていないだけで、十六世紀のヴェネツィアには本当に魔術師がいたのではないか?」と感じていただければ、作者として望外の喜びです。

 最後になりますが、第五回創元ファンタジイ新人賞で拙作を佳作にお選びくださった選考委員の先生方、美麗なカバーイラストをお描きくださいました斎賀時人先生、デザインを担当してくださいましたnext door designの長﨑綾先生、歴史の考証で数々の誤りを正していただいた校閲の皆様、そして改稿から刊行まで多大なご尽力をいただきました東京創元社の小林甘奈様および皆様に感謝いたします。


■上田朔也(うえだ・さくや)
大阪府出身。京都大学文学部卒業。2020年『ヴェネツィアの陰の末裔』が第5回創元ファンタジイ新人賞佳作に選出される。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり