Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

呪物を集めて旅をする少年と獣、『魔導の系譜』の著者がおくる、絆と成長の物語 佐藤さくら〈千蔵呪物目録1〉『少女の鏡』



「おまえ一昨日、旧校舎に行ったりしてないよな?」
 ある日、美弥はクラスメイトからそう聞かれたが、彼女は旧校舎に足を踏み入れたこともなかった。
 すると、クラスメイトは呪われた鏡の話を始めた。なんでも旧校舎にある呪われた鏡に姿を映すと、鏡の中の自分が抜け出して襲いにくるのだという……。
 そんなことはあるはずがないと笑い飛ばした美弥だったが、その後身に覚えのない場所で美弥を見たという目撃者が次々と現れ、笑っていられなくなってきた。
 そしてついに美弥自身が自分そっくりな人影に会ってしまったのだ。
  急いで追い掛けた美弥は足を踏み外して階段から落下、あわやというところを助けたのが一匹のとても大きな犬だった。

 なぜか美弥に話しかけることが出来る大きな犬と、その犬を兄と呼ぶ謎の少年は、呪われた品物を集めて各地を巡っているのだという。半信半疑のまま美弥は自分に起きている奇妙な出来事を彼らに打ち明けるが……。

少女の鏡@jinbutsu


 マッグガーデンの配信サイトマグコミでコミック版も好評配信中『魔導の系譜』(単行本1巻も発売 中)の著者が贈る、絆と成長の新たな物語、〈千蔵呪物目録〉シリーズ。

  第2巻『願いの桜』は、町外れに一本だけぽつんと立つ桜をめぐる物語。その桜に願いごとをすると叶うらしい、だが、その代償は……。
2020年秋刊行予定


営業部日誌 「本屋大賞を受賞しました!!」


それは一本の電話から始まりました。

実行委員 「凪良ゆう先生の『流浪の月』が本屋大賞第1位となりました」
営M   「……本当ですか?」
実行委員 「本当です」
営M   「ほ、本当に本当ですか?」
実行委員 「本当です(笑)」
営M   「本当なんですね?」
実行委員 「……本当です」

皆さん、こんにちは。本屋大賞実行委員会の方からの電話を受け、冒頭のテンパった会話を繰り返した営業部のMです。
2020年4月7日に発表された本屋大賞。なんと今年は、東京創元社刊行の凪良ゆう著、『流浪の月』が大賞を受賞いたしました!! この快挙に社員一同、喜びに沸いたのは言うまでもありません。今回の営業部日誌では本屋大賞の拡材について紹介いたします。

本屋大賞は今年で17回目を迎えます。「売り場からベストセラーをつくる!」を合言葉に、書店員さん自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票することで決まる賞です。毎年1月頭に一時投票でノミネート10作品が決まり、二次投票でその年の本屋大賞が決定します。
そして今年は名だたるノミネート作品の中から、全国の書店員様に今年一番売りたい本! として凪良ゆう先生の『流浪の月』を選んでいただきました。
応援いただいた書店員の皆様、本当にありがとうございました。

本屋大賞はその他の文学賞とは異なり、発表当日に決まるのではなく、発表の1か月ほど前に内定の連絡をいただきます。それは、本屋大賞発表日当日から書店店頭で展開していただく為の準備期間を設ける為です。
これまでにない規模での拡材作成に、営業部内はてんやわんや。まず、なにを作成すればよいのか、過去に受賞された出版社に相談させていただいたりして、基本拡材と大型拡材を作成する事になりました。
基本拡材としてA6POP、A4POP、ポスター、丸形スイングPOPを作成。
A4POPには凪良先生の直筆コメントをいただきました。またポスターには書店員さんの感想コメントを使用しました。

P4281191

大型拡材として大判のポスターと立て看板を作成。
看板は四つ折りになっていて、使用時に広げると自立します。両面それぞれ違うデザインにしました。

P4281187

さらに、一部の書店様に凪良先生の直筆コメントを印刷したカードを作成し、配布していただくことに。営業部内で発送準備に勤しみました。

P4031117

P4031119

P4281194

その他にも、特設サイトの準備などもし、迎えた発表日。社内では観覧用のスクリーンを用意し、お祝いの瞬間を待ちました。


残念ながら今年は新型コロナウイルスの影響で、無観客で事前収録した動画をYouTubeで配信する形のみでの発表となってしまいました。それでも、多くの書店様からお祝いの言葉をいただきました。
現在、休業や短縮営業を余儀なくされている書店様も多くいらっしゃいます。

今回、受賞された凪良ゆう先生からも、苦境に立たされている書店様を応援したいという声をいただいており、応援企画を相談し進めている最中です。

これからも、書店と読者をつなぐお手伝いを続けていきたいと、東京創元社も頑張って参ります! 今後ともよろしくお願いいたします。

話題沸騰! ラーラ・プレスコット『あの本は読まれているか』に寄せられた感想をご紹介! 第2弾:書店員編


発売直後から話題沸騰! 2020年必読の海外ミステリ、ラーラ・プレスコット『あの本は読まれているか』。みなさんはもうチェックしていただけましたか。本書に寄せられた読者の方々のコメントを先週ご紹介しましたが(4/21更新記事のリンク付き)、本日は第2弾! 書店員の方々の前回に負けない熱いコメントをご紹介いたします!

一冊の本の裏側にこんな心躍る物語があったとは。物語を言語化してくれた著者に感謝がわいてきた。本を売る人間にとって、これほどはげまされるものはない(大垣書店イオンモールKYOTO店 辻香月さん)

最後のページまで、登場する人物たちがたしかに自分たちの生を生きていて、一冊の本、その作者、彼を愛する女性、本を利用しようとするスパイたちの運命から目を離せなくなる。最後の一行にたどり着いた時、私も一緒になって祈っていた(梅田蔦屋書店 河出真実さん)

冷戦下の時代に〈物語〉の力を信じ、世界平和を目指し、危険な任務に挑む女性たちがいた。小説と事実が交錯し、リアルとフィクションが怒涛の物語として押し寄せ来る中、ただページをめくり続ける機械と化す自分を見出すのに、さほど時間を要さなかった(大垣書店豊中緑丘店 井上哲也さん)

カタカナがいっぱい登場するのは苦手という声をよく耳にします。そんなもったいないこと言ってるとこういう傑作を読み逃すことになります!(文教堂書店北野店 若木ひとえさん)

一見絶対武器になりそうにない本が強靭な武器になるなんて驚愕で、こんなにも影響力がある「本」の物語は初めてです! 読み終わった後に、この作品に秘められた「言葉」の力を信じていきたいと心から思いました!(紀伊國屋書店福岡本店 宗岡敦子さん)

二つの決して交わらない人生が『ドクトル・ジバゴ』によって、鮮やかに時に容赦なく浮かび上がる描写の圧倒さ。本書によって「紙の本」の何物にも代え難い力と魅力を改めて気付かされた(大盛堂書店駅前店 山本亮さん)

一冊の本を巡り、そこに関わる人達の物語の展開に夢中になって読みました。まるで脳内で映画を観てるような感覚は、読後も余韻として消えません。まさにエンタメ小説! この裏切らない面白さをぜひ味わってください!(ブックポート鶴見店 渡辺美由希さん)

胸をかきむしりたくなるくらいに切なく、辛く、苦しくて、でも彼女達が貫き通した強さが痺れるくらいにカッコよかったです。私は何かを、誰かを、信じ抜けるだろうか――。場所や視点が次々変わる構成がうまい。そしてあのラストが、もう、もう、最高の一言!!(勝木書店本店 樋口麻衣さん)

言葉が出ない。ソ連時代の恐ろしさと、愛と信念の強さを見せつけられた。視点が変わる事で、それぞれの感情がまざまざと伝わってきた(東京旭屋書店新越谷店 猪股宏美さん)

一冊の本を巡る決死の作戦。その使命の塊が激しく胸を打つ。この物語が僕らの手元に届いた事にも意味がある。まさに語り継ぐべき価値ある一冊。絶対にこの本は読まれなければならない!(ブックジャーナリスト 内田剛さん)
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり