Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

ここから読む乾石智子〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ Vol.1


●〈オーリエラント〉という世界

『夜の写本師』で写本師の魔法という、本好きにはたまらない魔法世界を生み出し、衝撃のデビューを飾った著者は、以来〈オーリエラント〉の世界を舞台に数々の物語を生み出してきました。それらの作品は舞台になっている国も時代も、そして主人公も様々で、独立した物語として読むこともできますが、〈オーリエラント〉世界の大きな流れのなかでゆるくつながった作品群として読むこともできます。
 刊行順ではなく、年代順に作品を並べ直して読んでいただくことも可能だし、どの作品から入っても面白いのですがが、話があちこちに飛ぶのでついていけないのでは、と不安に思われる皆様のために、Vol.1ではシリーズ各巻の簡単なあらすじと読み方の手引きを、Vol.2ではシリーズ全体を網羅した年表や、舞台となっている国々の地図、魔道の一覧をご紹介します。
 シリーズを読むための手引きとしてご利用ください。


●シリーズ各巻を簡単にご紹介

 以下はシリーズ各巻の内容を簡単にまとめたもの。紹介は発表順(*は単行本、他は文庫)。

『夜の写本師』

夜の写本師 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ

呪われた大魔道師アンジストに、育ての親と幼なじみの少女を殺されたカリュドウの復讐の物語。


魔道師の月 (創元推理文庫)

闇を持たぬ魔道師レイサンダーと書物の魔道師キアルスは、人々を破滅に導く太古の闇を退けることができるのか?

『太陽の石』

太陽の石 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

コンスル帝国衰退期、大地の魔法を操る九人の魔道師きょうだいの壮絶な宿命の物語。


オーリエラントの魔道師たち 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

それぞれ異なる魔法を操る魔道師たちを主人公にした四つの短編(「陶工魔道師」「闇を抱く」「黒蓮華」「魔道写本師」)を収録した短編集。


紐結びの魔道師 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

紐を結んで幸運を絡めとるかと思えば罠も仕掛ける、紐結びの魔道師リクエンシスを主人公にした連作短編集。(「紐結びの魔道師」「冬の孤島」「形見」「水分け」「子孫」「魔道師の憂鬱」


沈黙の書 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

いまだ無垢なる〈風森村〉に風を操る男の子が生を受けた……。天と地のあいだ、オルリアエントの黎明の物語。

『赤銅の魔女』〈紐結びの魔道師三部作〉

赤銅の魔女 紐結びの魔道師1 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

隣国イスリル軍の侵攻で館を追われた紐結びの魔道師リクエンシス。いくつもの出会いと運命が交錯する、三部作第一部。

『白銀の巫女』〈紐結びの魔道師三部作〉

白銀の巫女 紐結びの魔道師2 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

千五百年前にかけられた魔女の呪いに挑む、リクエンシスと仲間たちの挑戦。三部作第二部。

『青炎の剣士』〈紐結びの魔道師三部作〉

青炎の剣士: 紐結びの魔道師III (創元推理文庫)

リクエンシスは侵略軍を退け、魔女国の呪いを解くことができるのか? 三部作完結。


イスランの白琥珀 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ (創元推理文庫)

謎のヴェールに包まれていた、東の魔道帝国イスリル中興の祖を描く。


久遠の島 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ

本を愛する人のみが上陸を許される〈久遠の島〉。そこで生まれた本の守り手たる氏族の兄弟が辿る数奇な運命。


●どの作品から読み始めるか

 ちなみに、長編はちょっと敷居が高いと思われる方には、まず短編集から読まれることをお薦めします。
 短編集『オーリエラントの魔道師たち』にはすべて異なる魔法を使う魔道師たちを主人公にした四編が収録されていますし、『紐結びの魔道師』は紐を結んで魔法をかける紐結びの魔道師を主人公にした短編六編を集めた連作短編集になっています。
 同じ紐結びの魔道師を主人公にした長編三部作『赤銅の魔女』『白銀の巫女』『青炎の剣士』もあるので、連作短編集『紐結びの魔道師』から長編三部作に読み進めるのはどうでしょう。
 本や写本に興味があれば『夜の写本師』から『久遠の島』にいくのも面白いのでは。
 また『魔道師の月』を読んでイスリル帝国に興味を持った方は、次はぜひ『イスランの白琥珀』を読んでいただきたい。
 王道のコンスル帝国の歴史を辿りたい方には『沈黙の書』『魔道師の月』『太陽の石』の順に。
 勿論刊行された順番に読んでいただくのもありです。
 ともかく、どこから読み始めても、どの順番で読んでも面白いのがこの〈オーリエラントの魔道師〉というシリーズの特徴なのです。今回文庫化された『イスランの白琥珀』からでも大丈夫、是非豊饒なるオーリエラントの世界に記念すべき一歩を記してください。

(東京創元社 編集部K)  

2022年海外ミステリの大本命! アンソニー・ホロヴィッツ『殺しへのライン』プルーフ&ゲラ版先読みキャンペーン!


51mzc2TW9nL
(書影は原書のものです)

今年もアンソニー・ホロヴィッツの新作をお届けする時期がやってまいりました!

『メインテーマは殺人』『その裁きは死』に続く〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ最新刊『殺しへのライン』を2022年9月に刊行します。

シリーズの既刊2冊は、

『このミステリーがすごい!』海外編
〈週刊文春〉ミステリーベスト10 海外部門
『本格ミステリ・ベスト10』海外篇
〈ハヤカワ・ミステリマガジン〉ミステリが読みたい! 海外篇


のすべてで1位を獲得したうえ、『メインテーマは殺人』本格ミステリ作家クラブ設立20周年企画『2010年代海外本格ミステリ ベスト作品』に選ばれました。

ちなみに、一足早くゲラを読んだ弊社の編集者の感想を紹介しますと――

ホーソーン&ホロヴィッツのコンビも3作目となると、ネタがつきるんじゃないかと思ったら、とんでもない! 舞台は完璧、一癖も二癖もある登場人物も最高、前2作にも増して謎解きのわくわくが止まらない!
(編集部KK) 

ドキドキしながら最後まで一気に読んで、巧みに張られた伏線に驚愕。あれもこれも伏線だったのかー! 今回もホロヴィッツにノックアウトされました。しあわせ!
(編集部HS) 

この原稿を書いている担当編集者の私も、『メインテーマは殺人』『その裁きは死』に並ぶ、現代最高水準の犯人あてミステリだと確信しています。

そんな『殺しへのライン』へ、みなさまに熱いご感想コメントをお寄せいただきたく、発売前プルーフ&ゲラ読みキャンペーンを実施します。
プルーフ(簡易製本版)かゲラ(校正刷り版)、いずれかのコースを選んでいただけます。募集人数はそれぞれ30名です。
いずれのコースも、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

応募期間は、2022年7月25日(月)~8月1日(月)です。

※プルーフ・ゲラは、最終稿前のものです。

【あらすじ】
『メインテーマは殺人』の刊行まであと3ヵ月。プロモーションとして、探偵ダニエル・ホーソーンとわたし、作家のアンソニー・ホロヴィッツは、初めて開催される文芸フェスに参加するため、チャンネル諸島のオルダニー島を訪れた。どことなく不穏な雰囲気が漂っていたところ、文芸フェスの関係者のひとりが死体で発見される。椅子に手足をテープで固定されていたが、なぜか右手だけは自由なままで……。

■ご応募について
・応募資格
8月3日(水)頃に発送する『殺しへのライン』のプルーフまたはゲラをお読みいただき、8月23日(火)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。

『殺しへのライン』プルーフ・ゲラ版先読み応募フォーム

・応募期間
2022年7月25日(月)~8月1日(月)

・募集人数
 1.プルーフ(簡易製本版)コース:30名
 2.ゲラ(校正刷り版)コース:30名
 (ともに応募多数の場合は抽選とします)

・結果発表
当選者にはメールでお知らせしたうえ、ご登録いただいたご住所へプルーフまたはゲラをお送りします。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2022年8月23日(火)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書籍の帯、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります(コメント締切の8月23日の前よりご紹介させていただくことがございます)。

※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたします。Twitterで本書のご感想をつぶやかれる場合は、ハッシュタグ「#殺しへのライン」をご活用ください。変更がある可能性がございますので、プルーフ・ゲラからの本文の引用はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

■書誌情報
タイトル:『殺しへのライン』
著者 :アンソニー・ホロヴィッツ
訳者 :山田蘭
判型:創元推理文庫
予価:1,210円 (本体価格:1,100円)
予定ページ数:464ページ
装幀:Will Staehle / 中村聡
刊行:2022年9月上旬

■著者紹介
アンソニー・ホロヴィッツ/Anthony Horowitz
イギリスを代表する作家。ヤングアダルト作品〈女王陛下の少年スパイ! アレックス〉シリーズがベストセラーに。また、人気テレビドラマ『刑事フォイル』の脚本、コナン・ドイル財団公認の〈シャーロック・ホームズ〉シリーズの新作長編『シャーロック・ホームズ 絹の家』などを手掛ける。
アガサ・クリスティへのオマージュ作『カササギ殺人事件』では『このミステリーがすごい!』『本屋大賞〈翻訳小説部門〉』の1位に選ばれるなど、史上初の7冠に輝く。
さらに〈ホーソーン&ホロヴィッツ〉シリーズ『メインテーマは殺人』『その裁きは死』でもすべてのランキングで1位に選ばれ、3年連続で年末ミステリランキングの完全制覇を達成。また『メインテーマは殺人』は本格ミステリ作家クラブ設立20周年企画「2010年代海外本格ミステリ ベスト作品」に選ばれた。
昨年刊行の『カササギ殺人事件』の続編である『ヨルガオ殺人事件』でも3つのランキングで1位に選ばれ、前人未到の4連覇を成し遂げた。

■訳者紹介
山田蘭/Lan Yamada
英米文学翻訳家。アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』『メインテーマは殺人』『その裁きは死』『ヨルガオ殺人事件』、ジャニス・ハレット『ポピーのためにできること』、D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』、ポール・ギャリコ『トマシーナ』、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』、ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』など訳書多数。

【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tss@tsogen.co.jp




その裁きは死 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2020-09-10


特別公開 山田正紀ミステリ短編劇場「三年目の崇徳院」


 山田正紀ミステリ短編劇場――担当者が独断で名付けてしまいますが、誰もが予想しないであろう「山田正紀によるスタンドアローンのミステリ短編」を特別公開いたします。
 なんと今回お届けするのは〈日常の謎〉。舞台となるのは、六本木の一角に静かに佇む香りの専門店にして、迷い猫たちのサンクチュアリとも囁かれる「挿朶庵(そうだあん)」。落語と幽霊を巡る不思議な謎をご堪能下さい。




■山田正紀(やまだ・まさき)
1950年名古屋生まれ。74年のデビュー中編「神狩り」で第6回星雲賞を受賞。82年『最後の敵』で第3回日本SF大賞を受賞。2002年『ミステリ・オペラ』で第55回日本推理作家協会賞及び第2回本格ミステリ大賞を受賞。SF、ミステリ、冒険小説など多岐にわたる分野で活躍する。『宝石泥棒』『エイダ』『神狩り2』『カオスコープ』『神獣聖戦』など著作多数。

カムパネルラ (創元SF文庫)
山田 正紀
東京創元社
2019-02-28


デス・レター (創元日本SF叢書)
山田正紀
東京創元社
2020-08-31


戦争獣戦争 上 (創元SF文庫 や 3-2)
山田 正紀
東京創元社
2021-11-18


戦争獣戦争 下 (創元SF文庫)
山田 正紀
東京創元社
2021-11-18


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり