Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

囲碁のプロならではの発想を読み解く 李賢旭/洪敏和『プロの発想と狙い』


甲子園の優勝投手がプロに入って、強打者から三振を奪う。ゴルフでアマがプロに勝つことがある。そんな場面を見せられると、プロとは何だろうと思う。誰だったかは失念したが、将棋の高名な棋士が「プロは、絶対アマには負けない」言ったそうだ。一度あったことで結論を出すのは無理だとも思うけれど、アマが勝ったりするとこの言葉を思い出してしまう。ボクシングは、相撲は、と次々とジャンルを変えて、プロというものを考える。偶然が作用するスポーツの分野では、たまにアマが勝つこともあるようだが、それでプロの存在に疑念を抱くのは失礼な話だとも思う。

さて、それでは囲碁の場合はどうなのだろうか。将棋の場合もそうだろうが、偶然というものがない世界だ。深い読みに裏打ちされた一手一手が応酬されるプロの対局には、アマは脱帽するしかない。

碁を打っていて、相手の意図を読み損なうか、気付いていない場合には、負ける確率は高い。また技術的に相手に追いついていない場合はもっと負ける確率は高い。その為に置碁というハンディ戦があるのだが。ともあれ手数が進んでいくと、形が形成される。確定地とか模様とか、その碁の骨格が出来てくる。時には弱い石も出来てくる。アマは直接的にそんな石を攻めて殺そうとする。しかしプロは直接的な攻めはしないし、プロの石はそんな簡単には死なない。死ぬとなれば「効キ」を残して別のところで代償を求める。常套手段である。そのような攻防を観るのは、プロの棋譜を並べる醍醐味と言えよう。

本書は、プロが一局の中でどのように考え、どのように打っているのかを解説したものである。プロの発想や読みを鑑賞することで棋力は大いに上がるだろう。またマネすることは学びに通じるとも言う。強くなる為には、プロの一手は難しくて分からないとばかりは言っていられない。


「〈本バスめぐりん。〉新章スタート&帰ってきた『懸賞付き犯人当て小説企画』!」号です。『ミステリーズ!vol.99』


 2020年初の『ミステリーズ!』をお届けいたします。今年もどうぞよろしくお願いいたします!


 装画は去年に続いて、千海博美さんが描いています。セカンドシーズンのコンセプトは、「古き良き海外ミステリの名作から、イメージを膨らませる」。表紙に描かれているのは、2月のイベント・バレンタインならではのチョコレート。そう、「チョコレート+クラシックミステリ」といえば……? どのような物語が秘められているか、あれこれ想像してみるのも楽しいひとときですね。

 連載では、大崎梢さんの人気シリーズ〈本バスめぐりん。〉の新章がスタートしました! テルさんとウメちゃんの名コンビが、都会を走る移動図書館に乗って訪れた先で、本にまつわる謎を解決します。すべての本好きに贈る、温かなビブリオミステリをどうぞお楽しみください。
 
 また、好評企画「懸賞付き犯人当て小説」が帰ってきました! 第4弾は麻耶雄嵩さん。本誌での作品発表は、『ミステリーズ!vol.04』(2004年春号)の「ヘリオスの神像【問題編】」以来ですので、実に16年ぶり(!)となります。今号の「紅葉の錦【問題編】」では、温泉地で起きた不可解な事件が描かれています。真相解明に、ぜひ挑戦してみては?



 読切りは、豪華五本立て。奥田亜希子さん「白井真澄はしょうがない」、草上仁さん「富士山が見えた」、南雲マサキさん「機械はなぜ祈るか」、西澤保彦さん「ひとり相撲」、笛吹太郎さん「コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎」と、どれもバラエティに富んでいます。

 そして連載最終回を迎えるのが、小林泰三さん『ティンカー・ベル殺し』。ネヴァーランドと現実世界で、凄惨な事件を起こした犯人は? 衝撃の結末を、どうか見届けてください。なお、〈メルヘン殺し〉シリーズ第2弾、『クララ殺し』が今月に文庫化されますので、合わせてお楽しみいただけますと幸いです。


 加えて、今年は東京オリンピック開催の年でもあります。そんな東京を舞台にした『東京ホロウアウト』が3月に刊行されるのを記念した、福田和代さんのスペシャルインタビューも掲載しています。物語に込めた熱い想いが伝わりましたら幸いです。

 充実した内容で贈る本誌を、どうぞよろしくお願いいたします!

大人気不定期連載! くらりまんが第2話


こんにちは。製作課Sです。
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
年が明けておめでたいのでくらりの漫画を描きました。
みなさんも描き初めにくらりの漫画を描いてみてはいかがでしょうか。

sugamannga2_s


今年はこのくらり漫画とヅカ日誌でWebミスの覇権をとりにいこうと思います。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり