Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

「深緑野分のにちにち読書」第五回


fukamidori_banner


目次【リンクをクリックするとその日付の日記に移動します】


●4月某日 『メキシカン・ゴシック』シルヴィア・モレノ=ガルシア

 以前、某ギャグアニメ沼にハマっていると書いたけれど、今は別のギャグ漫画(およびアニメ)にどっぷり浸(つ)かっている。これはやばい。某ギャグアニメよりも今回の沼の方が深くて広い。既刊20巻(これが掲載されている頃には21巻か)を読み通してはまた読み返して、をもう10周くらいやっている。アニメ版も、好きな声優Fさんが演じておられるのでブルーレイ買いました。
 そんな感じでまったく仕事に集中できていない状態の中、新刊『スタッフロール』(文藝春秋)が発売になり、プロモーションや取材などが色々入って来た。しかしインタビューを受けたり、オンラインで全国の書店員さんとお話したりする間も、頭の半分くらいを漫画が占めてしまう。あばば、これはやばい。何を訊かれても心の声が「いやー、それより今ハマってる漫画の話がしたいんですけど……」と答えようとする。やめなさい。
 毎日のように某書店から薄い小包が届く。誰だこんなに注文したの。私だ。
 うちの同居人(というか家の所有者)は書籍蒐集家かつ書評家なので、廊下や部屋に大量の本があるし、筋金入りの読書マニアだ。小説も漫画も読むしアニメも観る。けれど私みたいなタイプのハマリ方はしない。私の両親や姉もオタクではあるけれど、たとえば同人誌を買ったりはしない。少なくともそんな場面を見たことはない。気軽にメッセージのやりとりができる身近な友人もそう。なので、私の心がウワーーーッと燃え上がっても、それをぶつける相手がいなくて寂しい。
 
 それはともあれ、新刊についてオンラインでいろいろな書店員さんとお話ができて幸甚でありました。この場を借りて御礼をば。ありがとうございます。

 というわけで読書。
 シルヴィア・モレノ=ガルシア『メキシカン・ゴシック』(青木純子訳 早川書房)を読む。
 タイトルの通り、メキシコが舞台のゴシック・ホラー小説である。ホラーSFと言ってもいいかもしれない。
 1950年、気まぐれで自由闊達(かったつ)、奔放な若い女性ノエミ・タボアダは、父から、従姉の様子を見に行ってほしいと頼まれる。その従姉はカタリーナ、いわく、夫に毒を盛られて亡霊に苛まれているという。幼い頃から親しかった従姉のことを思い、ノエミは単身旅に出て、カタリーナの嫁ぎ先を訪れる。そこはイギリス人一族ドイル家が暮らすゴシック調の屋敷で、メキシコ廃鉱山の頂(いただき)にあった。
 ノエミを出迎えたのはカタリーナの夫ヴァージル、そのいとこにあたるフローレンスと、彼女の息子のフランシス。若いフランシスは冗談も通じるし、ノエミを尊重してくれるが、ヴァージルは不遜(ふそん)な態度を崩さず、フローレンスに至っては明らかにノエミを侮蔑している。あれやこれやと制約を課してくる上、冷たくあしらわれる。歓迎されていない雰囲気にも負けじと立ち向かうノエミは、カタリーナに再会する。体調の悪そうな従姉は、ベッドで寝かされ、結核を患っていると言う。本当に結核なのだろうか? 疑問を抱きながら屋敷で過ごすことになったノエミは、晩餐の席で、一族の老いた当主ハワードと知り合う。
 物語の雰囲気はゴシックで不穏、夢を侵食してくる怪奇現象は美しいけれど気味が悪く、一族はどこまでも不審だが、主人公ノエミの健康的な性格やはじけるようなユーモアに、明るさを感じながら読みふけった。まさに一気読み必至の小説である。
 妖艶な怪奇も味わえるし、イギリスからやって来た一族、ドイル家の謎――屋敷はなぜメキシコの廃鉱山の上にあるのか、従姉のカタリーナは結核なのかそれとも本当に超常現象に悩まされているのか、夫のヴァージルは善人なのか悪人なのか、当主ハワードの不気味さ、一族の目的は何なのか? ――などのスリリングな展開が面白い。
 帯にあるように、ダフネ・デュ・モーリアやシャーリイ・ジャクスンの愛読者にお薦めしたい。他にもかの著名な恐怖短編、シャーロット・パーキンス・ギルマン「黄色い壁紙」も彷彿(ほうふつ)とさせる。
 とにもかくにも、「家父長制ってクソだな!!!!」と改めて思わせてくれる本だ。家父長制も優生思想も侵略行為も奴隷制も性暴力も血族云々も全部クソ。女性を「産む機械」と言って憚(はばか)らない考え方もクソ。そしてそれらに対してこの本は、文章の力でもってめいっぱい殴っていく。バチボコにしてくれノエミ!! いいぞノエミ!! 
 時に吐き気がするほどグロテスクで気持ちが悪いけれど、現代的な爽やかさもあって、とても楽しめた。個人的にフランシスが好きです! 映像化したら、ぜひケイレブ・ランドリー・ジョーンズに演じてもらいたい!

メキシカン・ゴシック
シルヴィア モレノ=ガルシア
早川書房
2022-04-01


続きを読む

【INTERVIEW 注目の新刊】『獣たちの海』上田早夕里【紙魚の手帖vol.04掲載記事】


◎INTERVIEW 注目の新刊 上田早夕里『獣たちの海』

日本SF史に刻まれる海洋SF巨編、オーシャンクロニクル・シリーズ。
その最新短編集『獣たちの海』を上梓された上田早夕里さんにお話を伺いました。


――『獣たちの海』はオーシャンクロニクル・シリーズの短編集です。まずシリーズの簡単な紹介をお願い致します。
 地球規模の環境大変動で海の面積が拡大し、多くの人類が海上生活を余儀なくされた時代の物語です。ストーリーは、そこからもっと遠い未来にもつながってゆきますが、既刊分では二十五世紀あたりを描いています。環境変動期に世界大戦や文明の崩壊などが起きたので、人類文明は後退と前進を行きつ戻りつしており、その結果「あまり進みすぎていない感覚」を若干残した未来社会が描かれています。描かれる時代によっては、それ以前の社会よりも技術が後退していることすらあります。この「未来社会なのに、社会全体が歪(ゆが)んだ停滞状態にある」というのが、このシリーズの最も重要なポイントです。技術の発展はあるが、その恩恵を受けられない人々が大勢いる。先進的な思想と古い価値観が同居している。これらが常に衝突して葛藤する。それは現実の私たちの社会を拡大し、先取りしてみせた鏡でもあります。
 そういった内容を、どのような年齢層の、どんな読者でも楽しめるように、海洋冒険小説のスタイルで描いています。

――これから読むなら、どの順番で読むのがよいでしょうか?
『魚舟(うおぶね)・獣舟(けものぶね)』(※シリーズ作品は表題作のみ)、『華竜の宮』『リリエンタールの末裔』(※シリーズ作品は表題作のみ)、『深紅の碑文』『獣たちの海』の順番です。出版上の事情から『魚舟・獣舟』だけ光文社文庫で、あとはハヤカワ文庫から出ています。

――シリーズ最初の一編「魚舟・獣舟」をお書きになったきっかけがございましたら、ぜひ教えてください。
 プロ作家デビューする前から海洋SFを書きたいと思っていました。作家になる前は海運業界や医療業界にいて、若い頃には、スキューバ・ダイビングをしていたこともあります。海洋SFとしての原型にあたる作品を書いたのはアマチュア時代で、その後、長編海洋SFを執筆する機会を持てないまま、やっと短編の形で日の目を見たのが二〇〇六年初出の「魚舟・獣舟」です。光文社文庫の異形コレクションシリーズの『進化論』に掲載されましたが、このとき、作家であり編纂者でもある井上雅彦(いのうえ・まさひこ)さんから原稿のご依頼を頂いていなければ、いまでも世に出せなかったのではないかと思います。井上雅彦さんには、いくら御礼を言っても足りないほどのご恩を受けました。

――本書は「海上民とその社会に焦点をあてて執筆した作品群で、海上民からの視点で魚舟や海洋世界を描く」(『獣たちの海』後記より引用)作品集です。まず「陸上民」と「海上民」という設定は、どういったところから生まれましたか?
 東南アジアには海上だけで生活する「漂海民」という少数民族がいて、私は一九八〇年代にTVのドキュメンタリー番組や文化人類学の専門書でその詳細を知りました。日本にも、かつて、九州や瀬戸内海に水上生活者が存在しました。いずれも、家族単位で船を持って海上で暮らし、ときどき陸に上がって働いたり、必要なものを調達するのです。このような人々が世界中に存在し、海洋環境に特化した文化があることは、物語を創造するうえでとても刺激になりました。
 私の作品でも、海の人と陸の人は完全に分断されているわけではなく、海の人だけを相手に商売する陸の商人もいれば、陸の大学へ行って勉強する海の人も普通にいます。文化が衝突したり交じり合ったりするところに、SFらしいドラマを見出(みいだ)していく――という方針で書いています。

――海上民たちは「魚舟」と呼ばれる大型海洋生物の内部で暮らしています。船ではなく、生物の中に住む設定にされたのはなぜですか? またヒトとともに生まれるなど、「魚舟」にまつわる設定をどのように構築されたかもうかがいたいです。
 オーシャンクロニクル・シリーズは、もとは地球の話ではなく、太陽系外の架空の海洋惑星を舞台に構想した物語でした。他惑星の架空生物について考えているうちに、魚舟と獣舟を思いついたのです。イギリスのSF作家スティーヴン・バクスターのジーリー・シリーズには「生きている宇宙船」が登場するのですが、邦訳された時にこれを読んで、とても魅了されました。そこから、機械船ではなく生物船で海を渡る民族を描けば、架空生態系の中でとても映えるだろう――と、ずっと考えていました。
 その後、日本の沿岸で「分裂増殖する際に、植物型と動物型に分かれる不思議な海洋微生物」が新たに発見され、この科学ニュースからも刺激を受け、ヒトと魚舟の双子という関係を付け加えました。
 最終的に地球の話に変更したのは、宇宙SFにすると、SFファン以外には読んでもらえない状況が当時はあったからです。ただ、生物船のアイデアは非常に魅力的だったので、そのまま残しました。SFでは生体を機械に置き換えてしまう話が多いので、あえて逆を行った部分もあります。体をつくる食料さえ確保できるなら生物の自己修復能力はあなどれない、部品の規格が合わないだけで修理不可能になる機械よりも、生物のほうが環境に対してフレキシブルに対応できる場合がある――と、SF仲間と共に話し合ったこともあり、有り得るとか有り得ないの問題ではなく、ひとつの思考実験として描く価値があると感じました。

――一編目の「迷舟」は「朋」と呼ばれる、自分の魚舟がいない海上民の物語、二編目の「獣たちの海」は乗り手を得られなかった魚舟の物語です。この二編の並びは想定されていましたか?
「迷舟」は、むしろ三編目の「老人と人魚」との関係で読んでほしい作品です。老人が若い頃に失った舟が、「迷舟」に出てくる赤い舟です。

――四編目の「カレイドスコープ・キッス」では、女性主人公とアシスタント知性体「レオー」と関係を築いていく過程が描かれます。アシスタント知性体では『華竜の宮』のマキも印象的ですが、本作ではAIが人間の相棒になっていく過程から描かれたお考えなどございましたら、お聞かせください。
 子供とAIの関係はどこかで書くつもりだったのですが、どの時代のエピソードとして描くべきなのか、いろいろと事情もあって迷っていました。「カレイドスコープ・キッス」でちょうどいい時代を摑(つか)めましたが、今回は海上民の子供とAIの話だったので、陸上民の子供とAIの話がまだ課題として残っています。
『華竜の宮』を執筆したときにはiPhoneのSiriすらまだ存在していませんでした。あの頃と比べると、対話型のAIは身近な存在になりました。『華竜の宮』で描いた「人間の精神をAIにケアさせる技術」を、専門家がようやく、現実のものとして考えてくれるようになりました。
 存在が身近になった分、これからも、もっと想像力を働かせる余地が生まれる題材となるでしょう。

――また「カレイド〜」にて、本作は女性同士の物語にしたほうがいいと閃(ひらめ)いた、魚舟が関連する「避妊・不妊」のお話を書き足しておきたかった、とのことですが(『獣たちの海』後記より)、そのあたりをもう少し詳しく教えてください。
 たまたま同時期に執筆中の別の作品が、典型的な男性社会の話だったので、自分の中でバランスをとるために「カレイドスコープ・キッス」では女性を主人公にしました。このシリーズは、生物や命に関する出来事を大きな題材として扱っているため、生殖の問題は避けて通れません。SFで生殖を題材にするときには様々な方法があり、ジャンル的には突飛な設定が好まれたりもしますが、それは題材としては面白くても、必ずしも、現実で苦しんでいる読者の心の救いとはなり得ません。もっと違う描き方があるはずだと、ずっと考えていました。今回の形は長年の思考の成果のひとつです。

――SFは、どの時代、どの視点から描くのか、無限の選択肢がありますが、どのように構想していらっしゃいますか?
 このシリーズに関しては、最初から世界のすべてが先に存在しているので、誰の視点から描くかということよりも、「いまの時代に書くのであれば、何を、どのような形で描くことが最も重要であり、必要なのか」ということを最優先に書いています。私が書いているのはエンターテインメント作品なので、どこかで必ず、読者にとって救いが必要だと思うのです。何が救いになるのかは読者ごとに違いますし、「これ」という正解があるわけでもありませんが、昨今は、特にこの点が求められている時代のように思えます。

――本誌読者に向けて一言お願い致します。
 シリーズ作品は順番通りに読まないとストーリーが理解できない――という問題がありますが、幸い、このシリーズの第一作「魚舟・獣舟」は、四〇〇字詰め原稿用紙換算でたった四〇枚の短編です。文庫本だと二十六ページしかない短さです。まずは「魚舟・獣舟」を読んで頂き、文庫本で上下巻になる『華竜の宮』へ進んで頂ければ、シリーズ全体の構造はわかります。
 ただし、シリーズの本質が明らかになるのは、「リリエンタールの末裔」『深紅の碑文』に入ってからです。そして、『獣たちの海』を読むと、『深紅の碑文』に対する印象が確実に変わるのではないかと思います。
 シリーズ作品を読むのは面倒だ、短編がいいという方には、光文社文庫の『夢みる葦笛』をお薦めします。海洋SFシリーズとは方向性が違いますが、とても読みやすいSF短編集です。癒やし系の歴史ファンタジーをお求めの方には、文藝春秋から単行本で出ている『播磨国妖綺譚』をお薦めします。これも短編シリーズです。

――オーシャンクロニクル・シリーズについて、次作はどんな物語になりそうでしょうか? またシリーズ以外の今後のご予定も、あわせて教えてください。
 とりあえず「ルーシィ編」を早急に書き上げ、その次には、陸上民の物語をいくつかまとめようと思っています。これと並行して、シリーズ外の長編を書くための資料を読んでいる最中です。久しぶりに、スケールの大きな長編SFを書きたい気分になっているので、執筆速度をあげないといけません。毎年一冊は本格SFの本を出すのが理想ですが、生活のことを考えるとなかなか難しいですね。



上田早夕里(うえだ・さゆり)
作家。2003年、『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞しデビュー。2011年、『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。2017年刊行の『破滅の王』で第159回直木三十五賞候補となる。その他、主な著作に『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』『深紅の碑文』『夢みる葦笛』などがある。

【本インタビューは2022年4月発売の『紙魚の手帖』vol.04の記事を転載したものです】

C・J・ボックス〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉最新作『嵐の地平』刊行記念! 前作『越境者』を3名様にプレゼントいたします!


みなさまこんにちは。今年も6月に〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉の最新作『嵐の地平』を刊行いたします。
このシリーズは事件自体は独立しておりますので、15作目となる本書からでもぜひ手に取っていただけます。主人公のジョーや盟友の鷹匠ネイトの活躍に夢中になること間違いなしです!!
しかも、今回は主人公のジョーに家族と盟友の危機が迫ります。信じられないような悪辣な犯罪、舞台となる厳しい土地ワイオミング州の大自然の脅威にも立ち向かうジョー。その勇姿をとくとご覧ください!

新刊の刊行を記念して、前作『越境者』を3名様にプレゼントいたします。ぜひ本シリーズの魅力を味わっていただければ嬉しいです。

応募は無料です。どしどし御応募ください!

応募方法は簡単、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ!


※応募締切は6月20日(月)昼12時です!
※該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。非公開アカウントは抽選の対象外となります。
※御当選者のみに、6月22日(水)昼12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使って御連絡差し上げます。文庫を発送するため、御住所と御本名をお伺いいたします。御了承のほど、お願い申し上げます。

Twitterで〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉についてのご感想をつぶやかれる際には、ぜひハッシュタグ「 #ジョー・ピケット 」を使っていただけますと幸いです。
これからも〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉をよろしくお願いいたします!


■書誌情報

『嵐の地平』
著者:C・J・ボックス
訳者:野口百合子
ISBN:978-4-488-12715-2
文庫コード:M-ホ-16-3
ページ数:480ページ
写真:Gary N. Crabbe/アフロ
装幀:國枝達也

*あらすじ

猟区管理官ジョー・ピケットの養女エイプリルが、頭を殴られ意識不明の状態で発見される。彼女が駆け落ちしたダラスは、かつて少女への暴行事件を起こした疑惑があった。だがダラスの両親から、彼は大怪我をして実家に戻っており、無関係だと言われてしまう。ジョーはダラスを疑いながらも犯人を探すが。一方、盟友ネイトにも危機が迫っており……。大人気冒険サスペンス・シリーズ最新作!



東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり