Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

「とにかく面白い&キャラクターがいい!」というミステリを探している方へ。〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉新作『発火点』おすすめです!!


みなさんこんにちは。翻訳ミステリ班の東京創元社Sです。
以前から折りにふれて「いよいよ刊行ですよ~」とお知らせしておりましたとおり、6月30日にC・J・ボックス『発火点』が発売となります! 著作が累計1000万部突破、30か国で翻訳されている全米ベストセラー作家の大人気〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉の新作です! 
まず声を大にしていいたいのは、

シリーズの途中とはいえ、この『発火点』から読んでも大丈夫ですよー! 

ということです。

むしろこの作品から創元推理文庫に入りましたし、来年の初夏に次作Stone Coldも刊行いたしますので、ぜひここからシリーズを読みはじめて、毎年新作を楽しみにする熱いファンになっていただければうれしいです!

いままで本シリーズを読んだことがない方へご紹介いたしますと、〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉は講談社文庫さんでシリーズ12作目『鷹の王』まで刊行されていました(うち2作目の『逃亡者の峡谷』は電子書籍オリジナル)。現在、シリーズはすべて電子書籍化されており、刊行が最近のものは紙の本で残っています。本作『発火点』から、創元推理文庫にお引っ越しすることになりました。

さて、〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉はどういうシリーズなのでしょうか? まず「猟区管理官」ってなに? という方へご説明を。

猟区管理官は日本ではあまり馴染みがありませんが、広大な自然の広がる担当地区を一人で受け持ち、馬やピックアップ・トラック、ときには徒歩で動き回って野生生物を保護・管理しています。密猟者を逮捕する権限を有しており、ほぼ全員が武装している密猟者などを相手に、ときには危険な任務をこなすユニークな法執行官です。

猟区管理官ジョー・ピケットが遭遇したり巻き込まれたりする事件は、ミステリの主役になることが多い刑事や探偵とはまたちがった魅力があります。そして本シリーズを読むと、サスペンスや謎解きの面白さも充分に味わうことができます。

そしてなんといってもすごいのが、とにかく大自然を舞台にした緊迫感のあるアクションの連続!! 
本シリーズをすべて翻訳されている野口百合子先生の訳者あとがきにこんな一文があります。

臨場感のあるアクションと自然描写で、いまC・J・ボックスの右に出る者はいない。

まさに! ジョーには、山岳地帯や丘陵が広がるワイオミング州の大自然がもたらす危機や、危険な犯罪者たちとの戦いが降りかかります。それがもうとにかく面白い!! 「手に汗握る」というのはこのことかー! と心のなかでつぶやきつつ、先が読めない展開にハラハラして、夢中になってページをめくること間違いなしです。

また、御訳文の魅力でもあると思いますが、このワイオミング州の大自然描写というのがすごく印象的です。とてつもない力をもっている「自然」という脅威がしっかり描かれ、しかしそれゆえに美しいのだなとしみじみ実感できます。著者の野生動物などへの愛情もしっかり伝わってくるのもいいなと思います。

さて、次に「ジョー・ピケット」とは? について。ジョー・ピケットは本シリーズの主人公で、猟区管理官という仕事に誇りと愛着を持っている仕事人であり、愛妻家で三人の娘を持つ子煩悩な家庭人でもあります。このシリーズは通して読むと、ピケット家のファミリー・サーガとしての面白さを充分に感じられると思います。

このジョーがね、とにかくいいキャラクターなんですよ。なんというか、頑固で不器用だなという感じがいいです。誠実で有能な猟区管理官なのに、どこか放っておけない魅力があるというか。素直に応援したくなる好ましい人物です。このジョーのキャラクターが、長年たくさんの読者のみなさんを魅了してきたのではと思います。

ジョーの好きなところはいろいろあるのですが、個人的には拳銃での射撃が下手、というところが萌えポイントです。シリーズ1巻目の『沈黙の森』から下手って書いてある! 子どものときからハンティングに親しんでいるため、猟鳥やクレーの標的が相手ならすぐれた腕を発揮できるらしいのですが、そのぶん人間を狙って撃つ拳銃が嫌で、違和感があるという理由のようです。そういうジョーという人間にぐっときませんか? わたしだけ?

あとはジョーだけでなく妻のメアリーベスや、個性豊かな娘さんたち、ワイオミング州のルーロン知事などなど、いいキャラクターがたくさんいます。そしてなんと言ってもジョーの盟友である鷹匠のネイト・ロマノウスキの格好良さがたまらんですね!! 

ていうかいま気がつきましたが「盟友」ってものすごく格好いいな……。「かたい約束を結んだ友。同志」(大辞泉)ですよ。これ、講談社文庫さんの登場人物表の記述をそのまま使わせていただいたんですが、まさにジョーとネイトの絆を表すのにぴったりかと。ネイトが活躍するスピンオフ的な『鷹の王』もめちゃめちゃ面白いので、ぜひ『発火点』といっしょに読んでくださいね。

すみません、どんどん長くなってしまって肝心の『発火点』のあらすじを書いていなかった……。こんなお話です。

猟区管理官ジョー・ピケットの知人、ブッチの所有地から2人の男の射殺体が発見された。殺されたのは合衆国環境保護局の特別捜査官で、ブッチは同局から不可解で冷酷な仕打ちを受けていた。逃亡した容疑者ブッチと最後に会っていたジョーは、彼の捜索作戦に巻きこまれる。大自然を舞台に展開される、予測不可能な追跡劇の行方は。手に汗握る一気読み間違いなしの冒険サスペンス!

本作のキーワードは「合衆国環境保護局」です。権力を持つ巨悪にジョーがどう立ち向かうのか!? そしてブッチが環境保護局に受けた「不可解で冷酷な仕打ち」とは!? 大自然を舞台に、どれほどすさまじいアクションが展開されるのか!? そして、事件の背景のテーマ性の深さにも驚かれると思います。現代アメリカを象徴するようなテーマがしっかり盛り込まれているのも、本シリーズの素晴らしいところです。ベテラン作家さんの構成力ってほんとすごい……。

あとは悪役にも強烈すぎる存在感があって恐ろしいとか、ルーロン知事が面白すぎるだろ! とかまだまだ読みどころがたくさんある作品です。ぜひこの『発火点』をきっかけに、〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉の世界に踏み込んでみてくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします!

そうそう、担当編集者や野口百合子先生がTwitterで〈猟区管理官ジョー・ピケット・シリーズ〉について発信する際は、ハッシュタグ「#ジョー・ピケット 」をつけております。感想をつぶやかれるときなどに、ご活用いただけますと幸いです。

C・J・ボックス『発火点』は6月30日発売です(発売日は地域・書店によって前後する場合がございます)。

(東京創元社S)

『嘘の木』『カッコーの歌』の著者フランシス・ハーディングの歴史ファンタジイ『影を呑んだ少女』訳者あとがき(全文)



 フランシス・ハーディングの『影を吞んだ少女』をお届けします。
 本作は、『噓の木』で日本に紹介された英国のファンタジー作家ハーディングの邦訳三作目。原作は二〇一七年秋に刊行されたA Skinful of Shadows で、著者の作品としては『噓の木』の次の八作目にあたります。『噓の木』がコスタ賞全部門の最優秀作品に選ばれ一躍脚光を浴びた約一年半後、注目が集まるなかで発表された作品でした。もちろん、ファンの期待が裏切られることはなく、ファンタジー、YA作品の読者をおおいに喜ばせたことはいうまでもありません。『カッコーの歌』『噓の木』に引きつづき、英国の優れた児童文学に与えられるカーネギー賞の二〇一九年最終候補作になり、英語圏のSF・ファンタジー文学を対象としたローカス賞の二〇一八年YA部門最終候補にも選ばれました。
 
 舞台は十七世紀の英国、母を亡くした少女メイクピースが、内乱(ピューリタン革命)で騒然とする世の中を生き延びるために、ある特殊な能力を武器に奮闘します。この能力というのがじつに奇妙で不気味なものです。なんと、霊を自分のなかにとりこむ、いえ、霊にとりつかれる能力なのです。メイクピースの母は、娘の父親の一族に受け継がれるこの力をひどく恐れ、身重の身で逃げだして、遠くの町でひっそりと娘を育ててきました。墓場に置き去りにするという、子どもにとって苛酷な仕打ちをしたのも、娘にこの能力を御す力をつけさせるためでした。けれども、その苦労も虚しく、母は暴動に巻きこまれて亡くなり、メイクピースは父の一族に引きとられます。やがて、一族が邪な目的で自分を利用しようとしていることを知った彼女は、自由を求めて逃げだしました。
 そこからがじつに波瀾に満ちています。なにしろ、国を二分する動乱の最中のこと、大きな戦いはもちろん、あちこちで小競り合いが発生し、あいだを縫うように両軍のスパイが暗躍します。土地は荒れ、疫病がはやり、農民、商人、徒弟といった市井の人々が翻弄されています。そんななかを十五歳の少女がたったひとりで、追手をかわしながら生き延びようというのですから、相当の困難が待ちうけていることは容易に想像がつくでしょう。それでもメイクピースは、何度も絶対絶命のピンチに陥りながら、ときに慎重に、ときに大胆に、難局を切り抜けていくのです。
 
 ハーディングのほかの作品同様、本作も読む人によってさまざまに読みとれる作品です。主軸はメイクピースという少女の成長の旅ですが、イギリス内乱という時代を背景に据え、霊にとりつかれる力という仕掛けを加えたことで、歴史ファンタジーでもあり、幽霊が出てくるゴシックファンタジーでもある、多様に楽しめる物語にしあがっています。
 背景となるイギリスの内乱ピューリタン革命については、学校の歴史で習ってはいても、あまりなじみがないかもしれません。内戦が勃発するのは一六四二年ですが、その火だねとなる国王と議会の対立は、一七世紀初頭のジェームズ一世のころから息子のチャールズ一世の代へと受け継がれ、深刻さを増していました。一六二八年、議会が国王の権力を抑えようとして「権利の請願」を提出すると、翌年チャールズは議会を解散し、以後十一年間議会を開きませんでした。ところがスコットランドで国教会制度への反発から、一六三九年に反乱が起こり、イングランドはスコットランドと戦争状態に突入します。一六四〇年、チャールズはやむなく議会を招集しますが、議会から批判を浴びて、わずか三週間でふたたび解散。対立はさらに深まり、一六四二年初頭、議員を逮捕しようとして失敗したチャールズがロンドンを離れます。そうして、その年の夏にとうとう内乱がはじまりました。
 作品のあちこちにはさしはさまれた史実を照らしあわせると、本作は一六三八年から一六四三年のあいだのことだとわかります。第二章のロンドンでの暴動から、メイクピースがグライズヘイズに引きとられていったのが一六四〇年のことです。その後二年ほどで開戦、メイクピースがグライズヘイズを飛びだしたのは、その翌年、四三年の初夏でした。
 本作で描かれているのはそこまでですが、やがて司令官オリヴァー・クロムウェルを擁する議会軍が勝利をおさめ、一六四九年にチャールズは処刑されます。そして、その後の十年は、国王不在の共和政の時代になりました。
 著者のハーディングさんに、なぜこの時代を背景として選んだのかとお尋ねしてみました。すると、内乱の時代は英国史上一、二を争うほどの激動の時代であり、フェルモット家の伝統という古く強大なものにたちむかう主人公を描くのに、かつてない大きな変動があったこの時代がぴったりはまったのだ、というお答えをいただきました。
 古い時代を描くにあたっては、綿密な調査を重ねたようで、さまざまな史実、当時の思想、風物、慣習などが作中に盛りこまれています。主要な舞台となるグライズヘイズとその主、フェルモット家は架空の存在です。ですが、グライズヘイズの屋敷は、何年ものあいだに著者が訪れた数々の古い建物から発想を得て描かれています。主だった特徴を参考にしたのは、十二世紀ごろからダービシャーにあるハドンホール(Haddon Hall)、十七世紀初頭にロンドン近郊に建てられたハムハウス(Ham House)。やはりダービシャーにあるボルゾーヴァー城(Bolsover Castle)。ウィルトシャーに十四世紀ごろに建てられたウォーダー城(Wardour Castle)は、じっさいに内戦中に二度、包囲戦が行われたところです。
 議会派の拠点ホワイトハロウについては、オックスフォードシャーにあるチャスルトンハウス(Chastleton House)を部分的にモデルにしたそうです。十七世紀初頭に裕福な毛織物商人ウォルター・ジョーンズが建てた屋敷で、隠し部屋があり、じっさいに作中で伝わっていたようなエピソードがあったといわれています。王党派としてチャールズ二世のために戦っていたウォルターの孫のアーサーが、一六五一年のウスターの戦いでの敗戦後、クロムウェルの軍から逃げかえり、隠し部屋を使ったのです。以上の建物については、ナショナルトラスト(https://www.nationaltrust.org.uk)、イングリッシュ・ヘリテッジ(https://www.english-heritage.org.uk)などのサイトで、外観、内部、庭園のようすが出ていますので、ぜひご覧になって雰囲気を味わってみてください。
 建物だけではありません。実在の人物をモデルにした登場人物もいます。後半メイクピースと不思議なつながりをもつヘレンは、王党派のスパイだったジェーン・ホールウッドがモデルとなっています。スコットランド出身だったことや、「赤毛」「あばた」などの外見の特徴も共通していますが、なにより彼女はチャールズ一世のために働き、ひそかに資金を届けるなどの活動をしていました。内戦の後半には、囚われの身となった王の救出を計画したといわれています。計画は失敗に終わりましたが、ジェーン自身は戦後まで生き延びたということです。それから、ホワイトハロウの女予言者レディ・エレノアは、レディ・エレノア・デイヴィスという実在の人物がもとになっています。作品中のエレノアとよく似ていたようですが、彼女の予言はおおむねあたっていたとか。ただし、戦争の行方だけははずしたそうです。
 このふたり以外にも、当時は王党派、議会派にかかわらず、重要な役割を担っていた女性が多かったようです。包囲された城や館を守った女性もいれば、議会派のスパイとして暗躍した女性もいました。ハーディングはそのすべてを作品にとりいれることはできませんでしたが、ヘレンとレディ・エレノアによって時代の女性像を表現したようです。このように、実際のできごとや物や人物にヒントを得てふくらませ、物語に落としこんでいく著者の手腕はじつにみごとで、はるか昔の世界が、生き生きとあざやかに再現されています。

 本作はひとことでいえば、幽霊が出てくるファンタジーなのかもしれませんが、ただの怖い幽霊のお話で終わらないのは、「霊にとりつかれる力」というユニークな仕掛けゆえでしょう。「とりつかれる」場面は何度も登場し、物語の行方を左右します。霊が出てくる場面はおどろおどろしくて怖いかもしれません。でも、作品全体を考えたとき、「とりつく」「とりつかれる」には、もっと深い意味があるようにも思えます。とりつくのは霊ばかりではなく、人は、自分の内にある考え、思想、信念、悲しみなどに囚われている(とりつかれている)ことが多いものです。メイクピースも霊とともに、母への想い後悔や悲しみ、執着、なつかしさを抱えていました。霊をやみくもに恐れるのではなく、自分の意思でつきあえるようになってから、メイクピースは自身がとりつかれていた内なるものとむきあい、前に進めるようになりました。
 そういう意味での「とりつかれ」は、メイクピースだけでなく、作品に登場するほかの人々にも見られます。熱心なピューリタンは信仰に、フェルモット家の人々は古の伝統や過去にとりつかれ、極端ともいえる行動をとっています。古い時代の話を読むとき、現代のわれわれはそんなばかげたことがと思いがちですが、人間の根の部分は案外同じで、自分もなにかに囚われて執着しているのではと考えずにはいられません。とくに危機的状況においては、それが色濃く出るのではないかと。メイクピースは自らのなかにいる霊の後押しを得て、過去とむきあうことができましたが、霊のいないふつうの人間はどうしたらいいのか。ハーディングはあるインタビューで、頭のなかに聞こえる複数の声について、親や師の助言、批判など、人は影響を受けた周囲の声を内なる声として自分のなかに蓄積していて、それらがさまざまな機能を果たすのであり、内なる声のすべてが否定的なものではない、と語っています。この考えからいけば、霊の代わりに自らが蓄積した声が、ふとしたときにべつの視点をもたらして、囚われた心を解放してくれるのかもしれません。
 
 ちょうどこのあとがきを書いているいま、世界は新型コロナウィルスの猛威にさらされ、数か月前まで想像もしなかったような恐ろしい状況に陥っています。先日、ハーディングさんとメールのやりとりをしたときに、イギリス内乱の時代はかつてないほどの大変動の時代だったけれど、じつはいまもそうで、わたしたちはいままさに激動の時代を経験しているのではないか、という話になりました。本書が執筆されたときには予想もしていなかったことでしょうが、はるか昔の革命の時代を生き抜こうとする少女の物語には、いまのわたしたちにも通じるメッセージがこめられているようにも思います。
 最後になりましたが、ロックダウンのさなかに質問に丁寧に答えてくださった作者のフランシス・ハーディングさん、原文とのつきあわせをしてくださった中村久里子さん、編集を担当してくださった小林甘奈さんに、心から感謝いたします。
 一日も早い終息を祈りつつ。

 二〇二〇年四月

訳者紹介
児玉敦子(Atsuko Kodama)
東京都生まれ、国際基督教大学教養学部社会科学科卒、英米文学翻訳家。主な訳書にハーディング『嘘の木』『カッコーの歌』、マーティン&ニブリー『ベートーヴェンの真実』、エリス『エジソンと電球』、共訳書に〈アンドルー・ラング世界童話集〉、マーカス『アメリカ児童文学の歴史』などがある。


嘘の木
フランシス・ハーディング
東京創元社
2017-10-21


カッコーの歌
フランシス・ハーディング
東京創元社
2019-01-21

待望のシリーズ第二弾文庫化!  丸山正樹『龍の耳を君に デフ・ヴォイス』刊行


今年1月に行われた、「第6回全国高等学校ビブリオバトル決勝大会」にて、埼玉県立春日部女子高校の印南舞さんが紹介した、『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』(文春文庫)がグランドチャンプ本に選ばれました。


もともとベストセラーの同作ですが、印南さんの活躍もあり、同世代の高校生読者層からの評判も高まっているとのことです。
同作にはじまる〈デフ・ヴォイス〉シリーズは、ろう者の親から生まれる聴こえる子(Children of Deaf Adults)=コーダである、主人公の荒井尚人が手話通訳士として活躍するミステリです。

手話通訳士といえば、今春の新型コロナ騒動におきまして、政府や各知事の会見時に手話通訳士が見切れていたり、手話通訳士がマスクをしないのは何故、といった話題もSNSを中心にありました。手話通訳士のマスクについては、手話において口の表現も非常に大切なため、フェイスシールドや口部分が透明になった特別なマスクなどを使用するケースが増えてきました。

さて、『龍の耳を君に デフ・ヴォイス』ですが、第一作『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』から二年後が舞台となっています。悩みながらも手話通訳を続けている、荒井尚人。籍は入れていないものの、恋人のみゆき、そしてみゆきの娘の美和と三人で暮らすことになったのが前回からの大きな変化。

第一話「弁護側の証人」は、被害者を「騒ぐな、金を出せ」と脅して強盗容疑で逮捕されたろう者の話。その裁判にて手話通訳をすることになった荒井が独自に事件を調べると、被告がろう学校に在籍していた時には発話の成績はよかったということがわかり……。

第二話「風の記憶」は、ろう者がろう者に対して詐欺行為を行っていた事件について。同じ障害を持つ人間が、犯罪行為を行うという、とてもセンセーショナルな内容ですが、荒井の真摯な姿勢が胸を打ちます。このお話しの登場人物は、とても人気が高く、シリーズ第三弾『慟哭は聴こえない』でもいい活躍をしています。

第三話が表題作でもある「龍の耳を君に」。美和のクラスにいる英知という少年は、クラスの担任とうまくいかずに不登校になっているという。英知は場面緘黙症で会話ができないことから、手話を憶えることが何かのきっかけになるのではと荒井は考え、美和とともに手話を教えることに。すると、手話が上達してきた英知が、以前家の目の前で殺人事件を目撃したと話し始めて……。手話をマスターした英知が「僕は龍の耳を持っている」と話すシーンは涙なしには語れません。

『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』をお読みで、はじめて『龍の耳を君に』を手に取った読者の皆さん、少し触れましたが第三弾『慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス』も絶賛発売中です。さらに、これまでの丸山作品にて渋い活躍をみせていた何森稔(いずもり・みのる)刑事を主人公にしたミステリの刊行も決定しております。『刑事何森 孤高の相貌』を今年9月刊行に向けて、現在準備を進めております。こちらもお楽しみに!



慟哭は聴こえない (デフ・ヴォイス)
丸山 正樹
東京創元社
2019-06-28




東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり