Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

戸田義長 初の単行本『虹の涯』刊行


 いまから5年前、第27回鮎川哲也賞の選考は激戦でした。今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』の、その後のブームと活躍ぶりはミステリファンだけでなく、出版界でも話題となったことは記憶にも新しいかと思います。優秀賞となった、一本木透さんの『だから殺せなかった』もスマッシュヒットを飛ばし、今年1月にはWOWOWにてドラマ化、好評を博しました。この2作品に次ぐ評価をいただいていたのが、戸田義長さんのデビュー作『恋牡丹』でした。姉妹編の『雪旅籠』とともに、同心親子の活躍する渋い連作ミステリとして、時代小説好きからも評判となりました。
 
 さて、今作『虹の涯(はて)』は、水戸藩・天狗党の藤田小四郎を主人公とした、さらに骨太なミステリに仕上がりました。四編構成の連作スタイルですが、前半三編と、最終話で趣はやや異なります。前半三編は、小四郎と幼馴染みの山川穂継のコンビものともいえるスタイルで謎解きを味わえます。そこから一転して最終話は、天狗党の西上を描いており、戦(いくさ)後の夜に〈化人〉と呼ばれる殺人鬼が登場します。なぜ〈化人〉は重傷を負った兵を狙って、殺人を犯すのか? この不可解な事件の謎解きと、過酷な行軍の様子は今作最大の読みどころの一つといえます。

 そういえば、昨年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』でも、『虹の涯』と同じ時代が描かれました。今作の主人公である藤田小四郎を演じていたのは、藤原季節さんでした。そして「小四郎」と言えば、現在放送中の『鎌倉殿の13人』の主人公・北条義時(小栗旬さん)も通称も小四郎ですね。

 また、カバーは岡田航也さんに、天狗党の西上の様子を迫力あるイラストにしていただきました。歴史好きの読者も、ミステリ好きな読者も楽しんでいただける内容に仕上がったかと思います、どうぞよろしくお願い申し上げます。



でっかくて、かわいくて、かしこくて、もういない――ミック・ジャクソン『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』文庫版刊行


KM221117a

こんにちは、翻訳班のKMです。
11月18日、ミック・ジャクソン『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』文庫版が発売されます。チョコミントみたいに美味しそうな見た目が特徴です。「チョコミントは美味しくない」という意見をお持ちの方はご一報ください。夜が更けるまで語らいましょう。

KM221117b

帯を外すとこうなります。縦長のタイトルと、にょ~んと立ち上がった熊が調和していて素敵です。本書のデザイナーは藤田知子さん。デイヴィッド・ロバーツ氏の魅力あふれる挿絵の中からどれをカバーイラストに使おうか、という相談にも乗っていただきました。おや、熊の腕に抱かれているのは……?と首をかしげられた方は、ぜひ本書をぱらぱらめくり、この絵の状況をお確かめください。


●内容紹介
電灯もオイル・ランプもない時代、森を忍び歩く悪魔として恐れられた「精霊熊」。死者への供物を食べさせられ、故人の罪を押しつけられた「罪食い熊」。スポットライトの下、人間の服装で綱渡りをさせられた「サーカスの熊」――彼らはなぜ、どのようにしていなくなったのでしょう。『10の奇妙な話』の著者であるブッカー賞最終候補作家が皮肉とユーモアを交えて紡ぐ8つの物語。訳者あとがき=田内志文/解説=酉島伝法


田内志文先生が訳者あとがきで詳述されているように、現在のイギリスには野生の熊がいません。彼らがいなくなった経緯を、著者が想像力をたっぷり詰めこんで書き上げたのが本作です。虚実を軽々と行き来する文章は、奇妙で自由で、ときに微笑を誘います。なのに読み終えると、もういない熊たちの姿が切なく胸に残ります。

解説は酉島伝法先生にお願いしました。ミック・ジャクソンに負けず劣らず奇妙な小説を書かれている方ですが、解説では親しみやすい文章で、熊たちに温かい目を向けられています。一方、人間と熊の関係に向ける目は鋭く、カバーの熊についての言及には深く頷かされます。

ということで、日本にお住まいの人間と熊のみなさまも、ぜひ本書をお手にとり、英国の熊たちの歩みを見届けていただければと思います。




10の奇妙な話 (創元推理文庫 F シ 10-1)
ミック・ジャクソン
東京創元社
2022-01-19


皆勤の徒 (創元SF文庫)
酉島 伝法
東京創元社
2015-07-21


宿借りの星 (創元日本SF叢書)
酉島 伝法
東京創元社
2019-03-29

『レヴィンソン&リンク劇場 突然の奈落』、ディーヴァー『ファイナル・ツイスト』…紙魚の手帖vol.06(2022年8月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その2


 昨年本欄で紹介したリチャード・レヴィンソンとウィリアム・リンクのコンビ(《刑事コロンボ》の脚本やプロデュースで有名)の日本オリジナル短篇集の第二弾が『レヴィンソン&リンク劇場 突然の奈落』(後藤安彦他訳 扶桑社ミステリー 950円+税)だ。第一弾の『皮肉な終幕』と同じく、ひねりの効いた一〇篇が収録されている。

 妻を自殺に見せかけて殺すことに成功した男に脅迫者から電話が掛かってくる「ミセス・ケンプが見ていた」では、脅迫者と殺人者の攻防の果てに思わぬ切り札が示される。ついつい犯罪に手を染める決断をしてしまう人物を描いたのが「鳥の巣の百ドル」「最高の水族館」。二つの作品で犯罪者が迎えるそれぞれの結末を読み比べを堪能した。特に後者の結末は意外かつ辛口で忘れがたい。抜群の記憶力を持つ男が主人公の「記憶力ゲーム」と、自動車にはねられて記憶喪失になった男が主人公の「氏名不詳、住所不詳、身元不詳」が並んでいるのも嬉しい。単独で読んでも十分に愉しいのだが、続けて読むと、記憶という題材を使いこなすレヴィンソン&リンクの技巧の多彩さを体感できて、なお愉しい。

「最後のギャンブル」は、ラスベガスを訪れた夫婦の愛憎劇がなんとも奇妙なギャンブルに帰着する一篇。冒頭で示される依頼事項との呼応が抜群に鮮やかだ。最終話「ロビーにいた男」は、警察官が手配書の似顔絵とそっくりな男を発見したことから始まる物語。尋問の果ての結末が予想外の極みだ。軍の施設を舞台とする「生き残り作戦」や青春小説「ちょっとした事故」も意外な展開であり、今回の一〇篇もまた気軽に読めて満足必至の逸品(いっぴん)揃いであった。

 最後はジェフリー・ディーヴァーの新作。今年に入って、短篇集の『フルスロットル トラブル・イン・マインドⅠ』『死亡告示 トラブル・イン・マインドⅡ』と、既に二作品が翻訳刊行されているが、六月末、なんと三冊目が刊行された。『ファイナル・ツイスト』(池田真紀子訳 文藝春秋 2600円+税)である。『ネヴァー・ゲーム』(二〇二〇年)『魔の山』(二一年)に続く第三弾であり、第一期三部作の完結篇となる。

 三部作の主人公は〝懸賞金ハンター〟コルター・ショウ。父親に幼いころからサバイバル術を叩き込まれた男だ。その彼が、過去二作では解き明かされなかった父親の死の真相にいよいよ迫っていくのが本書だ。死の背後の闇に迫るだけに、〝敵〟の動きも必死になる。故(ゆえ)にショウは序盤から様々なピンチに追い込まれることになるのだ。彼はもちろんサバイバル術を駆使して危機を脱出しようとするが、今回は前二作よりも敵の攻め手が厳しく、独力(どくりょく)では対応しきれない状況も生まれる。これが第三弾ならではの激しい攻防であり、それがまずはスリリングだ。

 そのうえで、攻防に参加する顔ぶれもまた嬉しい。過去の作品で登場した悪役が敵側の重要人物として登場するし、一方でショウの味方として、彼の家族や、過去の作品で繫がりを築いた人物も登場する。要するに総力戦なのだ。そうした豊富な手駒(てごま)を得て、ドンデン返しの魔術師として知られる著者は、鮮やかに指揮棒を振る。思わぬかたちでの敵襲があり、機知に富んだ反撃がある。アクションの連続のなかで、読者の予想を裏切るというディーヴァーの才能が存分に発揮されているのだ。

 また、父の死に深く関係した〈エンドゲーム・サンクション〉なるものの正体も本作では明らかになるのだが、それはもう驚愕(きょうがく)の極みとしか言い様のないもの。さすがはアメリカの発想というべきか……。現代社会を冷静に把握(はあく)したうえでエンターテインメントに仕上げる著者の冴えを感じさせる〝正体〟であった。《リンカーン・ライム》シリーズとは異なる刺激に満ちた《コルター・ショウ》三部作、是非まとめて御賞味あれ。


■村上貴史(むらかみ・たかし)
書評家。1964年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。文庫解説ほか、雑誌インタビューや書評などを担当。〈ミステリマガジン〉に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を連載中。著書に『ミステリアス・ジャム・セッション 人気作家30人インタヴュー』、共著に『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。編著に『名探偵ベスト101』『刑事という生き方 警察小説アンソロジー』『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』がある。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり