Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

くらりがお友達から『フローリングのお手入れ法』について話を聞く



「またお友達のジャン=ジャック・ニャン吉がいなくなったニャ」
 何年か前にも「失踪?!」と騒いだら、お部屋にこもってシャルロッテ・リンクの『失踪者』を夢中になって読んでいたということがあったけど、今度は? 

フローリング1

「くらりくん、呼んだ? 失踪? ああ、そんなことがあったね。でも、今年出たシャルロッテ・リンクの『裏切り』っていうミステリもすごかった。
 あれも『失踪者』と同じで上下巻なんだけど、下巻を読まなきゃだめなんだ。あれは下巻で、「えぇええええっ!」と度肝を抜かれるミステリなんだよ。それはそうと、今読み終わったのはね、『フローリングのお手入れ法』っていうんだ」
「めずらしいニャ。ジャン=ジャック・ニャン吉(以下J=J・N)も実用書を読むんだね。年末の大掃除の準備かニャ?」
「ちがうよ、これはヘンテコな小説なんだ」

フローリング2

「あ、猫だ! かわいいニャ。ぼくも読みたい……」
「うううーーむ、くらりくんは、ショックを受けるかもしれないよ。猫が、その……、あの……、ちょっと」
「ぼくはいっぱい本を読んでいるから、どんな小説を読んでもショックなんて受けないニャ。J=J・Nだって猫だけど読んでも大丈夫だったんでしょ? じゃあぼくだって大丈夫だニャ」
「まあ、べつに読んじゃいけないと言っているわけではないけどさ」

「おおまかな内容を話すとね」とJ=J・Nは、おもむろに話し出したニャ。

 主人公のぼくは東欧のどこかの国で友人オスカーの留守宅をあずかることになったんだ。その友人のオスカーというのが、作曲家なんだけど完璧主義で、神経質で、実に細かいやつなんだ。とにかく、そのフラットたるやきれいでものが少なく、まるで人が住んでいないみたいなんだ。インテリア雑誌に出てくるようなすまい。猫を二匹飼っていて、その子たちの世話も頼まれるんだ。ストラヴィとショシィ。ストラヴィンスキーとショスタコーヴィチなんだろうね。この二匹の世話も約束させられるんだ。そして床を汚してはいけないと厳命される。
 はいはい、わかりました。まあなんとかなるでしょう……と主人公は気軽に考えて留守番が始まったんだけど、それがそれが……ことはそう簡単には運ばないのでありました。
 フラットのあちこちに、オスカーの字で書かれたメモが置かれているんだ。
 ピアノで遊ばないでほしい、猫をソファに上げてはいけない、コースターなしに飲み物を置かないで、これこれはしないように、こんなことは決してしてはいけない……等々など。
 思い出せば、学生時代から、オスカーはいつもそうだった。
 ところが、ぼくは床にワインをこぼしてしまう。そして高級で汚れひとつなかったフローリングは惨憺たることになっていくんだ。
 それどころか、猫が……。掃除のおばさんが……、あああぁぁああっ!
 この舞台は東欧らしいんだけど、どこの国かは不明。
 そこら中に仕込まれたオスカーの注意書きは、まるで、「ほら、やったね。だめじゃないか、そんなことをしては困るんだよ……」とでも言うみたいなんだ。なんだかかつての東側の監視社会を想起させるようなところがあったよ。みんなで監視し合って密告する体制……。考え過ぎかなぁ。
 もう主人公は、とんでもなく悪夢じみた状況に陥るんだ。
 どうしてこんなことに……まるでカフカのような世界……。

 実は著者のウィル・ワイルズさんは、もとは建築・デザイン関係のライターで、イギリスのデザイン雑誌「アイコン」の編集長をつとめたこともある人なんだ。
 だから、こんなに部屋にこだわっているんだよね。でも自分の部屋はちらかり放題なんだって。ほっとしたよ。
 この作品がデビュー小説で、ベティ・トラスク賞を受賞。第二作が『時間のないホテル』という作品で創元SF叢書の一冊として刊行されたけど、残念ながら今は切れているんだ。

 部屋はただの空間ではなく、精神の表出、知性の産物でもある……。われわれは部屋をつくり、部屋はわれわれをつくる。それがオスカーの信念なのだ。
 それは言えてる、と思わなくもないけど、でもホントカネ? とも思うんだ。
 ジャン・コクトーは『恐るべき子供たち』の中で二人の子供たちの世話をするメイドが子供たちの部屋の〈無秩序を台なしにすることなく掃除する術を心得ている〉ということを書いていたんだ。ぼくは子供の頃からその件(くだり)が好きでね……。日記に書き留めていたよ。

 J=J・Nは、ひどいデスクまわりで有名な編集者のお友達と暮らしているだけある意見を口にしたニャ。
 そして最後に、ポツリと言ったニャ。
「だけど、オスカーってなんなんだ。ひどいやつだよ。結局自分のことしか考えていないやつだ!」だって。

 どういうことなのかニャ? やっぱり読んでみないとわからないニャ。大掃除前にぼくも読んでみるニャ。

フローリング3

*猫のいる素敵なカバーイラストはmuranoさん、デザインは岡本デザイン室の岡本洋平さんによるものです。ウィル・ワイルズさんはこのカバーがものすごく気に入られてご自分の部屋に貼りたい!と言ってこられました。Will Wilesさんのツイッターを見ると、日本版のカバーが気に入った、とか発売日には日本の皆さん本日発売です、とかつぶやいていらっしゃいました。


フローリングのお手入れ法 (海外文学セレクション)
ウィル・ワイルズ
東京創元社
2022-10-31


パワーズ『黄金虫変奏曲』、『黄金の人工太陽 巨大宇宙SF傑作選』…紙魚の手帖vol.06(2022年8月号)書評 渡邊利道[SF]その1


 SFの魅力を表現する言葉に、〈センス・オブ・ワンダー〉というのがある。この世界を、科学理論・技術を利用したフィクションによって違う角度から見ることで生まれる驚きのことで、この場合の科学というのは自然科学だけではなくて、もっと広く社会科学だったり、単に哲学的な思弁だったりする。

 今回のイチオシ、現代アメリカ文学を代表する作家の一人リチャード・パワーズの『黄金虫変奏曲』(森慎一郎・若島正 訳 みすず書房 5200円+税)は、まさにこの「科学(理論)がもたらしてくれる驚き」の魅力を、精緻(せいち)な構造と豊穣(ほうじょう)な文章技巧で描き出した極めつけの長編小説だ。

 原題のThe Gold Bug Variationは、ポオの短編「黄金虫」The Gold Bugとバッハの『ゴルトベルグ変奏曲』The Goldberg Variationを掛け合わせたもの。「黄金虫」は宝のありかを示す暗号を解く物語で、この作品が遺伝子暗号(コード)をめぐるものであることを示唆(しさ)している。バッハの楽曲は、冒頭と最後に「アリア」を置き、その間に三〇の章(変奏)が配される小説の構成原理となり、また物語においても重要な役割を果たす。その物語は、DNAの四つの塩基(えんき)が組み合わさってどのように生命を表しているのかを、ゴルトベルグ変奏曲とのアナロジーで理解しようとする科学者レスラーをめぐって、四半世紀後に彼と知り合った若い男女、ジャン・オディとフランクリン・トッドが、その半生の謎を解こうと奮闘する、というもの。この三人に、レスラーが恋する人妻ジャネットが加わり、二つの恋物語が、まるでDNAの二重螺旋(らせん)構造のように並行して展開する。

 小説の語りは三つの時間軸に分岐(ぶんき)し、まず現在時である八五~七年、ついでトッドがオディにレスラーについて調べて欲しいと依頼し、二人の恋が始まる八三~四年、そしておそらくはオディが調べたと思われる五七~八年のレスラーとジャネットの恋。前二つは一人称、三つ目は三人称で、それがトリプレットのように組み合わされて構成されている。恋の回想と遺伝子学についてオディが理解していく道筋が渾然(こんぜん)となった物語は、遺伝子コードとゴルトベルグ変奏曲を模したアナロジーで細部にわたって遺伝学、進化論、情報科学、文学、音楽、美術、歴史などの様々な要素を膨大に盛り込んだ、豊穣な作品世界に二組のカップルの愛情の物語が花開くシンプルで美しいものだ。その核にあるのは、遺伝子の表現、あるいは翻訳としての個々の人間存在への「驚き」である。最後のアリアを読めば、どんな読者だってもう一度最初のページに戻って再読し始めるに違いない、そんな長編小説だ。

「SFとファンタジーの基本はセンス・オブ・ワンダーだ」と断言するのは、『黄金の人工太陽 巨大宇宙SF傑作選』(J・J・アダムズ編 中原尚哉他訳 創元SF文庫 1360円+税)の編者序文である。原題にサーガという言葉が入っていることからもわかるように、コミックや映画を思わせるスケールの大きい荒唐無稽(こうとうむけい)なアイディアを用いた宇宙SFのアンソロジーで、神話的、魔術的な要素がふんだんに盛り込まれた作品を多く含む十八作品を収録。


 冒頭のチャーリー・ジェーン・アンダーズ「時空の一時的困惑」は、通常の太陽系の半分の大きさで何十億もの目玉を持つ肉塊の支配者から逃げ出した単細胞と多細胞の宇宙生物カップルの話。カール・シュレイダーの表題作では、巨大な太陽レンズで氷に閉ざされた惑星を解凍し、その地に因縁のあるAIが生存者と出会う。ユーン・ハ・リーの六連合シリーズと同一世界観を背景にした「カメレオンのグローブ」のほか、ベッキー・チェンバーズやアリエット・ドボダールなど実力派の作家陣による、めちゃくちゃなアイディアを豪勢にぶち込んだ爽快な作品揃(ぞろ)いの贅沢(ぜいたく)な一冊だ。


■渡邊利道(わたなべ・としみち)
作家・評論家。1969年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。2011年「独身者たちの宴 上田早夕里『華竜の宮』論」が第7回日本SF評論賞優秀賞を、12年「エヌ氏」で第3回創元SF短編賞飛浩隆賞を受賞。


黄金の人工太陽 巨大宇宙SF傑作選 (創元SF文庫)
ダン・アブネット
東京創元社
2022-06-13


祝!加納朋子さんデビュー30周年&坂木司さんデビュー20周年記念プレゼントキャンペーン


2022年は加納朋子さんのデビュー30周年、坂木司さんのデビュー20周年のメモリアルイヤー! これを記念して、キャンペーンを開催します。
Twitterで素敵なコメントをご投稿いただいた方の中から抽選で、特製図書カードをプレゼントいたします。みなさまのご参加、心よりお待ちしております!

①図書カードサンプル画像
【特製図書カード(サンプル)】

◆プレゼント内容&当選者数
・加納朋子さん『ななつのこ』図書カード(500円)10名様
・坂木司さん『青空の卵』図書カード(500円)10名様

 ◆応募期間
・2022年11月21日(月)~12月18日(日)
 
◆応募方法
(1)東京創元社Twitterアカウント(@tokyosogensha)または東京創元社営業部Twitterアカウント(@tsogen_eigyo)で投稿された、応募対象となる企画概要ツイート(下記)をリツイート

・加納朋子さん応募用

・坂木司さん応募用

(2)応募期間内にハッシュタグと一緒に「あなたがお読みになった加納さん、もしくは坂木さんの最初の1冊とその思い出」をツイートして応募完了です
 
ハッシュタグは下記の通りです。

加納朋子さん……「 #加納朋子デビュー30周年 」※30は半角数字
坂木司さん……「 #坂木司デビュー20周年 」※20は半角数字

※加納さん、坂木さん両方の応募も、加納さんのみ、坂木さんのみの応募も可能です
※両方に応募される場合はツイート、ハッシュタグを分けてご投稿下さい
※物語の核心に触れるような内容、いわゆるネタバレはお控えくださいますようお願い申し上げます。
※ご感想は複数のツイートにまたがってご投稿されても、長文を画像化してご投稿されてもご応募可能です。
※いただいたコメントは、ホームページおよびTwitter、Facebookや広告、販促物など書籍プロモーション等で使用させていただく場合がございます。

◆ご連絡
当選された方にはTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡させていただきます。弊社アカウントをフォローする必要はございませんが、DMを受信できるよう予めご設定ください。
※当選賞品は2023年1月中旬頃発送予定です。

【個人情報の取り扱いについて】
・お預かりした個人情報は、賞品の発送以外の目的で利用することはありません。

【注意事項】
・ハッシュタグをお間違えないようにご注意ください。
・当選は各作家につき、おひとり1枚までとなります。
・当選賞品の発送は日本国内のみ、送付先をDMでご連絡いただいた方に限らせていただきます。
・投稿を非公開設定にされている方は、応募対象外となりますのでご注意ください。
・投稿を削除した場合、企画概要ツイートのリツイートを解除した場合は応募が無効となります。
・Twitterをご利用の際は、規約を遵守してください。
・当選賞品を、交換したり現金に変えることはお控えいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
・住所の記載間違いで配送できない場合は、当選を無効とさせていただきます。


また、書店様でお二人の周年を記念したフェアを開催いたします。
加納朋子さんの『ななつのこ』『魔法飛行』『スペース』、坂木司さんの『青空の卵』『仔羊の巣』『動物園の鳥』を新帯で出荷!
直筆のコメントを元にPOPも作成いたしました。ぜひ店頭でご確認の上、お買い求めください。

②加納朋子_書影画像

③加納朋子_POP画像

②坂木司_書影画像

③坂木司_POP画像

※すべて創元推理文庫
※書店店頭に在庫がない場合は、書店店頭にてご注文ください。
※ネット書店でご注文の際には、商品に帯がつかない場合がございますのでご注意ください。

【書店様へのお知らせ】
※帯つき商品は個別での出荷を行っております。
※帯つき商品をご希望の場合は帯つき希望とお申し出ください。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり