Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

アンソニー・ホロヴィッツの最新最高傑作『その裁きは死』発売前ゲラ読みキャンペーン!


2018年『カササギ殺人事件』年末ミステリランキングすべてで第1位、本屋大賞翻訳小説部門第1位、翻訳ミステリー大賞&読者賞受賞。
2019年『メインテーマは殺人』で、史上初めてすべての年末ミステリーランキングで2年連続台1位
いま最も波に乗っているといっても過言ではないアンソニー・ホロヴィッツの最新作『その裁きは死』を2020年9月に刊行します。

sonosabaki_kari

『メインテーマは殺人』に続くホーソーン&ホロヴィッツシリーズ第二作となる本書も、前作同様、至高の犯人当てミステリ。
その面白さは、弊社編集部員の下記のツイートが雄弁に語っています。


ちなみに読了後、あまりに衝撃的な真相にいてもたってもいられなくなり、時節柄、人混みを避けて一時間半も住宅街を散歩したそうです(実話)。

そんな『その裁きは死』への熱いご感想コメントを送っていただきたく、発売前ゲラ読みキャンペーンを実施します。
募集人数は30名、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

さらに今回は巣ごもり応援企画として、『その裁きは死』に加え、シリーズ第1作『メインテーマは殺人』をセットでお送りするコースも用意しました。
こちらのコースの募集人数は10名、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

どちらのコースも応募期間は、2020年7月1日(水)~7月10日(金)までです。

※ゲラ版は、最終稿前のコピーです。印刷・製本されたものではありません。ご了承ください。

【あらすじ】
実直さが評判の離婚専門の弁護士が殺害された。裁判の相手方だった人気作家が口走った脅しに似た方法で。現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた数字“182“。被害者が殺される直前に残した謎の言葉。脚本を手がけた『刑事フォイル』の撮影に立ち会っていたわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、元刑事の探偵ホーソーンからふたたび、この奇妙な事件の捜査に引きずりこまれて――。年末ミステリランキングを完全制覇した『メインテーマは殺人』に並ぶシリーズ第二弾! 驚嘆確実、完全無比の犯人当てミステリ!

■ご応募について
・応募資格
7月15日(水)頃にお送りする『その裁きは死』のゲラをお読みいただき、8月11日(火)までに感想などのコメントをいただける方

・応募URL
以下のURLのフォームからお申し込みください。

『その裁きは死』ゲラ版先読み応募フォーム

・応募期間
2020年7月1日(水)~7月10日(金)

・募集人数
ゲラ版のみのコース30名・ゲラ版+『メインテーマは殺人』のコース10名(応募多数の場合は抽選とします)

・結果発表
当選者にはメールでお知らせしたうえ、ご登録いただいたご住所へゲラをお送りします。

・コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2020年8月11日(火)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書籍の帯、書店用POP、チラシ等の販促物の他、ホームページおよびTwitter、Facebook等で使用させていただく場合があります(コメント締切の8月11日の前よりご紹介させていただくことがございます)。

※ご自身のブログ、Twitter等への書き込み・ご紹介については大歓迎いたします。変更がある可能性がございますので、ゲラからの本文の引用はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


■書誌情報
  • タイトル:『その裁きは死』
  • 著者 :アンソニー・ホロヴィッツ
  • 訳者 :山田蘭訳
  • 判型:創元推理文庫
  • 予価:1,210円 (本体価格:1,100円)
  • ページ数:464(予定)
  • 装幀:Will Staehle / 中村聡
  • 刊行:2020年9月上旬予定

■著者紹介

アンソニー・ホロヴィッツ/Anthony Horowitz

イギリスを代表するミステリ小説家。代表作であるヤングアダルト向けのアレックス・ライダー・シリーズは世界中で1900万部以上売れている。テレビドラマの脚本家としても定評があり、英国アカデミー賞に輝いた『刑事フォイル』をはじめ、人気作品を数多く手がけた。最近では伝統あるオールド・ヴィック劇場の理事に就任し、様々な全国紙や雑誌に定期的に寄稿するなど、幅広く活躍中。2014年1月、文学活動における功績を認められ、大英帝国勲章のオフィサー(OBE)に叙させられた。007やシャーロック・ホームズの新作を、著作権者公認で手掛けている。

■訳者紹介

山田蘭/Lan Yamada
英米文学翻訳家。アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』『メインテーマは殺人』、D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』、ポール・ギャリコ『トマシーナ』、ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』、ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』など訳書多数。

カササギ殺人事件 上 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2018-09-28

カササギ殺人事件 下 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2018-09-28

メインテーマは殺人 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2019-09-28



【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8202(fax 8240)
tss@tsogen.co.jp

《フレドリック・ブラウンSF短編全集》1~3巻の収録作リストを大公開


奇抜な着想、軽妙なプロットで、短編を書かせては随一の名手。1963年には『未来世界から来た男』で創元SF文庫の記念すべき第一弾を飾ったフレドリック・ブラウン。
その多岐にわたる活躍の中から、111編のSF短編すべてを完全新訳で、年代順に収めた決定版全集・全4巻。

その第3巻『最後の火星人』が、7月13日に単行本で刊行されます! 「スポンサーからひとこと」など代表作をはじめ、本邦初訳5編を含む16編を収録。


と、全4巻の折り返し地点を過ぎたところで、これまでの収録作をリストにしてみました。「旧題」とあるのは、以前に創元SF文庫などに収録されたときのタイトルです。
すでにブラウンに馴染みのある方でも、けっこう未読の作品や、忘れている作品があるのではないでしょうか? 完全新訳の全集刊行を機会に、ぜひもう一度フレッシュな新訳でお楽しみいただければと思います。
もちろん、これが初めてのブラウンという方にも、今回のアップデートされた新訳はおすすめですよ!


●第1巻『星ねずみ』(1941~44年)
原題新訳邦題旧題
Armageddon最後の決戦(ハルマゲドン)悪魔と坊や
Not Yet the Endいまだ終末(おわり)にあらず身代わり
Etaoin Shrdluエタオイン・シュルドゥル諸行無常の物語
Star Mouse星ねずみ星ねずみ
Runaround最後の恐竜最後の恐竜
The New One新入り新しい神
The Angelic Angleworm天使ミミズミミズ天使
The Hat Trick帽子の手品帽子の手品
The Geezenstacksギーゼンスタック一家人形
Daymare白昼の悪夢白昼の悪夢
Paradox Lostパラドックスと恐竜恐竜パラドックス
And the Gods Laughedイヤリングの神かくて神々は笑いき

●第2巻『すべての善きベムが』(1944~50年)
原題新訳邦題旧題
Nothing Sirius不まじめな星シリウス・ゼロは真面目にあらず
The Yehudi Principleユーディの原理ユーディの原理
Arena闘技場闘技場
The Waveriesウェイヴァリーウァヴェリ地球を征服す
Murder in Ten Easy Lessonsやさしい殺人講座全十回殺人十課
Pi in the sky夜空は大混乱狂った星座
Placet Is a Crazy Place狂った惑星プラセット気違い星プラセット
Knockノックの音がノックの音が
All Good BEMsすべての善きベムがすべて善きベムたち
Mouseねずみ
Come and Go Madさあ、気ちがいになりなさいさあ、気ちがいに
Crisis, 1999一九九九年の危機一九九九年
Letter to a Phoenix不死鳥への手紙不死鳥への手紙
Vengeance Fleet報復の艦隊報復宇宙船隊
The Last Train最終列車終列車

●第3巻『最後の火星人』(1950~51年)
原題新訳邦題旧題
Entity Trap存在の檻不死身の独裁者
Obedience服従不滅の巨像
The Frownzly Florgelsフラウンズリー・フロルゲルズ(本邦初訳)
The Last Martian最後の火星人最後の火星人
Honeymoon in Hell地獄のハネムーン地獄の蜜月旅行
Mitkey Rides Again星ねずみ再び星ねずみの冒険
Six-Legged Svengali六本足の催眠術師(本邦初訳)
Dark Interlude未来世界から来た男未来世界から来た男
Man of Distinction選ばれた男選ばれた男
The Switcheroo入れ替わり(本邦初訳)
The Weapon武器武器
Cartoonist漫画家漫画家とスヌーク皇帝
The Domeドームドーム
A Word from Our Sponsorスポンサーからひとことスポンサーから一言
The Gamblers賭事師(本邦初訳)
The Hatchetman処刑人(本邦初訳)

多くのミステリ・マニアを魅了しつづけてきた、ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』を名手の新訳で


 ガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』を読んでいないミステリ・ファンは、「ミステリ・ファン」を名乗れないのではないでしょうか?
 それほど、このタイトルはミステリ史上に燦然と輝いています。
 たとえば、1995年刊の瀬戸川猛資編『ミステリ絶対名作201』(新書館〉では、「本格」、「ハードボイルド&警察」、「サスペンス&スパイ」、「その他」と分けて、それぞれの絶対名作の作品解説をしていますが、その「本格」部門で取り上げられた『黄色い部屋の謎』について松坂健氏は「そのトリックのナチュラルさから言っても、密室ものの古典たる位置は揺るぎないように思える」と書いていらっしゃいます。そして「今は『オペラ座の怪人』の原作者として知られるルルーだが、我々にはいつまでも『黄色い部屋…』のルルーであろう」とも。ただ、残念ながら、瀬戸川氏は、フランス・ミステリには厳しい方だったので、ルルーも『オペラ座の怪人』のほうに軍配を上げ、それでもミステリ的興奮とはちがう、と『夜明けの睡魔』(創元ライブラリ)では述べておられました。
 
 2013年の週刊文春臨時増刊『東西ミステリー ベスト100』の海外編を見ると、『黄色い部屋の謎』は28位にランクインしています。ちなみに『シャーロック・ホームズの冒険』(1892年)が3位、ポオの『モルグ街の殺人』(1841年)は34位、『バスカヴィル家の犬』(1902年)が47位でした。

 しかし、そんなことより、かのジョン・ディクスン・カーが『三つの棺』の密室講義中で、本書を、史上最高のミステリと称えているのです。S・S・ヴァンダインも傑作長編推理小説7作を選んでいますが、その一冊に『黄色い部屋』を挙げていますし、江戸川乱歩も両大戦間のミステリ・ベスト10では2位の座を与えています。

 フランス人の本格マニア(仏人としては極めてめずらしい) ロラン・ラクルブ Roland Lacourbe は、『密室ミステリ99 99 Chambres closes(ENCRAGE 1991)で、イズレイル・ザングウィルの『ビッグ・ボウの殺人』から現代のポール・アルテ『第四の扉』までの99作品の中に、アガサ・クリスティ『ポワロのクリスマス』、エラリイ・クイーン『チャイナ橙の謎』、ジョナサン・ラティマー『処刑六日前』、F・W・クロフツ『二つの密室』、ピーター・アントニイ『衣裳戸棚の女』、アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』等々とともに、本書を挙げています。ちなみに同書の表紙には、Editions Pierre Lafitte 版の『黄色い部屋の謎』の表紙があしらわれています。

99chambrescloses


 なんといっても〈密室〉と〈人間消失〉というふたつの要素が、ミステリ・ファンの心を鷲掴みにするのだと思います。
                      
 この絶対的必読書の新訳版には旧訳版にはなかった、ジャン・コクトーによる「序」も収録されています。
 コクトーはかつて、フレイドン・ホヴェイダの『推理小説史』(1960東京創元社 福永武彦訳、81年三輪秀彦訳『推理小説の歴史はアルキメデスに始まる』と改題 キイ・ライブラリ)にも序文を寄せていますから、ミステリというジャンルに強い共感を抱いていたのだと思います。
 同書の序文中で「私は推理小説のなかに別のものを、現代の小説家(1955年の時点での――筆者)の製作するものをはるかに上回る、内的な力とスタイルとを(つまりは魂の認識を)見つけ出します」と書き、そしバリンジャーやアイリッシュやスピレーンの名を挙げて、彼らの作品では「全体の動きにも細部の描写にも、一種の天才が閃き出ているのに、それが通俗小説の分野に属するからといって、馬鹿にする人があるとは驚いたものです」(三輪秀彦訳)と述べていました。
 本書『黄色い部屋の謎』の「序」では「ファントマのマントに包まれて小さな世界で活躍する作家たちを心ゆくまで愛そうではないか。わたしが《愛する》という言葉を使ったのは、それが知識人たちに見すごされがちだからである。しかし、真の賞賛とは愛の一形態、つまりは身を焦がす性的な欲望にほかならない。(……)そうした欲望のありかたこそ、精神が作品にもたらす賞賛を皮相な芸術趣味(ディレッタンティスム)から画するための徴(しるし)なのだ」と述べています。
 なるほど、詩、小説、評論、戯曲、映画、絵画など幅広い創作活動をしたコクトーならではの見識と愛だと思えます。
『深夜の散歩』(創元推理文庫)でミステリ・ファンにも知られる作家中村真一郎の『読書日記』(1988.1.1 ふらんす堂)には十二月三十一日の日付で、「コリンズの競争者だった、フランスのガストン・ルルーを、まず『黄色の部屋』から覗いてみる。ジャン・コクトーの序、才気縦横。ルルーの文体の平易で、現実を落ちついて突き抜けて行く力、上等の娯楽小説」とあります。
「娯楽小説」の言葉はありますが、コクトーの序に胸を躍らせ、ルルーの力を認めているのは明らかですから、ジャンルへの愛が伝わってきます。

 というわけで(?)これだけ長い間、多くのミステリ・ファンを魅了しつづけてきた『黄色い部屋の謎』を名手の新訳で是非お楽しみください。

 カバーは、クラフト・エヴィング商會にお願いしました。かつての創元推理文庫を御存じの皆様なら、懐かしさを覚えるにちがいない、それでいて、まさしくクラフト・エヴィング商會デザイン以外の何物でもない、垢ぬけて洒落たカバーになりました。これほどのオマージュ作品はないと言っても過言ではありません。ありがとうございました。(編集部M.I)

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり