Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

「私の一冊」市川憂人(佐々木丸美『雪の断章』)


『ミステリーズ!』の人気連載、「私の一冊」。東京創元社の文庫作品から、著者が思い入れのある一冊について語るブックエッセイです。
 今回は、『ジェリーフィッシュは凍らない』文庫版が好評を博し、3月に〈マリア&漣〉シリーズ第2弾、『ブルーローズは眠らない』文庫刊行を控えている、市川憂人さんのエッセイを再掲載します(『ミステリーズ!vol.85』2017年10月号より)。

*****************

「私の一冊」
佐々木丸美『雪の断章』
市川憂人
ロマンスと推理の美しき融合

 私がまだ一介の同人(どうじん)物書きだった頃、青崎有吾先生の前で本作を熱く語ったところ後に新聞で取り上げていただいたという、色々な意味で思い出深い名作である。

 孤児の少女が青年と出逢い、想いを育(はぐく)んでいく十数年間のラブロマンスなのだが、瑞々(みずみず)しい描写と濃密なストーリー、そして謎解きの本格度合いが尋常でない。

 虐(いじ)めに遭い、青年に救われ、自分を虐(しいた)げた姉妹と再会し、かと思ったら片方が殺害され疑いの目を向けられて……と、ページをめくるたびに次々と物語が展開する。 

 しかもここまでは序盤。本作の目玉のひとつは、ラブロマンス主体でありながら相当に「ガチ」な推理が繰り広げられ、意外な(!)犯人が示されてしまう点にある。この推理シーンは中盤のクライマックスであり、謎を解いてしまった少女の以後の苦悩へと繫(つな)がっていく。

 前半以上に山あり谷ありの後半を経て最後、犯人の語る「殺人とはいったい何か」以下の台詞(せりふ)も胸を抉(えぐ)る。

 一編の確固たる謎解きを、最上級のストーリーに織り込んだ傑作である。







グラスバードは還らない
市川 憂人
東京創元社
2018-09-12


ヴァルガス『ネプチューンの影』、ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』…「ミステリーズ!98号」(2019年12月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2


 フレッド・ヴァルガス『ネプチューンの影』(田中千春訳 創元推理文庫 1400円+税)は、アダムスベルグ警視シリーズの長篇であり、CWAのインターナショナル・タガー賞と、813賞を受賞した。
 アダムスベルグ署長は、海神(ネプチューン)の三叉槍(トリダン)で刺されたような傷がある死体が連続して発見されたことに気が付く。その手口は、30年前に署長が弟を失うことになった未解決事件と同じだった。アダムスベルグは自身が犯人と目した人物との関連を疑い、警察内部の誰もが連続殺人に懐疑的な中、捜査に着手する。
 
 かくして、アダムスベルグ自身の事件、という性格が強まった矢先に、何とアダムスベルグたち捜査チームは、カナダのケベックに研修のため出張してしまうのだ。確かに冒頭でこの出張の話が出て来てはいましたよ? しかしいよいよ物語が本格始動するかというタイミングで、さらっと、予定どおり出張が挙行されるのには驚いた。しかも出張先での話が長い! 

 事件とは全く関係なさそうなエピソードが次々展開される。飛行機を怖がる部下、モントリオールの演奏会でヴィオラを弾くアダムスベルグの元恋人、自然の中に分け入っての研修用試料の採取、同地で出会った女性とのベッドインなどなど、いや読んでいて楽しいですけど何だこれ。おまけに出張先のケベック人(フランス語話者)の会話は、なぜか九州弁で翻訳されていて、雰囲気が独特。

 一向に帰国するエピソードに移りそうにもないし、先行きを不安だなあ……と読者が思い出した頃に、とんでもない事態が発生する。そこから先、物語は怒濤(どとう)のように進み始める。その先は実際に読んでくれとしか言いようがない。でもこの定石(じょうせき)の外し方、大好きです。

 最後は正統派の謎解きミステリ、アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』(山田蘭訳 創元推理文庫 1100円+税)を紹介して締めよう。
『カササギ殺人事件』で大評判をとったホロヴィッツの新作は、現代を舞台にした新シリーズである。ワトソン役の登場人物はアンソニー・ホロヴィッツ本人で、元刑事の探偵ホーソーンから、ある殺人事件の捜査に同行してそれを本にまとめないかと提案される。被害者は資産家の老婦人であり、彼女は自らの葬儀の手配をした当日に殺害されたのだ。映画の仕事が反故(ほご)になった(スピルバーグが登場して台詞すら喋ったのは驚いた)こともあって、その話に乗ったホロヴィッツは、しかし癖の強いホーソーンと何度も衝突する。

 フェアプレイに徹した書き方が見事である。ヒントは全て明確に記載されており、真相が明かされた時、読者は膝を打って感心するか、額に手をやって気付かなかった自分を悔しがるだろう。また、謎解き特化型の小説が陥りがちな罠「中盤が退屈になりやすい」を回避している点も特筆したい。探偵役(ホーソーン)と助手役(ホロヴィッツ)の関係性がいいのだ。

 二人は共通点が少なく、人生その他に関するものの考え方も相違ばかりであり、喧嘩(けんか)が多い。人間関係としては紛れもなく対立的であるといえよう。しかし相互信頼がなくはない。プライベートを隠すホーソーンの人間としての顔が後半になるとはっきり見えても来て、これらが、本書に読み応えと味わいをもたらす。本格ミステリが読みたい、でも僅(わず)かでもかったるいのは嫌、という我儘(わがまま)な人にもおススメできる。

オンダーチェ『戦下の淡き光』、トルーヘン『七人の暗殺者』…「ミステリーズ!98号」(2019年12月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1


「馥郁(ふくいく)たる余情」、こう書いて評を終わらせたくなる小説に出会った。マイケル・オンダーチェ『戦下の淡き光』(田栗美奈子訳 作品社 2600円+税)にそのような余情をもたらすのは、語り口(ナラティブ)である。主人公ナサニエルは、14歳もしくは28歳と若いけれど、述懐の雰囲気が老成すらしている。美しく整えられた文章には、懐旧の情を主軸とした様々な情感が静かに乗せられていく。隅々まで主人公の呼吸が行きわたる中、読者は彼の来し方を共に振り返ることができるのだ。
 第一部は1945年の戦時下ロンドンが舞台である。ナサニエルは、戦時下に両親が仕事で海外に行くということで、ロンドンに姉と残され、彼らの世話をしてくれる男《蛾》と自宅で同居を始める。《蛾》の仲間と思(おぼ)しき人間が入れ替わり立ち替わり家にやって来るのだが、彼らは悉(ことごと)く胡散臭(うさんくさ)い。ナサニエルは彼らとの出会い、交流、別れを経験し、やがて同年代の少女と恋に落ちる。充実する生活。だがそれは唐突に断ち切られる。

 続く第二部は時代が飛び、ナサニエルは28歳になっている。政府機関の職務に就いた彼は、戦時下の母の行動を調べる。第一部で密(ひそ)かに張り巡らされていた伏線が次々と開花し、真実が明らかとなる中、ナサニエルの語りは遂に一人称を飛び出し、三人称で母の過去を幻視するに至る。

 小説というものが人間を描くものだとすれば、本書は完璧な小説である。ナサニエルも兄も母も《蛾》も恋人も、父代わりの胡散臭い人物も、その人格が鮮(あざ)やかに立ち現れる。追憶という名のヴェールを付けているからか、描写のいちいちが美しい。本書の全てが、読者の心に染み渡る。

 作者オンダーチェは、1943年生まれのカナダ在住作家で、代表作は『ビリー・ザ・キッド全仕事』『イギリス人の患者』などである。後者はブッカー賞を受賞した他、50年の歴代受賞作品の中から、ファン投票により「ゴールデン・ブッカー賞」に選ばれた。かような作家が、ミステリと呼べる小説を書いたのは幸運である。

 静かに語り口を味わうのが『戦下の淡き光』だとすると、エイダン・トルーヘン『七人の暗殺者』(三角和代訳 ハヤカワ文庫NV 1040円+税)では、読者は語り口の暴威の前にサンドバッグとなる。


 主人公のドラッグ・ディーラー、ジャックの一人称の語り口がとにかく饒舌(じょうぜつ)なのである。そして自己主張が激しい。階下に住む老女が殺害される。ジャックはこれを縄張り荒らしだと一方的にみなして、《落とし前》を付けさせるべく、凄腕暗殺者集団《セヴン・デーモンズ》との対決に雪崩(なだ)れ込む。別にそんなことをする義理も必要もない上に、あなた殺し屋じゃなくて薬の販売人ですよね、などと私は思うのだが、ジャックの辞書に遠慮や容赦の文字はなさそうである。様々な策を弄(ろう)して周囲の状況を振り回すのはもちろん、地の文でも極限なまでの饒舌を弄し、どんな場面でも長々と勢いよく自分語りを披露する。そして他の登場人物の台詞(せりふ)は全て地の文に埋め込む。

 つまり本書にはカギカッコ「」が存在せず、文章これ全てジャックの独白なのだ。他の人物もかなり喋(しゃべ)っているにもかかわらず、「」は与えてもらえないのだ。加えて、ジャックは実際の対人態度もえげつなく、相手を煽(あお)っているとしか思えない言動が頻発する。当然、ジャックは人によく逆上されている。えげつないのは言葉のみならず、敵に対する攻撃も徐々にエスカレートし、頭脳戦も激しさを増す。何もかもが終始ハイテンションで進み、その象徴が語り口なのである。その猛威に酔おう。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり