Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

新人編集者Kの体験記「書を持ちながら街に出よう」第3回


こんにちは、新人編集部員のKJです。

先週あたりからずいぶん涼しくなったように感じます。暑いと全然寝られないのでとても助かります。
9月は10月刊行の『ミステリーズ!vol.103』周りの仕事を少しづつ任せてもらい、中々忙しい月になりました。
今号には第17回ミステリーズ!新人賞受賞作が掲載されています。
何と今年は受賞作が2作! 全く異なる雰囲気の2作となっており読み応え抜群のミステリーズ!となっています。ぜひ、ご一読を!

ミステリーズ!Vol.103
市川憂人ほか
東京創元社
2020-10-10


ミステリーズ!の作業が落ち着いた9月末、半年以上ぶりにお笑いライブを見に行ってまいりました。
第7回Aマッソ単独ライブ『モノッソ・カーカー』、ネタの詳細には触れませんが、とても面白いライブでした。
警察による聞き込み調査をするコント、ミステリー作家をラジオの放送作家につける漫才など、ミステリー的要素を見出しつつ楽しんでいました。個人的には一本目の漫才、加納さんが首都高の誉れは物流を支えている旨のツッコミが印象的でした。今年の3月に刊行された『東京ホロウアウト』を彷彿とさせる漫才でした。

東京ホロウアウト
福田 和代
東京創元社
2020-03-19


もう一つ印象的だったのは映像漫才です。
加納さんソロライブ『Bマッソ』での映像ネタが最高だったので、新しい映像漫才が見られてうれしかったです。ニコニコ動画風コメントが流れた際、ヒコロヒーさんの名前が出た瞬間に会場が沸いていました。やっぱりみんなレイコーラジオ聞いてるんだ……と実感できて気持ちよかったです。
そしてMBSラジオと音声配信サービスradiotalkでAマッソ冠ラジオ番組が決定しました! おめでとうございます! ファン待望のAマッソ冠ラジオ……週の楽しみが増えました。
10月13日(火)いっぱいは単独ライブの配信チケットが購入可能ですので気になった方はぜひご覧になってください! 

そしてこの日はキングオブコント2020の放送日でもありました。
ついに……ついにジャルジャルが賞レースで優勝しました。文句なしの結果だと思いますし、他の出場者のネタも面白く、とても良い大会だったと思います!
これで来年の大会ではジャルジャルを見られなくなるのでしょうか……少し寂しい気もしますがとてもおめでたいです!
一番印象に残っているネタはニューヨークの一本目です。ローランド・カークやディック・ヘクストール=スミス、あるいはジェイコブ・コリアーを彷彿とさせるマルチプレイヤーっぷりは衝撃でした。
フタリシズカの横井かりこるさんも、ABCお笑いグランプリでボイパをしながら鼻でリコーダーを吹く特技をネタに組み込んでましたし、お笑いにマルチプレイヤーの風が吹き込んでいるのでしょうか。今後も注目していきたいです。

今回は珍しく仕事の話も書いたので個人的に満足しています!
次は締め切り通り提出できるよう頑張ります。それでは次回、よろしくお願いいたします。

五通りの目撃証言の謎をロジカルに解明する、第30回鮎川哲也賞受賞作! 千田理緒『五色の殺人者』


近年、『ジェリーフィッシュは凍らない』『屍人荘の殺人』『探偵は教室にいない』『時空旅行者の砂時計』といった、ミステリランキング上位の話題作を送り出してきた、鮎川哲也賞。その記念すべき第30回受賞作は、選考委員の満場一致で決定し、「これぞ本格ミステリ!」という謎解きの楽しさに満ちた傑作ミステリです。


何と言っても最大の魅力は、「犯人の服の色の目撃証言が五通り」という、シンプルだけれど本格ミステリらしい謎が描かれ、その不可解な状況にロジカルな解決が出される点。「なぜ、同じ部屋にいたのに、五人の目撃証言が食い違うのか?」というあり得ない事件に対し、「そうか!」とアッと驚く推理が描かれます。応募原稿を読んだ時に味わった、不可能犯罪の霧が晴れる快感は最高でした! 

また、リーダビリティが高く読後感も爽やかなので、ミステリ初心者にもオススメ。加えて、主人公は等身大の25歳の女性。個性的な利用者たちや同僚の協力で、事件に懸命に立ち向かっていく健気さがあり、応援したくなること間違いなしです。

目印は、有村佳奈さんが描くカラフルで艶やかなカバーイラスト。筋金入りのミステリ読者も、ミステリ初心者も満足保証の『五色の殺人者』を、ぜひお見逃しなく!

*****************

高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじ みずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の服の色についての証言は「赤」「緑」「白」「黒」「青」と、なぜかバラバラの五通りだった! ありえない証言に加え、見つからない凶器の謎もあり、捜査は難航する。そんな中、メイの同僚・ハルが片思いしている青年が、最有力容疑者として浮上したことが判明。メイはハルに泣きつかれ、ミステリ好きの素人探偵として、彼の無実を証明しようと奮闘するが……。
不可能犯罪の真相は、切れ味鋭いロジックで鮮やかに明かされる! 選考委員の満場一致で決定した、第30回鮎川哲也賞受賞作。






探偵は教室にいない
川澄 浩平
東京創元社
2018-10-11


時空旅行者の砂時計
方丈 貴恵
東京創元社
2019-10-11

佐藤さくら〈千蔵呪物目録2〉『願いの桜』刊行を記念して 第1巻『少女の鏡』を10名様にプレゼント!


千蔵朱鷺は、一見十五、六歳の美少年、そして相棒の冬二は一見大型犬だ。だが、彼らは普通の人間と犬ではなかった。呪いのかかった品物を集め、管理する役割を担っている千蔵一族の生き残り(訳あって途絶えてしまった)なのだ。朱鷺はとある事件で散逸してしまった呪物をふたたび集めるために、冬二と一緒に旅をしている。そんな彼らが出会ったのは、鏡からでてくるドッペルゲンガーや、願いを叶えてくれる桜にまつわる奇妙な出来事……。

著者は『魔導の系譜』(現在マグコミでコミック連載中)で第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞を受賞した佐藤さくら先生。『魔導の系譜』にはじまる〈真理の織り手〉の4部作とはひと味違う、現代の日本を舞台にした、絆と成長のファンタジイ新シリーズです。




今回2巻『願いの桜』の刊行を記念して、1巻『少女の鏡』を10名にプレゼントします。


応募方法は、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ!


※応募締切は10月12日(月)昼12時です!
※該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から、「10名様」を抽選で選ばせていただきます。
※ご当選者のみに、10月14日(水)12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使ってご連絡差し上げます。書籍をお送りするため、ご住所とご本名をお伺いいたします。ご了承のほど、お願い申し上げます。

たくさんのご応募、お待ちしております!









東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり