Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

陳浩基『ディオゲネス変奏曲』、フィツェック『座席ナンバー7Aの恐怖』、アルボル『終焉の日』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その2


 というわけで、前項の『アイル・ビー・ゴーン』は、密室などの謎(奇想)や、トリック・推理(ロジック)の人工臭を全く感じさせず、その要素を取り入れた作品であった。これと対照的なのが、陣浩基の16作から成る短篇集『ディオゲネス変奏曲』(稲村文吾訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1700円+税)である。


 たとえば冒頭の「藍(あい)を見つめる藍」。主人公らしき人物が、若い女性のブログを隅から隅までチェックし、個人情報を特定していく。その行為はストーカーにしか見えず、それは遂には具体的な犯罪にエスカレートしてしまう。しかしこの物語は、見かけ通りではない意外な真相を擁(よう)する。作者は書き方に工夫を凝らし、叙述トリックを仕掛けることで、真相を隠す。

 ここで指摘したいのは、トリックが作品に対する読者の印象を決定付けていることだ。それは作話上の技術である以前に、この小説の構成・構造、もっと言えば価値そのものである。つまり、コンセプト/アイデアそのものが、生(なま)のままで、評価対象となるのだ。一方で、情景描写に依拠する要素――本作ではストーキング行為の気色悪さや、クライマックスまで途切れないサスペンス――は、副次的な要素に止(とど)まる。

『ディオゲネス変奏曲』所収の短篇は、ほぼ全て、このように、作者のコンセプト/アイデアが露出しており、それを作品の要(かなめ)、根幹としている。

 本書の所収短篇はバリエーション豊かだ。叙述トリック以外の手も多数使われている。戦隊ものの悪の組織で怪人殺しが起きる「悪魔団怪(殺)人事件」、受講生に紛れ込んだ教授の助手が誰かを推理する「見えないX」は、犯人当て(フーダニット)として完成度が高く、特に後者は本書の白眉(はくび)を成す。「頭頂」「時は金なり」「珈琲(コーヒー)と煙草(たばこ)」は、オチに捻(ひね)りが利いた怪奇幻想譚だし、「作家デビュー殺人事件」は、推理作家の志望者が、実際に殺人を犯せと焚きつけられる倒叙ものだ。ジャンルはバラバラ、物語の雰囲気もさまざまで、作者・陳浩基の抽斗(ひきだし)の多さには感心する。ただしいずれも、基本的な着想や構成が、作中でシンプルかつ明確に示され、感傷、文章表現、物語背景、人物造形等で魅せようとしていない点では見事なまでに一致している。登場人物も、必ずしもその人物像でなければならなかったわけではなく、全く別の人間に設定しても、話としては機能した、という作品が非常に多い。

 誤解して欲しくないが、こういう仕上がりになった原因は、筆力不足ではなく、明らかに作者の意図だ。論より証拠、作者の前作『13・67』は、本質こそ本格ミステリであったものの、香港小説、歴史小説そして警察大河小説としても十分読めた。今回はより純化が図られており、着想それ自体を物語の表面に露出させている。

 こういった作品は、国内の本格ミステリには多いが、翻訳ミステリでは長らく希少種だった。しかし近年は、極東地域で次第に勢力を伸ばしてきた。『ディオゲネス変奏曲』は、その頂点の一つだろう。

 さてここで、仕掛け自体もさることながら、その処理方法が凄い作品として、セバスチャン・フィツェック『座席ナンバー7Aの恐怖』(酒寄進一訳 文藝春秋 2250円+税)を挙げておきたい。
 ブエノスアイレス発ベルリン行きの超長距離便に乗り込んだ精神科医クリューガーは、ベルリンにいる出産間近の娘を人質にとられ、搭乗している飛行機を落とせと命じられる。彼は、元患者の客室搭乗員チーフの暗い過去を蒸し返し、凶行の実行犯として操る準備を始める一方、密(ひそ)かに、ベルリン在住の元恋人に連絡を取って、助けを求める。

 ストーリーは二転三転し、息をつかせない。特に機内のパートは圧巻だ。あんなに狭い閉鎖空間で、新たな展開をよくここまで次々に繰り出せるなと感心する。過去の出来事を小出しにして、緊張感をじわじわ上げていく手法も心憎い。

 ビクトル・デル・アルボル『終焉の日』(宮﨑真紀訳 創元推理文庫 1400円+税)は、仕掛けの結果として現れる人間ドラマが強い印象を残す。


 スペイン民主化直後の1980年、弁護士マリアは、自分に名声をもたらした4年前の事件が、実際には陰謀によるものだったと知る。その陰謀が、再び動き始めた。

 この一方で、40年前のフランコ政権下で起きたある一家の悲劇が、当時の人物の視点から語られる。作者は、時に隔(へだ)てられた二つの物語を呼応させ、徐々に、両者の関係を明らかにしていく。複雑に絡み合った人間関係と、数奇な宿命の果てに、過去と現在、双方の人々の深い悲哀が現れる。しかも底に渦巻くのは間違いなく怨恨。「恩讐の彼方(かなた)」にならぬ、「怨讐(えんしゅう)の彼方」に、と呼びたくなる作品だ。

マッキンティ『アイル・ビー・ゴーン』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 酒井貞道[翻訳ミステリ]その1


 80年代北アイルランドを舞台とするエイドリアン・マッキンティの〈刑事ショーン・ダフィ〉シリーズは、対立する現地カソリック住民と体制側との狭間に主人公を配置し、法の秩序が行き届かない、社会の闇を克明に描き出す。登場人物の描写も豊饒(ほうじょう)かつ克明であり、彼らの個性を、実存感豊かに浮かび上がらせている。警察小説というより、社会派ノワールと呼ぶのが相応(ふさわ)しい。そんなリアルなシリーズの第三作『アイル・ビー・ゴーン』(武藤陽生訳 ハヤカワ文庫HM 1180円+税)で、何と密室殺人が出現した。


 物語序盤で辞職させられたショーンは、復職の見返りに、保安部(MI5)の要請どおりに、IRAの大物である旧友ダーモットを探すことになる。その捜査過程で会った、ダーモットの元妻の母メアリーは、4年前に次女リジーを殺した犯人を突き止めてくれたら、ダーモットを差し出すと申し出た。

 この4年前の事件が密室殺人なのである。一家で営むパブで、営業終了時刻まで一人居残っていたリジーは、首を折って死んだ。遺体発見時にパブの扉は全て施錠されており、窓は全て格子が入っていたということだ。この謎にショーンは挑み、見事トリックを暴いて、真犯人を名指しする。この顛末(てんまつ)だけを見れば、どこからどう見ても完全に密室ミステリだが、それ以外の部分は全て、警察小説および暗黒小説以外の何物でもないのである。

 ショーンの言動はアンダーグラウンドな社会との親和性が高いし、警察内/行政組織内の立場にはハラハラさせられる。ダーモット関連の主筋は緊迫感満点で、特に後半、爆破テロの防止にショーンが孤軍奮闘する展開は手に汗握るものだ。また常に《80年代》《北アイルランド紛争》ならではの空気感・風俗風習が濃厚に充満しており(取材量が凄そうだ)、時代小説としても素晴らしい。その中に密室殺人を違和感なく埋め込む。

 作者に本格ミステリを書いたという認識は微塵(みじん)もないだろうが、本書は、本格ミステリではない小説に、いかに違和感なく本格ミステリの意匠を持ち込めるかの、古今稀(まれ)な成功例となった。世の警察小説好き、ノワール好き、本格ミステリ好き全てに読んでもらいたい作品である。







『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』の著者の日本オリジナル短編集! 『休日はコーヒーショップで謎解きを』著者まえがき


お気に入りのコーヒーみたいに、
ミステリがもっと好きになる。

『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』の著者の日本オリジナル短編集!

「事件を解決するのは警察だ。ぼくは話をつくるだけ」そう宣言しているものの、実はさまざまな事件に遭遇して謎解きをしているミステリ作家シャンクスの活躍を描いた『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』の著者の、新しい短編集がいよいよ刊行となります! 『日曜~』がご好評をいただきまして、短編集第二弾を刊行できることになりました。翻訳者の高山真由美先生が、《アルフレッド・ヒッチコックス・ミステリ・マガジン(AHMM)》《エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン(EQMM)》などに掲載された短編を読んで、9作を選んでくださいました(詳しくは「編訳者あとがき」を読んでいただければ幸いです)。

この作品集にはシャンクスは登場しませんが、軽やかで粋でおしゃれなロプレスティ氏の魅力は共通しています。休日に、コーヒーとお菓子を味わいつつゆったり読めること間違いなしです! ツイストの効いた作品から読みごたえたっぷりのヒストリカル・ミステリ、詩人探偵(!?)がコーヒーハウスで謎解きを繰り広げる正統派推理短編まで、バラエティ豊かなミステリの世界を楽しんでいただけますと幸いです。

日本オリジナル短編集ということで、著者のロプレスティ氏には『日曜~』で好評だった「まえがき」と、各短編の自作解説「著者よりひとこと」をご執筆いただきました。そして、今回は「まえがき」を特別に先行公開いたします!

読めばますますミステリを好きになる、そんな素敵な短編集です。
どうぞよろしくお願いいたします!

* * *

ロバート・ロプレスティ Robert Lopresti

まえがき

 人は二つの場所に同時にいることはできない、とはよくいわれることだ。そんなことはないのに。
 それが初めて自分の身に起こったときのことははっきりと覚えている。ある晴れた夏の日の午後だった。わたしは九歳で、家族と暮らすニュージャージー州プレインフィールドの家のポーチに座っていた。そしてまさにそのおなじ瞬間に、十九世紀の寒い朝のロンドンにもいた。
 両方の場所で、わたしは次の言葉に遭遇していた――「ホームズさん、それは巨大な犬の足跡だったのです」(『バスカヴィル家の犬』アーサー・コナン・ドイル著、深町眞理子訳)
 卓越したフィクションには、わたしたちをここではないどこかへ運び、現実とまったく異なる存在へと変化させ、ふだんとはちがう行動をさせる、そんな力がある。
 アーサー・コナン・ドイルの『バスカヴィル家の犬』は、わたしが最初に出会った大人向けのミステリだった。生涯を通じてミステリを読み、書くことになったのは、この作品のおかげである。
 犬と出会ってから《アルフレッド・ヒッチコックス・ミステリ・マガジン(AHMM)》を見つけるまでに長くはかからなかった。この短編集に収録されたうちの五編を含め、わたしの小説の多くがAHMMに掲載されてきたのも驚くにはあたらない。この雑誌の助けがあったおかげでわたしの作風はかたちづくられてきた。そして今度はわたしの短編がAHMMに、その読者や寄稿者に影響を与えており、わたしはそれを誇りに思う。
 本書に収められた短編は、あなたをどこへ連れていくことになるのか? 二編では、読者はわたしの故郷、ニュージャージーを訪れることになるだろう。べつの二編ではワシントン州を見ることになる(現在わたしが住んでいる場所だ)。さらに、三つの短編でアメリカの歴史に飛びこむことになる。
 どの短編でも犯罪をまのあたりにすることになるだろう。それがアメリカの暮らしを表しているからなのか、人間の本質だからなのか、あるいは単にわたしの思考が偏っているせい(ミスター・コナン・ドイルとミスター・ヒッチコックの影響は小さくない)なのかは、よくわからないが。
 最後にもう一つだけ――『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』とおなじように、それぞれの短編に「著者よりひとこと」を付記した。あとがきにしたほうがいいと思ったのは、短編そのものとは先入観なく出会ってもらいたいから。そしてネタを割ってしまう心配をせずに論じられるからだ。
 まえがきにおつきあいいただき、感謝します。それでは、安全な旅を!

  二〇一八年十月二十五日、ロバート・ロプレスティ


* * *


『休日はコーヒーショップで謎解きを』は8月9日ごろ発売です。どうぞお楽しみに!


拳銃を持って押し入ってきた男は、なぜ人質に“憎みあう三人の男”の物語を聞かせるのか? 意外な真相が光る「二人の男、一挺の銃」、殺人事件が起きたコーヒーハウスで、ツケをチャラにするため犯人探しを引き受けた詩人が、探偵として謎解きを繰り広げる黒い蘭中編賞受賞作「赤い封筒」。正統派推理短編や私立探偵小説等、短編の名手によるバラエティ豊かな9編をお贈りします。

*目次

「ローズヴィルのピザショップ」
「残酷」
「列車の通り道」
「共犯」
「クロウの教訓」
「消防士を撃つ」
「二人の男、一挺の銃」
「宇宙の中心(センター・オブ・ザ・ユニバース)」
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク