Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

英国で活躍中のペット探偵を描く 感動のノンフィクション 『モリー、100匹の猫を見つけた保護犬』


行方不明の猫を見つけたい!
ペット探偵の相棒を捜していた著者が出会ったのは、問題行動ばかりの元保護犬モリー。だが著者はモリーが秘めた類い稀な能力を見抜いていた。
そしてその日から英国ペット探偵社の活躍が始まった!


失踪したネコを専門に探す探偵が存在する。元警部補コリンがペット事件専門の探偵事務所をたちあげたのは2005年。以来仕事の需要は年々増加していたが、悩ましいのは失踪したネコの捜索だった。そこでコリンは猫を専門に探す優秀な探偵犬を自らの手で育てようと決心した。だが、候補犬探しは難航を極めていた。半ばあきらめかけていたところに出会ったのが保護犬、モリーだった。そしてコリンとモリーのネコ探し探偵業が始まった!

molly1

猫を捜すプロの探偵犬、それがこの『モリー、100匹の猫を見つけた保護犬』で紹介されているモリーです。

保護犬で問題児だったモリーが、著者であるペット探偵コリンに出会ってその才能を見いだされ、幾多の訓練を経て立派な探偵犬になったくだりも、とても素晴らしいのですが、モリー&コリンのコンビが次々にであう行方不明の猫の事件(とその飼い主達)も、それぞれの人生(猫生)ドラマが垣間見られて、なんともほっこり。動物と人間の絆っていいですね。
そしてなんといっても、シェパードやドーベルマン、はたまたラブラドールレトリバーといった、その道のプロではなく、問題行動ばかりだった保護犬でコッカスパニエル(ディズニーの『わんわん物語』のレディちゃん)モリーが探偵、というのが凄い。普段は小さな体でゴム毬のように元気いっぱいで駆け回り、愛情たっぷり、にこにこ顔(本当です)なのに、いざ探偵の仕事開始となると、キリッと表情と態度が一変する。このギャップがなんともいえず可愛いのです。

molly2

ところで、このモリー&コリンの探偵コンビは現在もイギリスで活躍中。彼らのめざましい活躍ぶりは、「デイリーエクスプレス」「サンデーミラー」「デイリーメール」などの新聞で次々取り上げられ話題になっており、TVニュースなどでも何度か紹介されています。今後も彼らの『シャーロック・ボーンズの事件簿』(と、デイリーメールで紹介されました)が続き、モリーに助けられる猫(と他の動物たちも)はどんどん増えていくことでしょう。

以下の動画はイギリスのSky Newsに、著者であり、ペット探偵のコリン・ブッチャー氏本人とモリーが出演した動画です。



YouTubeなどでは、他にもいくつかのテレビ番組に2人(一人と一匹)が出演しているものがアップされているので、興味のある方はぜひ探してみてください。

また、以下の動画は、実際にモリーがどのような訓練を普段しているのかを紹介している動画になっています。



どちらも英語の動画ですが、字幕や翻訳を駆使してご覧いただければと思います。
もし言葉がわからなくても、モリーの愛らしさと優秀さはは十分に伝わってくると思いますよ!

目次:
  1. モリーの最初のテスト
  2. 嗅覚の勝利
  3. 私立探偵からペット探偵へ
  4. 変わるきっかけ
  5. 先駆的なプロジェクト
  6. 驚きの抜擢
  7. ブランブル・ヒル・ファームでの訓練
  8. フィリップ・ホリー・いたずらっ子モリー
  9. バフィを取りもどせ
  10. ブルーベルの森
  11. 犬とクサリヘビ
  12. 猫と川船
  13. ノッティングヒルの悪夢のような事件
  14. 迷い猫といじわるじいさん
  15. モリーと祖国を離れた猫
  16. ブリクストンの家出猫
  • エピローグ
著者紹介:
Colin Butcher(コリン・ブッチャー)
英国海軍とサリー州警察で高位の職に就いたあと、2005年にUKペット探偵社を設立。以来、動物に対する犯罪を捜査するパイオニアとして、盗まれたり、失踪したりしたペットを毎年数百匹探し出している。

【蔵出し記事】世界中の昔話を集めた古典童話集を新訳、新編集で〈アンドルー・ラング世界童話集〉全12巻


※こちらの記事は「本の話題」として過去に東京創元社のホームページで公開された記事を、一部を修正して再度取り上げたものになります。

今回の蔵出し記事は2009年9月の〈アンドルー・ラング世界童話集〉全12巻完結の際の記事です。



すべてのファンタジーのみなもとがここにある! 

児童文学の黄金時代、ヴィクトリア朝の英国で編纂された古典童話集を、完全新訳、新編集で刊行。 
〈アンドルー・ラング世界童話集〉全12巻 アンドルー・ラング編/西村醇子監修
2009年9月ついに完結!
※各巻巻末に、原書全収録作品一覧付き

1856_1867

 1889年に出た『あおいろの童話集』は、アンドルー・ラングがヴィクトリア時代の英国で、世界各地の伝承文学から、よりすぐりの作品を子どもたちに提供しようとした本でした。なかにおさめられた37編には、昔話だけでなく、神話、『ガリヴァー旅行記』の一部、作者が特定できる文芸的昔話(アンデルセンなど)が混在していました。『あおいろ』の好評をうけて、1910年までに12冊の童話集が出たほか、編集を変えたものも数種類出て、今日までも絶えることなく読みつがれています。
 日本では1958~59年にかけて東京創元社から川端康成校閲、野上彰訳で『ラング世界童話全集』全12巻として出版されましたが、後に同じ川端康成校閲、野上彰訳のものに28話追加した全15巻で1963年にポプラ社から、またさらに同じものをもとにさらに再編集されたものが1977~78年にかけて偕成社文庫から出版されました。このいずれもが、原書に収録された作品の全訳ではなく、各巻の収録作品も原書とはかなり違っていました。

 このたび東京創元社では、日本で最初に〈ラング世界童話全集〉を刊行した出版社として、今回まったく新しい編集、新しい訳で、この〈アンドルー・ラング世界童話集〉を刊行することになりました。すべて、原書の各巻より収録作品を選び直し、昔話としての持ち味や雰囲気を壊さないように、と同時に現代の子どもたち(もちろん大人も)も面白く読めるように工夫して翻訳しました。
 原書の作品全てを収録することはできませんでしたので、今回の編集ではあまりに残虐・暴力的なものや、根底に差別的な態度があると思われるもの、また、アンデルセンやペローのように、日本でも入手しやすいものはなるべく除外するようにしています。また日本の昔話ものぞきました。

 挿絵は英国での最初の刊行時のものを収録。ヘンリー・J・フォードを初めとした黄金期の挿絵画家たちの手になる美しいイラストが物語世界に奥行きを与えています。

既刊一覧:

■ 第11回配本(2009年9月刊)
第12巻 ふじいろの童話集
*収録作品
「にせ者の王子と本物の王子」
「サルの心臓」
「妖精の乳母」
「失われた楽園」
「滝の王」
「いたずら妖精」
「三つのかんむり」
「ノルウェーの茶色いクマ」
「モティ」
「魚の話」
「びんぼうな兄と金持ちの弟」
「手を切られたむすめ」
「ジュルングの骨」
「木イチゴの虫」
「プルーイネックの大岩」
「ケルグラスの城」
「鳥たちの戦い」
「泉の貴婦人」
「四つのおくりもの」
「ロク島のグロアーク」
「お人好しのだんなたち」
「ズキンガラスと妻」
 監修者あとがき 西村醇子
 ■ 第10回配本(2009年7月刊)
第11巻 くさいろの童話集
*収録作品
「マドシャン」
「青いオウム」
「王女ゲールラウグ」
「小人の王さまロクの話」
「そんな話があるもんか」
「ジャッカルか、それともトラか」
「くしと首環」
「クプティーとイマーニ」
「みごとな化かし合い」
「緑の騎士」
「金色の頭の魚」
「ドラニ」
「繻子の医者」
「ズールビジアの物語」
「欲ばりの丸損」
「ヘビの王子」
「機織りの知恵」
「ついにおそれを知った若者の話」
「がまんは一生の宝」

 ■ 第9回配本(2009年5月刊)
第10巻 だいだいいろの童話集
*収録作品
「勇者マコマの物語」
「魔法の鏡」
「この世で天国を見ようとした王さまの話」
「ウサギのイスロがグドゥをだました話」
「キツネとオオカミ」
「イアン・ジーリハが青いハヤブサをつかまえた話」
「ふたつの小箱」
「魔法の花かんむり」
「かしこい猫」
「泥棒のピンケル」
「ジャッカルの冒険」
「三つの宝」
「白い雌ジカ」
「魚になったむすめ」
「フクロウとワシ」
「カエルの精とライオンの精」
「ベリャ・フロール姫」
「真実の鳥」
「アンドラス・ベイヴ」
「白いうわぐつ」
 ■ 第8回配本(2009年3月刊)
第9巻 ちゃいろの童話集
*収録作品
「玉運びと魔物」
「玉運び、つとめをはたす」
「魔物バニヤップ」
「ぶつぶつ父さん」
「ヤラの話」
「頭のいい子ウサギ」
「弱虫のゲイラルドがむくいを受けるまで」
「ハウボキ」
「末の弟が兄たちを助けた話」
「クーモンゴーの聖なる樹液」
「よこしまなクズリ」
「人魚と王子」
「ピビとカボ」
「エルフのおとめ」
「馬や牛が人に飼われるようになったわけ」
「魔法の首」
「太陽の妹」
「キツネとラップ人」
「猫のキサ」
「アスムンドとシグニー」
「リューベツァール」
「運命にうち勝とうとした王さまの話」
「心やさしいワリ・ダード」
「魚の騎士」

 ■ 第7回配本(2009年1月刊)
第8巻 べにいろの童話集
*収録作品
「美しいイロンカ」
「ラッキー・ラック」
「王さまのご健康をおいのりして!」
「七人のシモン」
「王子とドラゴン」
「小さな〈野バラ〉」
「笛ふきのティードゥ」
「パペラレッロ」
「魔術師のおくりもの」
「宝さがし」
「若者と猫」
「不死を求めて旅をした王子」
「金色のひげの男」
「トリティルとリティルと鳥たち」
「三枚のローブ」
「びんぼうむすこがピロ伯爵になった話」
「アイゼンコプフ」
「ニールスと巨人たち」
「羊飼いのポール」
「名馬グトルファフシと名剣グンフィエズル」
「にせ王子、あるいは、野心家の仕立屋の話」
「猫屋敷」
「ほんとうの友の見つけ方」
 ■ 第6回配本(2008年11月刊)
第7巻 むらさきいろの童話集
*収録作品
「トントラヴァルドのお話」
「世界で一番のうそつき」
「三人のふしぎなものごい」
「けものを従えた三人の王子」
「九羽のクジャクと金のリンゴ」
「リュートひき」
「たまごから生まれた王女」
「スタン・ボロバン」
「あるガゼルの物語」
「あかつきの妖精」
「野ウサギを集めたイェスパー」
「地下の鍛冶屋」
「長鼻の小人の物語」
「人食いヌンダ」
「ハッセブの話」
「金の星をつけた子どもたち」
「地下にかくされた王女」
「男になりすました王女」>
「世界を見たかった王子の話」
「モガルゼアとむすこ」
 ■ 第5回配本(2008年9月刊)
第6巻 はいいろの童話集
*収録作品
「ロバむすめ」
「ぜったいとけない魔法」
「泥棒とうそつきのふたり組み」
「ヤギ顔のむすめ」
「花をつんで起こったできごと」
「ベンスルダトゥの物語」
「魔法使いの馬」
「小さな灰色の男」
「ラザルスとドラーケン」
「〈花の島々〉の女王」
「白いオオカミ」
「ボビノ」
「太守の三人のむすこ」
「キルカスのおとめたちの話」
「ジャッカルと泉」
「クマ」
「お日さまの子ども」
「ブク・エテムスクのむすめ」>
「笑っている目と泣いている目、または脚の悪いキツネの話」
「街角の音楽隊」
「人食い鬼」
「妖精のあやまち」
「のっぽとふとっちょと目きき」
「プルネッラ」
 ■ 第4回配本(2008年7月刊)
第5巻 ももいろの童話集
*収録作品
「小さな妖精と食料品屋」
「森の家」
「ひつぎのなかの姫」
「仲のいい三人兄弟」
「人魚のむすこハンス」
「グリップという鳥」
「スノーフレイク」
「ずるがしこい靴屋」
「カテリーナと運命の女神」
「隠者の手引きで姫をめとった男の話」
「命の水」
「きずついたライオン」
「兄と弟」
「魔法使いと弟子」
「金のライオン」
「ローズマリーの小枝」
「白いハト」
「トロルのむすめ」>
「エスベンと魔女」
「ミノン・ミネット姫」
「ゆかいなおかみさんたち」
「リンドオルム王」
「ちびの野うさぎ」
「チックの話」
「幸運のドン・ジョバンニ」
 ■ 第3回配本(2008年5月刊)
第4巻 きいろの童話集
*収録作品
「猫とネズミのふたりぐらし」
「北方の竜」
「黄金のカニ」
「竜と竜のおばあさん」
「小さな緑のカエル」
「七つ頭の大蛇」
「動物たちの恩返し」
「巨人と羊飼いの少年」
「カラス」
「六人の男が広い世界をわがもの顔で歩く話」
「魔法使いの王さま」
「ガラスの山」
「緑のサル、アルフィージ」
「妖精より美しい金髪姫」
「三人の兄弟」
「男の子とオオカミ――守られなかった約束」
「死んだ妻」
「白いアヒル」
「魔女と召使い」
「魔法の指輪」
「花の女王のむすめ」
「飛ぶ船」
「霜の王」
「魔女」
「リング王子」
「石の舟に乗った魔女」
「とんまなハンス」
「かがり針の物語」
 ■ 第2回配本(2008年3月刊)
*収録作品
「青い鳥」
「ロザネラ姫」
「シルヴァンとジョコーサ」
「妖精のおくりもの」
「三匹の子豚」
「氷の心」
「魔法の指輪」
「金色のクロウタドリ」
「小さな兵士」
「魔法の白鳥」
「きたない羊飼い」
「魔法にかけられたヘビ」
「身からでたさび」
「コジャタ王」
「気まぐれ王子と美しいヘレナ」
「ホック・リーと小人たち」
「三匹のクマの話」
「ヴィヴィアン王子とプラシダ姫」
「つむと杼とぬい針」
「オオカミとキツネの戦い」
「三匹の犬」
 ■ 第1回配本(2008年1月刊/2冊同時配本)
*収録作品
「サンザシ姫」
「ソリア・モリア城」
「不死身のコシチェイの死」
「黒い盗っ人と谷間の騎士」
「泥棒の親方」
「ロゼット姫」
「ブタと結婚した王女」
「ノルカ」
「小さなやさしいネズミ」
「六人のばか」
「木の衣のカーリ」
「アヒルのドレイクステイル」
「ハーメルンのふえふき男」
「金ずきんちゃんのほんとうの話」
「金の枝」
「マダラオウ」
「イラクサをつむぐむすめ」
「ファーマー・ウェザービアード」
「木のはえた花嫁」

 ■ 第1回配本(2008年1月刊/2冊同時配本)
第1巻 あおいろの童話集
*収録作品
「ヒヤシンス王子とうるわしの姫」
「アラディンと魔法のランプ」
「マスターメイド」
「海の水がからいわけ」
「フェリシアとナデシコの鉢」
「白い猫」
「スイレンと、金の糸をつむぐむすめたち」
「うるわしき金髪姫」
「ウィッティントンのお話」
「ふしぎな羊」
「四十人の盗賊」
「ヒキガエルとダイヤモンド」
「いとしの王子」
「ガラス山の姫ぎみ」
「アフメド王子と妖精ペリバヌー」
「巨人退治のジャック」
「ノロウェイの黒牛」
「赤鬼エティン」
 あとがき 西村醇子

東京創元社 2020年「新刊ラインナップ説明会」の模様をアーカイブ配信!


本日は、東京創元社 2020年「新刊ラインナップ説明会」の開催日でした。

今年も注目の新作や翻訳、ゲストの先生方のお話など、もりだくさんでおおくりさせていただいた説明会の模様を、YouTube Liveで生配信させていただきましたが、こちらの動画を期間限定でアーカイブ配信いたします。



会場に来られなかった方、生配信を見逃した方はぜひこちらのアーカイブ配信をご覧ください。
(会場にいらした方、生配信をご覧になった方がご覧いただくのも大歓迎です)

ご覧になった方は、Twitterでハッシュタグ「#東京創元社2020」をつけて、ぜひ感想をつぶやいてください。

今年のゲストの先生方は以下の通りです。

ゲスト(五十音順):
相沢沙呼先生
 2009年、『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を授賞し東京創元社よりデビュー。2019年に『medium 霊媒探偵城塚翡翠』でミステリランキング三冠を達成し、2020年は橋本環奈主演の『小説の神様』映画版が公開予定の、いま最も注目のミステリ作家。

近藤史恵先生 1993年、『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。2008年には『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞を受賞、本屋大賞第2位となる。東京創元社では現在『タルト・タタンの夢』に始まる〈ビストロ・パ・マル〉シリーズが大好評刊行中の作家。

遠田潤子先生
 2009年、『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2017年の『冬雷』(東京創元社)では第1回「未来屋小説大賞」を受賞、第71回日本推理作家協会賞候補に選出された気鋭の作家。

凪良ゆう先生
2006年、雑誌〈小説花丸〉でデビュー。2019年、東京創元社から刊行した『流浪の月』が読書人のあいだで大きな話題となる。同じく2019年刊行の『悩ましい彼』は〈このBLがやばい!〉第1位に選出された。2020年大注目の作家。

吉澤康子先生
 英米文学翻訳家。主な訳書にウェイン『コードネーム・ヴェリティ』『ローズ・アンダーファイア』、ペリー『護りと裏切り』など多数。


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり