Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

迷わず読んで! 大評判の異世界もふファンタジイ 鈴森琴『皇女アルスルと角の王』読者のレビューをご紹介します。


 巨大もふが闊歩する世界を舞台に、自分に自信がもてず、周囲をがっかりさせ続けてきた少女アルスルの闘いと成長を描いた、異世界もふファンタジイ『皇女アルスルと角の王』。ねこ助先生のうっとりするようなカバーと挿絵(是非本を開いて見てください!)も大評判です。
 どんな物語なのか、読んでみようかどうしようかと迷っている皆様、先読みしていただいたNetGalley会員の皆様のレビューをご紹介します。
 是非参考にしていただければと思います。

素晴らしい作品でした!夢中で読みました。皇女アルスルの相手を思う気持ちがまわりで支えるものたちまたアルスル自身を強くしていく。彼女の成長がすごくうれしくたくましく思えました。
人外とよばれるものがたくさんでてきて読んでいて楽しかったです!もっと読みたくなりました!
(レビュアー) 

まるで海外の超大作映画を観たかのような満足感!めちゃくちゃ面白いファンタジー作品でした!
世界観や設定が好みなのと、もともとファンタジー作品が好きなのもあって、自分自身も物語の中に入り込んで120%楽しめました!
主人公が成長して行く姿に思わず応援したくなりますし、恐ろしくも美しいような人外達の姿も魅力的でした。
決して明るいお話ではないのに、ページを捲る指が止まらないワクワク感も最高でした。
自分ができる限りの想像力をフルに使って読み進めるのがとても楽しかったです。
もっともっと読んでいたい!他の大陸や他の人外達のお話も読んでみたいです!
面白い作品をありがとうございました!
(書店関係者) 

とても面白い作品でした。設定が秀逸。そして、美味しそうな(!)登場人物の名前や、犬派ネコ派のたわいない争いなど、ともすれば軽くて明るいファンタジーで終わりそうなものなのに、そうはならない重みもありで、読み応えのある作品でした。途中、生々しさもありますが、読後感は悪くなかったです。
著者の別の作品も読んでみたいと思いました。
(図書館関係者) 

劣等生扱いで両親から愛されず自信を持つことができなかった少女が、それでも愛し、信じてやがて英雄に至る物語だった。
まるでヒトのごとく知恵のあるイヌネコや、人外と呼ばれる特殊な力を持つ害獣、そしてギフトと呼ばれる特別な能力を得たそれら人外の王と世界観が独特で理解しがたかった部分もあるが、読み進める手が止まらないくらいに魅力的だった。
序盤から中盤は群像劇かと思うくらいに視点が切り替わることが多く、主人公であるアルスルがなかなか出てこないことにやきもきしたりもしたけど、登場すれば目を惹かれずにはいられないほど魅力に溢れた主人公だったので、彼女を中心に物語が動き始めてからはもう夢中で最後まで一気に読んでしまった。
脇を固めるキャラクターも素敵で、彼女の保護者のようなポジションになった叔父バドニクスや彼の部下である研究者たち、それから親に愛されないアルスルが孤独にならずにすんでいた彼女の二人の姉たち、そして何よりも掴み所のない友リサシーブ。
手に汗握る戦闘シーンがなかったのが意外といえば意外だが、それによって作品の魅力が損なわれることもなく、むしろこの作品にはこの形が合っていたとも思える。
綺麗に終わったようにも感じるけど、未来が気になる点もいくつか残り、できれば続きを読みたいと思わせる結末もまた上手いというか、ズルイ、ニクイ演出だなぁ。
(レビュアー) 

読後真っ先に思ったのは
「久しぶりにツボにはまった作品だった!ああオモシロかった!」
「このシンプルなタイトルに決めるのは大変だったのでは?」
でした。
ページ数を感じさせない読みやすさ
魅力に溢れた個性的な登場人物
リアルとファンタジーが重なったり離れたりするような世界観
そしてなによりかわいいかわいいコヒバとキャラメリゼ!(笑)
特に、成長譚好きな方にはオススメです。
ぜひこの世界の別の話(もちろんアルスルにも登場してほしいものです)も読んでみたいです。
大変素晴らしい作品を読ませていただいたことに感謝します。
(メディア/ジャーナリスト) 

アルスルが上手く自分の言葉で説明できないもどかしさが、私にも覚えのあるもので共感しました。
今後が楽しみな作家さんがまた1人増えた!
(書店関係者) 

人外と人間、世界観が良かった。父皇帝殺しの罪で捕まったちょっと変わり者の末娘アルスル。予知能力を持つ人外リサシーブと出会い、人外の王の一匹を倒すことになる。今まで理解者のいなかったアルスルの成長や、リサや仲間との交流もあって、ストーリーも難しくなく、子どもが読んでもいいんじゃないかと思ったのに、途中でちょっと生々しい描写もあったりしてやっぱり子ども向けじゃないのね、と思ったところでした。
(レビュアー) 

本編は、鍵の騎士団の創始者にして、のちに第五系人帝国の女帝に選ばれた、アルスル=カリバーン=ブラックケルビイが西域の走訃王を倒すまでを描いたファンタジー小説である。
アルスルは人外類似スコアをもち、人になじめず父帝にがっかりばかりさせている。おしゃれは得意で無く、人との付き合いは苦手。
アルスルは父帝殺しの嫌疑をかけられ、イオアキム城の法廷で死刑の判決をうけ、部族の城郭都市ダーウィーズで白豹リサシーブの裁きをうけることととなる。
しかし、アルスルはけなげに生きる。けなげにいきる彼女には彼女を助ける仲間を呼び寄せる。
アルスルの世界は広い。第五合衆大陸には六地域があり六体の人外王がいる。(中略)大陸は第一から第七まであるようだし、七百年前まで第五系人を支配していた七帝帝国がなぜ衰退したかもわからない。謎を沢山のこしたままの物語で、新たな物語が語られるのを望むばかりである。
(レビュアー) 

しっかり練られた世界観と登場人物たち。
骨太のファンタジーでとても面白かったです!!
作中には出てきていない設定やエピソードがまだまだ残っていそうな感じがするので、是非とも続編を期待したいのです!
(書店関係者) 

16世紀ヴェネツイアに旅した気分で? 魅力溢れるファンタジイ『ヴェネツィアの陰の末裔』


 まだまだ海外旅行に気軽に行けない今、魅惑の街ヴェネツィアに思いを馳せるファンタジイ『ヴェネツィアの陰の末裔』はいかがでしょう。
 16世紀、権謀術数に明け暮れる大国のなかでしたたかに立ちまわるヴェネツィア共和国。そこではキリスト教世界で異端として迫害されている魔術師たちが、陰の存在ながら諜報活動をおこなっていた。
 異端と迫害されながらも自らの存在意義を探り、懸命に生きる魔術師を描いたファンタジイ、先読みをして下さったNetGalley会員の皆様のレビューをご紹介します。
 場所だけでなく時間も旅をした気分が味わえます!

作品の世界観、設定、キャラクターが全て魅力的でどっぷり浸かって読ませていただきました!
誰を信じていいのか、誰が裏切り者なのかずっとわからなくて最後まで目が離せませんでした。息を呑むシーンが本当に多くて、ドキドキの連続。
魔術師や護衛剣士達のバトルも熱く、ハラハラしながら楽しみました。
最後、主人公の見ていた夢や亡くした記憶など全てが繋がっていき、すごい物語を読んだなぁ!と満足感がすごかったです。
ずっしりとした物語、とても面白かったです!ありがとうございました!
(書店関係者) 

読み始めてしばらくは物語の設定を理解するのに必死でしたが、その後は作品の中にのめり込んで読むことが出来ました。450ページ近くに及ぶ大作です。
16世紀のヴェネツィアが舞台。本当にはいなかったであろう魔術師たちが主人公。ベネデットの視点で物語は進んでいきます。誰を信じたら良いのか分からないまま、主人公と一緒にアクションシーンを体験し、ラストは「そうだったのか!」と衝撃を受けます。当時のヴェネツィアについても、巻末の参考文献が掲載されるほど読み込まれており、その時代を想像しながら読むのが楽しかったです。
登場人物たちも、途中からそれぞれに興味深い背景が現れてきて、飽きることなく、先を楽しみならが読み終えました。
(図書館関係者) 

16世紀ヴェネツィアが舞台の作品。ファンタジーとわかっていても実在していたのではないかと思わせられる様な陰の世界に引き込まれ、終始楽しくワクワクしながら読了です。
主人公を含めた魔術師やそれを取り巻く人物達も個性的で、誰が裏切り者で誰を信じたら良いのかが読み進めていくほどにわからなくなって行き、推理的な要素も含んで面白く感じました。
(書店関係者) 

権謀術数渦巻く16世紀前半のヨーロッパ。フランス、ドイツ、オスマントルコに蹂躙されるイタリアで、ヴェネツィア共和国が魔術師を公認していたという設定で描かれたファンタジー小説。
表舞台ではわれわれが知るヨーロッパ史が展開され、その裏では主人公であるベネデットらヴェネツィア共和国の魔術師がフランスやオスマントルコの陰謀と戦っている。
最初は少々慣れない語り口にページを繰るペースが上がらなかったが、謎が謎を呼ぶストーリー展開で読書のペースも上がっていき、後半部は一気に読了できた。一体誰が味方で誰が敵なのか最後までわからない筋立てがハラハラドキドキで面白い。
呪文による魔術は呪文の詠唱を完成させないと発動されない。そのため戦闘の場面では役に立たないはずなのを、腕輪に魔術を封じ込めで戦闘時に発動させるという設定を設けて魔術戦を描く。物理的に持てる腕輪が六つという設定で、戦闘を今流行のカードバトル的な様相で描いてる。この物語の魔術師同士の闘いは単に魔術の力比べではなく、あらかじめどのような魔術をいくつ腕輪に封じ込めておくか、それをどの時点で発動させるかという戦術が必要になる。単純に魔力が強いものが勝つということでなくして、物語を面白くしている。
さらに、魔術師は体力的に劣るというファンタジーもののお決まりのルールで、魔術師には剣の力で魔術師をまもる護衛剣士がつく。一人の魔術師に一人の護衛剣士。二人は”血の契約”で結ばれており、いわゆるバディもの的な要素を添えている。
また、物語のモチーフにダンテの「神曲」が使われており、筋立てやアイテムの名前などに巧みに神曲が組みこまれているのも面白い。
本作は、第5回創元ファンタジイ新人賞佳作作品だそうだが、撰評を受けて大幅に改稿されている様子で、佳作とは思えない完成度。この手の小説には珍しく巻末に参考作品がずらっと並んでおり、取材の精度が高いことを思わせる。この世界観を活かしたシリーズとして次回作も期待したいところである。
(レビュアー) 

世界観が素晴らしかったです!
陰の世界がほんとによく描かれていて味方なのか敵なのか物語を読んでいてわからなくなりそうでしたが最終的には主人公の背景や出生もわかりすっきりしました!素晴らしい作品をありがとうございます!
(レビュアー) 

16世紀が舞台のファンタジー。
魔術師に護衛剣士といえば私のなかではゲームの中の登場人物に思え、裏切り者が誰なのかと思いつつ、ともに旅をしてゲームをクリアしたようなすっきりした読後感でした。
記憶をなくした主人公が見る夢が繋がる最後までとても面白く読めました。幅広い世代が楽しめるファンタジーだと思います。
(レビュアー) 

映像映えしそうな描写、ころころ変わる展開の臨場感にドキドキする物語でした。
世界の歴史を下敷きにしつつ、ファンタジー要素の混ざった世界観が素敵な作品です。
腕輪を使った魔法バトルも斬新で、頭を使う戦いをしているのだということがいやでも理解できてしまう楽しさがあります。
ですが、それだけではなく、主人公たちの因縁や裏切り者は誰かなどの謎掛けもあるバランスの良い作品でした。
(図書館関係者) 

時は16世紀フランスとオスマントルコ、教皇の勢力図や政情をよく調べてあり、舞台のヴェネツィアでは欧州では唯一魔女狩りが行われなかった歴史的事実が世界観に説得力を与えて歴史の裏側で魔術師たちが戦っていることにワクワクしました。でも、全体的に文章が硬くてちょっと読みにくい感じがしました。
(レビュアー) 

浪漫溢れる世界観にハラハラし、主人公の苦悩に心苦しくなり、切なくも温かいストーリーでした。歴史的背景が壮大だったので、もう少し地理的な動きがあったらもっと素敵な物語になったと思います。が、その時代の町並みや風景がきらびやかに脳内に映し出される表現方法がとても素敵だと思いました。
(図書館関係者) 

ヴェネツィアといえば憧れの地のひとつ。
日本での有名なテーマパークの海辺に模したゴンドラや街並みがあるほど日本人には夢のような地なのでしょう。
明るく煌びやかなイメージの夢の街に、陰とつき末裔とつく物語。ずっしりと濃厚な400ページをお楽しみあれ。
(書店関係者) 

羽生飛鳥の第4回細谷正充賞受賞作『蝶として死す』に続く、シリーズ最新作『揺籃の都』刊行記念! 前作『蝶として死す』を5名様にプレゼントいたします!



みなさまこんにちは。来たる6月下旬に、羽生飛鳥〈平家物語推理抄〉シリーズの最新作『揺籃(ようらん)の都』を刊行いたします。
第4回細谷正充賞を受賞した『蝶として死す』に続く、シリーズ第2弾です! 平清盛の異母弟にして、平家滅亡後も生き残った平頼盛を主人公に、平家一門の周辺で起きる謎を描いた歴史ミステリ。その緻密な時代考証や圧倒的な筆力は高い評価を受けています。
最新刊の『揺籃の都』でも、史実をモチーフに新たな謎を構築。アニメ『平家物語』でも描かれた、遷都した福原の平清盛邸で続発する怪事件に、平家一門きっての知恵者として、平頼盛が挑みます。清盛やその息子たち、宗盛・知盛・重衡たちから、源頼朝との内通を疑われるという苦しい状況の中でも、鮮やかな推理を見せる頼盛の虜になること間違いなし! しかも読み応え十分の初長編です!


新刊の刊行を記念して、前作『蝶として死す』を5名様にプレゼントいたします。木曾義仲や源頼朝、北条時政といった大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でもお馴染みの人物たちが、事件解決の依頼人として登場します。ぜひ本シリーズの魅力をご堪能ください。

応募は無料です。どしどし御応募ください!

応募方法は簡単、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ!


※応募締切は6月28日(火)昼12時です!
※該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から「5名様」を抽選で選ばせていただきます。非公開アカウントは抽選の対象外となります。
※御当選者のみに、6月30日(木)昼12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使って御連絡差し上げます。書籍を発送するため、御住所と御本名をお伺いいたします。御了承のほど、お願い申し上げます。

Twitterで〈平家物語推理抄〉シリーズについてのご感想をつぶやかれる際には、ぜひハッシュタグ「 #平家物語推理抄 」を使っていただけますと幸いです。
これからも〈平家物語推理抄〉シリーズをよろしくお願いいたします!


■書誌情報
『揺籃の都』
著者:羽生飛鳥
ISBN:978-4-488-02018-7
判型:四六判仮フランス装
ページ数:304ページ
装画:立原圭子
装幀:岩郷重力+WONDER WORKZ。

*あらすじ

治承四年(一一八〇年)。平清盛は、高倉上皇や平家一門の反対を押し切って、京から福原への遷都を強行する。清盛の息子たち、宗盛・知盛・重衡は父親に富士川の戦いでの大敗を報告し、都を京へ戻すよう説得しようと清盛邸を訪れるが、その夜、邸で怪事件が続発する。清盛の寝所から平家を守護する刀が消え、「化鳥を目撃した」という物(もの)の怪(け)騒ぎが起き、翌日には平家にとって不吉な夢を見たと喧伝していた青侍が、ばらばらに切断された屍で発見されたのだ。邸に泊まっていた清盛の異母弟・平頼盛は、甥たちから源頼朝との内通を疑われながらも、事件解決に乗り出すが……。第四回細谷正充賞を受賞した話題作『蝶として死す』に続く、長編歴史ミステリ!

■著者プロフィール
羽生飛鳥(はにゅう・あすか)
1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている斎藤別当実盛の最期を題材にした同作は、特異な状況下での「被害者当て」を描いた本格ミステリとして高く評価された。 2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。歴史小説と本格ミステリの巧みな融合を追求する、期待の新鋭。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり