Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

父を探す手がかりは、7つの奇妙なおとぎ話が収められた一冊の本。吉澤康子/アマンダ・ブロック『父から娘への7つのおとぎ話』訳者あとがき[全文]


父から娘への7つのおとぎ話
  訳者あとがき


 いきなりですが、著者の紹介から始めたいと思います。著者のアマンダ・ブロックはイギリス、スコットランドのエディンバラ最大の書店〈ウォーターストーンズ〉で働きつつ、作家になりたいとの夢を持ち続け、紆余曲折ありながらも短編作品の発表を経たのち、ついに自分だけの著書を出版するという念願を達成した女性です。出版後は精力的にツイッターなどで長編デビュー作の宣伝をして、自作への愛を発信しています。稀有(けう)とまでは言えませんが、これだけ強い意志をもって夢を追った著者について、まずはおよそのところを知っていただきましょう。
 生まれたのは、イギリス南西部のデヴォン州。二〇〇七年にエディンバラへ移って文芸創作課程の修士号を取得しました。その後、書店員だけでなくゴーストライターや編集の仕事をしたり、創作を教えたりもしながら夢を追い、ようやく二〇二一年に長編デビュー作のThe Lost Storyteller(本書)が出版されたのです。そのあいだに結婚し、女の子を出産しています。赤ちゃんを膝にのせてコンピュータに向かう姿をSNSで見かけました。忙しさも楽しんでしまう明るいお人柄のようです。
 そんななかで執筆された本書は、イギリスのニューススタンドでの売上が最大であるライフスタイルマガジン、〈woman & home〉が選ぶベストブックスの一冊になりました。また、二〇二二年五月には、〈ウォーターストーンズ〉が選ぶ今月のスコットランド本にも選出されています。〈ウォーターストーンズ〉で働きはじめてから十四年ほど経っていました。好きなことをしているとはいえ、夢に向かっているあいだは将来への不安もあったと思いますが、夢を叶えるにはあきらめずに続けることが大切だと再認識させてくれます。その後、二〇二二年九月には、アマンダは大きなお腹を抱えつつ二冊めの著作の初稿を書き上げ、第二子の誕生をいまかいまかと待っていると写真付きでツイートしています。のちにお尋ねしたところ、九月中旬に女の子を出産なさったそうです。現在はふたりめのお嬢さんの育休中ですが、二冊めの作品の出版をいまかいまかと待っているところでしょう。

 さて、本書の紹介に入ります。主人公のレベッカが住んでいるのは、イギリス南西部に位置するデヴォン州のエクセター。ロンドンまで車で三時間半ほどかかる地方の都市です。建築事務所の非正規社員として働くレベッカは、幼いころに父親が家を出ていったため、母親に育てられました。父親のレオはかつてBBCの人気子ども番組の主演俳優でしたが、レベッカはもう二十年ほど父親と会っていません。そんなレベッカのもとに、取材目的で彼女の父親を探しているという男性記者エリスから連絡がありました。それまで父親のことを心の奥にしまいこんできたレベッカでしたが、父親の生死すら知らない現状に疑問を持ち、父親が自分のために書いてくれたらしいおとぎ話の本を手がかりとして、その行方(ゆくえ)を追っていきます。著者は執筆にあたって神話やおとぎ話からひらめきを得ることが多いそうで、本書においても入れ子になっている七つのおとぎ話とメインストーリーが巧妙にからみ合って、味わい深い効果を上げています。
 著者自身、やさしくて面白い父親が大好きなので、父と娘の話を書こうと思ったそうです。記憶の底にある父親の姿を追い求める娘の複雑な心境が、胸に迫ってきます。繰り返して読むと、小さな手がかりがあちこちにちりばめられていることに気づくのですが、そんなわずかな手がかりから父親を探すという、ミステリの要素があるうえに、作中作となっている七つのおとぎ話がそれはもう摩訶(まか)不思議で、独創的で、単独で読んでも楽しめるばかりか、父親の状況や心理を驚くほどよく表しています。ミステリとおとぎ話が見事に融合し、互いを引き立て合って心地よい読み物になっているのです。
 また、脇役陣の存在も見逃せません。父親に見捨てられたと信じて育ったレベッカは、父親探しの過程でさまざまに悩みますが、それをさりげなく支えてくれるのが親友のエイミーです。小学校の最終学年のころ、エイミーはレベッカのお父さんのことを尋ねますが、レベッカが話題を変えると、その後いっさいエイミーがお父さんの話を持ち出すことはありませんでした。本当の友だちというのは、そういうものですよね。そんなエイミーにレベッカがネイルポリッシュを塗ってもらいながらガールズトークをする場面が、わたしは大好きです。
 さらにいい味を出しているのが、レベッカが動揺しているときに話を聞いてくれた、エリスの友人キャム。第一印象としてはそっけない男性なのですが、こんな言葉をレベッカにかけるのです。「彼らがどんな人間であるかをこっちが選ぶことはできない(中略)こっちが選べる唯一のことは、彼らを自分の人生の一部とするか否かだけなんだよ」と。こんな言葉をさりげなく聞かされたら、納得せざるを得ませんよね。わたしだったら、キャムにきゅんとしてしまうかもしれません。

 ところで、わたしは六年ほど前に『コードネーム・ヴェリティ』(エリザベス・ウェイン著)を東京創元社に持ちこんで翻訳をさせていただいてから、同じ著者による『ローズ・アンダーファイア』の翻訳も担当し、悲惨な歴史に翻弄(ほんろう)されつつも人とのつながりを大切にして強く生きる女性たちの姿を伝えてきました。そのおかげで、本を武器として超大国ソ連と戦う女性たちを描く『あの本は読まれているか』(ラーラ・プレスコット著)を訳すことになるという、うれしい展開があったのですが、今回もそのような思いがけないご縁がありました。
 そもそも何十年も前に翻訳の勉強を始めたとき、わたしは子どもの本が好きだったので児童文学コースを、さらには適性テストの結果、台詞(せりふ)の翻訳が合っているとのことで外国映画コースを選びました。本書の著者アマンダ・ブロックと同じようにあきらめずに何年も努力した結果、後者のほうは講師のアドバイスのおかげで先にあげたようなミステリ翻訳につながり、前者のほうはおとぎ話の翻訳につながるというご褒美に恵まれました。声をかけていただいて共訳をした『夜ふけに読みたい不思議なイギリスのおとぎ話』をはじめとする平凡社刊行のおとぎ話シリーズ六冊は、長らく忘れていた子どもの本の楽しい世界を思い出させてくれました。このシリーズの共訳の経験が本書の翻訳に結びついたことで、わたしのなかでミステリとおとぎ話がひとつになったのです。翻訳者として仕事をするようになって、そろそろ三十年という節目を迎えるのですが、そんな時期に本書の翻訳を任せていただき、ずっと別々のものだと思っていた分野がひとつになったことに、いま、しみじみとした思いが湧き上がってきています。
 主人公のレベッカは、わたしが主として訳してきた本の主人公とは異なり、大きな歴史の渦に巻き込まれて果敢(かかん)に戦うわけではありません。それでも、心の奥に封印してきた父親を探すには大きな勇気がいるはずで、ましてや自分は父親に見捨てられたのだと信じているわけですから、どれほど心細かったことでしょう。心に湧き起こるさまざまな感情に打ち勝とうと葛藤するレベッカには、大いに励まされますね。ひとつ成長したレベッカは、周囲の思惑を気にするあまり押し殺してきた自分を取り戻して、新しい世界で生きていくことでしょう。この本を訳したあと、わたしは我が身を振り返り、自分を抑えていないか、自分が本当にやりたいことは何なのか、自分というものをふたたび見つめ直してみたのでした。ささいではありますが、とても大切なことですよね。

 最後に、また著者のことに戻りますが、アマンダ・ブロックはとても気さくな方で、ツイッター(@ACBlockAuthor)やインスタグラム(@amandablockauthor)で自身の著書や生活のことなどを発信していますので、興味がおありでしたらごらんになってみてください。本書をお読みになった感想をお伝えしたら、きっと大喜びしてくれると思います。
 わたしは本書の謝辞に登場する著者のbrotherが兄か弟か知りたかったので、ツイッターのコメントを利用して質問してみました。お返事をいただけるか心配だったのですが、翌日には親しみをこめたコメントを返してくださって、弟であることがわかりました。さらには、日本では生まれた順番によって兄、弟、姉、妹というふうに区別することに興味を持ったらしく、「日本語って面白いのね。機会があったら日本語を勉強してみたいし、日本にも行ってみたいわ」などと書いてきてくれたのです。いつか彼女の著書に日本のことが出てくるかもしれませんね。

  二〇二二年十一月



■吉澤康子(よしざわ・やすこ)
津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。英米文学翻訳家。エリザベス・ウェイン『コードネーム・ヴェリティ』『ローズ・アンダーファイア』、ラーラ・プレスコット『あの本は読まれているか』など訳書多数。




ダウド『ロンドン・アイの謎』…紙魚の手帖vol.07(2022年10月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その1


 カーネギー賞(英国図書館情報専門家協会が選ぶ児童文学の賞)を二〇〇九年に『ボグ・チャイルド』で受賞したシヴォーン・ダウド。彼女が二〇〇七年に発表した『ロンドン・アイの謎』(越前敏弥訳 東京創元社 一九〇〇円+税)は、十二歳の少年を主人公としたミステリで、ビスト最優秀児童図書賞(現KPMGアイルランド児童図書賞、アイルランド児童図書協会が選ぶ児童文学の賞)を受賞している。

 両親と姉とロンドンに暮らすテッド。そこに母の妹であるグロリアが十三歳の息子サリムを連れてマンチェスターからやってきた。新たな仕事先の米国に向かう途中、一日か二日泊めて欲しいというのだ。初日の夜のおしゃべりでサリムとテッドは仲良くなったのだが、その翌日、ロンドン・アイで事件は起きた。ロンドン・アイとは、二十人以上が乗ることのできるカプセルが三十分で一周する世界最大級の観覧車だ。サリムを含む二十一人を乗せたカプセルは、ぐるりと一周を終えた。地上からテッドと姉はその様子を見守っていたが、特におかしな様子はなにもなかった。だが、カプセルから降りてきた乗客のなかに、サリムの姿はなかった……。

 空中での人間消失!とミステリファンが大喜びしたくなる状況設定なのだが、その点に触れる前に、まずはテッドについて語っておきたい。人の気持ちを推し測ることは苦手だが気象学の知識は専門家並という彼は、自分が一種の発達障害と認識しており、〝症候群〞という言葉でそれを表現している。そのテッドの一人称視点で語られる家族や世界が、実に自然なのだ。過度に深刻ぶるでもなく、過度に特性を強調するでもなく、かといって特性を無視するでもなく、テッドの個性として描ききっている点に好感を覚えた。

 ミステリとしても上出来である。人間消失の謎はきっちりと作り込まれており、相当に手強(てごわ)く複雑だ。トリック一つでパッと消えるという類(たぐ)いのものではない。もちろん仕掛けはあるのだが、それが独立して置かれているのではなく、深みのあるドラマのなかで、ピースの一つとして用いられているのである。テッドが可能性を列挙する姿を含め、この人物描写/人間関係描写と仕掛けの一体化がこのうえなく優秀。言い換えるならば、本書は優れたミステリであると同時に、テッドや姉、サリムなどの十代の少年少女の苦悩や葛藤(かっとう)、あるいは勇気や喜びを描いた、優れた児童文学でもあるのだ。軽やかな筆致にも魅了され、夢中になって読まされてしまった。

 なお、著者のダウドは、本書発表二ヶ月後に四十七歳で逝去(せいきょ)した。カーネギー賞は、没後に刊行された作品での受賞だったのである。だが二〇一七年、嬉しいことに続篇のThe Guggenheim Mystery『グッゲンハイムの謎』)が刊行された。題名はダウドが生前決めていたもの。著者は本書に熱い序文を寄せているロビン・スティーヴンスだ。邦訳も予定されているというから愉(たの)しみに待ちたい。テッドたちがニューヨークでどんな活躍をみせてくれるのか。期待は大だ。


■村上貴史(むらかみ・たかし)
書評家。1964年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。文庫解説ほか、雑誌インタビューや書評などを担当。〈ミステリマガジン〉に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を連載中。著書に『ミステリアス・ジャム・セッション 人気作家30人インタヴュー』、共著に『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。編著に『名探偵ベスト101』『刑事という生き方 警察小説アンソロジー』『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』がある。

紙魚の手帖Vol.07
櫻田 智也,ほか
東京創元社
2022-10-11


ロンドン・アイの謎
シヴォーン・ダウド
東京創元社
2022-07-12


グッゲンハイムの謎
ロビン・スティーヴンス
東京創元社
2022-12-12


綾崎隼『ぼくらに噓がひとつだけ』、市川憂人『灰かぶりの夕海』…紙魚の手帖vol.07(2022年10月号)書評 宇田川拓也[国内ミステリ]その2


 綾崎隼(あやさき・しゅん)『ぼくらに噓がひとつだけ』(文藝春秋 一六〇〇円+税)は、将棋を題材に、才能とは遺伝子が決めるのか、それとも環境が決めるのかに迫る、ミステリの手法を効果的に用いた長編作品。

 将棋の才を持ったタイプの異なるふたりの少年――長瀬京介(ながせ・きょうすけ)と朝比奈千明(あさひな・ちあき)。ふたりとも元女流棋士の母を持ち、さらに京介に至っては祖父も父も棋士というエリートだ。ところが、お互い奨励会で鎬(しのぎ)を削るなかで、ある疑念が持ち上がる。同じ病院で一日違いで生まれたふたりは、ある思惑のもとに取り替えられたのではないか……。

 第一部では京介と千明の親たちの若かりし頃の苦い青春と将棋界の様子が描かれ、第二部では持ち上がった疑念を発端に戸惑いながら変化していく家族模様が映し出されていく。勝負の世界の厳しさと、どんなに焦(こ)がれても得られない才能がある残酷な現実を明示するいっぽうで、将棋という知的遊戯を通じたひととひとの結びつき、対局することで心を交わす穏やかな時間などが描かれ、将棋に興味のない向きでも惹き込まれること請け合いの、じつに奥の深い物語になっている。

 ミステリとしての白眉(はくび)は、仕掛けの使い方の妙に尽きる。いったいなにが起きているのかと戸惑いを覚えていると、胸に迫る真相が目の前に広がり、猛烈に目頭が熱くなってしまった。仕掛けでドラマをより輝かせようと試みる作品はいくつもあるが、なかでも本作は見事な成功例といえる。

 市川憂人(いちかわ・ゆうと)『灰かぶりの夕海(ゆうみ)』(中央公論新社 一八〇〇円+税)は、序盤から強烈な謎に惹きつけられる長編作品。

 宅配会社に勤める波多野千真(はたの・かずま)は、配達用のビジネスバイクで夜間走行中、反対車線の海側の端に髪の長いワンピース姿の女性が倒れているのを発見する。屈み込んで「大丈夫か」と声を掛けた千真は愕然(がくぜん)とする。喪(うしな)った恋人と瓜ふたつの容姿、さらに彼女は名前まで恋人と同じ「夕海」を名乗り、出身地も同じ御殿場(ごてんば)だという。彼女は何者なのか。

 こうして思わぬ形で、亡き恋人とそっくりの「夕海」とのふたり暮らしが始まり、夕海もまた千真と同じ職場で働くことに。ある日、かつての恩師である金森(かなもり)の家に配達に向かうと、密室状態の居間で血を流して倒れている女性の遺体が。千真は仏壇に飾られた写真を見て驚愕(きょうがく)する。遺体の容姿は、一年前に死んだはずの金森の妻とまたも瓜ふたつだった。夕海に続き、金森の妻まで。いったいなにが起こっているのか……?

 夕海に出会ったことで揺れ動く千真の心、「インタールード」で描かれる断片によって深まる謎、失踪した金森の行方、千真が導き出した殺人事件の真相。息を吞みながら読み進めていくと、ある箇所で、それまで伏せられていた物語の舞台背景が明かされ、まじまじとタイトルを見返してしまった。これを踏まえて続く解決編もさることながら、千真が述懐(じゅっかい)する〝あまりにも単純な種明かし〞が胸を打つ。灰色の世界を温かな涙で洗い流すようなラストシーンが忘れがたい。


■宇田川拓也(うだがわ・たくや)
書店員。1975年千葉県生まれ。ときわ書房本店勤務。文芸書、文庫、ノベルス担当。本の雑誌「ミステリー春夏冬中」ほか、書評や文庫解説を執筆。


東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり