Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

近未来の図書館を舞台にした伝説のシリーズ、書籍初収録短編を含む待望の文庫化! 紅玉いづき『サエズリ図書館のワルツさん〈1〉』


2012~13年、星海社FICTIONSから刊行され反響を呼んだ、紅玉いづきさんの『サエズリ図書館のワルツさん』シリーズ。近未来の図書館を舞台に、本への愛を描いた傑作2巻を、この度創元推理文庫で文庫化し、2か月連続刊行することになりました!

まず、5月31日刊行の第1巻の内容を紹介しましょう。

世界情勢の変化と電子書籍の普及により、紙の本が貴重な文化財となった近未来。そんな時代に、本を利用者に無料で貸し出す私立図書館があった。“特別保護司書官”のワルツさんが代表を務める、さえずり町のサエズリ図書館。今日もまた、本に特別な想いを抱く人々がサエズリ図書館を訪れる――。書籍初収録短編を含む、本と人の奇跡を描いた伝説のシリーズ第1弾、待望の文庫化。

第1巻では、本と無縁の生活を送っていた会社員、娘との距離を感じる図書館常連の小学校教師、本を愛した祖父との思い出に縛られる青年など、様々な人々がサエズリ図書館を訪れます。本への複雑な感情を持つ彼らが出会うのが、「本は死にません。だって、みんな、本を愛していらっしゃるでしょう?」と本への愛を高らかに謳い、本を守る司書官のワルツさん。彼らがワルツさんと交流し、本を手にした時に訪れる奇跡とは? それぞれの、胸に染みる美しい結末を、ぜひ見届けてほしいと思います。

また、本書には書籍初収録となる、番外編「ナイト・ライブラリ・ナイト 真夜中の図書館のこどもたち」を収録しています。本作は『毎日新聞』(大阪版)朝刊(2014年1月1日、3~31日)に連載された、「ナイト・ライブラリナイト さえずり町の夜」を改題・加筆修正したものです。図書館を初めて訪れた子供たちの冒険を描いた、愛らしく温かな短編です。

更に、単行本版「著者あとがき」に加え、文庫版「著者あとがき」も書き下ろししていただきました。文庫化に際しての想いを、紅玉さんに存分に語っていただいております。

6月刊行の第2巻と共に、本への愛を綴った奇跡の物語をどうぞお楽しみください!


【INTERVIEW 期待の新人】『勿忘草をさがして』真紀涼介


◎INTERVIEW 期待の新人 真紀涼介『勿忘草をさがして』

植物にまつわるささやかな“事件”を二人の青年が解き明かしていくことで徐々に大人に近づいていく様を描いた連作ミステリ『勿忘草(わすれなぐさ)をさがして』
第32回鮎川哲也賞優秀賞受賞の本作でデビューされた真紀涼介(まき・りょうすけ)さんにお話を伺いました。


――最初に、簡単な自己紹介をお願いいたします。
 真紀涼介と申します。1990年生まれ、宮城県出身です。読書とゲームとサッカー観戦が好きです。よろしくお願いします。

――小説の執筆歴、投稿歴を教えてください。
 初めて小説を書いたのは、大学生のころのことです。一作目は全然ダメだったのですが、二作目に書いた小説が、某賞の最終選考一歩手前まで残りました。その結果を受け、生来の楽天家である私は、「これは、賞をいただける日も近いのでは」と考えました。ただ、現実は甘くありませんね。毎年様々な賞に応募しては落とされて、結局、ジャンプ小説新人賞2018で初めて賞をいただけるまで五年以上の月日が経ってしまいました。

――真紀さんはジャンプ小説新人賞2018の小説テーマ部門(同年のテーマは「ミステリ」)に投じられた『彼女は謎をつくりたがる』で銀賞を受賞されています。ずっとミステリを書かれてきたのでしょうか?
 ミステリと青春小説が好きなので、その二つのジャンルをよく書いていました。他のジャンルも何度か書いたことはあるのですが、書いていて楽しいのは、やはりこの二つですね。どのジャンルでもそうだと思いますが、特にミステリは書けば書くほど成長が実感できるジャンルだと思っているので、やりがいがあります。

――その後、『勿忘草を探して』(投稿作「想いを花に託して」から改題)で第32回鮎川哲也賞優秀賞を受賞されました。まず鮎川哲也賞にご応募いただいたきっかけを教えてください。
 実は、最初から鮎川哲也賞に応募しようと思って書き始めたわけではありませんでした。物語を半分ほど書き終えたあたりで、この小説をどこに投稿しようかと考え始め、鮎川哲也賞に決めた次第です。以前にも応募したことがありましたし、何より歴代の受賞者に好きな作家さんたちがいて、受賞作を何冊も読んだことがあったので、馴染(なじ)み深かったことが主な理由です。また、所謂(いわゆる)『日常の謎』と呼ばれるジャンルを受け入れてくれる賞というイメージが自分の中にあったことも大きかったです。

――『勿忘草を探して』は部活を辞めて鬱屈(うっくつ)した日々を送っていた高校生・森川航大(もりかわ・こうだい)が出会った謎を、祖母の家の庭に生える植物を守る大学生・園原拓海(そのはら・たくみ)と共に解き明かす連作ミステリです。まず、植物を共通の題材にしてミステリを書こうと思われたきっかけを教えてください。
 父と祖母がガーデニングを趣味としていて、昔から自分もよくその手伝いをしていました。そうして庭仕事を手伝っているときに二人から教えてもらった植物の知識が面白く、ミステリとして書いたら楽しそうだなと思ったことが始まりです。植物や園芸に関する本が自宅にたくさんあったので、資料集めが楽そうだったからという理由もあります。実際にガーデニングをしている人からすぐに話を聞けるという環境は、執筆する上で非常に助けになりました。父と祖母には、本当に感謝しています。

――それぞれの作品はどのように書き進めていきましたか?
 本作は全五話の連作ミステリとなっているのですが、一話目と最終話は、書きたいシーンと物語を決めてから謎を考えました。二~四話はその逆で、まず謎を考え、そこに物語を肉付けしていきました。四話目以外は、作中で使う植物のネタを初めから決めていたので、それらのネタをどのように絡めて、どんな謎にしようかという試行錯誤にかなりの時間を掛けました。それと、今回の投稿で初めてしっかりとプロットを書いてから執筆を始めたのですが、非常にやりやすかったので、これからも続けていこうと思います。

――謎が解かれると、二人が胸に秘めていることも少しずつ明らかになっていきます。こうした構成にした意図などございましたら教えてください。
 構成に関しては、意図的なものではなく、自然とそうなったというのが正直なところです。ただ、主要人物の二人、特に航大の内面の変化については、あやふやにせず、丁寧(ていねい)にしっかりと描写すべきだということは、常に意識しながら書き進めました。また、登場人物たちの抱える悩みが読者に共感してもらえるものかどうかという点にも、かなり気を遣いました。

――四話目に収録されている「ツタと密室」は、単行本化にあたって書き下ろしていただきました。苦労した箇所などございましたらお聞かせください。
 苦労した箇所は、ズバリ『謎』の部分です。編集部の方々と打ち合わせをさせていただき、ミステリ要素の強いお話を一編書くことになったのですが、これが全くと言っていいほど思い付きませんでした。三週間くらい、朝から晩まで悩み続けていた気がします。植物という題材の都合上、季節によって登場させられる植物が限られるという点も辛いところでした。しかし、ひとつアイデアが思い浮かぶと、自分でもビックリするくらいあっさりと話を組み立てることができました。プロットの段階で、かなり細かいところまで書くことができたと記憶しています。最終的に満足のいく作品を書き上げることができ、心の底からホッとしました。タイトル通り、ツタが関わる密室ミステリですので、楽しんでいただけたら幸いです。

――そのほか読者に注目してほしいという箇所がありましたらぜひ教えてください。
 あまり先入観を持たずに読んでいただきたいのでノーコメントで、と書くことによって、読む前からハードルが上がらないようにさせてください。

――お好きな作家と作品を理由も含めて教えてください。
 伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)さんの小説は、どれも大好きです。個性的な登場人物と軽妙な文章が魅力的で、毎回ページを捲(めく)る手が止まらなくなります。私の地元である宮城県を舞台とした話が多いのも嬉しいところです。『アヒルと鴨のコインロッカー』『マリアビートル』『チルドレン』『死神の精度』『首折り男のための協奏曲』『ガソリン生活』『フーガはユーガ』あたりが特にお気に入りです。
 知念実希人(ちねん・みきと)さんの『優しい死神の飼い方』とその続編の『黒猫の小夜曲(セレナーデ)』は、読後感が本当に素晴らしかったです。シリアスな場面とコミカルな場面の切り替えが見事で、登場人物たちの会話も面白く、主人公のレオとクロが愛らしいです。また、天久鷹央(あめく・たかお)シリーズも、よくこんな話を思い付くなあ、と毎回感心させられながら読んでいます。中でも『甦る殺人者』『久遠の檻』はとても衝撃的でした。
 相沢沙呼(あいざわ・さこ)さんの『午前零時のサンドリヨン』とマツリカシリーズは、どちらも登場人物の繊細な心理描写がとても巧みで、読んでいて色んなことに気付かされます。特にマツリカシリーズ三作目の『マツリカ・マトリョシカ』は、青春ミステリの傑作だと思います。
 初野晴(はつの・せい)さんの『水の時計』『向こう側の遊園』は、読み進めるうちに優しく物語の世界に惹きこまれていく感覚が心地良いです。そして、日常の謎を扱った青春ミステリであるハルチカシリーズは、まさに私の好みのど真ん中です。真っ直ぐな性格の千夏(ちか)に対し、春太(はるた)はちょっと捻(ひね)くれているのですが、そんな二人のバランスが絶妙で、キャラクター造形の大切さを痛感させられます。
 半田畔(はんだ・ほとり)さんの『群青ロードショー』は、四人の女子高生のかけがえのない時間が瑞々(みずみず)しく描かれている青春小説です。これぞ青春と言わんばかりのストーリーで、読んでいて元気を貰(もら)えます。この本を読んで以来、自分の中の「青春小説を書きたい」という意欲がさらに大きくなりました。
 それと、小説ではないのですが、ゲームのゼノブレイドシリーズも自分にとって特別な作品です。ゲームとして面白いのはもちろんですが、ストーリーも秀逸なので、遊ぶたびに心を揺さぶられ、創作意欲が刺激されます。
 まだまだ紹介したい作品はあるのですが、既にだいぶ長くなってしまっているので、このくらいにしておきます。

――ご自身で目指す理想のミステリの形はありますか?
 正直に言うと、考えたこともありません。元々、物事を理屈っぽく考えることが好きではないので、単純に「面白ければいいのではないか」と思っています。……ミステリ作家とは思えないような発言ですね。でも、こんなふうにシンプルに考えることが好きなのです。読者の皆様に楽しんでもらいたいという気持ちは大前提として、自分にとっての『面白い』を突き詰めていくことが、私にとっての理想です。

――本誌の読者に向けて一言お願いいたします。
『丁度日常の謎を扱った青春ミステリが読みたい気分だった』という方がいらっしゃいましたら、私の小説を手に取っていただけると幸いです。

――今後書きたい題材や抱負があればお聞かせください。
 書きたい題材はいくつかあるのですが、まだどれも漠然としているので、まずはそれらをしっかりとプロットとして組み立てていきたいです。それと、鮎川哲也賞の贈呈式のときに選考委員の先生方とお話をさせていただいて気付いたのですが、投稿作品でそれなりの数のミステリを書いているのに、自分はまだ殺人事件を扱ったことがありませんでした。無意識に、日常の謎ばかり書いていたのです。なので、名探偵が出てきて殺人事件を解決するといった、ミステリらしいミステリにもいつか挑戦したいです。もしかしたら『迷』探偵になってしまうかもしれませんが、それはそれで楽しくなりそうな気もします。



真紀涼介(まき・りょうすけ)
1990年宮城県生まれ。東北学院大学卒。『勿忘草をさがして』(応募時タイトル「想いを花に託して」)で第32回鮎川哲也賞優秀賞を受賞しデビュー。

【本インタビューは2023年4月発売の『紙魚の手帖』vol.10の記事を転載したものです】


青羽悠『幾千年の声を聞く』、ノヴァク『闇の覚醒』…紙魚の手帖vol.09(2023年2月号)書評 三村美衣[ファンタジイ]その2


『幾千年の声を聞く』(中央公論新社 一七〇〇円+税)は、二〇一六年に十六歳の若さで小説すばる新人賞を受賞し、受賞作『星に願いを、そして手を。』で鮮烈なデビューを飾った青羽悠(あおば・ゆう)の初のファンタジイだ。

 物語は一本の[木]を中心に語られるのだが、この木が尋常ではない。ある日、天より光がこの地に落ち、巨大な窪(くぼ)みを作った。そしてその窪みの中央に一本の巨木――後世にはその樹上に街が作られるほどの巨大な木が出現する。人は天から生まれ、天へと還(かえ)る。[木]は天と人を繫ぐ存在であり、人は[木]の元で生き、[木]によって天へと運ばれる。人々は木を聖なるものとして崇め、科学技術の発展とともにその存在は様々な解釈を纏(まと)う。流行病に苦しむ村で、ひとりの少女が辿り着く信仰と救済を描いた「宿命」に始まり、衰退期へと入った未来社会を描く「希望」まで。一本の聖なる大樹とともに繁栄し、そして滅びへと向かう人間の文明が五つの短篇による連作で綴(つづ)られる。それぞれのエピソードが独立した短篇であり、思索の多くが読者に委ねられているため、物語としては些(いささ)か消化不良気味ではある。高次への憧憬や、滅びへの諦観(ていかん)を端正で瑞々しく描く筆致は、光瀬龍(みつせ・りゅう)『百億の昼と千億の夜』を想起させる。

 ナオミ・ノヴィク『闇の覚醒(死のエデュケーションLesson 2)』(井上里訳 静山社 二三〇〇円+税)は、時空の間に浮かぶ巨大な歯車状の全寮制魔法学校でのサバイバルを描いた《死のエデュケーション》の第二巻。

 エルたちは最終学年にあがり、生死を賭けた卒業試験まで残り一年。訓練にあけくれるエルたちの間に仲間意識が芽生えはじめ、前代未聞の卒業計画が持ち上がる。外の世界ではニューヨークや上海といった魔法自治領間の対立が激しさを増し、その影響は魔法学校にも及ぶ。死の魔法を操るエルは、意図せず、そのパワーゲームの中心に身を置くこととなる。現実世界のパワーバランスが魔法世界に波及する展開は《テメレア戦記》同様だが、学校の外にあるのが歴史ではなく同時代の現実であるだけに、対立の構図が生々しい。

 起きる事件もあいかわらず容赦なく、意表を突く展開の連続。教師のいないこの学校は、学校の意思によって運営されているはずなのだが、いったい学校は何を狙っているのか、という根源的な問題にぶち当たりながら、物語は怒濤(どとう)の卒業試験からクリフハンガーな結末で次巻へと続く。最終章のスペクタクルな激闘展開は、肩に力が入りまくるので要注意。

 ところで、本シリーズ開幕時の本欄で《テメレア戦記》の続きが読みたいと書いたが、なんと静山社から文庫での再刊が始まり、昨年末までに既刊六冊分が全て刊行された。いよいよ未訳分の開始を待つのみとなった。


■三村美衣(みむら・みい)
書評家。1962年生まれ。文庫解説や書評を多数執筆。共著書に『ライトノベル☆めった斬り!』が、共編著に『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』がある。


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり