Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

鬼、それは穢れし化け物か、それとも妄執に縛られた人間か。人と鬼との壮絶な闘いを描いたファンタジイ大作。『星巡りの瞳』松葉屋なつみ


●最新作『星巡りの瞳』(2021年10月刊)

 遙か一千年あまりの昔、雷光をまとった一人の天人(あまびと)が荒地に降臨した。
 舞によって天人を招来したのは、尊い志を持った五人の娘である。各地を統べる五人の王が話し合い、それぞれが遣わした姫たちだ。彼女らは世にも稀なる黄梅の枝を天人に捧げると、悪鬼のはびこる大地の平定を願い、とこしえの忠誠を誓った。その同じとき、鬼に穢された荒地に百木百草が芽吹き、百の獣が生まれ、ともに頭を垂れたという。
 天人は五王とともに兵を率い、霊威をふるって鬼の王らの軍を退けた。そうして人々に乞われて島に留まり、国の始祖となった――

『双眸に星を宿して顕現した天の申し子。この瞳はあまねく人の世を見通し、人を真なる道に導くであろう――』そう星見に予言されて生まれてきた柳宮(やなぎのみや)家の嫡男白珠(はくじゅ)は、天人の器である大王の後継者候補の筆頭と期待された、前途有望な青年だった。
 だが後継者を決める儀式の日に起きたある事件をきっかけに右の目を失い、そればかりか宮城内での地位をすべてなくし、以来、市場で助けたつばめという少女だけを使用人に世捨て人のような生活を送っていた。
 そんな白珠の人生を変えたのは、妹の訴えだった。たった一人の妹小紅(こべに)が、鬼の巣窟として封じられ捨てられた旧都香久(かぐ)の御所守に任じられそうだというのだ。なんとか逃れる手はないものかと相談された白珠は、代わりに御所守の役目を買ってでる。
 かつての都香久に巣くっていたのは、元は人でありながら妄執に囚われ鬼と化した、鬼の王陽炎(かげろう)だった。
『星砕きの娘』から遡ること数百年、星の目を持つ男と鬼との壮絶な闘いを描いたファンタジイ大作!





星砕きの娘 (創元推理文庫)

『星砕きの娘』(文庫版・2021年7月刊)

 魔の化生、鬼の跋扈する地、敷島(しきしま)国。なかでも東の果てである果州(かしゅう)はとりわけ鬼の勢力が強かった。鬼は死なない。どんな力自慢にも鬼を退治することは難しく、人間は逃げるしかなかった。
 そんな果州の豪族の跡取りである鉉太(げんた)は、幼い頃に母と共に鬼に攫(さら)われて以来、鬼の砦に囚われの身となっていた。鬼の妻になることを拒否した母は牢獄に閉じ込められ、鉉太自身は他の囚人と共に鬼の雑役に使われる毎日だった。
 そんなある日、密かに砦を脱走しようと数人の若者が企てた。鉉太も一緒に連れて行ってくれと頼んだが、足手まといになるとすげなく断られてしまう。そのとき川を流れてきたのは一本の太刀と大きな蓮の蕾だった。太刀は他の若者に取られてしまうが、鉉太は蓮の蕾を抱えて鬼の砦に戻る。だが驚いたことに鉉太の腕の中で、蕾は女の赤ん坊に変化していた。赤ん坊は蓮華(れんげ)と名づけられ、あっという間に鉉太を「とと」と慕う、美しさと強さを兼ね備えた娘に成長する。だが、蓮華にはさらに不思議なことがあった。空に〈明〉の星が昇るたび、泣きわめく赤子に戻ってしまうのだ。
 鉉太が囚われて七年後、待ちに待った討伐軍がようやく都から鬼の砦に派遣され、鉉太は蓮華とともに晴れて自由の身になる。
 鉉太は、鬼を滅する不思議な力をもつ太刀〈星砕〉をふるう蓮華を連れて、都を目指すが……。

 鬼と人との相克、憎しみの虜になった人々の苦悩と救済を描いた感動のファンタジイ大作、文庫化!

◎選評より抜粋◎

天性のキャラクター描写の巧みさが、背景や構造を包み込む芸として膨らんだ(井辻朱美)

深い共感を覚える見事な作品。心の救いに関する考察が感動的だ。(乾石智子)

残酷さと艶やかさを同居させた語り口も素晴らしく、完全に頭ひとつ抜けている。(三村美衣)

働き方は十人十色――古内一絵さん『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』書店員さんからの熱い感想紹介【第2弾】


古内一絵先生最新作、『二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』に届いた
書店員さんの感想をご紹介致します!【第2弾】
第1弾はこちら


2850.in01



やりたい事、追求したい事に出逢えた人は幸せだと思う。夢中になって読みました。頑張っている姿は、周りを変える力がある! お互いを尊重し合える関係性がとても素敵! 夢や希望や明るい将来。諦めずに進めば、何かが掴める。そんなエールが詰まった作品!!

(文真堂書店 ビバモール本庄店 山本智子さん


 

古内一絵さんの小説は、どうしてこうもピンポイントに心に刺さるのだろうか。気に入ったフレーズをいちいちノートに書き留めながら読んでいたら、ずいぶん時間がかかってしまった!! 未来に不安を感じていない人間なんて誰もいないだろう。でもきっと「飛び立てる翼は、いつだってここにある。」

柳正堂書店 甲府昭和イトーヨーカドー店 山本机久美さん)


 

読みながら、それぞれにやり切れない人生を背負いつつ、一つの企画に向かって立ち上がる銀活の面々をいつの間にか応援していた。

もし売場にある本全て、誰が読んでも面白い本が並んでいる、夢のような書店があったのなら、私はこっそりと、この本を棚の中に忍びこませようと思う。

(宮脇書店 柴田店 渡辺啓市さん)


 

悩み迷い苦しむ姿は、自分と重なるところがある。そして他人に対して負の感情も持ち合わせていたことにも気付かされた。私は私の人生を生きるのだ。そんなの当たり前だと笑われそうですが、私は自分の一番の味方であり続けたいと、そんなことを思いました。胸が熱くなる物語です!

(未来屋書店 大日店 石坂華月さん)


 

「平成元年組」は相変わらず皆それぞれ魅力に溢れていて再開が嬉しい。厳しい時代に生きる様々な世代の人々が悩みや迷いに向き合いながら乗り越えていく姿に勇気をもらいました。先が見えないこんな時代にぜひ読んで欲しい。人生を悲観ばかりしている暇はないぞと励まされたような力強い気持ちになりました。

(三洋堂書店 新開橋店 山口智子さん)


 

令和の時代の新しいお仕事小説! まさに今の世相を反映した会社の状況。働き方に時々息苦しくなりながらも、もがいてもがいてそれぞれの考えでなんとか前進しようとする彼らに共感、反発しながらふと気がつくと自分の今と照らし合わせていたり。各章ごとに刺さる言葉が多すぎて読後の余韻が半端ないです。

それにしても平成元年組はやっぱり素敵です。一緒に乗り越えてきたものがある仲間の結束力はいい意味で腐れ縁ですね。小タイトルも映画好きならニヤリ、です!!

(ジュンク堂書店 吉祥寺店 村尾啓子さん)

――――――――――――――――――


『 二十一時の渋谷で キネマトグラフィカ』あらすじ 

新元号が発表された日、老舗映画会社・銀都活劇、通称“銀活”のDVD宣伝チームを率いる砂原江見は岐路に立たされていた。


新元号が発表された日、老舗映画会社・銀都活劇、通称“銀活”のDVD宣伝チームを率いる砂原江見は岐路に立たされていた。長く勤めた銀活が、大手IT企業傘下の映像配信会社に買収されることが決まったのだ。社内の雰囲気は最悪で、不穏な噂が飛び交っている。江見も一癖ある部下たちも、この先どうなるかわからない。それでも働き続ける自分は、銀活の名前が消えるまでに何がしたいのか――。

すべての働く人にエールをおくる、傑作エンタテインメント!!


〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズ刊行記念! 新作『母の日に死んだ』を発売前に3名様にプレゼントします!


『深い疵』『白雪姫には死んでもらう』をはじめシリーズ8作が刊行されている、ドイツ発大人気警察小説〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズ。今年も10月29日に最新刊となる9作目『母の日に死んだ』が発売となります。

それを記念して、『母の日に死んだ』を3名様にプレゼントします。発売前に新刊が読める!! 超絶お得なキャンペーンとなっております。

〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズは事件自体は独立しておりますので、9作目『母の日に死んだ』からでも問題なく読むことができます。他にも「タイトルが気になる」「事件のあらすじが気になる」などなど、面白そうと思った巻からぜひお手に取っていただけますと幸いです。

応募は無料です。どしどし御応募ください!

応募方法は簡単、東京創元社の公式Twitterアカウント(@tokyosogensha)をフォローし、下記のツイート(以下をクリック)をリツイートするだけ!



※応募締切は10月19日(火)昼12時です! ※応募は終了しました
※該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から「3名様」を抽選で選ばせていただきます。非公開アカウントは抽選の対象外となります。
※御当選者のみに、10月22日(金)昼12時までにTwitterのダイレクトメッセージ機能を使って御連絡差し上げます。文庫を発送するため、御住所と御本名をお伺いいたします。御了承のほど、お願い申し上げます。

Twitterで〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズについてのご感想をつぶやかれる際には、ぜひハッシュタグ「 #オリヴァーとピア 」を使っていただけますと幸いです。

これからもネレ・ノイハウス〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズをよろしくお願いいたします!


■書誌情報
『母の日に死んだ』〈刑事オリヴァー&ピア〉シリーズ9
ネレ・ノイハウス 著
酒寄進一 訳
定価:1,760円 (本体価格:1,600円)
ISBN:978-4-488-27613-3
文庫コード:M-ノ-4-9
ページ数:720ページ
写真:Thomas Janowitz/EyeEm/Getty Images
装幀:柳川貴代+Fragment

【あらすじ】
かつて孤児院から子どもを引き取り、おおぜいの里子を育てていたライフェンラート家で、遺体が発見された。死んでいたのは邸(やしき)の主人だったが、ピアが邸内を捜索したところ、事件は一変する。飼い犬のケージ付近の床下から、ラップフィルムにくるまれ屍蝋化した3人の遺体が出てきたのだ。里子の世話に心血を注いでいた男は、恐るべき連続殺人犯なのか? 大人気シリーズ最新作!









東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり