Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

映画『屍人荘の殺人』公開記念特集! 第10弾は紀伊國屋書店新宿本店様での衣装・小道具の展示! グッズ販売もあるよ!


とうとう公開まであと一週間!
2週間連続でお送りしてきた映画『屍人荘の殺人』公開記念特集もひとまずは今日で区切りとなります(まだまだ今後も情報は出ますが)。

本日お知らせさせていただくのは、紀伊國屋書店新宿本店様で行われる、衣装・小道具の展示と東京創元社オリジナルグッズ販売についてです。

■映画『屍人荘の殺人』上映記念フェア
  • 日時|2019年12月9日(月)12:00~2020年1月13日(月)10:00~21:00
  • 場所|紀伊國屋書店新宿本店 1階B zone売場
実際に映画の中で使用した衣装や小道具などを特別展示致します。
写真撮影も可能ですので、ぜひ実物を店頭でご覧ください。

また12月11日(水)発売の『ミステリーズ!Vol.98』を1階B zoneでご購入の方先着40名様に缶バッジをプレゼントいたします。

shijinso_bajji

さらに会場では原作小説に登場するロックフェスティバル「サベアロックフェス」のTシャツ他、東京創元社の公式キャラクター「くらり」のグッズなどもお取り扱い致します。

kinokuniya

詳細につきましては紀伊國屋書店様の告知ページをご確認ください。



期間中、ぜひ紀伊國屋書店新宿本店様に足をお運びいただき、衣装や小道具に心を躍らせていただき、東京創元社のオリジナルグッズもお買い求めいただければ幸いです。

くらりも皆様のご来店をお待ちしていますニャ!

この2週間でお知らせしたキャンペーン情報は↓にまとめてあります。
各書店様にぜひ足をお運びください。


 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

第四回創元ファンタジイ新人賞受賞作 松葉屋なつみ『星砕きの娘』はこんなにすごい!



魔の化生、鬼の跋扈する地、敷島国。なかでも東の果てである果州はとりわけ鬼の勢力が強かった。
そんな果州の豪族の跡取りである鉉太は、幼い頃に母と共に鬼に浚われて以来、鬼の砦に囚われの身となっていた。鬼の妻になることを拒否した母は牢獄に閉じ込められ、鉉太自身は他の囚人と共に鬼の雑役に使われる毎日だった。
そんなある日、密かに島を脱走しようと数人の若者が企てた。鉉太も一緒に連れて行ってくれと頼んだが、足手まといになるとすげなく断られてしまう。そのとき川を流れてきたのは大きな蓮の蕾だった。蓮の蕾を抱えて鬼の砦に戻った鉉太だったが、驚いたことに蕾は女の赤ん坊に変化していた。赤ん坊は蓮華と名づけられ、あっという間に鉉太を「とと」と慕う、美しさと強さを兼ね備えた娘に成長する。だが、蓮華には不思議なことがあった。空に〈明〉の星が昇るたび、泣きわめく赤子に戻ってしまうのだ。
鉉太が囚われて七年後、待ちに待った討伐軍がようやく都から鬼の砦に派遣され、鉉太は蓮華とともに晴れて自由の身になるのだが……。
鬼と人との相克、憎しみの虜になった人々の苦悩と救済を描いた感動のファンタジイ大作。

『ダ・ヴィンチ』年末恒例の「新人賞受賞作メッタ斬り!対談」でも取り上げていただきました。

そんな『星砕きの娘』の著者、松葉屋なつみ先生のインタビューが文藝春秋BOOKSでお読みいただけます。


『星砕きの娘』の創作秘話や、次回作への展望など興味深い話題が満載です。

 また、松葉屋なつみ先生はキクボンのネットラジオ「読んで実木彦」の第3回、第4回のゲストでも出演されています。
「七十四秒の旋律と孤独」で第8回創元SF短編賞を受賞された久永実木彦先生とのトークをお楽しみいただけます。

第3回はこちらから


第4回はこちらからご覧いただけます


こちらも是非お聞きください。作品世界が広がること、間違いなしです。

映画『屍人荘の殺人』公開記念特集! コミカライズ版『屍人荘の殺人』(ジャンプコミックス)1巻が発売!


小説とも映画とも異なる、もうひとつの『屍人荘の殺人』
それが、「少年ジャンプ+」で連載中のコミカライズ版『屍人荘の殺人』だ!

今年5月からWebコミック「少年ジャンプ+」で連載が始まったコミカライズ版『屍人荘の殺人』。
コミカライズを手がけるのは、乙一さんミステリ短編「山羊座の友人」を漫画化し絶賛されたミヨカワ将さんです。

現在も月一連載が続いていますが、コミックスの第1巻が12/4に発売になりました!


小説とも映画とも異なる、葉村、比留子、明智の3人がコミカライズでも活躍します。
(ちなみに1巻の表紙は明智さんです)

コミカライズならではのキャラクターの表現や、原作にはない明智さんのエピソードなど、『屍人荘の殺人』ファンなら楽しめること間違いなし!

そして、コミックス1巻のヒキが……ぜひ、お読みいただきたい。

「少年ジャンプ+」での連載は毎月第四土曜日です。
事件はまだまだ始まったばかり。続きをご期待ください!




 

 

 

 

 

 

 




 

 

 


東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。