Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

フレッチャー『楽園事件 森下雨村翻訳セレクション』、新章文子『名も知らぬ夫』、泡坂妻夫『毒薬の輪舞』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その2


 J・S・フレッチャー『楽園事件 森下雨村翻訳セレクション』(湯浅篤志編 論創社 3200円+税)は新訳ではなく、〈探偵小説の父〉森下雨村の訳業を復刊するものです。そのため併録された『ダイヤモンド』は初出どおりの抄訳版となっています。


 代診医ブライスは、〈楽園〉の通称で呼ばれる寺院の外庭を通りがかったときに、寺院の高層の窓から人が突き落とされたと騒ぎ立てる男に行き会いました。男に連れられ死体を検分したブライスは驚きます。その死者が、恋敵(こいがたき)の医師ランスフォドの診療所を不審な様子で訪ねていたのを目撃したばかりだったのです。ブライスは事件に首をつっこんで、なんとか恋敵の弱みを握ろうとして――『楽園事件』

 謎解きというより冒険スリラーの要素が勝るフレッチャー作品なので、雨村の外連味(けれんみ)たっぷりの翻訳はとてもよく合っています。ブライスが自分の欲望にまかせて奔放(ほんぽう)に捜査を続けた末に、事件がどういう解決をみるか、これはわりと意外なものではないでしょうか。近年論創社から訳された『亡者の金』もそうでしたが、野心的な若者の主観から話を転がしておいて、結末で唖然とさせる構成の面白さはどうにも癖になってしまいます。

 国内のほうでは、光文社文庫《昭和ミステリールネサンス》から新章文子『名も知らぬ夫』(山前譲編 光文社文庫 880円+税)が出ています。第五回江戸川乱歩賞を『危険な関係』で受賞した新章は、短篇集の著書にめぐまれず、本書は内容としては新刊にあたります。


 収録作はほぼ《宝石》掲載作で、ミステリとしての水準の高さは保証されています。ただあくまでサスペンス、もっと突っ込めばペーソスに満ちた喜劇という感じで、謎解きの要素は薄いものです。中ではまず「悪い峠」「奥さまは今日も」あたりがわかりやすい作品だと思いますが、表題作のようなミステリの普通の筋でないもののほうが本来の持ち味なのでしょう。既刊の短篇集では、『パリの罠』は色々な厭(いや)な女性が登場する面白い一冊だと思います。

 泡坂妻夫『毒薬の輪舞(りんぶ)』(河出文庫 890円+税)は先に同文庫で復刊された『死者の輪舞』に続く、海方(うみかた)刑事シリーズの第二長篇にして最終作の復刊です。


 外科手術で入院していた海方刑事が、精神科に移ることになりました。海方は病院で毒物による事件が起きようとしているのではないかと察知して、狂人のふりをして居座り様子をうかがうことにしたのです。様々な症状の患者たちが集う精神科の病棟では、飲み物への異物混入事件が立て続けに起こり……。

 前作の派手な連続殺人と比べると、事件が起きるまでは何を謎としようとしているのかわか
らないユーモラスな出来事が続くため、それらが解決篇で伏線として回収される巧(うま)さが伝わりづらいかもしれません。とんでもない構図の逆転に探偵役が推理でたどりつく筋は、泡坂の長篇では案外と珍しいのではないかと思うのですが。長らく入手が難しかったシリーズで、二作ともが復刊されたのは嬉しい限りです。

バンクス『蜂工場』、ミルン『赤い館の秘密』、ヴェリー『絶版殺人事件』…「ミステリーズ!95号」(2019年6月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その1


 まずは翻訳から。イアン・バンクス『蜂工場』(野村芳夫訳 Pヴァイン 2200円+税)は初刊の集英社文庫版から30年余りを経ての単行本での復刊で、原書の改訂が反映された完全版になります。
 出生届を出されず小さな島でひっそり父親と暮らす戸籍のない16歳の「おれ」フランクは、小動物を儀式的に殺すことを日課のようにすごし、人知れず三人の子どもをも殺していました。ある日、精神病院に収容されていた兄から、病院を脱走したという電話がかかってきて……。

 作中でも触れられる、ドイツ現代文学の代表的な作家ギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』を意識したという、ミステリともホラーともSFとも分類しがたい後味の悪いカルト小説で、いわゆる「魔少年」ものといいますか、悪い子どもの一人称で犯罪の記録が語られます。少女を殺したあとに茫然自失を装って切り抜けるくだりなど、不快極まりなくてすばらしい。ただ最も記憶に残るのは結局のところ、フランクが屋根裏に設(しつら)えた〈蜂工場〉になるでしょうか。ミステリ読みにも琴線(きんせん)に触れる方がいるだろう面白い小説なのでおすすめします。

 A・A・ミルン『赤い館の秘密』(山田順子訳 創元推理文庫 940円+税)は〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉からの一冊で、『くまのプーさん』で知られるミルンの長篇ミステリです。


〈赤い館〉と呼ばれるお屋敷に、遺産で悠悠自適に暮らす青年ギリンガムが、屋敷に滞在する友人ビルをたずねてきます。すると館の管理人が玄関で喚いていました。話を聞くと、館の主人マークの兄で一族の厄介者(やっかいもの)ロバートが外国から帰ってきた矢先、部屋の中から銃声が轟(とどろ)いたのだといいます。密室状態の部屋では男が射殺されていて、ギリンガムは素人(しろうと)探偵としてビルと共に事件の捜査をはじめて……。

 探偵小説の黄金時代の〈礎(いしずえ)〉となる、館ものと素人探偵という様式の模範となるような古典の名作です。ですからミステリとしては現代の視点では物足りないでしょうが、そう感じるのは本作を真似た後継作をたくさん読まれているからでしょう。国内のミステリへの影響は大きく、乱歩が〈黄金時代のベスト・テン〉に挙げているほか、横溝正史は『本陣殺人事件』のなかで金田一耕助のことを「アントニー・ギリンガム君に似ていはしまいか」と描写し素人探偵の範としています。

 ミルンのミステリとして読める小説・戯曲は、他にも『四日間の不思議』『パーフェクト・アリバイ』と訳書が出ていますのでおすすめします。《ハヤカワ・ミステリマガジン》に訳載された短篇群も、本にまとまってくれると嬉しいのですけれど。

〈論創海外ミステリ〉からは戦前に紹介された作品の新訳・復刊が続いています。まずピエール・ヴェリー『絶版殺人事件』(佐藤絵里訳 論創社 2200円+税)は、フランスの第一回犯罪小説大賞(冒険小説大賞)を受賞した長篇です。


 クルーザー〈アルデバラン号〉で、船員がみな何らかの薬を盛られて眠りこむという事件が起きました。地元の警察署長が様子をうかがいに行くと、乗客が毒殺される別の事件が起きていて、船上は騒然とします。そして捜査をまかされたビッグス警部らの前に、謎のフランス人トランキル氏があらわれ鋭い推理をみせて……。

 ビブリオ・ミステリを思わせる心躍る訳題とは裏腹に、物語の大半は毒殺をめぐるハウダニットとフーダニットが占めます。後半で事件の鍵を握る絶版書探しのくだりはあるものの、とってつけたようでいささかちぐはぐです。ただこれを強引に解決篇でまとめあげてしまう手腕はお見事で、代表作『サンタクロース殺人事件』のシリーズ探偵ものなどはもう少し紹介されてほしいですね。
 

声優・花澤香菜さんが巻末解説! 『ゼーガペイン』『ゼーガペインADP』スピンオフ長編小説『エンタングル:ガール』(高島雄哉著・創元日本SF叢書)8月29日発売!


2006年に放映されたTVアニメーション『ゼーガペイン』は、舞浜南高校を舞台に衝撃的なヴァーチャルリアリティ世界を構築した、ゼロ年代最高の本格SFアニメーション。翌年の星雲賞メディア部門の候補作となり、2016年には劇場作品『ゼーガペインADP』も制作されました。本書『エンタングル:ガール』は、新進気鋭のハードSF作家が『ゼーガペイン』をオリジナルな着想で語り直したスピンオフ長編小説です。

その巻末解説を、主役のひとり、カミナギ・リョーコを演じた花澤香菜さんにお寄せいただきました。

「『ゼーガペイン』を知らずに初めて読む人は、度肝を抜かれると思います。すごくうらやましい」――花澤香菜

花澤香菜4L_t

「本書では『了子はゼーガペインに乗らない』といった違いはありますが、『ゼーガペイン』の世界ときっちり地つづきになっていて、違和感はまったくありません。本書を読んでからアニメを見てもすごく楽しいと思います」(花澤香菜、解説より)


●『エンタングル:ガール』カバーデザイン完成!
1836

・著者名:高島雄哉(たかしま・ゆうや)
・カバー:あきづきりょう
・創元日本SF叢書(四六判単行本・仮フランス装・272ページ)
・定価:1800円(本体)
・出版社:東京創元社

今回のスピンオフ長編『エンタングル:ガール』は、主要登場人物の守凪了子(カミナギ・リョーコ)が主人公。彼女が所属する映画研究部の仲間6人とAIを駆使してコンテスト用の長編映画をつくるまでの物語。コンテストの受付締切は、夏休みの最終日。撮影を続けるなかで、了子たちはこの高校が置かれた奇妙な齟齬に気づく。高校だけではない、この街自体も......。
ハードSFの期待の俊英が、ゼロ年代最高の本格SFアニメーション『ゼーガペイン』を再構築する。

●著者 高島雄哉(たかしま・ゆうや)
1977年山口県宇部市生まれ。徳山市(現・周南市)育ち。東京都杉並区在住。東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒。2014年、第5回創元SF短編賞を「ランドスケープと夏の定理」で受賞(門田充宏「風牙」と同時受賞)、2018年に、これを長編化した初の著書『ランドスケープと夏の定理』を上梓。同書は新人作家の第一作ながら『SFが読みたい!』で国内編第5位となり、2019年の星雲賞日本長編部門の候補となるなど高い評価を得た。また、2016年の劇場作品『ゼーガペインADP』ではSF考証を担当、以降『機動戦士ガンダム
THE ORIGIN』など多くの作品に参加している。twitterアカウントは@7u7a_TAKASHIMA

●高島雄哉先生サイン会+トークイベントを8月31日に開催!
著者・高島雄哉先生、『ゼーガペインADP』プロデューサー松村圭一氏(サンライズ)、東京創元社編集部・小浜徹也によるトークのあと、高島先生による『エンタングル:ガール』サイン会を開催します。
・日時:2019年8月31日(土) 14:00~(開場13:45)
・会場:芳林堂書店高田馬場店8Fイベントスペース
・参加方法:2019年8月2日(金)朝10時より、芳林堂書店高田馬場店3階?にて書籍をご予約、もしくはご購入された方に参加券をお渡しします。
・参加特典:トークショーにご参加いただいた方には「ポストカード」をプレゼントします。
・芳林堂書店3階レジ、電話、メールで参加申込み受付中です。
 詳細は「芳林堂書店」ホームページをご覧ください。

●Webラジオ「『エンタングル:ガール』刊行記念 創元ゼーガペイン・ラジオ」を、YouTube「東京創元社チャンネル」ほかで配信中!
毎週水曜日午後6時より、著者の高島雄哉先生と東京創元社編集部・小浜徹也が刊行にまつわる裏話などを語ります(全10回配信予定)。同じ番組を「キクボン」 、ニコニコ動画「ハピラジ!」でも同時配信しています。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク