Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

鈴森琴〈忘却城シリーズ〉第3巻、2020年刊行予定!


『忘却城』『忘却城 鬼帝女の涙』で死霊術で発展した亀珈王国という、独特の魅力あふれる世界が人気の〈忘却城シリーズ〉、待望の3巻目は2020年に刊行予定!

待ちきれない皆様のために、ここで内容を少しだけご紹介します。

幽冥祭から一年半後、儒艮は王都・首狼街で幽霊が出ると噂の屋敷を買い取り、塾を開いていた。だがそんなある日、炎龍が禁城に不時着、重体に。その対応に黄王が奔走するうち、正妃と第一王太子の確執があらわになり、儒艮と金魚小僧までもが巻き込まれることに……

2巻『鬼帝女の涙』では登場しなかった儒艮と金魚小僧のその後が気になるという方も多いはず、お楽しみにお待ちください!



ジョーン・リンジー『ピクニック・アット・ハンギングロック』のドラマが配信されます!


ピクニックの最中に4人の少女と教師ひとりが消えてしまう。少女のひとりは逃げ戻ってきたものの、半狂乱で何があったのかはわからぬまま。そして、その日から寄宿学校アップルヤード学院の運命の歯車は狂い始める……。

カルト的な人気を誇るピーター・ウィアー監督の映画で知られる『ピクニック・アット・ハンギングロック』が、新たにドラマ化されました。
2018年にオーストラリアで制作されたドラマ・シリーズで、主演は『ゲーム・オブ・スローンズ』のナタリー・ドーマー。

picnicathangingrock

その新作ドラマが、8月15日から日本で初めてU-NEXTで配信されます。



あの独特な世界が今度はどのように映像されているのか、楽しみです!

期待の俊英が紡ぐ、忘れ難き連作ミステリ 岩下悠子『漣の王国』


青春時代に出会い、その後の人生で再会することがなくても、折に触れて思い出すようなひとに、誰しも憶えがないでしょうか。ひとによって“かれ”は皆から慕われるクラスの人気者であったり、たまにしか授業に出席しなかった不良だったりするでしょう。あるいは教室の片隅で、いつも静かに本を読んでいた誰かかもしれません。
一方、学校という小さな箱庭のなかで、あれほど輝きを放っていたのに、卒業して時が経つにつれて、いつの間にか忘れてしまった――そういうひとも、きっと誰しもの人生のなかに一人ならずいるのではないでしょうか。

『漣の王国』という小説には、四人の登場人物、それぞれの人生をめぐる物語が収められています。彼や彼女が日々のなかで出会う謎は、ほかのひとから見れば些細な、しかし一人一人にとっては大切なものですが、そこには通底して一人の青年の影が落ちています。
綾部蓮とよばれるその青年は、神の贈り物と呼ぶべき肉体と才能に恵まれ、水泳の世界で栄冠を手中に収めるだけでなく、その美貌を以てして男女を問わず周囲に仲間を侍らせていました。昼の大学の構内で、夜の京都の街中で、絶えず彼は「小さな王国」を築いていた――彼のことを知る登場人物の一人は、そのように語ります。それでいて、ほかの登場人物は同じ青年に対してこうも言う――美しくて、うつろだった、と。
あらゆる恩寵に浴していながら、それでいていつも退屈を持て余していた青年。だからこそ彼が「小さな王国」を手放して自ら命を絶った時、その理由を知る者もいませんでした。

四編の小説で語り手の役割を与えられた登場人物たちは、それぞれがかつて綾部蓮と出会ったひとです。彼に憧れたひと、「王国」の外から彼を見ていたひと、そして「王国」から追放されたひと、そして彼と同じ業を背負うひと――彼もしくは彼女は、その後の歩んできた道も時間も場所も異なるなかで、不可思議な謎に出会います。人生のなかに不意にたちのぼった謎を解き明かすうちに、綾部蓮という青年のことを思い出すのです。

大学の女性水泳選手が頼まれた、まだ生まれ得ぬ命をめぐる奇妙な父親探し――「スラマナの千の蓮」
修練期を残りわずかにして、蔓薔薇の咲き誇る教会から姿を消した若き修道女の行方――「ヴェロニカの千の峰」
東京で暮らす主婦の許に届いた、異国の地にいる友人からの贈り物にこめられた不思議な伝言――「ジブリルの千の夏」
そして、なぜ青年は自ら命を絶ったのか――「きみは億兆の泡沫」

若くして亡くなったひとは、私たちの記憶のなかで永遠に時を止めます。私たちが互いに別の道を歩み続けるなか、いつふり返ってもそのひとは同じ地点に留まったままです。けれども、誰かと出会うということは、会って話したり寄り添ったりする時間と同じくらい、会わなかった時間もきっと大切なもののはずです。なぜ、あの時あのひとはあんなことを言ったのか、あるいはあんなことをしたのか。永遠に変わることのない過去の出来事と対面することで『漣の王国』の彼らと同じように、きっと私たちの現在にも、新たな変化があるのではないでしょうか。

最後に、著者の岩下悠子さんのご紹介をしたいと思います。
岩下悠子さんの作家としての出発点は脚本の世界からです。『相棒』『おみやさん』『科捜研の女』などミステリ・ドラマの脚本も数多く手掛けていて、今も精力的に新作を執筆されています。
1997年に「砂の蝶」で脚本の公募新人賞である城戸賞を受賞後、上記のような人気シリーズだけでなく『フェイク 京都美術事件絵巻』『東京スカーレット 警視庁NS係』で、メインライターも務めています。近年では映画『3月のライオン』で大友啓史監督と共同脚本を担当するなど、脚本家として高い期待の集まる人物です。
2012年に短編小説「熄えた祭り」〈小説新潮〉に発表、同作から始まる女性監督・美山と脚本家・鷺森を主役に置いた連作を一年に一編のペースで執筆ののち2017年に連作長編『水底は京の朝』を刊行されました。
京都の撮影所を舞台に、濃密な幻想性を纏った謎が心理学的モチーフを交えて解き明かされていく同書はミステリとしての完成度も高く、同書所収の一編「鬼面と厄神」(雑誌掲載時の「水底の鬼」から改題)は、書籍化される前から本格ミステリ作家クラブ編『ベスト本格ミステリ2014』(講談社ノベルス)にも選ばれて評価を得ました。刊行後も『かつくら』の「マイベストブック」特集で、推理作家の法月綸太郎先生が印象に残った本の一冊に選んでいます。その『水底は京の朝』に続く単著が、この度刊行された『漣の王国』となります。

担当編集者としてひとつひとつの短編をいただいたとき、そしてひとつの小説として通して読んだとき、今まで読んできたどの小説とも異なる、味わったことのない感動を強くおぼえました。きっと、この感動は、誰もの心の深くまで降るものと確信して、この本を送り出したいと思います。(T・F)

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク