Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

営業部日誌 「ラインナップ説明会を行いました」


いつもお世話になっております。営業部のQです。
今回は2月13日に都内某所で行われた東京創元社新刊ラインナップ説明会についてご紹介いたします。ラインナップ説明会とは、読者の方や書店員様をお招きし、その年に刊行する予定の商品をご紹介するイベントです。

今年も司会はこのお方! 池澤春菜さんです。「キミキス」では摩央姉ちゃん推しだった私、この日を毎年楽しみにしております。

sl20201

まずは国内ミステリからご紹介いたします。
一人目のゲストは2019年に『medium 霊媒探偵城塚翡翠』でミステリラインキング三冠を獲得した相沢沙呼先生です。相沢先生からは『午前零時のサンドリヨン』『ロートケプシェン、こっちにおいで』に続く待望の最新作『ラプンツェル・プレッツェル』(仮題)についての発表がありました。

sl20202

sl20203

二人目のゲストは『タルト・タタンの夢』に始まる〈ビストロ・パ・マル〉シリーズが大好評の近藤史恵先生です。近藤先生からはシリーズの最新作『マカロンはマカロン』の文庫化と旅エッセイについてご紹介いただきました。

sl20204

sl20205

三人目のゲストは2017年に『冬雷』が第一回未来屋小説大賞を受賞し、日本推理作家協会賞の候補にもなった遠田潤子先生です。遠田先生には文庫化される『冬雷』と書き下ろしの最新作『椿島』についてお話いただきました。

sl20206

sl20207

続いては海外ミステリのご紹介です。
まず一つ目は、二年連続でミステリランキング四冠を達成したアンソニー・ホロヴィッツの最新作『The Sentence Is Death』(原題)です。本作はホロヴィッツ自身がワトソン役として登場する『メインテーマは殺人』の続編となっております。

sl20208

また、四名の登場人物の視点で描かれる事件を、池央耿先生、東江一紀先生、宮脇孝雄先生、日暮雅通先生といった当代最高の四人の翻訳家が手掛ける話題作『指差す標識』(仮題)についてもご紹介いたしました。

sl20209

海外ミステリのゲストでは翻訳家の吉澤康子先生にご登壇いただき、この日、正式なタイトルが決まったばかりの『あの本は読まれているか』についてもご紹介いただきました。一冊の小説を武器に世界を変えようと危険な任務に挑む女性たちを描く、話題沸騰の傑作エンターテイメントです。

sl202010

sl202011

ファンタジイ、SF作品では『彩雲国物語』の著者が描くノスタルジックでせつない物語『Mystic―ミスティック―』(仮題)や3年連続で三部作全てがヒューゴー賞長編部門受賞のシリーズ『第五の季節』(仮題)をご紹介いたしました。

sl202012

sl202013

メデイア化作品では今年6月公開予定の『コリーニ事件』や4月よりアニメ放映・配信開始が決まった『啄木鳥探偵處』をご紹介。また、この日に解禁になったばかりの情報として『銀河英雄伝説』が4月6日からNHK Eテレにて放送されることになりました!

最後のゲストは『流浪の月』が本屋大賞にノミネートされ、第41回吉川英治文学新人賞候補作に選出されるなど、破格の評価を得た凪良ゆう先生でした。次回作についてのお話を伺い、声優の土師亜文さんによる朗読も行いました。

sl202014

sl202015

sl202016

ここでご紹介させていただいたものはラインナップのごく一部であり、東京創元社は2020年も素晴らしい本をいくつもご用意しております。楽しみにお待ちいただければ幸いです。また次回のラインナップ説明会でお会いしましょう!

sl202017

新刊ランナップ説明会の模様は、YouTubeの東京創元社チャンネルにアーカイブを残しておりますので、ごらんいただくことができます。
期間限定となっていますので、ぜひご覧ください!


ポー『ポー傑作集』、生島治郎『黄土の奔流』、『延原謙探偵小説選Ⅱ』、紀田順一郎・荒俣宏監修『幻想と怪奇 傑作選』…「ミステリーズ!98号」書評 大川正人[新訳・復刊]その2


 エドガー・アラン・ポー『ポー傑作集 江戸川乱歩名義訳』(渡辺温・渡辺啓助訳 中公文庫 1200円+税)は戦前の改造社《世界大衆文学全集》に乱歩訳としておさめられていたポー作品の復刊です。乱歩が自伝の中で代訳であると明言していることから、実際の訳者であるふたりの名が表記されています。


 渡辺兄弟の訳文に注目した復刊ということで、訳出当時の正仮名遣いがいかされています。渺漠(びょうばく)たる雰囲気に満ちた「アッシャア館の崩壊」など見事なもので、20代の渡辺兄弟の才気あふれる訳業が堪能できます。

 国内では新たな復刊レーベル《冒険小説クラシックス》がはじまっています。第一弾は生島治郎『黄土の奔流』(光文社文庫 840円+税)で、全四作ある紅真吾シリーズの第一長編です。


 上海で父の貿易会社を継いだ紅真吾は、大手商社の進出に対抗しきれず会社を畳むことになりました。あるとき偶然にその大手商社の支店長を危地から助けることになり、そこで原料仕入れの儲け話を持ちかけられます。一攫千金(いっかくせんきん)をねらった真吾は、仲間を集めて揚子江(ようすこう)を遡上することにしますが、道中次々に事件が起きて……。

 スリルに満ちた血湧き肉躍る小説だ、とだけ紹介すれば充分ではないでしょうか。癖のある登場人物が入り乱れ、銃撃戦もあれば商取引の丁々発止(ちょうちょうはっし)のやりとりもあり、巻(かん)を措(お)く能(あた)わずでひと息に読めるでしょう。

 冒険小説に的を絞った復刊企画というのはあまり記憶にありません。集英社《冒険の森へ》という大企画が近年あるものの、こちらはもっと広い範囲から採られていた印象です。クラシックスという名称で生島から復刊が始まるとすると大藪春彦や西村寿行あたりが次の候補になるのでしょうか、今後のラインナップに期待しています。

《論創ミステリ叢書》からは『延原謙探偵小説選Ⅱ』(中西裕編 論創社 3800円+税)が出ています。


 ホームズの個人全訳で知られる翻訳者延原の創作をまとめた、前巻から十余年を経ての続刊です。拾遺集的に『十五少年漂流記』など抄訳の収録もされているほか、延原の妻克子が勝伸枝の筆名で残した創作とエッセイをも集成しています。二冊で延原夫妻の創作はほぼ網羅されたといってよいものでしょう。

 紀田順一郎・荒俣宏監修『幻想と怪奇 傑作選』(牧原勝志編集 新紀元社 2200円+税)は、その名のとおり幻想小説と怪奇小説の専門誌として十二冊刊行された雑誌《幻想と怪奇》から、45年ほどを経て傑作選を編むものです。同社からは同誌を季刊誌として新創刊の予定で、その手引きの意味もあるでしょう。総目次や、全号の編集後記が収録されているのは、この手の復刊を好む読者にたいへん目配りの利いた作りで嬉しくなってしまいます。


 また大きな目玉として、紀田が大伴昌司・桂千穂と結成した同人〈恐怖文学セミナー〉が刊行した会誌《THE HORROR》全四号が復刻収録されています。これは怪奇幻想文学の受容史として大きな里程標(りていひょう)で、手軽に読むことができるようになったのはとてもありがたいですね。

モーム、フォークナー他『短編ミステリの二百年 1』、ウォー『生まれながらの犠牲者』、パトリック『八人の招待客』…「ミステリーズ!98号」書評 大川正人[新訳・復刊]その1


 翻訳では創元推理文庫〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉から注目のアンソロジーの刊行がはじまりました。その『短編ミステリの二百年 1』(小森収編、深町眞理子他訳 創元推理文庫 1300円+税)は、編者小森収がウェブマガジン〈Webミステリーズ!〉で連載の評論「短編ミステリ読みかえ史」に基づいて、同文庫の江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』をふまえて編まれる新たな傑作選です。


 短編群の後に小森の評論「短編ミステリの二百年」がおさめられた構成ですが、まずこの評論から読み始め、文中ゴシック体で示される収録短編にふれられるところで頁(ページ)を戻ってその短編を読んでいただくという順番で読み進めることをお薦めします。一巻の収録作は表紙の著者名がサマセット・モームとウィリアム・フォークナーであることからもわかるように、推理短編の傑作集ときいて想像するセレクトとは若干(じゃっかん)離れています。評論の序章で「『世界推理短編傑作集』の影の内閣」と表現しているとおり、これは意識的なものでしょう。

 そのセレクトは、古くは『ニューヨーカー短篇集』や荒地出版社のアンソロジー、最近の本でいえば早川書房『ベスト・ストーリーズ』を連想させるものです。『世界推理短編傑作集』のセレクトは、論中の用語「ストレイトノヴェル」を借りればこれに対峙(たいじ)するといいますか、小説の新たなジャンルを開拓しようとする側からのものでした。本書はジャンルを問わずに優れたミステリとして鑑賞されるべき作を選ぼうとしているわけで、例えば小鷹信光が〈パパイラスの舟〉などでみせた短編ミステリ観に連なるのだとみればよいでしょう。

 ただもちろん連載を追っていた読者には、こののちハードボイルドや、黄金時代のパズラーを扱う章があることもわかっているわけで、そこからどの作品が傑作選に編まれていくのかは楽しみです。連載では〈EQMMコンテスト〉を追った論考がたいへん刺激的でしたので、その周辺の収録作に興味をひかれています。

〈新訳プロジェクト〉からは、ヒラリー・ウォー『生まれながらの犠牲者』(法村里絵訳 創元推理文庫 1040円+税)も出ています。


 13歳の少女バーバラが、はじめて男の子にダンスパーティに誘われた夜から行方がわからなくなりました。バーバラをひとり育てる母エヴリンの憔悴(しょうすい)しきった様子に、フェローズ署長は署を挙げて懸命の捜索にあたりますが、バーバラの消息は杳(よう)として知れず……。

 フェローズ署長シリーズの第五長編で、ウォーの代表作『失踪当時の服装は』とよく似た設定の、少女の失踪を主題にしています。実録小説然とした『失踪当時の服装は』と比べると、シリーズの中の一作というためでもあるでしょうが展開に動きを持たせています。それが原題どおりの衝撃的な幕引きから読者の目を逸らせることにもなっているでしょう。

《奇想天外の本棚》より、Q・パトリック『八人の招待客』(山口雅也訳 原書房 2200円+税)はかつて《宝石》《別冊宝石》に訳載された中編を二つ新訳でおさめるものです。クリスティー『そして誰もいなくなった』の趣向の先行作だというのを再評価の軸として、『そして誰も――』の改題前のもともとの原題にからめた訳題が意図的につけられています。


 そういう視点からみて面白いのは、招待状によって集められた男女に怪死が続く表題中編が、『そして誰も――』とは別のクリスティー長編の趣向を逆手にとったプロットだとこじつけられそうなことです。またそのプロットの面白さだけでなく、短い尺にしっかり謎解きを用意してあるところも好ましく、おすすめの一篇です。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり