Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

新人編集者Kの体験記 「書を持ちながら街に出よう」 第1回


みなさま初めまして。
今年の4月に入社した見習い編集部員Kです。
入社と同時期に新型コロナウイルスにより大変な騒ぎになり、勤務に関してもいろいろと変則的になりました。
慣れないことも多かったですが、新鮮でもあったので楽しみつつ乗り切れたと思います。

今回webミステリーズで記事を書くことになり、この自粛期間の仕事のこと等を書こうかとも思ったのですが、なんでも気楽に書いていいと言ってもらえたので趣味の話をしようと思います。

私はお笑いが好きで、休みの日には劇場でライブを観て家に帰ってお酒を飲みながらラジオを聴いてネタ動画を見る日々を送っていました。
最後に行ったライブはワタナベエンターテインメント所属Aマッソ主催の『おはよう専科ちゃん』です。
渋谷ユーロライブという劇場で開催されたこのライブですが、ゲストにファイヤーサンダー、ママタルトを迎えて交互にネタを披露していくというストイックなライブでした。特に印象に残っているのはファイヤーサンダーのルービックキューブのネタです。
終盤ではオチはどうなるの? という気持ちと、今自分は何を見ているんだ? という混乱で笑いが止まりませんでした。賞レース向きではないとお二人は仰っていましたが、是非今年のキングオブコントで披露してほしいです。

『おはよう専科ちゃん』の3日前には『モンキー・D・マンザイ』というライブにも行きました。
こちらは新宿バティオスで開催されている、プロダクション人力舎による事務所ライブ『どっきん』内の企画として真空ジェシカというコンビが漫才をするというライブでした。
事務所ライブというと基本的に何組か芸人さんが出演するのですが、『モンキー・D・マンザイ』では出演者が1組だったため実質単独ライブでした。

そんな真空ジェシカは、昨年TBSラジオの番組『マイナビLaughter Night』のチャンピオン大会で見事優勝しました。
そしてこの春、優勝特典として『マイナビLaughter Night』の後半30分を真空ジェシカが
担当することが決定! おめでとうございます!
お二人はラジオをあまり聴いてこなかったということで、「ラジオに可愛がってもらいたい。…息子のように育ててほしい」という思いを込めて『ラジオ父ちゃん』という番組名になったそうです。
川北さんの言葉尻をとらえた茶化し、ガクさんの成長など聴きごたえ抜群な30分ですのでぜひ皆さんも聴いてください! 金曜24:00~25:00はTBSラジオ! (その後のバナナムーンGOLDも面白いです)

真空ジェシカは動画配信サイトYoutubeでもラジオを配信しています。
こちらお二人の事務所の後輩である肉体戦士ギガ氏も参加していて、ラジオ名を『ギガラジオ』といいます。
『ギガラジオ』は近況などを話すギガトークと、視聴者からのメールを読むギガメールの二部構成になっています。

2019年7月18日更新のギガメール回で、「好きな本は?」という質問に川北さんは弊社でも刊行されている『孤島の鬼』を挙げていらっしゃいました。
『孤島の鬼』は乱歩の長編の中でも最高傑作と評価する人が多く、ミステリとしてもホラーとしても楽しめる作品です。
私は高校生のころに読んだのですが、浜辺での事件の衝撃と島へ渡ってからのスリルは忘れられません。


Youtubeに上がっている真空ジェシカのネタには『手毬唄』『論理クイズ』『脱出ゲーム』などミステリファンとして微かに反応してしまうワードが見受けられ、川北さんって実はミステリ読みなのでは……と勘ぐっております。

ということでみなさま、コロナ騒ぎが落ち着いたら『孤島の鬼』を持って新宿バティオスに真空ジェシカを観に行きましょう!(ここでタイトルを思い出しました)

【蔵出し記事】記念すべき第1作を徹底的に改稿、 タイトルも雑誌掲載時のものに戻し、新たに世に問う。 中町信『模倣の殺意』


※こちらの記事は「本の話題」として過去に東京創元社のホームページで公開された記事を、一部を修正して再度取り上げたものになります。

7月7日ということで、中町信『模倣の殺意』の紹介記事を再掲します。
『天啓の殺意』と併せて、今現在もなお売れ続けている作品です。
その色褪せぬ驚きをぜひ味わっていただきたいと思います。



7月7日午後7時、服毒死を遂げた新進作家、坂井正夫。その死は自殺として処理されるが、親しかった編集者の中田秋子は、彼の部屋で行きあわせた女性の存在が気になり、独自に調査を始める。一方、ルポライターの津久見伸助は、坂井の死を記事にするよう雑誌社から依頼され調べを進める内に、盗作疑惑に直面し、確執のあった編集者を追及していく。密室、アリバイ、盗作……様々な要素を絡め、著者が自信を持って仕掛ける超絶のトリック。


 本格推理の巨星、故鮎川哲也氏が、「中町信氏は本格物の技巧を身につけた数少ない新人の一人で(中略)この長編第一作においても、たとえば探偵役の男女が疑惑の人物をチェックしていく過程に、テクニックが縦横に発揮されている」と言い、「じっくり腰を据えて読みすすんでいくと、やがて、どうみても中町氏の書き誤りではないかと考えざるを得ない結論に到達するのだが、ラストでそれが作者の仕掛けたワナだったことを知らされる。その驚きは圧巻だ。近頃、これほど意外性に工夫をこらした作品は珍しい。ある意味で、私はクリスティの初期のある傑作を思いうかべ、読み終えてしばし呆然としたのである」と絶賛した。

 著者の中町信氏は、本書の原型を1973年に『新人賞殺人事件』のタイトルで上梓して以来、技巧派として数々の作品を発表し、大向こうの読者を唸らせてきた作家である。本書はその記念すべき第1作を徹底的に改稿、タイトルも雑誌掲載時のものに戻し、新たに世に問う改稿決定版である。

(元記事掲載日:2004年8月10日)


天啓の殺意 (創元推理文庫)
中町 信
東京創元社
2005-04-25


若島正/『フレドリック・ブラウンSF短編全集3』解説(全文)


闇への誘い

若島 正
 Tadashi WAKASHIMA



『サスペリア』で知られるイタリアの映画監督ダリオ・アルジェントの自伝Paura(恐怖、二〇一四年)を英語版で読んでいたら、興味深い記述に出くわした。ダリオ・アルジェントが監督第一作『歓びの毒牙(きば)』(一九七〇年)を撮る前の話である。彼は脚本家仲間であるベルナルド・ベルトルッチの家に遊びに行ったとき、一九四九年に出たアメリカのスリラー小説が置いてあるのを見つけた。ベルトルッチの話では、それを映画化するというアイデアを持っていて、脚本も書いてみたが、どうもうまく行かなかったとのことだった。そこでダリオ・アルジェントはその本を借りて読んでみたところ、ベルトルッチが言っているように、思わずのめりこんでしまうほどおもしろかったが、それがなぜ映画にしにくいのかもわかった。ダリオ・アルジェントに言わせれば、それは心理小説であり、大きなスクリーンに投映するのが難しいのだという。そこで彼はしばらくその小説を映画にする案を棚上げにしていた。しかしあるとき、彼は悪夢を見た。それは、自分がガラスの檻に閉じ込められていて、ガラスの向こう側では若い女性が何者かに襲われて殺されそうになっているが、それを目撃している彼がいくらガラスを叩いても向こうの女性には聞こえないという夢だった。その夢に霊感を授かってから、彼は取り憑かれたように脚本を執筆したという。もう言わなくてもわかるだろうが、それが『歓びの毒牙』の脚本であり、その原作となったアメリカのスリラー小説とは、フレドリック・ブラウンの代表作の一つ『通り魔』だったわけだ。
 このエピソードには興味津々なところがいくつかある。まず、ベルトルッチがフレドリック・ブラウンの『通り魔』を先に読んでいたというところ。ベルトルッチはこの頃すでに映画監督としても頭角を現しつつあったが、話題作『ラストタンゴ・イン・パリ』(一九七二年)で国際的な評価を得るのはまだ先の話である。初期のベルトルッチは、デビュー作の『殺し』(一九六二年)も売春婦が殺害された事件の真相を追求するという筋書きで、『通り魔』のようなスリラーに関心を持ってもおかしくなかった。もしベルトルッチが『通り魔』を映画化していたら、いったいフレドリック・ブラウンの世評はどうなっていただろうか、と想像してみるのは楽しい。
 しかし、それよりももっとこちらの興味を惹くのは、ダリオ・アルジェントが『通り魔』を「心理小説」として読み、それが映像化の難しさにつながっていると考えたところだ。『通り魔』はダリオ・アルジェントが手がける前に、すでに一九五八年にアメリカでガード・オズワルドの手によって映画化されている。このときは、中心的な登場人物を最も美しい頃のアニタ・エクバーグが演じており、彼女の妖しい魅力だけが強烈な光を放つ作品になっているが、ダリオ・アルジェントに言わせれば、それでも凡作から救えなかったという。それで言うなら、『通り魔』という原作に戻って考えてみると、そこに描かれている問題の女性からアニタ・エクバーグを想像するのは難しい。というか、『通り魔』に限らず、フレドリック・ブラウンのどんな作品からも、そこに登場する人物のイメージを具体的に(たとえば、映画にしたときに誰がその役にぴたりとはまるのか、という意味で)思い浮かべてみることは難しい。それは、フレドリック・ブラウンの作品にはいわゆる「描写」が最小限しかないからだ。彼は、娯楽小説において、描写が物語のスピーディな進行を妨げることを知っていた、というのがひとつの解釈。あるいは、彼はもともと外面的な描写に興味がなかった、というのがもうひとつの解釈。おそらく、どちらの解釈も一理あるだろう。とにかく、フレドリック・ブラウンのストーリーテリングは描写を犠牲にして成立しているのであり、読者はたとえば登場人物が「美人」だと書かれていればそれでよく、頭の中でそこに勝手な塗り絵をすればいい。逆に言えば、フレドリック・ブラウンの作品には空白が多いわけで、その意味では映画化しやすいとも言えるはずだが、登場人物の心理の映像化は難しいとダリオ・アルジェントは直感したのである。
 ここでおもしろいエピソードを紹介しておく。猛烈な量の作品を書いていたフレドリック・ブラウンは、アイデアがなくなると、グレイハウンドバスに乗って数週間旅をしてまわることがつねであったという。それは決して、バスの窓から見た人々や風景を題材に使おうとしていたのではない。その逆で、彼はバスの後部座席に陣取り、外界の一切をシャットアウトして、ひたすら脳内の景色を見ていた。描写が最小限だという彼の作品群の特徴はそれと関係している。彼の小説世界は、登場人物の脳内の世界が中心的な位置を占めているのである。ダリオ・アルジェントが『通り魔』を「心理小説」だと言ったのはそういう意味だ。もう少し正確に言えば、その場合の心理とは「異常心理」であり、さらには「狂気」である。実際に、『通り魔』の主人公が連続殺人事件の犯人の目の中に読み取るのは、この「狂気」なのだ。それを考慮に入れてフレドリック・ブラウンの作品群を読み返せば、そうした狂気や、それを分析する精神科医が出てくる作品が多いことに驚かされる。タイトルに現れているものだけを拾ってみても、長篇の『発狂した宇宙』(一九四九年)や、本全集の第二巻に収録されている中篇「さあ、気ちがいになりなさい」(同)がその見本で、原題“Come and Go Mad”のgo madという言い方は、アメリカでは「怒り狂う」という意味合いで使われることの方がはるかに多いが、ここでは文字どおりに「発狂する」という意味になる。『現金(げんなま)を捜せ!』の邦題で知られている一九五二年の長篇は、原題Madballで、これはカーニバルの占いで使われる水晶球のこと。タイトルに出てこないが、「狂気」が扱われている作品はそれこそ枚挙にいとまがない。直接的ではなくても、物語が進行するにつれて登場人物の精神が次第に病んでいく、というのもひとつのパターンで、それに属するものとしては、奇想天外な結末で有名な短篇「うしろを見るな」が挙げられる。今の目で見れば、こうした作品群はいわゆる「サイコ」物に属するケースが多いが、実際にフレドリック・ブラウンは“PSYCHO”という言葉を長篇『3、1、2とノックせよ』の冒頭部分で使っている。発表されたのは一九五九年。その同じ年にロバート・ブロックが『サイコ』を書き、翌年にヒッチコックがそれを映画化して、この言葉はすっかり世間に定着した。『通り魔』をはじめとして、フレドリック・ブラウンが早くも四〇年代後半からこの分野を模索していたことには、先見の明を感じざるを得ない。
 フレドリック・ブラウンの作品群ではなぜこんなに狂気を扱ったものが多いのか。その理由としては、歴史的な要因と、作家本人の個人的な要因があるだろう。フレドリック・ブラウンの作家活動の最盛期は、エドガー賞新人賞を獲得して専業作家になるきっかけを作った、『シカゴ・ブルース』が発表された一九四七年から、持病の肺病で従来のように量産ができなくなった一九六〇年頃までと一般に考えられている。そして、この四〇年代後半から五〇年代にかけてという時期は、アメリカにおいてフロイト派の精神分析が広く流通し、精神分析医が家庭医のように身近な存在になっていった時期とぴったり符合するのだ。この時期に、それまでの心理学は次第に精神分析学に取って代わられるようになった。とりわけ注目を浴びたのは、異常心理であり、それと犯罪との結びつきだった。この領域にフレドリック・ブラウンが大きな関心を抱いたことは想像に難くない。そういう視点から見るとおもしろいのは、本全集の第四巻に収録予定の、最晩年に書かれた短篇「猫恐怖症」(既訳の題名では「猫ぎらい」)で、恐怖症につながった言語疾患という題材を扱いながら、最後にはいかにもフロイトという落ちがつく。これはフレドリック・ブラウンお得意の言語遊戯を充分に発揮しながら、彼がいかにフロイト派の精神分析を自家薬籠中のものにしていたかをうかがわせる、短いながらも絶好の見本である。
 それでは、フレドリック・ブラウン本人の個人的要因はどうだろうか。彼の心の闇を覗こうとするのは、まるでこちらが精神分析医になってしまうようで気が引けるが、彼自身がその闇を自ら明かしているからかまわないだろう。それは、一九二一年、彼が十五歳のときのこと。母親が癌で死にかけていたときに、教会に通っていた彼は、母親を助けてくれと必死になって神に祈った。しかしその祈りは叶えられず、そのとき以来、彼は徹底した無神論者になったという。そうした心の闇を抱えながらも、彼は不条理な世界という泥沼にどっぷりとはまり込むことはなかった。彼の生来のユーモアとロジック癖は、そういう闇に対して一定の距離を置くことを可能にした。フレドリック・ブラウンが異常心理や狂気の世界をあくまでも大衆娯楽小説の範囲で描いたのは、それが彼自身にとっても安全弁の役割を果たしていたからだろう。わたしたち読者は、それだからこそ、「さあ、気ちがいになりなさい」という作者の誘いに対して、心底から怖がることもなく、どんなに楽しい物語が待っているのだろうかと期待しながらページをめくることができるのだ。



【編集部付記:本稿は『フレドリック・ブラウンSF短編全集3』解説の転載です。】



■若島正(わかしま・ただし)
1952年生。京都大学卒業。英文学者、翻訳家。チェス・プロブレム、詰将棋にも造詣が深い。2002年、『乱視読者の帰還』で本格ミステリ大賞評論部門受賞。03年、『乱視読者の英米短篇講義』で読売文学賞随筆・紀行賞受賞。訳書にウラジミール・ナボコフ『ディフェンス』『ロリータ』『ナボコフ全短篇』(共訳)『透明な対象』(共訳)『記憶よ、語れ 自伝再訪』、リチャード・パワーズ 『ガラテイア2.2』、フレッド・ウェイツキン 『ボビー・フィッシャーを探して』ほか多数。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり