Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

フットレル『思考機械【完全版】第1巻』、ハメット『血の収穫』、『鮎川哲也探偵小説選Ⅱ』…「ミステリーズ!96号」(2019年8月号)書評 大川正人[新訳・復刊]その1


 まずは翻訳から、ジャック・フットレル『思考機械【完全版】第1巻』(平山雄一訳 作品社 6800円+税)は日本屈指のシャーロキアン・平山による〈ホームズのライヴァルたち〉の新たな復刊企画で、同社で手がけた『隅の老人』と同様に、完全版と銘打つ徹底した内容です。日本では既刊短篇集に未収録の作品がシリーズ全体の四割程度ありましたが、これをすべて収録するというだけでなく、そもそもの書誌の整理や、初出誌と単行本との異同をまとめるたいへんな労作です。全二巻が予定されています。


 例えば巻頭の第一作にして代表作「十三号独房の問題」から、ヴァン・ドゥーゼン教授が〈思考機械〉と称されるようになったチェス世界チャンピオンとの対戦のエピソードが初出時は別物だったことや、フットレルの死後《EQMM》本国版に再録された際に独自の改稿がなされていたことが明らかにされています。訳者解説の「おそらく、英米で出回っている思考機械の書籍よりも詳しい内容だろう」という言葉からその深い見識と自信がうかがえます。

〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉企画のダシール・ハメット『血の収穫』(田口俊樹訳 創元推理文庫 960円+税)は、ハードボイルドという様式の嚆矢(こうし)と位置づけられるハメットの処女長篇です。


 鉱山町の新聞社社長からの依頼で町を訪れた探偵の〈私〉は、到着早々にその依頼主の暗殺事件に遭遇します。依頼内容もわからないまま、〈私〉は依頼主の父親である権力者の老人に町の浄化を約束しました。この老人は町に混沌をもたらした張本人でもあって……。

 一人称で視点人物の感情描写を廃した文体は後世に大きな影響を残しています。コンティネンタル探偵社の探偵だという設定以外は名前も不明という〈私〉の造形は、作家になる以前のハメットが実際に探偵として働き、そこで客観的な調査を求められていたことが基礎になっているといわれていて、本作は作中で言及される〈アナコンダの銅の精錬所〉で起きた事件でのハメットの実体験が反映されているそうです。コンティネンタル・オプと通称される〈私〉のシリーズが新刊で出るのはたいへん久しぶりで、いま新刊で読めない短篇群の新訳・復刊の契機となってほしいですね。

 国内のほうでは、まず《論創ミステリ叢書》の新刊が二冊続けて出ています。『鮎川哲也探偵小説選Ⅱ』(日下三蔵編 論創社 4000円+税)は、扉に〈鮎川哲也少年小説コレクション〉と銘打たれた、鮎川の少年向け小説を二巻本で集成する一冊目です。同社から山田風太郎・仁木悦子と少年少女向けの小説をまとめていた企画が《論創ミステリ叢書》に組み入れられたということで、元の企画にならって初出誌の挿絵が豊富に収録されているのはこの叢書では珍しくて、とてもありがたい。
 収録作は鮎川らしい面白いトリックを子ども向けにわかりやすくさばいていて、大人が読んでも面白いものではないでしょうか。連載長篇の「冷凍人間」「透明人間」はけれん味たっぷりで乱歩の少年探偵団ものを思わせ、鮎川がこういう筋も得手だったのかと驚かされるでしょう。中でも目玉は鮎川が手がけた最初の少年向けミステリとみられる「魔人鋼鉄仮面」で、掲載誌の休刊間際の未完の作品ということもあって、好事家の間でも長らく未見の資料として知られていたものです。

中村仁美/デイヴィッド・ラミレス『果てなき護り』訳者あとがき(全文)




 この世で一番怖いものは何でしょう?
 姿の見えない連続殺人鬼? 本書で主人公ハナ・デンプシーと相棒のレオン・バレンズが追っているのがまさにそれ、正体不明の殺人者です。現場は逃れることのできない閉鎖空間、世代宇宙船の中。被害者はまるでひき肉のようにバラバラになった姿で発見されます。しかし大多数の一般乗員は事件のことを知りません。当局が関わっているとしか思えない徹底的な隠蔽工作で、目撃者も、場合によっては被害者の存在自体が消されてしまうからです。
 偶然、親しかった先輩のバラバラ死体を目撃したことから事件を追いはじめた警官レオンと、彼を手伝うハナの身辺にも、追跡者の魔手が迫ります。自分は事件があったことを知っている、けれどもだれにもそれを言えない――ただの連続殺人事件より、一段と怖いシチュエーションです。
 謎を追ううちに、事件の背後にはさらに恐ろしい秘密が隠されていることが徐々にあきらかになります。艦内の実権を握る情報保安局(アイセック)がいかなる手段を使っても隠しとおそうとする、その秘密とは? 二人はやがて究極の問いに直面します――社会を維持する(本書の場合、これは種としての人類の存続と同義です)ためには、一握りのエリートが情報統制をおこない、一般大衆から一部の事実を隠すのは必要な(または仕方がない)ことなのか?
 著者デイヴィッド・ラミレスの長編第一作『果てなき護り』(原題The Forever Watch)には、ほかにもさまざまなアイデアが詰まっています。主人公が作った、学習機能と自己書き換え機能付きのネット検索プログラムが、外部の異質なコンテンツに接触して予想外の進化を遂げた結果、生まれたものは? 地球はなぜ人の住めない死の世界と化したのか、また、その経緯はなぜ秘密にされているのか? 人類の生き残りを乗せて新天地へと旅する、巨大な世代宇宙船《ノア》の隔離された一画にあるものとは?
 そして何といっても一番の魅力は、圧倒的なまでに細部にわたって作りこまれた世界観です。《ノア》の乗員たちの特殊能力の描写、義務化された繁殖(ブリーディング)と専門職として子育てを行う〈保護者(キーパー)〉に支えられた、人類という種の維持の仕組み、試験結果ですべてが決まる、成績至上主義に基づく艦内の社会システム、どのように艦内の閉じた生態系が維持されているか、などなど。艦内居住区の美しい夜景の描写を読んでいると、この作品が映像化されたら圧巻だろうな、と思ってしまいます。検索ソフトのプログラミングのようすなど、根が文系の訳者は翻訳に苦しみましたが、そちらの分野にくわしい友人によるとかなりリアルに描写されているそうです。
 ていねいに張られたいくつもの伏線が回収され、ひとつの謎が解決されるとまた新しい謎が姿を現わします。そうして最後には、原題の「永遠に見守る、または監視する」というのが何を意味するのかがあきらかになります。
 ここでちょっと著者について紹介しましょう。デイヴィッド・ラミレスはフィリピンのマニラ生まれ。アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で分子生物学を専攻し、ヒトゲノムプロジェクトに参加します。さらにフィリピンに帰国して大学院でコンピューターサイエンスを学んだのち、作家に転じ、二〇一四年に本書を発表。作中、魅力的な日本人(日系人?)のキャラクターが登場するので、お会いした折に「日本の文化に興味が?」とたずねたところ、中国という大きな文化圏のすぐそばに位置する少数派の文化で、かつ、(大戦という)カタストロフを生き延びた、という意味でフィリピンと似ており、親近感を感じる、と言っておられました。
 また、自他ともに認める日本アニメのファンで、特に「AKIRA」には大きな影響を受けたとのことです。ほかにも好きな作品として、「マクロス」シリーズ、「風の谷のナウシカ」、「ドラゴンボール」、「らんま1/2」などを挙げています。本書の主人公の名前も、本当は「バブルガム・クライシス」(一九八七年のOVAアニメ)からとったプリスとレオンになるはずだった(ちなみにさらにさかのぼるとこの二人の名前は映画「ブレードランナー」に出てくるレプリカント、プリスとリオンからとられています)のに、プリスという名前は古風すぎる、という編集者の意見でハナに変えたのだとか。何度か訪れた日本については、「(世界でも)東京ほどサイバーパンクな街はない」と評しています。
 著者は現在、次の作品Soul Sharkを執筆中です。「ニコラ・テスラが魂の電磁気的な周波数の同定に成功した」二十一世紀の世界を舞台にした、オルタナティブ・ヒストリーものだそうです。際限なく書きなおしが多い、という著者が、早く本書に負けないスリルと緻密な世界設定と科学考証に満ちた作品を世に送ってくれないかと、わたしも一読者として待ち遠しいです。
 最後にわたしのカメの歩みの翻訳につきあってくださった、編集者の石亀航さん、来日された折に東京創元社で気さくにお話を聞かせてくださった著者、そして理系音痴のわたしのとんちんかんな質問に根気強く答えてくれた工学部出身の夫に感謝をささげます。



中村仁美(なかむら・ひとみ)
東京大学文学部卒。英米文学翻訳家。訳書に、ケイジ・ベイカー『黒き計画、白き騎士』、デイヴィッド・ウェーバー『反逆者の月』、タニア・ハフ『栄光の〈連邦〉宙兵隊』、ガース・ニクス『銀河帝国を継ぐ者』など多数。

豪華アンソロジー、ついに始動! 〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉第10弾、小森収編『短編ミステリの二百年1』は読みのがせない傑作ぞろい!


〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉第10弾となる、モーム、フォークナー他/小森収編/深町眞理子他訳のアンソロジー『短編ミステリの二百年1』が創元推理文庫からいよいよ10月25日に発売されます。
どんな本なのか、カバーの内容紹介から少し引用をします。


江戸川乱歩編『世界推理短編傑作集』を擁する創元推理文庫が21世紀の世に問う、新たな一大アンソロジー。およそ二百年、三世紀にわたる短編ミステリの歴史を彩る名作・傑作を評論家の小森収が厳選、全6巻に集成する。


……ちょっと大げさすぎる? いいえ、決して嘘偽りではない内容紹介です。この〈Webミステリーズ!〉で現在も連載中である小森収氏の評論「短編ミステリの二百年」(書名に合わせて今月から「短編ミステリ読みかえ史」より改題しました)をベースに、純粋に面白い作品から歴史上重要な位置を占める作品まで、さまざまな短編を収録していきます。『世界推理短編傑作集』と作品の重複はいっさいありませんので、同書で短編ミステリの面白さに目覚めたかたはぜひこちらもお買い求めください。



では改めて、第1巻の収録作品をお知らせします。

「霧の中」リチャード・ハーディング・デイヴィス/猪俣美江子訳
「クリームタルトを持った若者の話」ロバート・ルイス・スティーヴンスン/直良和美訳
「セルノグラツの狼」サキ/藤村裕美訳
「四角い卵」サキ/藤村裕美訳
「スウィドラー氏のとんぼ返り」アンブローズ・ビアス/猪俣美江子訳
「創作衝動」サマセット・モーム/白須清美訳
「アザニア島事件」イーヴリン・ウォー/門野集訳
「エミリーへの薔薇」ウィリアム・フォークナー/深町眞理子訳
「さらばニューヨーク」コーネル・ウールリッチ/門野集訳
「笑顔がいっぱい」リング・ラードナー/直良和美訳
「ブッチの子守歌」デイモン・ラニアン/直良和美訳
「ナツメグの味」ジョン・コリア/藤村裕美訳
  *
「短編ミステリの二百年」小森収

第1巻にはミステリの豊かさを象徴する、あるいはミステリの可能性を広げるような11作家の12短編を収録。すべて読む価値ありなのですが、なかでも編集者のお気に入り作品をいくつかご紹介します。

まずはウィリアム・フォークナー「エミリーへの薔薇」。言わずと知れた超有名短編ですが、本書では深町眞理子先生による新訳を収録しました。名作の価値を鮮明に伝える、すばらしい訳文でご賞味ください。

リング・ラードナー「笑顔がいっぱい」も非の打ち所がない逸品です。きびきびした筆致で、ひとりの交通巡査と若い女性のささいな交流を描いたこの作品、余韻……といっていいのか、いつまでも心に残るものがあるのです。

このアンソロジーを刊行するにあたり、初めて読んだ中では、サマセット・モーム「創作衝動」が印象的でした。ある閨秀作家(文学的評価は高いが出す本はさっぱり売れない)がいかにして空前のベストセラー・ミステリを生み出すに至ったかを物語る、皮肉とユーモアがたっぷり詰まった秀作でした。

巻末には、〈Webミステリーズ!〉の連載を大幅改稿した評論を収録。なぜこれらの作品が選ばれたのかの解説や、同時期・共通テーマの読みのがせない作品についての言及などもふんだんにされておりますので、ブックガイドとしてもご活用いただけるよう、索引もつけました(本書収録作品、編者のおすすめ作品はひと目でわかる目印つき!)

そして次巻『短編ミステリの二百年2』は2020年3月刊行予定です。気になる収録作家・作品についてはまた時期を見てお知らせしますが、11作家の11短編+小森収「短編ミステリの二百年」という構成を予定しています。こちらもお楽しみに!
東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり






Amazonライブリンク