Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

営業部日誌 《激押し!2022年6月》浅ノ宮遼『臨床探偵と消えた脳病変』


営業部では2ヶ月に一度、その月の中旬頃に、これまでに刊行された文庫のオビとPOPのデザインを一新して書店さんにお送りする「激押し!」という企画を行っております。
2022年6月の激押しは『臨床探偵と消えた脳病変』(浅ノ宮遼)です。

臨床探偵と消えた脳病変POP

【内容紹介】医科大学の脳外科臨床講義初日、初老の講師は意外な課題を学生に投げかける。患者の脳にあった病変が消えた、その理由を正解できた者には試験で50点を加点するという。正解に辿り着けない学生たちの中でただ一人、西丸豊が真相を導き出す――。第11回ミステリーズ!新人賞受賞作「消えた脳病変」他、臨床医師として活躍する後の西丸を描いた連作集。『片翼の折鶴』改題文庫化。解説=米澤穂信

本作は、現役医師による臨床医目線の医療ミステリです。
5つの症例の謎が収録されており、どの短編も、あまりにも自然に伏線が敷き詰められていて、しっかりと伏線があるのにいつも気づけず見事に騙されます。伏線に気付けるように読んでいたはずなのに……悔しい!面白い!という気持ちを短編ごとに味わえる一冊です。
そして、本作の主人公である西丸豊医師は、探偵役としては珍しく、スッと謎を解決していく、あっさりタイプの探偵です。しかしそこが良いのです。
ぜひ、ご一読ください!

来月には著者最新刊『情無連盟の殺人』の刊行が予定されています。
感情がなくなる奇病「アエルズ」の患者たちの間で起こる殺人事件……。感情がない人々なのだから「殺したい」という感情も生まれないはずなのに、殺人が起きる。何故なのか。あらすじの時点で面白そうな最新刊、今から刊行が楽しみです。

『臨床探偵と消えた脳病変』文庫刊行時の著者による解説はこちら



前回までの「激押し!」記事はこちら








臨床探偵と消えた脳病変 (創元推理文庫)
浅ノ宮 遼
東京創元社
2020-02-19


情無連盟の殺人
眞庵
東京創元社
2022-07-29

アルファ碁は先手を好む! 金萬樹/洪敏和 訳『アルファ碁以前以後の定石』


 囲碁で強くなるには、まず定石の勉強は欠かせない。定石には戦いの技術と力、そして手筋の要素が多く含まれていて、戦闘力を育てるには定石ほど効果のあるものはない。また定石は一局の中で一般的には四回登場する。勉強していないと四隅で確実に損をする。従って四隅でポイントを上げることで勝率を高め、全局的な戦いの技術を身に着けられる定石の勉強は高段者になるためには必須のことである。

 定石は、まず手順を覚える。それから周辺の配石による有利不利の判断する能力を育てる。そして、それだけでなく定石の使い方、つまり定石後の手法を覚えなければならない。しかし自分だけが旨く打っても、相手が定石とおりに打ってくるとは限らないし、自分の碁風(攻撃型か守備型か)と違う定石選択をすれば旨くいかないこともある。定石を身に着けることは大変なことなのである。

 そうやって身に着けた定石にも流行がある。数年単位で価値観が変わり、結果が変化する。また同じ定石でも、黒番と白番では結果が違ってくる。また秀策のコスミが時代遅れと言われていたが、現在ではその価値が再評価されている。

 転換期という言葉がある。以前行われていたことが何かをきっかけに廃れ、大きく移り変わる。木綿の登場で人々の生活が大きく変化したとか、蒸気機関の応用で産業革命が始まったとか、取り上げたらキリがない。囲碁に於いてもアルファ碁の登場は、画期的なことだと思われる。死活とか手筋の価値は変わることはなくても、定石の価値観はアルファ碁の登場で大きく変わった。アルファ碁は実利を先に確保し、先手を大事にする、以外と思うかもしれないが、アルファ碁の本質は守りの碁風であり、そのため現代の囲碁は、まず何よりも「先手」を取ることを主眼にするようになってきた。

 本書は、既存の定石と理論を基本手順、配石状況、定石以降の三段階に分けて説明し、アルファ碁時代に通じる定石と理論を解説している。高目、目外し、三々の定石があまり打たれなくなった過程や過去の定石で重要と考えられていた変化が価値を落としてしまった理由も明らかにしている。本書によって定石の何たるかを理解できれば、棋力の向上は間違いのないことである。

今村昌弘『魔眼の匣の殺人』(創元推理文庫)、今年8月発売決定!!


2206魔眼バナー

デビュー作にして、『このミステリーがすごい!』をはじめとする主要ミステリランキングで第1位を獲得、本格ミステリ大賞を受賞。さらには本屋大賞第3位に選ばれ、映画化・コミカライズもされた『屍人荘の殺人』

続くシリーズ第2弾、死の予言とミステリの組み合わせに挑み、各ミステリランキングベスト3に連続ランクインした『魔眼の匣の殺人』が今年の8月、ついに文庫化されます!

刊行に合わせて、関東と関西でのサイン会も予定しています。
楽しみにお待ちください!

2796

※書影は単行本のものです

◆あらすじ◆
その日、神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子を含む9人が、人里離れた班目機関の元研究施設“魔眼の匣”を訪れた。その主であり、予言者として恐れられている老女は、来訪者に「あと二日のうちに、この地で4人死ぬ」と告げた。
施設と外界を結ぶ唯一の橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。
残り48時間、二人の予言に支配された匣のなかで、葉村と比留子は生き残って謎を解き明かせるか?! ミステリ界を席捲した『屍人荘の殺人』シリーズ第2弾。

『本格ミステリ・ベスト10』2020年版 国内ランキング 第2位
『このミステリーがすごい!』2020年版 国内編 第3位
〈週刊文春〉ミステリーベスト10 2019年 国内部門 第3位
「ミステリが読みたい!」2020年版 国内篇 第3位


◆著者紹介◆
今村昌弘(いまむら・まさひろ)
1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞第3位に選出。映画化、コミカライズもされた。シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』、第3弾『兇人邸の殺人』も各ミステリランキングベスト3に連続ランクイン。2021年、テレビドラマ『ネメシス』に脚本協力として参加。いま最も注目される期待の俊英。




東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり