Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

「あなたの復刊してほしい創元推理文庫2023」応募要項


Fukkancover2022
【2022年復刊フェアのラインナップ】

毎年好評をいただいている〈東京創元社 復刊フェア〉
2023年も例年どおり、秋頃に開催することが決定しました。

この復刊フェアに、いつも東京創元社の本をご愛読いただいている皆さまの意見を反映するべく、twitterを使ったアンケート企画「あなたの復刊してほしい創元推理文庫」を今年も実施いたします。

【過去の復刊フェア一覧】
◆昨年皆様からいただいた復刊希望つぶやきのまとめ(togetter)
くらり・冬
https://togetter.com/li/1832882

●2022年復刊フェア(2022年10月上旬より実施)
●2021年復刊フェア(2021年10月上旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/27438741.html
●2020年復刊フェア(2020年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/23939954.html
●2019年復刊フェア(2019年9月下旬より実施)
http://www.webmysteries.jp/archives/19614432.html
●2018年復刊フェア(2018年9月下旬より実施)


下記の応募方法・注意事項をお読みいただいたうえ、ふるってご参加ください。


■応募方法
「復刊してほしい創元推理文庫のタイトル(書名)」を、ハッシュタグをつけてつぶやいてください。
●ハッシュタグは「 #創元推理文庫復刊2023 」です。ハッシュタグのないツイートは集計できませんので、必ずおつけください。
※「#」は半角です。前後にスペースを入れるなど、ハッシュタグとして機能するようにしてください。
●応募期間は1月24日(火)~2月6日(月)です。日付が2月7日(火)に変わるまでにいただいたツイートが有効となります。

■注意事項
1:期間内であれば、おひとりで何作品あげていただいてもかまいませんが、集計の都合上、タイトル(書名)は1ツイートにつき1つでお願いします(上下巻は1つと数えます)。

2:復刊対象となるのは「かつて東京創元社から文庫サイズで刊行されていて、2023年1月現在品切れとなっている書籍」です。創元SF文庫創元ライブラリも対象です。対象外となるのは以下のような本です。
  a:東京創元社以外の出版社から刊行された本
  b:東京創元社の文庫サイズ以外の本(単行本など)
  c:現在新刊で購入できる東京創元社の文庫本
※「これまでに名前があがったけれど復刊が見送られた本」は対象となります。過去年度の同じ企画で既出の本を再度あげていただいてもかまいません。

3:シリーズまとめての復刊はフェアの性質上できませんので、ツイートの際は「○○シリーズ」というかたちではなく、その中の特定のタイトル(書名)をご指定ください。

4:人気投票企画ではないので、いちばん多く名前のあがった作品が復刊されるとはかぎりません。ご了承ください。

5:応募ツイートにつけられたコメントは、後日小社ホームページ他の媒体で使わせていただく可能性がございます。

6:そのほか不明点は @tokyosogensha アカウントに@つきツイートで問い合わせいただければ、可能なかぎり返答させていただきます。

たくさんのご応募、お待ちしております。
(2023年1月24日)

リューイン『祖父の祈り』、ガーバー『垂直の戦場【完全版】』…紙魚の手帖vol.07(2022年10月号)書評 村上貴史[翻訳ミステリ]その2


 マイクル・Z・リューインの『祖父の祈り』(田口俊樹訳 ハヤカワ・ミステリ 二〇〇〇円+税)は、世界が新型コロナを経験した後、二〇二二年に発表した一冊。

 食料雑貨店の前で腕を組み、寒そうに震えている老人。夜の九時十五分。若い男が近付いては去り、ふたりの少女が通り過ぎる。そんな時間がしばらく流れた後のこと、革ジャケットの男がやってきた。三十代くらいか。店に入ろうとする男に、老人は声を掛ける。ビールを買ってきてくれないか、と。

 本書第一章はこうして始まるのだが、第一章だけで、まあなんとも見事な短篇ミステリになっている。驚かされた。と同時に第一章は、この小説の舞台となった世界への導入部の役割もきちんと果たしている。老人がビールを買ってきてくれと頼むのは、マスクを忘れたからなのだ。マスクがないと店に入れない世界――新型コロナウイルスらしき感染症によって荒廃し、治安は悪化し、物資も乏(とぼ)しくなった世界――で、老人は生きているのである。娘と、その子供である少年と三人で。

 本書は、そんな三人が、犯罪や権力の横暴のなか、この世界で必死に生き抜いていく姿を描いている。特筆すべきは、中心人物たちの固有名詞が語られない点である。老人、娘、少年。社会機能が相当に低下したこの世界において、家族だけで生きていく姿を描くには、それで十分なのだ。とはいえ、三人の生活には変化もある。表紙で明らかなように、一匹の犬と一人の少女が彼等の生活に加わる。通常ならば、仲間が増えるのは嬉しいことなのだが、本書の世界では、それは同時にリスクが増大することを意味する。喜びと恐怖が表裏一体であるというこの世界に生きる難しさを、大ベテランの筆は読者に体感させるのである。この四人と一匹に感情移入すればするほど、それを強く感じるのだ(感情移入は不可避だ)。そして結末が印象深い。あの結末を希望と読むか絶望と読むか。リューインはどちらとも明示はしていない。老人の目から見える未来と、少年の目から見える未来は、おそらく違うのだろう。筆者は老人の目で読んでしまったのだが、是非御自身の目で確かめていただきたい。

 最後はジョゼフ・ガーバー『垂直の戦場【完全版】』(上・下 東江一紀訳 扶桑社ミステリー 各九〇〇円+税)を。

 四十七歳になるエリートビジネスマンのデイヴは、マンハッタンの五十階建てのビルにいつものように出勤したところ、CEOに銃を向けられた。撃たれる理由は皆目(かいもく)見当が付かない。そのピンチはなんとか逃れたものの、また別のかたちで命を狙われることに……。

 デイヴが高層ビルを舞台に敵から逃れ、窮地に陥った理由を探る小説である。知人に友人、さらには家族までもが敵に回り、さらにプロと思わしき数十人の戦力までもがデイヴの命を奪うために投入される。絶対的に不利な状況下、かつてグリーンベレーの一員としてベトナムで闘った経験がデイヴのなかで蘇(よみがえ)り、様々な企業が入った高層ビルという場の特性を徹底的に活かして反撃に出る。この闘いが双方共に知恵を絞っていてスリリングなこと極まりないし、仕掛けのバリエーションの豊かさでも愉しませてくれる。スピーディーな展開も古さを感じさせない。しかも闘いのなかに新たな出会いがあるなど、物語は単調さとは無縁だ。殺すことへの葛藤を掘り下げていて深みもあるし、〝ベトナムでなにが起きたのか〞という謎も読み手の関心を搔き立ててくれる。満足必至のサスペンス長篇だ。

 ちなみに本書は一九九五年の作品で、九六年に一度邦訳が出ている。今回の文庫版との差異は、最後の四頁(ページ)の文書の有無だ。その四頁は、原書の見本刷りにはあったものの、刊行時には削られ、結果として邦訳にも含まれなかった。その後、原書で復活したため、今回、熊谷千寿によって訳出され、本書の末尾に置かれ、はれて【完全版】となったのである。この文書があるとないとでは読後の印象が全く異なるので、既読の方も是非、【完全版】で再読を。


■村上貴史(むらかみ・たかし)
書評家。1964年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。文庫解説ほか、雑誌インタビューや書評などを担当。〈ミステリマガジン〉に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を連載中。著書に『ミステリアス・ジャム・セッション 人気作家30人インタヴュー』、共著に『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。編著に『名探偵ベスト101』『刑事という生き方 警察小説アンソロジー』『葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー』がある。

紙魚の手帖Vol.07
櫻田 智也,ほか
東京創元社
2022-10-11


絶対面白いファンタジイ〈冬の王〉三部作第1弾! ローカス賞最終候補作 キャサリン・アーデン/金原瑞人、野沢佳織訳『熊と小夜鳴鳥』特集その1


創元推理文庫のファンタジイ部門が自信を持ってお送りするキャサリン・アーデンのファンタジイ〈冬の王〉三部作(金原瑞人、野沢佳織訳)をご紹介します。


 ルーシ北部の領主ピョートルの末娘ワーシャは、変わった少女だった。ピョートルの最初の妻であった生母はその命と引き換えにワーシャを生み落とし、ワーシャは母を知らないものの、森や自然を友として育った。そして幼い頃から人には見えない精霊を見る力をもっていた。だが、そんなワーシャの奔放で幸せな日々は終わりを告げることになる。新しい母アンナがやってきたことで、彼女の運命は一変した。モスクワ大公の娘であるアンナは信心深く、精霊を悪魔と言って怯え嫌ったのだ。さらに都から派遣された神父が村人の精霊信仰を禁じたため、本来人々を悪しきものから守っていた精霊たちの力が弱くなってしまった。ある年、村を冬の寒さと夜の魔物が襲った。ワーシャは精霊を助け、魔物と戦うが……。
 世界20カ国で刊行、ローカス賞最終候補作。運命の軛(くびき)に抗い心のままに自由に生きようとする少女ワーシャの闘いと成長を描く、三部作開幕。

【海外の書評より】

最初の1ページから読者を魅了する、素晴らしい物語。主人公ワーシャは、女性であるがゆえに課せられた束縛から自由になろうと、運命に闘いを挑んでいる。
パブリッシャーズ・ウィークリー 

アーデンのデビュー作である本書は、おとぎ話のもつ美しいリズムがありながらも、より昏く詩的な雰囲気に満ちている。
ワシントン・ポスト 

魔法と魔物が存在する美しい冬の奥深くの物語。主人公の少女の成長物語としても秀逸。
ナオミ・ノヴィク(作家) 


『塔の少女』〈冬の王2〉(仮題)2023年春刊行予定

 冬の王に与えられた馬を供に旅に出たワーシャは、盗賊討伐に向かうモスクワ大公の一行に男のふりをして加わるが……。運命に逆らい生きる少女の成長と戦いを描く、三部作第二弾。

『魔女の冬』〈冬の王3〉(仮題)2023年秋刊行予定


東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり