Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

【特別連載】本城雅人『月の濁り』第二回


IT企業パーシャン会長の自伝の代筆を引き受けた上阪傑。今回で3度目の代筆だが、これまで聞いたことのない事実に驚きながらも、大ヒットを予感しつつ執筆を進めていくが……。ゴーストライターを主人公に送る、著者渾身の長編ミステリ第2回。

IT起業家の過去を巡る、本城雅人渾身の長編連載。 

2009月の濁り本城雅人バナー

02_01

02_02

●上記バナーをクリックすると縦書きビューワーが別ウィンドウで開きます。


本城雅人 (ホンジョウマサト )
1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞記者、競馬雑誌デスクを経て、2009年『ノーバディノウズ』でデビュー。翌年に同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。17年に新聞記者たちの地道な取材をテーマとした『ミッドナイト・ジャーナル』が第38回吉川英治文学新人賞を受賞。18年に『傍流の記者』が第159回直木三十五賞の候補となる。近著に『オールドタイムズ』『あかりの牧場』がある。


友を待つ
本城 雅人
東京創元社
2018-07-20



 

奥田亜希子『愛の色いろ』、中村文則『逃亡者』、阿川せんり『パライゾ』…「ミステリーズ!101号」(2020年6月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その2


 生き方を考えるといえば、奥田亜希子『愛の色いろ』(中央公論新社 1600円+税)。舞台は一軒のシェアハウス。男性二人、女性二人の住民たちはみな、ポリアモリスト、つまり複数愛者。住人内で何組かのカップルが成立しているが、他の住人が在宅の時は性行為は慎むなどのルールを設け、みな仲良く暮らしている。


 さまざまな恋愛志向のなかでも、ポリアモリーは理解されにくい。というのもただの浮気性と思われがちだから。ただ、なるほどと思ったのは、本作に登場する男女がポリアモリストになった経緯はさまざまだという点。もともとそういう性質だった人もいれば、生まれ育った環境によりすべてを人と分かち合うことに抵抗がない人もおり、好きになった相手がそうだったため半(なか)ば仕方なく受け入れた人もいる。つまり、自然とそうなったというよりも、自らの意志で恋愛スタイルを選択する生き方もあるのだ。もちろん嫉妬心や独占欲がないわけではないが、彼らは互いに言葉と誠意を尽くして関係を保とうとする。その関係は時に強固に見えるし、時にとんでもなく脆(もろ)くも思える。彼らの共同生活の行方は……。

 人を愛するとはどういうことか、恋愛関係とは一体なんなのか、人は人に何を求めるのか。そんな問いがたくさん心の中に浮かんでくる。読んだ後で、それぞれどう感じたのか、人と語り合いたくなる。

 現実の社会を投影させて作品を発表し続ける中村文則の新作は『逃亡者』(幻冬舎 1700円+税)。戦時中に使用され、悪魔の楽器と呼ばれるトランペットを所持していたことから、複数の謎めいた人々に追われることになったフリージャーナリストが主人公。亡くなったヴェトナム人の恋人との思い出を振り返るなかで外国人労働者の問題が浮かび上がり、彼女が遺(のこ)した物語としてヴェトナムの歴史が紐解かれ、さらに彼自身のルーツである長崎の、隠れキリシタンが拷問を受けた時代から原爆を投下されるまでが回想され、さらにさらに戦時中に従軍したトランペット奏者による、南方での過酷な体験を記した手記が挿入され……と、多層的なつくり。


 主人公がジャーナリストとしてぶつかった壁や、新興宗教の“リーダー”の思想なども盛り込まれ、これまでの著者の作品のエッセンスも凝縮されている。現代の外国人留学生の受難や隠れキリシタンの過酷な運命、戦中の従軍慰安婦の最期などは読んでいて胸が痛くなる。ただ、それもあえてのことだ。物語の前半に、主人公が日本の暗部を指摘する本を出版した時に「知りたくなかった」という感想を受け取って落胆したエピソードがある。それはこの本にもありえそうなことであり、それに対し「知りたくない現実から目を背けてはいけないのではないか」という作者の思いがこめられているといえる。

 とびきり不穏な物語といえば阿川せんりの『パライゾ』(光文社 1600円+税)。これまで若者の生きにくさを描いてきた著者が、がらりと作風を変えてきた。
 ある日突然、人間が鳥の形のような、黒いぐずぐずした物体に変容する奇怪な出来事が発生し、世界は終末の様相に。しかし、なかには人間の姿のまま生き残る人々もいた。彼らには実は、ある共通点が……。

 残された人間たちのドラマが連作形式で描かれ、時に意外なつながりが浮かび上がっていく。東京の各地や札幌(さっぽろ)などを舞台にして、路上のあちこちで“黒いぐずぐず”がピクピクと蠢(うごめ)いているなかで、電気も水道もガスも止まってゴーストタウンと化した街を移動する彼らの姿が、なんとも不気味に描かれる。彼らはなぜ生き残ることになったのか、明かされていく過去もまた、決して明るい話ではない。そこから少しずつ、人間の本質的な部分に対する疑念が浮かび上がってくる。ページを閉じてもどっしりと、重い感触が残される。使い古されて新鮮味のない言葉だけれど、これぞまさに、著者の“新境地”といえる作品だ。

新井素子『絶対猫から動かない』、伊坂幸太郎『逆ソクラテス』…「ミステリーズ!101号」(2020年6月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その1


 新井素子作品にはまったのは中学生の時だった。それから幾星霜。新作『絶対猫から動かない』(KADOKAWA 2200円+税)をめくって、一気にあの頃に引き戻される――という感触はなかった。むしろ、「ああ、“今”の新井素子がいる!」という感慨がわいてきた。というのも、主要人物たちはみな50代以上の大人たちなのだ。


 地震によってしばらく停車した地下鉄に乗り合わせた日から、56歳の大原夢路は毎晩のようにその時の夢を見ている。やがて彼女はその車内に、人を喰らう生き物がいることに気づく。どうやら車内に結界が張られたらしいのだ。その日同じ車両に乗り合わせた人たちもみな同じ夢を繰り返し見ていることに気づいた彼女は、なんとか現実の世界で彼らとコンタクトを取り、この夢から抜け出そうと試みる。

 閉じ込められた人々と、人を喰らう人外の「三春ちゃん」との視点を交えて物語が進む群像劇だが、夢路の一人称が「あたし」、中年以上の男性たちの語り口調も若々しく、今時の4、50代ってこうだよね、と思わせる。みな、親の介護であったり子供との関係だったり、何かしら日常の悩みを抱えていて、そのなかで、この事態にそれぞれの考え方でもってアプローチしていく。個性際立つキャラクターたち、軽快な語り口調によるテンポのよさ、痛快かつちょっぴり切ないこのテイスト。ああ、これぞ新井素子だわ。冒険や闘いは若者たちのものとは限らず、人はいくつになっても、こんなふうに大暴れできるのだ、と思わせてくれたことが嬉しかった。

 一方、今読んでも充分面白いのだが、欲をいえば小中学生の時に読みたかった、と思わせるのが伊坂幸太郎『逆ソクラテス』(集英社 1400円+税)。小学生たちが主人公(成長した後日譚のパートもある) の5篇を収録。表題作では、一人の少年を「駄目な子」と決めつけて見下した態度をとる担任教師に対し、転校生の男の子がその「決めつけ」を撤回させようと、いろいろと策を練る。教師が見下すと生徒たちもその子を軽んじるようになるというのは自分の小学生時代を振り返っても本当にその通りで、だからこそ奮闘する姿が愛おしい。そして成長した後日譚でなんとも切なくなった。
 この短篇、プロローグ部分としてある人物がテレビで野球中継を見ている場面があるのだが、読み終えた後にそれは誰だったのか推測してニヤリとする。別の短篇では、なぜ人に意地悪をしてはいけないのかを教師が語る場面があり、まったく綺麗事ではない真実が語られていて説得力充分。「他人を傷つけてはいけない」というような説明ではいじめっ子はいなくならないだろうが(だってそういう子は傷つけたくてやっているのだから)、この説明なら一発で伝わると思った。他にも、社会の中で賢く生きるためのユニークな、しかしとてもまっとうなヒントが教えがちりばめられていて痛快。小中学生の時に読めば、何かすごく大きな助けになったような気がする。
東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり