Webミステリーズ!

〈Webミステリーズ!〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈る月刊ウェブマガジンです。毎月5日ごろに更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

東京創元社が贈る総合文芸誌、ついに創刊!『紙魚の手帖 vol.01 OCTOBER 2021』


2021年2月号をもって休刊した『ミステリーズ!』の後継誌が、10月12日、ついに創刊されました!
コンセプトは、国内外のミステリ、SF、ファンタジイ、ホラー、一般文芸を刊行してきた東京創元社による「総合文芸誌」。鮎川哲也賞、ミステリーズ!新人賞、創元SF新人賞出身の作家陣を中心に、オールジャンルを網羅した作品を紹介していきます。
Noribouさんの華やかなイラストと、アルビレオさんによるビビッドでポップな表紙デザインが目印です!

創刊号では、『ミステリーズ!』を継ぐ形で、第31回鮎川哲也賞と第18回ミステリーズ!新人賞の選評を掲載します。ならびに、第18回ミステリーズ!新人賞受賞作である、柳川一さん「三人書房」も掲載。若き日の江戸川乱歩の活躍を描いたミステリを、どうぞお楽しみください。

また、新たな展開としては、毎年行なわれている本格ミステリ大賞の全選評が、第21回より『ジャーロ』(光文社)から移籍します。35ページのボリュームに及ぶ詳細な選評は、読み応えがあります。
第21回本格ミステリ大賞受賞作にして、第74回日本推理作家協会賞とW受賞となった、櫻田智也さん『蟬かえる』のシリーズ最新作「白が揺れた」も登場していますので、お見逃しなく。

更に、読み切りも充実。『ななつのこ』に始まる〈駒子〉シリーズでお馴染みの加納朋子さん最新短編、西島秀俊さん主演のドラマ「シェフは名探偵」の原作である、近藤史恵さん〈ビストロ・パ・マル〉シリーズ最新作、『半分世界』などで注目の石川宗生さんの最新SF短編、『夜の写本師』から続く、乾石智子さんの〈オーリエラント〉シリーズ最新作、ファンタジイやSFで活躍している秋永真琴さんの叙情的な短編、ピーター・トレメイン〈修道女フィデルマ〉シリーズ最新作といった、バラエティに富んだ内容でお届けします。

他にも、小社の元相談役で現在は書評家としても活躍している戸川安宣さんが、誌名の由来となった、1980年代の投げ込みマガジン〈紙魚の手帖〉について語ったエッセイを、創刊記念として寄稿しています。

ちなみに、創刊記念の読者プレゼントキャンペーンも行っていますので、プレゼントページの詳細をお読みになり、ぜひご応募ください。
応募方法は以下の通りです。
①Twitterにて、ハッシュタグ「#紙魚の手帖 」を付けてご希望の景品と感想をツイートしてください。
②応募フォームにて、必要事項を記載の上、ご応募ください。


創刊号は読み切りを中心に掲載しましたが、12月刊行のvol.02から様々な新連載や新企画もスタートしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ミステリとしても人間ドラマとしても最高!!――『トリカゴ』(辻堂ゆめ)に注目!


『あの日の交換日記』『十の輪をくぐる』など、
話題作を次々発表している今大注目の辻堂ゆめさん最新刊『トリカゴ』
みなさんはもうチェックされましたか?
2849.in01



読書メーターの読みたい本ランキングで1位を獲得、
書店からの事前注文殺到により刊行前重版をした話題作です。

辻堂ゆめさん初の警察小説であり、無戸籍をテーマにした社会派小説であり、
そして辻堂ミステリの到達点ともいえる本作。

本日は『トリカゴ』を読まれた書店員の方々のコメントをご紹介いたします!



人間の尊厳とは? 深く著者の思いをかみしめる。無戸籍というものに一種違った目を向けていた自分を恥じた。人間は人間として生きることは当然の権利なのに、この生きづらい社会の中では、当然のことが当然でない。『トリカゴ』というタイトルが胸にはげしく迫る。
(ジュンク堂書店滋賀草津店 山中真理さん)

主人公が警官で一児の母なので親近感というか仕事と家庭の両立を考えるとうわぁ大変だーという気持ちですごく応援したくなった。 殺人未遂事件から想像もつかない方向へ事件が展開していき、ハラハラドキドキさせられた。 ありえない話ではない。どこかにいるかもしれない誰かの事件なのだと。
(宮脇書店ゆめモール下関店 吉井めぐみさん)

スリリングな警察小説で、人間ドラマで、愛がある。生きることへの強く熱い思いがあふれてくる。(中略)著者の真摯な気概を感じる大作から描き出される真実が胸にささる。不穏なはじまりからどきどきして、目が離せなくて、一気に読み、感動しました!
(うさぎや矢板店 山田恵理子さん)

産まれながらに社会の網からこぼれ落ちてしまった無戸籍者たち。 まさか?!  今の日本で?  いや、見て見ぬふりをしてはいないのか?  奮闘する刑事里穂子の葛藤や苦しみを感じながら 私たちが生きるこの社会が、互いに補い合い明るいものへ向かうことを願いたい。 完璧ではなく、十分を目指せばいい。 心に残る言葉で、涙が溢れた。
(未来屋書店大日店 石坂華月さん)

知らないという事の落とし穴。 親を選んで生まれてくるわけではい。DV夫から逃げる為等、いつ誰がその立場になるかわからない中で他人事ではないと実感しました。 無戸籍でも住民票は取れる等、有益な情報もありがとうございます!!! アレもこれも伏線だったのか、と。 ミステリとしても人間ドラマとしても最高!!  奥行もあり、迷宮もある。こんな小説待ってました!!
(文真堂書店ビバモール本庄店 山本智子さん)

ゆめ先生の代表作となる作品だと思います。”この世に存在しない人間”とは……?  社会への問題提起が込められた、渾身のミステリでした。それでも人生にYESと言える社会をと願わずにはいられません。知らずにいることは時に誰かを傷つけるのではないかと自問しました。
(くまざわ書店辻堂湘南モール店 奥田祐子さん)

とんでもないミステリ!!  なんて怖い世の中だろう。こんな事件が起きるとは…。不穏な始まりに現実感が増し震えた。 この世に存在しない人間ってなんてこの現代社会において想像できない。生まれ落ちた環境で人生が変わってしまうのか。社会の理不尽さや人間性についても考えさせられた。 里穂子と羽山のコンビが良かった。続編も期待してます!
(BOOKSえみたすピアゴ植田店 清野里美さん)


ニュースでは聞いたことがある程度だった『無戸籍=存在しない人間!!』がこんなに身近にあり得ていたことに驚きでした。 主人公が仕事に葛藤しながら目をそらさずに事件を解明していく姿はラストになるまで目が離せなくなりました。 とてもすごいミステリを読むことが出来て良かったです!
(コメリ書房鈴鹿店 森田洋子さん)

――――――――――――――――――


■トリカゴ 内容紹介

蒲田署刑事課強行犯係の森垣里穂子は、殺人未遂事件の捜査中に無戸籍者が隠れ住むコミュニティを発見する。そのコミュニティ、通称“ユートピア”のリーダーはリョウ、事件の容疑者ハナは彼の妹だったのだ。無戸籍者を取り巻く状況を知った里穂子は、捜査によって彼らが唯一安心して暮らせる場所を壊してしまうのではないかと苦悩する。だが、かつて日本中を震撼させた“鳥籠事件”との共通点に気づき……。辻堂ミステリの到達点、著者最高の力作!




北山猛邦『アルファベット荘事件』創元推理文庫版あとがき


 本書の原型となる小説を書いたのは、大学生の頃でした。手元の記録媒体に眠るword ファイルのタイムスタンプを覗いてみると、二〇〇一年九月になっていますが、実際にはそれよりもっと前に原型ができていたと思います。作中の時代が一九九八年なので、おそらくそれが執筆時のリアルタイムだったのではないかと推測できます。
 そもそも当時はPCではなく、ワードプロセッサーなる文書作成専用機を使っていました。作中にも『ワープロ』という単語が出てきて、なんとも懐かしい気持ちになりました。当時、近所の家電量販店の閉店セールで、展示品のワープロが投げ売りされていたので、なけなしのお金でそれを買って小説を書き始めたのがすべての始まりです。そうして孤独な時間をただひたすら空想することに費やしたのですが、驚くことにあれから二十年が過ぎた今でも同じことしかしていません。
 その頃に書いていた小説は、投稿サイトなどで発表していましたが、もちろん人気になったことなど一度もなく、ほとんど見向きもされませんでした。謙遜ではなく、本当に閲覧数は少なかったです。自己満足だけで投稿を続けていましたが、それをたまたまご覧になった、ある編集者さんからお話をいただき、本書のオリジナル版が二〇〇二年に出版されました。その時点で僕はすでに作家として他社からデビューしていたのですが、そのへんの話はここでは割愛します。
 本書のオリジナル版は現在では手に入りにくくなっていて、「なんとかならないか」という声を何年も前からいただいていましたが、今回いろいろなタイミングが合ったことで、晴れて復刊という運びになりました。
 二十年近い時を経て再び出版するにあたり、選択肢は二つありました。そのまま出すか、リメイクして出すか。結論からいうと、ほぼオリジナルのまま、リメイクしていません。今の僕には書けない、当時の僕にしか書けなかったものを損ないたくないから、というのが理由ですが、はたしてそんなものがあるのかどうか……あやしいところではあります。
 ということで基本的には『そのまま』温存することを前提に、あらためて過去の自分の小説と向き合ってみましたが、文章に関しては『そのまま』にしておくわけにはいかない箇所が沢山ありました。そのため最低限の修正を施しています。
 なお内容については、今の作風とそんなに変わってないな、という印象です。無茶なトリックは相変わらずだし、キャラクターに関しても他の自作に出てくる登場人物と似ているところがあったりなかったり。トリックに関してはむしろ、細かい部分で「ああ、それはそう使うのか」と感心するところもありました。
 自虐的にいえば『成長していない』のかもしれませんが、良くいえば二十年経っても『当時のままの自分』でいられたということでもあり、別に恥ずべきことではないのではないかと思います。少なくともミステリに対する考え方や、自分が面白いと思うものは、何も変わっていないようです。初心忘るべからずといいますし、いつまでもこのままでいられたら本望です。
 もう一つ、本書を客観的に振り返って、あらためて気づいたことがあります。それは探偵役であるディというキャラクターの潔さ。名前はただのアルファベットであり、正真正銘、探偵役であるということ以外、なんらアイデンティティーを持たない異様な人物です。絵に描いたようなご都合キャラですが、ミステリにとっては必要不可欠な存在ともいえます。おそらく今の自分なら、何かもっとキャラづけしなきゃと思って、全然違ったキャラクターになっていたでしょう。ある意味、貴重な遺産です。
 今回、初めて本書を読むという方にとっては、ところどころ拙さや古臭さを感じる方もいらっしゃるかと思いますが、以上のような経緯があったことをご理解ください。
 古典と呼ぶにはまだまだ時間も、風格も、味わいさえも足りていませんが、レトロに片足を突っ込んでる程度の時代を経たのではないでしょうか。ということで、レトロゲームに挑むような好奇心と冒険心で、本書を楽しんでいただければ幸いです。

東京創元社ホームページ
記事検索
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり