Web東京創元社マガジン

〈Web東京創元社マガジン〉は、ミステリ、SF、ファンタジイ、ホラーの専門出版社・東京創元社が贈るウェブマガジンです。平日はほぼ毎日更新しています。  創刊は2006年3月8日。最初はwww.tsogen.co.jp内に設けられました。創刊時からの看板エッセイが「桜庭一樹読書日記」。桜庭さんの読書通を全国に知らしめ、14年5月までつづくことになった人気連載です。  〈Webミステリーズ!〉という名称はもちろん、そのころ創刊後3年を迎えようとしていた、弊社の隔月刊ミステリ専門誌〈ミステリーズ!〉にちなみます。それのWeb版の意味ですが、内容的に重なり合うことはほとんどありませんでした。  09年4月6日に、東京創元社サイトを5年ぶりに全面リニューアルしたことに伴い、現在のURLを取得し、独立したウェブマガジンとしました。  それまで東京創元社サイトに掲載していた、編集者執筆による無署名の紹介記事「本の話題」も、〈Webミステリーズ!〉のコーナーとして統合しました。また、他社提供のプレゼント品コーナーも設置しました。  創作も数多く掲載、連載し、とくに山本弘さんの代表作となった『MM9―invasion―』『MM9―destruction―』や《BISビブリオバトル部》シリーズ第1部、第2部は〈Webミステリーズ!〉に連載されたものです。  紙版〈ミステリーズ!〉との連動としては、リニューアル号となる09年4月更新号では、湊かなえさんの連載小説の第1回を掲載しました(09年10月末日まで限定公開)。  2009年4月10日/2016年3月7日 編集部

田中芳樹『銀河英雄伝説』創元SF文庫版に寄せて[2007年2月]


日本SF史にその名を刻む壮大な宇宙叙事詩
(07年2月刊『銀河英雄伝説1 黎明篇』)

田中芳樹 yoshiki TANAKA

 

 中学生のころ、さまざまな本を読んだが、じつは最大の「愛読書」は『創元推理文庫解説目録』だった。『10月はたそがれの国』などというタイトルに心をさわがせ、四行に圧縮された内容紹介に胸をおどらせた。あれは無限の訴求力を持つ名文だったと思うが、誰が書いていたのだろう。


 自分の書いた作品が、その目録に加わるというのは、私にとっては夢が実現したことにはならない。夢にすら想わなかったことなのだ。ひたすら信じられない気分を味わったのは、『マヴァール年代記』が最初であったが、その一度にとどまらなかったということで、信じられない気分はさらに深まっている。夢まで含めて、この世のものとも思えないのである。

 だいそれたことになってしまったとは思うが、二十年前に完結した『銀河英雄伝説』という作品は終(つい)の棲処(すみか)を得た。ありがたいかぎりだ。望外にも星野之宣さんの壮麗な装画までいただけたことだし、あらたな生命を得て、末長く目録の末席につらなることがかなえば幸いに思う。

 

 関係者各位に心より御礼を申しあげます。

(2007年2月)

田中芳樹(たなか・よしき)
1952年熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。1978年「緑の草原に…」で幻影城新人賞を受賞。1988年『銀河英雄伝説』で第19回星雲賞を受賞。《創竜伝》《アルスラーン戦記》《薬師寺涼子の怪奇事件簿》シリーズの他、『マヴァール年代記』『ラインの虜囚』など著作多数。

酔読三昧 【第12回】萩原香[2007年2月]


どうも根っから、常道を外れた
人物に興味が湧いてしようがない。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 ようよう iPod nano を買った。2Gで500曲入るというので 喜んだら170曲しか入らん。なんでだなんでだ高音質でコピーしてるからか。しかしこの軽小短薄なハンディさはいいなあ。赤ん坊に見せたら口に入れそうだなあ。

 赤ん坊も小さいからいいんだよなあ。親と同じ大きさで産まれてきたらどうやって産湯をつかわすのだ3人がかりか。それはそうと赤ん坊がみんな可愛いなんてのは嘘ではないのか。目つきの悪い赤ん坊は可愛くないだろう。いるのかそんな赤ん坊。

 私が寝たきりの赤ん坊(べつに病気ではない)のときのことだ。母乳をくれようとしたところ機嫌を損ねたか呑もうとせず、泣くわ喚くわのけぞるわでお乳を拒みつづけ、ついには泣き声も掠れ果ててぐったり、8時間後ついに降参してお乳を口にふくんだのだと、母親が忌々しげに思い出話をしくれたことがある。

 母親も疲労困憊「なんてぇ子だろ、強情な!」と叫んだというが、原因を作ったのは誰かと私は言いたい。きっとおまいさんが幼くいたいけな私に何かしたにちがいない。そういうことするからろくな大人にならんのだ。ここに猛省を促したい。中年の主張。

 それはともかく、赤ん坊のころは頭がでかかった。やっとお坐りができるようになっても頭が重いからあっちふらふらこっちふらふら、しまいには倒れてしまうので座布団をまわりに積みあげ支えなくてはならないほどだったとか。座布団わらし。

 「きっと、この子は脳味噌がいっぱい詰まってるんだよ~」と母親は喜んでいたようだが、頭蓋骨が厚いだけだったみたい。そういえば幼稚園児くらいのとき、近所の子らと建築現場で遊んでいたら太い木材が倒れてきて後頭部を直撃。が、止めどなく鼻血は噴出したものの後遺症は出なかった(ずっと出ているという説もある)。頭の硬いは七難隠す。おかげで頭突きはいまも得意技のひとつだ。

 iPod nano の話だった。これで毎朝ヘヴィメタを聴いているわけだ。寝起きに一曲。ドコドコドコドコうるさくて眠気すっきり体しゃっきり。ただし電車のなかでは聴かない。読書をしなければいかん。だいいち、あの漏れ出るシャカシャカ音は好きではない。最大ボリュームならなおのこと。電車では静かに本を。満員電車で声に出して読めますか団鬼六。

 その団鬼六の『真剣士 小池重明』は不世出の天才「賭け将棋士」と謳われた男の傑作評伝。どうも根っから、常道を外れた人物に興味が湧いてしようがない。最近だと、あの外務省のラスプーチンこと異相の佐藤優さんだな。ということで、ちょっと失礼して『獄中記』を読んでしまおう。

 読んでいるあいだにまた子供のころの話。うちには本が一冊もなかった。雑誌もだ。そういえば絵本や児童書のたぐいを買ってもらった記憶がない。もっぱら漫画雑誌。いいのか親の教育方針。でもこれで「てにをは」を覚えた。幼稚園児のときはまだ月刊誌『少年』だったかな。小学校にあがるころは『少年サンデー』『少年マガジン』か。中学に入るまで文字ばかりの本には見向きもしなかった。この世に漫画より面白いものなんかないと思っていた。相変わらず頭はでかかった。

 いや違った(頭ではない)。小学校のクラスごとに学級文庫というのが置いてあった。たしかハードカバーの付いた新潮文庫。これでホームズものとルパンものは読んだのだ。で、ホームズにのめりこんだ。子供が覗いてはいけない大人の世界のなにやら薄暗く怪しげで縁日の見世物小屋に入るようなハラハラドキドキがあったな。甘美なスリルとサスペンス。わかってもわからなくても背伸びして読んだ翻訳もの。

 名探偵といえばシャーロック・ホームズ。これに並ぶのがブラウン神父だな。スパイク・リー監督のクールなサスペンス『インサイド・マン』(2006)では、銀行強盗が人質50人全員に自分たちと 同じ格好(作業服)をさせる。このアイデアは秀逸。「賢い人は葉をどこに隠す? 森のなかに隠す」「森がない場合には、自分で森を作る」――G・K・チェスタトン『ブラウン神父の童心』所収の「折れた剣」を思い出した。

 ファンタスティックな風情のなか、逆説に満ちたロジックがトロンプ・ルイユ(騙し絵)のような犯罪を浮かびあがらせる。これがブラウン神父ものの持ち味。目の前に死体があるのに気づかない「翼ある剣」『ブラウン神父の不信』)なんぞは、突発的電光石火の隠蔽工作であるが故に心理的な盲点を作りだす。

 「犬のお告げ」『ブラウン神父の不信』)もそう。犬を飼っていれば誰でもやることがそのまま犯罪の完遂につながる。犬が吠えさえしなければ完璧だったのに。それから「見えない男」「奇妙な足音」(いずれも『ブラウン神父の童心』)も、ポオの「盗まれた手紙」『ポオ小説全集4』)の系譜にある。見えているのに見えない。

 ブラウン神父は小太りでちんちくりんの坊さんだ。アルフレッド・ヒッチコックをドラえもんぐらいに縮小するとぴったりな感じだな。ホームズはピーター・カッシングの背を高くしたイメージか。さっさかドラキュラを退治せんか。キム・ニューマンの『ドラキュラ紀元』になってしまうぞ。ドラキュラが勝利してイギリスを征服してしまうのだぞ。これはプラム・ストーカーへのイギリス世紀末へのオマージュに溢れた秀作であるがいま品切れかな。

 さてと。頭がぐらぐらする。でかいからではない。暮れにもらった日本酒を呑みすぎた。吟醸なのに料理酒と区別がつかん。私なんぞに高い酒は不要でござる。質より量。と、ここで『獄中記』を読み終えた。

 外務官僚としてインテリジェンス(情報)の世界で辣腕をふるい、国際政治の舞台裏を知り尽くしつつ同時に真摯なプロテスタントにして学究の徒。拘置所の独房を書斎がわりに、拘禁生活の不自由さを自由に満喫しながらここぞとばかりに読書&勉強三昧。生臭い政治と無菌なアカデミズムの世界を行きつ戻りつ思索を突きつめてゆく拘留512日の記録が、ここにはある。佐藤優の脳味噌の構造が計り知れない。頭がでかいだけの人間とは大違いだなあ。

 ところで蒼井上鷹(あおいうえたか)『ハンプティ・ダンプティは塀の中』は留置所版「日常の謎」系ミステリだ。こちらは雑居房だから、得体の知れない連中が醸しだす不自由のなかの自由が猥雑で楽しい。あまりに脳天気なので一度は入ってみたくなった。あ、酒は呑ませてくれないだろうなだめだこりゃ。

 真面目に生きよう。頭がくらくらしてきたので座布団一枚。

(2007年2月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、相変わらず特記すべきことなし。

酔読三昧 【第11回】萩原香[2007年1月]


お正月。なに、ただちょっと長めの連休ではないか。
ひねもすのたり酒が呑めればそれでよし。
そしてへヴィメタ三昧。


萩原 香 kaori HAGIWARA

 

 これを読んでくださっている皆さま。新年明けましておめでとうございます。本年も駄文によろしくお付き合いのほどをお願い申しあげますまだまだ続くのかね。

 しかし師走は怒濤のような忘年会シーズンであった。肝脳アルコールまみれ。とはいえトイレに駆けこむようなことはしない。せっかく胃の腑におさめたものをお返しするなぞ勿体ないではないか。そのかわり居眠りしてテープルに頭を打ちつけたりはする。カーン! いい音がして目が覚めてまた呑みなおし。右を見ても左を見ても酔っ払いばかり。世界がもしアル中100人の村だったら。

 で、お正月。うって変わって静かなものだ。仕事がなくてヒマだな誰からもお呼びがかからない「いま、会いにゆきます」来んでよろし世界の中心で愛も叫ぶなよな。凧揚げもしない羽根つきもやらん歌留多ってなんだ初詣もめんどくさいし餅もおせちもいらん。お年玉はほしい。自分で自分にやろうかな。5000円。だんなもうひと声。せめて消費税込み5250円。

 なんと寂しい人生であろうことか。涙そうそう。なに、ただちょっと長めの連休ではないか。ひねもすのたり酒が呑めればそれでよし。そしてへヴィメタ三昧。ADAGIOの『SANCTUS IGNIS』はネオクラの絶品だ。なおかつ読書三昧。桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』は作者の天分がフルスロットルで弾ける。

 これは戦後日本の通史を背景に、「祖母、母、わたし」と三代にわたる女性それぞれの断代史を描いた渾身の大作である。ライトノベルではないしミステリでもない。「赤朽葉万葉が空を飛ぶ男を見たのは、十歳になったある夏のことだった」――この冒頭の1行で、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』が頭に浮かんだ。

 懐かしいなあラテン・アメリカ文学にははまったなあ。アレホ・カルペンティエル『失われた足跡』は、アマゾン奥地への旅と時間を遡る旅とがシンクロした濃厚な作品だった。ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』は、アイデンティティの変容を描いて極彩色の世界が息づまるようだった。フリオ・コルタサル『石蹴り遊び』は、小説をパーツごとにばらばらにして別な順番でも読めるという前衛だった。 ところでスペイン語圏ラテン・アメリカ文学の濫觴は、ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』である。発表は400年も前なのにメタフィクション。前編は狂気乱舞奇行の騎士道物語のパロディ。後編では「前編」がベストセラーになっていることを知ったドン・キホーテが正気に戻ってゆく。現世は夢、夜の夢こそ真。夢から醒める悲劇。読み通すのに1週間かかった。

 忙しいかたにはダイジェスト版『丸かじりドン・キホーテ』がお薦め。数時間で読めてめっぽう面白い。著者は中丸明。みゃーみゃー(すいません)名古屋弁を駆使した『ハプスブルク一千年』『絵画で読む聖書』は抱腹絶倒だ。ちなみに『好色 義経記』は判官贔屓に逆ねじを喰らわせていやらしいぞ。

 そういえば『ドン・キホーテ』を読みつつジグソーパズルをやったっけ。読書に疲れたら気分転換、と思ったがあにはからんや。こちらも完成まで1週間かかった。なにしろピースがみんな同じ形、あのM・C・エッシャーのヤモリだかイモリだかの絵柄なのだ。よくやったよ。しみじみ苦吟した。なにが気分転換なもんかもうやらん。

 話を『赤朽葉家の伝説』に戻す。

 舞台は中国山脈の麓、鳥取のとある村落。赤朽葉家は製鉄を生業とする一族であり、古代よりこの地に隠然たる支配を及ぼしてきた。語り手の「わたし」は、ひとりの幼女が村に置き去りにされたくだりから物語を説き起こす。漂白の部族“山の民”であり、文字を読むことも書くことも叶わぬその娘は予知能力を持ち、長じて赤朽葉家に輿入れをする。それが「わたし」の祖母、万葉である(第1部1953~1975)。

 万葉の娘は毛毬(けまり)、剛の女だ。なぜか醜い男ばかりを愛し、その男勝りの腕っ節の強さで暴走族を率いて中国地方を制覇。“卒業”するや売れっ子少女漫画家に転身して命のすべてを燃やし尽くす(第2部1979~1998)。

 万葉から毛毬へ、土俗(神話)の時代から人工(幻影)の時代へ。赤朽葉一族とそれを取り巻く異形の人々の、わけても2人を要に織りなされる女性たちの「宿業」の絵巻は「わたし」の時代に至るや転調を迎える(第3部2000~未来)。

 毛毬の娘、「わたし」は瞳子(とうこ)という。一族の歴史の終結点か血の呪縛から解き放たれたか、憑きものが落ちたかのように平凡な娘だ。ここで小説はややミステリ色を帯びる。「わしはむかし、人を一人、殺したんよ」

 万葉いまわの際の言葉に彼女は衝き動かされ、被害者探しを始め、それはそのまま祖母と母の人生を辿りなおす旅ともなり、やがて冒頭の「空を飛んだ男」にまつわる真実に逢着。かくして赤朽葉一族の歴史の円環は閉じられ、瞳子が生きるのは終わりなき日常の「現代」となる……

 満貫全席のような作品だ(食べたことないのに)。満腹である。腹ごなしに映画でも観ようかな。お、ジョン・カーペンターの名作『ザ・フォッグ』(1979)のリメイク版(2005)がレンタルされておるではないか。しかしハリウッドもリメイクやら続編続々篇ばかりだ沈滞気味だ邦画に興行成績抜かれるわけだと言いつつも観てしまった。ついでに『着信アリFinal』(2006)も借りてしまった。

 リメイク『ザ・フォッグ』は観んでよろしいただのC級。じわじわ真綿で締めあげるようなBGM、ひたひた潮が満ちるような「静」のサスペンスが醍醐味のカーペンターとは雲泥の差であった。『着信アリFinal』のほうがまだマシ。こりゃ携帯を使ったバトル・ロワイヤルだな。主役はあの堀北真希。『野ブタ。をプロデュース』の暗さはよかった。『鉄板少女アカネ!!』の明るさは似合わなかった。

 ううむ。ホラーはやっぱり韓流だなあ。『箪笥』(2003)は切なく怖いなあ。いわゆる幽霊屋敷ものと見せかけた大どんでん返しに唸るが、ハリウッド・ホラーにもジャパニーズ・ホラーにもない女性の「宿業」が濃密に漂うあたり、どこか『赤朽葉家の伝説』に通ずるものがある。

 桜庭一樹の描く女性は強くて切ない。そして男は消耗品。だったら私は廃品かい。まあよいわARCH ENEMYの『DOOMSDAY MACHINE』でも聴くかな。いいねえメロデスドコドコドコドコ~♪お~い酒がないぞ~!!はい自分で買ってきます。

(2007年1月)

萩原 香(はぎわら・かおり)
イラストレーター、エッセイスト。文庫の巻末解説もときどき執筆。酔っぱらったような筆はこびで、昔から根強いファンを獲得している。ただし少数。その他、今年も特記すべきことなし。

東京創元社ホームページ
記事検索
最新記事
タグクラウド
東京創元社では、メールマガジンで創元推理文庫・創元SF文庫を始めとする本の情報を定期的にお知らせしています(HTML形式、無料です)。新刊近刊や好評を頂いている「新刊サイン本予約販売」をご案内します【登録はこちらから】


オンラインストア


文庫60周年


東京創元社公式キャラクターくらり